2022/09/18

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

スキマスイッチの「ボクノート」、ドラえもんの映画「のび太の恐竜2006」の主題歌としても有名ですよね。

ボクノートの歌詞には始まりから終わりにかけて一つの物語があると思います。

一人の人間が少しづつ成長していくような物語が歌詞の中に描かれているので、そういった表現もボクノートを歌う上で重要になるポイントになってきます。

上手に歌えたらこれ以上ないぐらい気持ちの良いボクノートですが、

「スキマスイッチのようにキレイなファルセットがでない」

「歌詞の世界観を上手く表現できない」

といった悩みはありませんか?

この解説にはスキマスイッチのボクノートを歌う時に必要な音域、難易度、うまく歌えるようになるための歌い方がまとまっています。

ファルセット」といったテクニック的なところもそうですが、どんな雰囲気で歌ったら良いかなどの表現方法についても書いてますので、

ぜひ「ボクノート」を歌う前にチェックして歌い方をマスターしましょう。

スキマスイッチ(ボクノート)の歌い方ポイント
  • 1番と2番、大さびの歌い方の表現は段々と明るくなっていくイメージで歌いましょう
  • ファルセットとウイスパーボイスをしっかりと意識して歌いましょう
  • 2番と大さびではアクセントが多様されているので力強く歌いましょう

この解説を読んでポイントを押さえて練習すれば、スキマスイッチのように表現力豊かに「ボクノート」を歌うことができるようになります。

そして、あなたがカラオケでボクノートを歌ったら、

友達に「素敵!」や「なんでそんなにキレイに歌えるの!?」と言ってもらえるようになるでしょう。

 

「ボクノート」は表現力が必要なため、なかなか上手く歌うことが難しいと思う場合もあると思います。

そんなときは独学で上手く歌えるようになるのを目指すよりも、プロのボーカルトレーナーに習ってしまうのが一番手っ取り早いです。

でもそうは言っても、

「ボイストレーニングってライブとかやる人が習うものじゃないの?」

「カラオケ好きなだけでボイストレーニングなんて大げさだよ」

と思ってしまってなかなか一歩踏み出せない。

という気持ちもよくわかります。

そんなあなたには、シアーミュージックスクールがオススメです。

初心者にも親切ですし、全国に校舎があり、プロのボイストレーナから比較的安価な値段でレッスンを受けることができます。

また、「ボイス&ボイストレーニングコース」と「カラオケコース」があり、

「ボイストレーニングはハードルが高い! カラオケがうまくなりたいだけ」

みたいな場合でも「カラオケコース」で専門的にカラオケの上達方法を学ぶことができます。

もちろん、「ボクノート」を指定して、歌い方をプロのボイストレーナーがマンツーマンで丁寧に指導してくれます。

「ボクノート」を上達させるための専門の技術がここで学べるのです。

例えば、専門のボイストレーナーだからこそ知っている

「楽な声の出し方」や「音域の広げ方」、「リズム感が良くなる方法」

なんかもみっちり教えてくれます。

普段友達や同僚と行くカラオケであなたがいきなり美声を披露し始めたら、 「どうしちゃったの?」と一目置かれること間違いありません。

「ボクノート」をかっこよく歌いこなしたいなら、まずはシアーミュージックスクールの公式ホームページから自宅から最寄りの校舎を探してみましょう。

公式サイト⇒▼▼自宅近くのシアーミュージックスクールを公式ホームページで探してみる▼▼

 

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

スキマスイッチ『ボクノート』の Music Video

ボクノート(スキマスイッチ)の難易度は?

