2020/04/13

高い声の出し方 簡単で無理なく出せる方法3つのコツとは?発声のメカニズムも紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

低い音や中音域で問題なく歌うことが出来ても、高い音が出てくるとなかなか思うように歌えなくなってしまう人はたくさんいると思います。

高い声にいつも余裕を持って簡単に出すことが出来たら、もっと歌うことを楽しめそうですよね。

高い声を出すために、実は体にちょっとした意識をするだけで高い声は簡単に出るようになるのです。

この時、体が自由でリラックスした状態を作っておくことがとても大切です。

高い声を出すために、喉や腹筋に力を入れるなどの動作が加わると、反って体は固まってしまい、本来出せる高さの声も出せなくなってしまいます。

体の力を抜くことで、息の流れや声の伸びやかさは確実に変わり、高い声も簡単に出せるようになるのです。

高い声出し方では、とにかく伸びやかに自由に感じるところで、声を出す感覚を掴んでいくことがポイントです。

高い声に自信を持って歌えるようになれば、あなたの歌のレベルが何段階も上がることはもちろん、より歌うことに自信が持てるようになるでしょう。

また高い音が出てくる憧れの曲にもどんどんチャレンジ出来るようになります。

簡単に出来る高い声の出し方から、高音発生のメカニズムまでをご紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ

・高い声の出し方のコツを知りたい人

・高い声を簡単に出せる方法を知りたい人

・高音発声のメカニズムを知りたい人

高い声の出し方 簡単に無理なく出せる3つのコツ

リラックスして歌う

簡単に高い声を出すためには、リラックスして歌うことがとても大切です。

緊張した状態のまま歌おうとすると、息をスムーズに出すことが出来ず苦しい声になってしまいます。

歌は体が楽器のため、スポーツなどと同じで、体が思うように動いてくれる状態、自分でうまくコントロールが出来る状態が望ましいです。

歌う時に体の力を上手く抜きリラックスすることで、自然と深い呼吸に繋がり歌いやすい体の状態にすることが出来ます。

体がリラックスした状態を作るためには、ゆっくりと深い呼吸を意識して行ってみることがおすすめです。

鼻から息を吸い口からゆっくりと吐く呼吸は、身体だけでなく心も落ち着かせることが出来ます。

リラックスした状態を作ることで、体も心もより自然な状態に近づき自由に歌うことに繋がります。

声にも自由が生まれ、リラックスすることでより簡単に高い声が出せるようになります。

喉や腹筋に力を入れない

体全体に力を入れないことはもちろん、歌に直接関わりのある喉と腹筋には特に力が入らないよう意識することが大切です。

歌うことに一生懸命になってしまうと、ついつい喉や腹筋に力を入れて頑張ってしまうことが多いためです。

喉や腹筋に力を加えることで、瞬発的に大きな声やパワーのある声を出せることもありますが、

それは一時的なものであり喉に負担がかかっている可能性が高いため高い声の出し方としてもあまり良くありません。

喉周りの筋肉は特に意識をして、力の入っていない状態を作ることが大切です。

また腹筋に力が入っていると、息を出すときにお腹周りだけでなく身体全体にも力がはいってしまいます。

よって、息をスムーズに流すことが出来ず、歌おうとすると苦しい声になってしまうのです。

喉と腹筋に力が入らないように注意して歌うようにすると、それだけで息を流すことがとても楽に出来るようになります。

よって、声も繊細な響きで出せるようになり、より簡単に高い声の出し方に繋げることが出来ます。

息をすぐに吐き切らない

声は息が元になっているため、息の量やスピードで出てくる声が変わってきます。

歌いながら息をすぐに吐き切ってしまうと、声をキープすることが出来ません。

高い声を出すときの喉は、低い声の時よりも緊張感のある状態をキープしている必要があります。

そのため、高い声を安定して出すためには、息の量とスピードに注意することが大切です。

しっかりと息をコントロールしながら歌うことを心掛けると、より簡単に高い声で歌い続けられるようになります。

高音発声のメカニズムとは?

