2021/07/02

I LOVE…(Official髭男dism)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

「Official髭男dismの藤原さんのように高音が綺麗に、透き通る声で「I LOVE…」を歌えるようになりたい。」

「喉を潰さず無理せずなんなく一曲歌いあげたい。」

「男性が歌っているけど、キーが高すぎて歌えない、、」

「もっと上手く歌いたい、もっとレベルの高い曲を歌えるようになりたい。」

そんな願いや希望を持つあなたは、

一度はそんな思いを抱いたことがあるのではないでしょうか?

「I LOVE…」をOfficial髭男dismのように歌うコツはズバリ、以下のようなことです。

I LOVE...の歌い方のコツ

  • ブレスコントロールでリズムをつかむ
  • ウィスパーボイスで表現力を上げる
  • ファルセットで歌にメリハリをつける

もしこの記事を読んで、「I LOVE…」の歌い方がマスターできれば、

男性が歌うJ-POPでキーの高い楽曲はすべて歌いこなせるようになるでしょう。

なぜなら「I LOVE…」の音域がほぼ女性が歌う音域で歌われているからです。

周りの友人、家族に「他の曲も歌って!」「本当にうまいね!」と言われることはもちろんのこと、

YouTubeやInstagramでも歌ってみた動画をアップすれば「すごい!」「信じられない!」など驚きや感動のリアクションをもらえることでしょう。

詳しくは、ここから説明していきましょう!

I LOVE…(Official髭男dism)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

Official髭男dism – 「I LOVE…」Official Music Video

I LOVE…(Official髭男dism)の難易度は?

「I LOVE…」はキーが高いほかにリズム、ウィスパーボイスにも意識して歌う必要があるので難易度はとても難しいと言えます。

また、『I LOVE…』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:S

リズム:S

表現:S

すべてSとなっています。

一気に意識して歌おうとすると混乱してしまい、かえって歌えなくなってしまいますので、ひとつひとつポイントに気をつけながら丁寧に練習していきましょう。

Sponsored Link

I LOVE…(Official髭男dism)の最高音と最低音は?

  • 「最高音」hiD(D5)

認め「合hiD(D5)」えたなら

※「」が最高音です。

  • 「最低音」mid1E(E3)

君が入ってから「君がmid1E(E3)」入ってから

※「」が最低音です。

 

平均的な男性にとっても、女性にとっても少し高い音域になってくるので、

カラオケで歌う場合はキーを2~3下げて歌うことをおすすめします。

詳しくは、後で紹介する「I LOVE…(Official髭男dism)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

I LOVE…(Official髭男dism)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

(v)見つめる(v)景色その中

君が入ってから変世界(せい)は(v)

いつも(v)卒なく(v)こなした日々の真ん中

不思議な引力に(v)逆(さ)らず崩(ず)てく(v) 

I Love/なんて(v) 言いかけてはやめて(v)

I Love/ I Love/ 何度も

※Aメロでは、/君が入ってから/「君が」の部分が最低音mid1E(E3)となります。

 

このパートでは「リズム」を一番に意識して練習していきましょう。

そもそも、なぜリズムを意識しなければならないのか?

それは、音程がどれだけ合っていても、歌のリズムが曲にうまくハマっていないと下手に聞こえて、表現が乏しく聞こえてしまうからです。

プロの歌手は皆リズム感が圧倒的に優れています。

そのためAメロは、

  • 歌の区切りや、ブレスの位置は正しいテンポでできているか
  • /変わり果てた世界は/逆らえず崩れてく/の時に色のついたアクセントのところで強弱をつけて歌ているか

に意識をおいて練習してみると歌にリズムとメリハリが生まれ、

たったそれだけであなたの歌もレベルアップするでしょう。

Sponsored Link

I LOVE…(Official髭男dism)の歌い方 サビの歌い方を解説

高まる愛の中/ 変わる心情の中(v)

燦然と輝く姿は(v)

まるで水槽の中に飛び込んで(v)溶けた絵具みたい

イレギュラー(v)

独りじゃ何ひとつ/気付けなかっただろう

んなに鮮やかな色彩(しきさい)に

普通の事だとぼける君に言いかけた/I Love/

その続きを贈らせて

 

サビでは、ファルセットが出てきます。

意識するポイントは、

  • 張り上げて歌わない
  • ブレスポイントを意識し、リズムに気を付ける

高音が出てくるとどうしても声を張り上げて歌いたくなってしまうものですが、

張り上げて歌った分だけ歌の切り替えが難しくなり、ファルセットが出てきたときにスムーズに歌えません。

高音を無理やり出そうとせず、音量のバランスに気をつけると

ファルセットやウィスパーボイスが出てきた時によりスムーズに対応し、歌も正確さや丁寧さも向上するでしょう。

Sponsored Link

I LOVE…(Official髭男dism)の歌い方 Bメロ(ブリッジ)の歌い方を解説 

喜びも/悲しみも/句読点のない想いも

完全に分かち合うより

曖昧に悩みながらも

認め(v)合えたなら

※Bメロでは、/認め合えたなら/「合」の部分が最高音hiD(D5)となります。

 

ここでは高音域で歌うパートです。

喉で無理せず歌うように心がけ、もし歌うことが難しいのであれば、

  • キーを下げて少しづつ歌い慣れていく
  • 高い音域はファルセットで歌う

このように練習すれば、喉も高い音域に慣れていくでしょう。

当然1日、2日でできるようになるものではないので、根気よく取り組んでいきましょう。

Sponsored Link

I LOVE…(Official髭男dism)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

女性が歌っても少し高いと感じてしまう「I LOVE…」は、

男性にとっては、多少余裕を持って歌うために、キーを-2か、-3にすることをおすすめします。

女性にとっては、地声が元々低い方はキーを-1か、-2にするといいですね。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

I LOVE…(Official髭男dism)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

最後に「I LOVE…」歌い方をマスターするポイントをご紹介します。

まずは無理のない、喉に負担のかからないキーで歌うことから始めましょう。

I LOVE...の歌唱ポイント

  • ブレスコントロールでリズムをつかむ
  • ウィスパーボイスで表現力を上げる
  • ファルセットで歌にメリハリをつける

各パートで紹介したポイントをおさえ、

「Official髭男dismの藤原さんに歌い方が似てきたかも?」と思うようになってきたら、それはあなたの歌が上達した証です。

歌の記録として、スマホに録音して練習していくのもオススメです。

どこが良くて、悪いのかを客観的に判断できるようになれば、

あなたが抱える歌の問題点や改善点が一目瞭然になり、成長もスピードアップしていきますよ。

もっともっと歌に寄り添って、あなた唯一の歌声を磨いていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.