総合的にはけっして優しい難易度の歌だとは言えません。

スローなテンポで歌いやすいように思いますが、音程や表現方法の難易度は高いものが要求されます。

難易度としては高めですので、解説を読みながら意識して歌うようにしましょう。

また、『ボクノート』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:A

音程:A

リズム:B

表現:S

音程の難易度はAです。

ファルセットの活用も多く、音程の高低もあるので、音程を外さないよう意識を持って歌う必要があります。

リズムの難易度はBです。

比較的スローなテンポですので、リズムは取りやすいと思います。

ただその分音程や表現力が求められるボクノートですので、油断せずに歌いましょう。

表現の難易度はSです。

歌詞の始まりから終わりまでで一人の人間が成長していくようなストーリーのある歌で、序盤と終盤では歌い方の表現が異なってきます。

この辺りは解説を読んでストーリーを表現できるように歌いましょう。

総合の難易度はAです。

スローなテンポなので一見歌いやすいのかなと思いますが、

音程や表現については決して難易度が低くない歌なので、スローなテンポだと油断せずに、音程と表現をしっかりと意識して歌いましょう。

Sponsored Link

ボクノート(スキマスイッチ)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiA#(A#4)

サビの「きれいじゃなくって」の「く」がhiA#(A4#)で最高音です。

  • 最低音:mid1D#(D#3)

サビの「かたちにするんだ」の「だ」がmid1D#(D#3)で最低音です。

※音域(lowlowFからhihiE(4.9オクターブ))の図※

  • 最高音:hiA#(A#4)  → 青色
  • 最低音:mid1D#(D#3) → ピンク色

男性はmid1Aからmid2Gが平均的な音域で、

女性はmid1FからhiDが平均的な音域です。

 

特徴としては最高音はファルセットで歌っているので、

ファルセットで歌うことができるかが歌う時にキーをどうするかのポイントになってきます。

詳しくは、後で紹介する「ボクノート(スキマスイッチ)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。じっくり本で学習したいなら、以下も参考にしてみてくださいね。

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

みみをすますぅと(/)かーすかに(v)きこえるあめのおとぉ(v)

おもいをつづろーうとこーこにすわって(/)こーとばさがしてる~(v)

かんがえてかいてつまーづいて(/)けしたらもとどおり~(v)

じゅうにじかんたってなーらべたもんはぁ(v)

かみくずだったぁ(v

 

「ボクノート」の1番のAメロは自信がない気持ちで、もどかしさを表現するように、

全体的にハキハキと歌うよりは少し沈んだ気持ちのような雰囲気で歌ってOKです。

特に後半のウイスパーボイスは虚しい感じでため息のようなイメージで歌うと、このAメロでは良い表現になるでしょう。

「ブレス」と「区切る」は使い分けてブレスのところは短くてもしっかりとブレスしましょう。

上手くウィスパーボイスを出せるか不安、、と思うあなたはこちらも一緒に読んでみてください。

Sponsored Link

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

きーみにつたえたくて~(v)うーまくはい(⤴︎)かなくて~(v)

つのーりーつもるかんじょうは~(v)ふくれーてゆぅだけ~(v)

はきだーすこともーできずに~(v)

 

1番のBメロも、まだ自信がなくもどかしさを引きずっている感じで歌ってください。

元気に伸び伸びと歌うのは後半にとっておきますので、1番のAメロ、Bメロはひたすらに自信がなく、

もどかしい気持ちで元気が出ないぐらいの表現がちょうど良いでしょう。

Bメロではファルセットも入りますが、ファルセットのあとはすぐにウイスパーボイスでもどかしさを表現する必要があるので意識して歌ってください。

上手くウィスパーボイスを出せるか不安、、と思うあなたはこちらも一緒に読んでみてください。

綺麗なファルセットを出せるか不安、、と思うあなたはこちらも一緒に読んでみてください。

Sponsored Link

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方 サビの歌い方を解説

いまぼくの(v)なかにある(v)ことばのかけら~(v)

のどのおく(v)するどくとがってつきささる~(v)

きれいじゃなたって~(v)すこしずつだっていいん(⤴︎)(⤴︎⤵︎)(v)

このいたみをただ~(v)かたちにするんだぁ(v)

※「きれいじゃなくって」の「く」がhiA#(A4#)で最高音です。

※「かたちにするんだ」の「だ」がmid1D#(D#3)で最低音です。

 