高音発声時の声帯の状態

声は喉にある声帯という器官の状態が変化することにより、高さや音色、強さなどが変化しています。

声帯では、二つの薄い膜のようなものが音を出すための弦の役割を担っており、これらが引き伸ばされたり緩んだりすることで出てくる音の高さが変化しています。

これはギターなどの弦楽器と同じで、弦が引き伸ばされ張られた状態になると高い音になり、緩んだ状態になると低い音になります。

高い声の出し方では低い声の時よりも、薄く引き伸ばされた声帯であるため、より緊張感のある状態だと言えます。

そのため、高い音の方が出すことが難しく、よりテクニックが必要になってきます。

高音を出しやすい体の使い方

高音を簡単に出すためには、体から不要な力が抜けているリラックスした状態で体を使うことが望ましいです。

このようなナチュラルな状態でいることにより、必要に応じて瞬発力のあるエネルギーを高い声の出し方でも使うことが出来るのです。

体が柔軟であればあるほど息も流しやすく、より体を使って歌っている感覚が得られます。

この、柔軟でありながら必要な時に力を加えられる体の状態は、ある意味運動中の私たちの体と同じ状態であるともいえます。

高音を出しているときの私たちの声帯は、非常に緊張感のある繊細な状態をキープしています。

そのため、声帯や喉に対する意識だけでなく、体全体のバランスや支えがとても大切になってくるのです。

いくら声帯の準備が整っていても、支えのある息を体がコントロールして出すことが出来なければ、高い音をキープすることは出来ません。

高い声の出し方としては、自分が一番リラックスした楽な状態で、遠くに声を飛ばすようなイメージを持って声を出すと良いでしょう。

実際に歌いながら声を出す前に、発声練習として遠くの人に声をかけるイメージで軽く声を出してから歌ってみると、声を楽に出す感覚が掴みやすいと思います。

体はリラックスしたうえで声を出す感覚を覚えて、積極的に歌の中でも活用してみましょう。

高音発声の悩み別解消法を3つ紹介

高音で喉が苦しい、かすれる

高音を出そうとしてついつい喉で頑張ってしまうと、喉が苦しく感じてしまうことや声がかすれてしまうことがあると思います。

それは喉の準備が整っていない状態で、声を出してしまっているからなのです。

喉が苦しくならずに高い声の出し方を習得するには、発声練習を使いながら、少しずつ歌える音域を広げていく練習が確実で効果的です。

まずは無理なく出せる高さの音から声を出していき、その感覚を変えないように気を付けながら徐々に音を上げていきます。

音が高くなっても声を出す感覚を変えずに音域を広げていくことで、無理なく出せる声の高さは確実に広がっていきます。

ゆっくり焦らずに歌える音域を確実に広げていき、高い声の出し方も簡単にこなせる体と喉を鍛えていきましょう。

高音がファルセットになったり、裏返ったりして地声感がない

高音を出そうとしたときに声がファルセットになったり、安定せずフラフラしてしまう時は、喉と息の量のバランスが取れていないことが考えられます。

声が裏返ってしまう時の原因の一つとして、息の量が多すぎることが考えられます。

息の量がコントロール出来ていないまま出してしまうと、喉は息に耐え切れず綺麗に音を出すことが出来ません。

声が安定しないと感じるときは、口を閉じたまま声を出すハミングや唇を息で振動させるリップロールなどで、

適切な息の量の感覚を掴んでから歌うようにすると、簡単に安定した声が出せるようになります。

ミックスボイスがうまくできない

高音で、ミックスボイスをなかなかうまく使えない人は、自分が一番気持ちよく声を張れるポジション、感覚を探しながら声を出していってみましょう。

色んな強さや高さで声を出していくと、自分の声がより安定する出し方が少しずつ掴めてきます。

音域が変化してもその感覚を持ち続けることで、高音域でのミックスボイスも簡単に出来るようになります。

声はコツさえつかめば習得することが出来るものですが、そのためにはそれぞれが試行錯誤しながら、自分の声の特徴や得意な音域、出し方などを個人で探っていく必要があります。

ミックスボイスにおいても、感覚を掴めれば様々な音域や表現に応用していくことが出来ます。

まずは、無理なく気持ちよく声を出す感覚を掴み、様々な音域で使っていってみましょう。

高音は無理に出さなくてもよい キーを下げるのも1つの手段

声の表現力というのは、コツさえ掴めればどんどんテクニックを広げていくことができます。

高い声の出し方でも、決して無理はせずに少しずつ出せる音域を広げていけば、必ず理想の音域も出せるようになります。

無理に苦しい状態のまま声を出そうとしてしまうと、楽器である喉を傷つけてしまう恐れもあるため、決して無理はせず、場合によってはキーを下げるなどして歌うのも1つの手段です。

自分が簡単に、自由に声を出すためにはどんなことを意識すると良いか、人それぞれ自分に合った発声を研究することが理想の声を出せるようになるための大切なステップになります。

自分の楽器の特性や長所、音色を良く知りそれらを生かした声で歌っていくことで、高い声の出し方も自然と掴めてきます。

体を自由に使って楽しく歌いながら、高い声も簡単に出せるよう目指していきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2020 All Rights Reserved.