2022/02/20

歌の声量トレーニングは自宅でできる? ペットボトルを使った方法や練習器具を紹介!

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

声量が足りないとわかっていても、自宅では大きな声を出してトレーニングをすることができないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。

声を出さなくても声量を上げることができるトレーニング方法があります。

自宅で声量を上げるトレーニングをすることで、カラオケや歌う本番でしっかりとした声量をだして、「ハリがある良い声」とか「迫力があってカッコイイ」といった反応を得られるようにしていきましょう。

今回は声量を上げるボイストレーニングや、ペットボトルを使用して簡単に声量を上げられる練習方法をご紹介していきます。

こんな人におすすめ

・声が細い

・歌を安定させたい

・メリハリのある迫力ある歌い方にしたい

 

ところで、自宅にいながらにしてプロのボイストレーナーに習うという選択肢があることをご存知でしょうか。

ここではオンラインレッスンができるおすすめのボイトレ教室をご紹介します。

声量アップさせたいアナタにおすすめのスクールが、「アバロンミュージックスクール」です。

なんとこの学校は第一線で活躍する講師陣がいて、プロも通うスクールとしての実績があります。

また、音楽プロデューサーの後藤友輔さん(To Be Continuedが設立したスクールなので、

ヒット曲を出したことのある講師陣の目線から、「十分な声量を出せるようになる練習方法」を教わることができます。

また、デビューサポートのコースもあり、あなたがプロデビューを目指している場合には、チャンスが広がること間違いありません。

着実に声量をアップさせて、カラオケやステージで友人や同僚に「すごい歌上手いね!」と驚かれたいなら、

一度アバロンミュージックスクールの無料体験に顔を出してみませんか?

公式サイト⇒▼▼アバロンミュージックスクールの無料体験で声量アップのヒントを掴む▼▼

 

歌の声量トレーニングは自宅でできる?

住宅環境などで、あまり大きな音が出せないから、声量トレーニングは自宅でできないとお考えの方もいると思います。

声量トレーニングは声を出さなくてもできる方法があり、効果的に声量を上げるための身体の動きを習得することができます。

家でできる声量トレーニング
 

・ロングブレス

・表情筋を鍛える

ロングブレス

息を長く吐き続けられるようにするトレーニングがロングブレスです。

声量を上げることができ、さらに歌っている時の息もコントロールできるようになります。

やり方は、まずお腹を膨らませて、横隔膜を動かしながら肺に息を送り込みます

息を吐くときは、お腹をへこませて、横隔膜を上に押し上げながら肺から空気を出していきます

この腹式呼吸が上手くできるように、お腹にも注意を向けるようにして下さい。

吐き出す時の口は、軽くあけ、歯の間からスーッと音を出すように空気を出していきます。

ゆっくりと息を吐き出すことと、喉に力が入ってしまわないように力を抜くよう注意して下さい。

これを10回から15回繰り返しおこないます。休憩を挟んで2セットするようにしましょう。

大きな音が伴わないので自宅でのトレーニングも可能です。

表情筋を鍛える

顔には細かくて薄い筋肉が数十種類あります。これを総称した言葉が表情筋です。

普段使わなければどんどん衰えてしまう筋肉で、日頃から使っていくことが重要になります。

表情筋を鍛えることで、声が効果的に響くようになり声量も上がります。

トレーニングのやり方を確認していきましょう。

ひとつの言葉につき30秒同じ口の形にします。

唇を大きく広げて「あ」という口の形にします。

次に「い」という口の形にします。このときも唇を広げる意識で行います。

そして、「う」は唇を突き出せるだけ突き出します

「え」も唇をなるべく広げるようにして下さい。

「お」は「う」と同じように唇を突き出せるだけ突き出します

これを繰り返します。

発声せずに口の形だけ行うトレーニングなので、音漏れが気になる自宅でもできます

普段話しているような口の動きではなく、大げさに顔全体を使って行うようにすることがコツです。

顔の筋肉が疲れてくるのは、普段使っていないということです。

無理なく、休みながら行うようにして下さい。

普段から表情にメリハリをつけることで、表情筋を鍛えていくこともできます。

 