ここは前に進もうと少し決心する気持ちで、Aメロ、Bメロよりかは希望をもって、

もどかしさの中にも頑張っていこうという気持ちを表現して歌うようにしてください。

ただ、要所要所でウイスパーボイスでAメロ、Bメロのもどかしさを引きずっている表現が入っているので、

頑張っていこうという気持ちを徐々につけていく感じで歌ってください。

ここもBメロと同様にファルセットのあとはウイスパーボイスを意識して歌うことで、

もどかしさの中でも頑張っていこうという表現を歌うことができる事でしょう。

上手くウィスパーボイスを出せるか不安、、と思うあなたはこちらも一緒に読んでみてください。

綺麗なファルセットを出せるか不安、、と思うあなたはこちらも一緒に読んでみてください。

 

もし、「上の内容を読んでもなかなか上手く歌いこなせない」

という場合は、プロのボイストレーナーに習ってしまうのが上達の近道です。

サビは特に難しいので、

あなたが「いやいや。ボイストレーナーに習うなんてまだ早いし、ハードルが高い」と思う場合でも、

ボイトレスクールの無料体験を申し込んでそこで、「ボクノート」のサビの部分だけをみっちりアドバイスをもらうだけでも効果ありだと思います。

例えば、「きれいじゃなくたって」の部分のファルセットの後のウィスパーボイスの出し方がわからない場合、

専門のボイストレーナーとマンツーマンならば、伴奏をゆっくりめにしつつ、きちんと裏声が出せているか、ウィスパーボイスの音の大きさはどれくらいがいいか、などを先生に確認してもらいながら着実に進めることができるのです。

そして、無料体験をするのにオススメのボイトレスクールが、

冒頭でも紹介していましたシアーミュージックスクール「ボーカル&ボイストレーニングコース」です。

このコースでは、呼吸、発声のトレーニングから、歌の表現力を鍛えるレッスンまで、あなたの理想の歌声になれるよう導いてくれます。

また、カラオケでの歌い方をもっと詳しく知りたい場合には「カラオケコース」というコースもあり、あなたのニーズに合わせてコース選択できるのも嬉しいですね。

まずは下記リンクから無料体験を申し込んで、かっこよく歌いたいサビの部分だけでも上達させてみませんか?

「歌が上手くなりたい」と思った今がチャンスのときですので、下記のリンクから無料体験のスケジュールだけでも押さえておきましょう。

公式サイト⇒▼▼シアーミュージックの無料体験を今すぐ申し込んで「ボクノート」のサビを上達させる▼▼

 

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方 2番Aメロの歌い方を解説

なにをしても(/)つづかない(/)こどものころのぼくは(v)

これってもってきかれてこたえにこまってた(v)

そんなぼくにでもあえられものがるといんなら(v)

まよいたちどったじぶんじしんもぉ(v)しんぃてたいな(v)

 

1番のAメロとは異なり、ウイスパーボイスは出てこないです。

ただ、アクセントが多用されていますので、アクセントの箇所をしっかりと強調できるように注意して歌いましょう。

歌詞も自分自身を信じていきたいといった表現が入ってきて、1番よりも希望と前に進んでいこうという気持ちが強くなっていますので、2番のAメロは力強さを意識して歌ってください。

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方 2番Bメロの歌い方を解説 

ぼくがいーるこーのばしょは~(v)すーこしぃきゅう(⤴︎)くつだけど~(v)

あいにーみちたひょうじょうで~(v)ぬくもーりあれて~(v)

そしてーきみーのこーえがーする~(v)

 

2番のBメロもウイスパーボイスは出てこないです。

前向きな気持ちを支えるように優しくファルセットを使い、「きみのこえがする」という前向きになることで見えてくる希望のように明るい表現で歌いましょう。

綺麗なファルセットを出せるか不安、、と思うあなたはこちらも一緒に読んでみてください。

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方 2番サビの歌い方を解説

あしもーとになげすーてた(v)あがいたあとも~(v)

もがいーているじぶんもぜんぶぼーくだから~(v)