上記の声量アップの方法を試してみても

「本当に声量が上がっているの?」

「なんか声量は上がった気がするけど喉が苦しい」

みたいな場合は、変な癖が付いてしまう前に、プロのボイストレナーに習うことをオススメします。

ステージをいくつもこなしているボイストレーナーであれば、声量アップのアドバイスにも説得力がありますよね。

そこでアナタにおすすめのスクールが、冒頭でもご紹介しました「アバロンミュージックスクール」です。

オンラインレッスンがあるので、自宅にいながら学ぶことができますし、

なんとこの学校は第一線で活躍する講師陣がいて、プロも通うスクールとしての実績があります。

また、音楽プロデューサーの後藤友輔さん(To Be Continuedが設立したスクールなので、

ヒット曲を出したことのある講師陣の目線から声量アップの方法を学ぶことができます。

また、デビューサポートのコースもあり、ライブパフォーマンスの指導もしてくれます。

あなたがプロデビューを目指している場合には、チャンスが広がること間違いありません。

また、歌、表情、ステージング、ルックス、全部の総合点の高い歌い手になるための方法も教えてくれます。

アバロンミュージックスクールで学べば、カラオケやステージで友人や同僚に「すごい歌上手いね!」と驚かれるような歌手になることも夢ではありません。

まずは声量をアップさせるために、アバロンミュージックスクールの無料体験にぜひ申し込んでみましょう。

公式サイト⇒▼▼アバロンミュージックスクールの無料体験で声量をアップさせる方法を聞いてみる▼▼

 

声量トレーニングを自宅で行うのにペットボトルを使う方法

肺活量を上げて声量を得るためのトレーニングが、ペットボトルを使った自宅での練習方法です。

使用するペットボトルは柔らかいものを選ぶようにしましょう。

500ミリリットルから2リットルのペットボトルを使用します。

最初は500ミリリットルのペットボトルから始めてみて、できるようであれば1.5リットルや2リットルのペットボトルに代えていきましょう。

息をしっかりと吐き出し、ペットボトルに口をつけます。

ペットボトル内部の空気を思い切り吸い込むようにします。ペットボトルが潰れるくらいしっかりと吸い込みます。

今度は息をペットボトルの中に吐き出しましょう。ペットボトルが元の形状に戻ります。

これを3回から4回繰り返します。

酸欠になるおそれもあるので、無理をせずにトレーニングを行うようにして下さい。

ペットボトルを使用したトレーニングは、自宅で簡単にできるので、他の練習と合わせて行います。

声量のトレーニングが自宅でできる練習器具を調べてみた!

声量を上げるために大きな音をださずにトレーニングできる、自宅用の練習器具をご紹介します。

ウタエット

カラオケで歌うときと同じ状況で練習することができ、しっかりと声を出して自分の歌を確認することができます。

音を1/3までカットできるので、自宅で大きな声を出すことができる練習器具です。

イヤホンで声をモニタリングしながら行えるので、音程の確認も可能です。

ペットボトルを使ったトレーニングで、ウタエットを使って大きな声を出しながら息を吐き出すという使い方もできます。

Amazon詳細⇒自宅で手軽に自分の声を確認しながらボイトレできる秘密のアイテムの詳細はこちら

PROIDEA プロイデア UTAET ウタエット
created by Rinker

ウタエット ウルトラボイス

喉を開き、腹式呼吸での発声を身につけるマウスピース型の練習器具です。

マウスピースをくわえて発声するだけなので、自宅で簡単にできます。

また、音叉を当てる場所もあるので、音程をとりながらの練習にも使えます。

ロングブレスのトレーニングで、ウタエット ウルトラボイスを使用して発声しながら練習をするのもいいでしょう。

Amazon詳細⇒一日たった5分! 自宅での発声練習でハリと伸びのある声を手に入れる方法はこちら

自分に合った方法で声量トレーニングを自宅でやってみよう!