かかえているもいを~(v)ひたすらにさけぶん(⤴︎)(⤴︎⤵︎)(v)

そーのーこーえーのーさきに~(v)きみがいるんだ~(v)

※「おもいを~」の「お」がhiA#(A4#)で最高音です。

※「きみがいるんだ」の「だ」がmid1D#(D#3)で最低音です。

 

2番のサビは自分自身を認める気持ちと、気持ちを伝えようと決意を決めたという

1番のサビよりも確かな気持ちとして、力強く、そして優しいファルセットを使って明るい未来に向けたような表現で歌うようにしてください。

綺麗なファルセットを出せるか不安、、と思うあなたはこちらも一緒に読んでみてください。

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方 ブリッジの歌い方を解説

みみをすますとしかにきこえるぼくのおと~(v)

そらはなきやんでくもがきれていく(v)

 

ここでは大さびに向けて「くもがきれていく」ここがポイントになります。

まさにここまで引きずっていたマイナスの気持ちが晴れて、前向きな行動を起こすその架け橋になるようハキハキと澄み切っていくような表現で歌いましょう。

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方 大サビの歌い方を解説

いまーくが(v)つむいでく(v)ことばのかけら~(v)

ひとつー(v)おりかーさなってう(⤴︎)たになる~(v)

きれいじゃなたって~(v)すこしーずつっていい(⤴︎)んだ(⤴︎⤵︎)(v)

ひーかーりーがーさしこむ~(v)

このこえ(v)かれるまで(⤴︎)(v)うたいつづけて~(v)

きみにふる(v)かなしーみなんはらせればいい(⤴︎⤵︎)(v)

ありのままぼくを~(v)きみにとどたいん(⤴︎)(⤴︎⤵︎)(v)

さーがーしーてーいたーも(⤴︎)のは~(v)めのまえにあった

※「きれいじゃなくって」の「く」、「ありのままのぼくを」の「ぼ」がhiA#(A4#)で最高音です。

 

言葉を紡いでいく、「一つずつ折り重なって」といった歌詞のとおり、前向きな行動に移しているのが大さびとして形になっています。

ウイスパーボイスは使っていなく、力強いアクセントとキレイなファルセットを使って気持ちが晴れたという気持ちで歌いましょう。

最後の「目の前にあった」は答えが見つかったようにハキハキと歌って仕上げましょう。

綺麗なファルセットを出せるか不安、、と思うあなたはこちらも一緒に読んでみてください。

ボクノート(スキマスイッチ)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

最高音がhiA#(A4#)、最低音がmid1D#(D#3)の「ボクノート」は、

平均的な男性にとってはファルセットが使えるようであれば高くもなく低くもなく、ちょうど良い音域です。

平均的な女性にとっては、最高音は高くないのですが、最低音は音低いので、

カラオケで歌うときはキーを+4にすることをおすすめします。

最高音が音上がるため高音の箇所はファルセットを駆使して歌うようにしましょう。

「ボクノート」は表現力が求められる歌なので、無理せずに自分にあったキーにして歌いましょう。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

ボクノート(スキマスイッチ)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

なんといってもボクノートは歌詞を上手く表現して歌うことが重要な歌唱ポイントになります。

そのためにもウイスパーボイスやファルセットは、

しっかりと練習して歌えるようになることがボクノートを上手に歌うためにも必要ですので、歌い方の解説も見ながら練習をしてみてください。

2番以降は力強さが増していきますので、アクセントを意識して徐々に強くなっていく過程を表現して歌うようにしましょう。

スキマスイッチ(ボクノート)の歌唱ポイント
  • 1番と2番、大さびの歌い方の表現は段々と明るくなっていくイメージで歌いましょう
  • ファルセットとウイスパーボイスをしっかりと意識して歌いましょう
  • 2番と大さびではアクセントが多様されているので力強く歌いましょう

以上がスキマスイッチの「ボクノート」の歌唱ポイントです。

歌を上手に歌うためには一言一言丁寧に、音程や表現を何度も何度も練習することが一番の近道です。

ぜひ今、この瞬間からボクノートを口ずさんでみましょう。

ボクノートは、ばっちり歌えると歌っている自分も感情が乗って、気持ちがよくなるような世界観のある歌ですので、

少しでも上手になるために頑張ってください!

 

ここまで読んでくれたあなたは「ボクノート」の歌い方についてかなり知識が付いたと思います。

しかし、知識が付いた状態と、実際に上手く歌えるまでの間には練習量が必要ですし、「どうしても上手く歌えない」という箇所も出てくると思います。

そんなとき、独学よりも歌を習っている先生がいるととても心強いです。

どんなスクールに通ったら良いかわからないと思っていあるあなたには、

このページで何度かご紹介している「シアーミュージックスクール」の「ボーカル&ボイストレーニングコース」をやっぱりオススメしています。

レッスンは、2つのレッスン室に分かれてのレッスンができるので、時期的な問題にも、安心感がありますし、

約600名の在籍講師から自分に合ったジャンルの先生が選べるのも良いですね。

また、カラオケに特化して学びたければ、採点機能の攻略を教えてくれる「カラオケコース」もあるのでオススメです。

例えば、あなたがこっそりとシアーミュージックスクールに通って、歌が上達したあなたが久しぶりにカラオケに行きます。

突然上手くなったあなたの声に周りの友人や同僚は「どうしたの?」と驚きの声をあげる。

そんなことを想像するとワクワクしてきませんか?

 

「どれくらいボイトレに通えば歌が上手くなるの?」

という疑問はあるかもしれませんが、人それぞれペースもありますし、上達の速度は違います。

私の体験では、1年くらいボイトレに通うと、音程や声質が安定してきて、人から「うまいね」と言われることが多くなります。

そして、歌のコツがわかれば独学でもボイトレを続けることができます。

例えば19歳でボイトレに1年通うとその後、死ぬまでずっと「好きなアーティストの歌い方を表現できる自分」でいられます。

例えば、80歳が寿命と仮定したら、60年間は歌う上での

「好きなアーティストの歌い方はわかるが、それを表現できない」

「音程が上手く取れない」

「リズムがどうも苦手でテンポが遅れてしまう」

みたいな悩みがなくなった状態でいられます。

これを先延ばしにして、24歳でボイトレに通うとしたら、「カラオケがうまい自分」は55年間です。

29歳では50年間。

39歳では40年間。

先延ばしにすればするほど、歌が好きな人にとっては、好きなアーティストの歌い方が表現できる「歌ウマ」な期間が短くなり、損をすることになります。

できるだけ早くボイトレを受けて「歌い方さえわかればそれを表現できる自分」を手に入れちゃいましょう。

 

さてここまで読んで、シアーミュージックスクールに可能性を感じているなら、あなたがやることはたった3つです。

  1. 下のリンクからシアーミュージックスクールの無料体験に申し込む
  2. その日までに「ボクノート」を課題曲と決めて練習する
  3. 難しい、なかなか上手くいかないという部分を先生に聞く

「好きなアーティストの歌の歌い方はわかったけれどなかなか表現できない」

「自分の声を客観的に聞いて伸ばしてくれる人が欲しい」

と思っているあなたは、ぜひシアーミュージックスクールの無料体験レッスンに申し込んでみてください。

「今は入会するだけのお金がないし、そこまではハードルが高い」という場合でも、

無料体験レッスンで、「ボクノート」の難しいと思うポイントをピンポイントでアドバイスをもらうことができるので、

新しい自分の可能性に出会いたいアナタは下記リンクからアクションしてみてください。

公式サイト⇒▼▼もう先延ばししない 無料体験を今すぐ申し込んでボクノートの歌い方を学んでみる▼

 

もしあなたが、東京の渋谷、北千住近辺に住んでいるならJOYミュージックスクールもオススメですので、チェックしてみてくださいね。

🎤アニソン・ボカロコースや歌ってみたコースがあるJOYミュージックスクールとは?
  

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ボイトレマニア , 2022 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!