音を出さずに自宅でできる声量トレーニングを中心にご紹介してきました。

大きな音を出しても大丈夫という方は、発声しながら練習することで喉の感覚を確認しながら練習することができます。

環境に合った練習方法を無理をせずしていくことで、トレーニングを継続することができ、その積み重ねが歌の上達や声量をアップすることに繋がっていきます。

声量を上げていくトレーニングをすることで、豊かな表情やメリハリのある声を得ることができ、快活な印象を周囲に与えることもできます。

今回ご紹介したトレーニングを日々のトレーニングに取り入れて、カラオケなど歌の本番で力を発揮できるようにしましょう。

自宅練習に「筋トレや、歌に効果的なグッズを取り入れたい」という場合は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

 

ところで、声量をアップさせるために、この記事を復習したり、動画サイトなどを見てコツコツ練習するのも良いでしょう。

ですが、声量アップの方法について、やはり知識のある専門のボイストレーナーに習うのと、独学で習うのとでは上達するまでの期間に大きく差がついてしまいます。

そして、ボーカルの専門家にマンツーマンで習う大きなメリットとして、

自分で気付かない歌うとき悪い癖や、さらには自分の声の良いところをアドバイスをもらいながら伸ばしていけることがあります。

このページで何度か紹介している「アバロンミュージックスクール」ボーカルコースでは、オンラインレッスンがあるので、自宅で声量アップの方法を教えてくれます。

また、アバロンでは、アバロン・ボイスメイクトレーニングという名前の、魅力ある声になるためのボーカルトレーニングを行います。

また、その他にも高音、音程、リズムにフォーカスを当てたトレーニングを総合的に学ぶことができ、全部合わせて、「アバロンボイストレーニング法」と呼ばれ、ボーカリストとして必要なことを全て学べるようになっています。

また、校長の後藤友輔さん(To Be Continuedは、Amazon音楽書ボーカル部門で第一位となる本を執筆していることもあり、

アバロンミュージックスクールがボーカルコースに定評があることがよくわかりますね。

こっそりとアバロンミュージックスクールに通って、歌を上達させ、友人や同僚を「どうやってそんな歌が上手くなったの?」と驚かせちゃいましょう。

 

「どれくらいボイトレに通えば声量がアップするようになるの?」

という疑問はあるかもしれませんが、人それぞれペースもありますし、上達の速度は違います。

私の体験では、人にもよりますが、声量アップだけだと1〜3ヶ月くらい、さらに、1年くらいボイトレに通うと、音程や声質が安定してきて、カラオケで「うまいね」と言われることが多くなります。

「えっ!? そんなにかかるの!?」

と驚くかもしれないですが現在歌手と呼ばれている人たちも、時間をかけてコツコツと自分の声やテクニックを磨き、

声量をアップさせて、人を魅了させることができる歌唱力を手に入れています。

 

1年間通うと言っても、一回専門のボイストレーナーに1年習って歌のコツがわかれば、その後は独学でもボイトレを続けることができるので実はコスパが良いのです。

例えば19歳でボイトレに1年通うとその後、死ぬまでずっと「歌がうまい自分」でいられます。

例えば、80歳が寿命と仮定したら、60年間

「声量がアップしない」

「リズムや音程は取れるけれどどうも表現力が足りない」

「自分の声質が気に入らない」

みたいな悩みがなくなった状態でいられます。

これを先延ばしにして、24歳でボイトレに通うとしたら、「歌がうまい自分」は55年間です。

29歳では50年間。

39歳では40年間。

先延ばしにすればするほど、歌が好きな人にとっては、「声量がアップした」、「歌ウマ」な期間が短くなり、損をすることになります。

できるだけ早くボイトレを受けて「十分な声量で歌が歌える自分」を手に入れちゃいましょう

 

さてここまで読んで、アバロンミュージックスクールが気になっているあなたがやることはたった3つです。

  1. 下のリンクからアバロンミュージックスクール、ボーカルコースの無料体験に申し込む
  2. その日までに課題曲や聞きたいことを決めておく
  3. 無料体験を十分に楽しんで、入会するかどうか決める

「十分な声量のあるワンランク上のシンガーになりたい」

「ぶっちぎりで表現力のある歌が歌いたい」

と思っているあなたは、ぜひ無料で体験できるアバロンミュージックスクールのボーカルコースに申し込んでみてください。

公式サイト⇒▼▼人を魅了するワンランク上のシンガーになる第一歩はコチラ▼▼

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ボイトレマニア , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!