2020/02/24

チェストボイスを鍛える方法! 高音の出し方と練習曲を男女別に紹介!

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

チェストボイスで高音を歌うことが難しい、と感じている方もいるのではないでしょうか。

力強く歌いたくても、声を振り絞ってるから苦しそうに聴こえてしまったり、裏返ってしまったりと思うようにいかないものです。

チェストボイスを鍛える方法を行うことで、高音を効果的に出せるようになり、「力強い歌」とか「説得力のある声」と評価されるような歌声を得ることができます。

今回は、チェストボイスを鍛える方法や、練習曲を中心にご紹介していきます。

こんな人におすすめ

・チェストボイスを鍛えたい

・高音を出したい

・チェストボイスを鍛える練習曲が知りたい

チェストボイスは、歌を歌う上での基礎部分となります。

この声を身につけることで「力強い歌声」「安定した歌声」につながり、表現力豊かに歌えるようになるのです。

また、しっかりとチェストボイスが身についている人の歌声は、聞いていて安心感がありますよね。

もし、今すぐチェストボイスを鍛える方法を知りたいという方には、1週間で3オクターブの声が出せるようになる本』がおすすめ!

こちらは、eBookJapan(下記ボタン)で買うことができますが、初回は50%OFF(最大割引額500円)クーポンが付いてくるので、今までボイトレ本を買ったことがないという人にもチャレンジしやすい価格となっています。

また、電子書籍なので、スマホやタブレットなどで手軽に読むことができるところが便利!

さらに、紙媒体の書籍とは違ってかさばらないので、通勤通学中・ちょっとした空き時間に、パッとスマホを取り出して手軽にボイトレの勉強ができます。

公式サイト⇒1週間で力強いチェストボイスを出せるように鍛えて、周りをあっと驚かせる方法はこちら(スマホ版)

チェストボイスを鍛える方法

他の歌い方と同じようにチェストボイスは、しっかりと鍛えることで上達していきます。

ここでは、チェストボイスを鍛える方法を見ていきましょう。

チェストボイスを鍛える方法

 ・発声をしっかりする

・地声と裏声の違いの明確化

・腹式呼吸

・共鳴を意識

しっかり発音する

チェストボイスをしっかりと鍛えるためには、母音の発音が重要になります。

「あ・い・う・え・お」としっかりと発音できるようにしましょう。

口を大げさに広げながら、「あ・い・う・え・お」と言ってみましょう。

しっかりと母音を発音できたら、次は音を伸ばすようにします。

「あー・いー・うー・えー・おー」と、発音します。

音程は気にせずに、口の動きに注意しておこなうことが大切です。

裏声と地声の違いを明確にする

裏声と地声の違いをしっかりと分かっておくとチェストボイスを鍛える練習を効果的に行うことができます。

地声で出す音とオクターブ上の裏声を交互に発声してみましょう。

例えば、ピアノのA3を地声で出して、A4を裏声で出すという感じです。

ピアノやスマホのアプリを使用して、音を確認しながら発声してみましょう。

地声と裏声の違いを認識することで、ふわふわとせずにチェストボイスに集中して鍛えることができます。

腹式呼吸を使う

歌を安定して歌うには、腹式呼吸は欠かせません。

チェストボイスを鍛えるためにも、腹式呼吸の基本はしっかりと取り入れて行うようにしましょう。

横隔膜を上下させて、肺を収縮させる意識で行います。

お腹を膨らませて、空気を肺に送り込み、お腹をへこますことで、空気を吐き出します。

この腹式呼吸をリラックスした状態で行えるようにしましょう。

チェストボイスを鍛える場合、身体のリラックスも必要な技術です。

共鳴を意識する

チェストボイスを鍛えるためには、自分の身体のどこが共鳴しているかを意識する必要があります。

チェストボイスは、しっかりと身体に共鳴させることで、豊かな響きを持ち、太い声を得ることができます。

チェストボイスで声を出しながら、音程を上下させてみましょう。

その時に、骨のどこに共鳴しているかを意識します。

低い声を出したときは胸のあたり、高い声を出したときには鼻や額の位置が響いていることに気づきましょう。

無理やり響かせるのではなく、発声している時に、どう発声すればどのくらい振動するかを感じるようにします。

チェストボイスの高音の出し方!

チェストボイスで高音を出すには、声帯を引っ張る必要があります。

引っ張った声帯に息が当たることで、高い声が出るんです。

ただ、喉を締めるように歌ってしまっては、声が枯れたり喉を痛めてしまいます。

裏声を活用しながら、チェストボイスを鍛える方法を紹介します。

まずは、あごを上げないようにして、口を大きく開いた状態で歌うようにしましょう。

また、軽く息を吸い込むことが必要です。

勢い良く力んだ状態で呼吸を行わないようにしましょう。

そして、息を多めにふくろうのように「ホー」っと裏声で発声しましょう。

輪状甲状筋を鍛えることができ、喉を傷つけることなくトレーニングすることができます。

チェストボイスの練習曲を紹介!

チェストボイスを鍛えることができる練習曲を男女別に紹介します。

しるし|Mr.Children

ロックバンドのミスチルは、高音で歌う練習曲として最適で、メロディがしっかりしているため、練習をしながらも楽しめるという特徴を持っています。

しるしは、テレビドラマの主題歌としても使用されるなど、知名度もあり切ないメロディが印象的なラブソングです。

気持ちを込めて、歌いきれるようにしましょう。

みんな空の下|絢香

歌だけでなく楽曲も秀でているポップスとして有名な、絢香の曲です。

サビが印象的で、しっかりと身体を響かせながら歌うことが必要な曲です。

高い声を意識できるスローテンポの曲なので、練習を重ねることで自分のものにしていける楽曲です。

チェストボイスがうまい歌手とその特徴とは?

チェストボイスがうまい歌手は、楽曲のキーの高さを感じさせません。

実際に歌えそうと思っても、実はキーが高くて歌えなかったりといった経験はないでしょうか。

声の出し方や、共鳴のさせ方で、聴いている印象よりももっと余裕のある声を出すことができるのがチェストボイスがうまい歌手です。

チェストボイスを鍛えるコツは継続

チェストボイスを鍛えるためには、継続して練習していくことが必要です。

日々の練習がチェストボイスを鍛えることに繋がり、歌の練習全般にも繋がります。

歌うための筋肉が鍛えられることによって、チェストボイスを鍛えることだけでなく、裏声やミックスボイスのトレーニングにもなります。

毎日続けることは大変なことですが、地道に少しずつ続けることで、歌の上達を確実にしていくようにしましょう。

また、地道に練習する場合にも、日々の練習方法を工夫することはとても大事です。

例えば、今回ご紹介したチェストボイスを鍛える方法を行うほかに、ボイトレ本を読みながら勉強する方法もとても有効です。

その中でも、わかりやすく丁寧に教えてくれているのが、『1週間で3オクターブの声が出せるようになる本』というボイトレ本!

こちらは、eBookJapanで買うことができますが、初回は50%OFF(最大割引額500円)クーポンが付いてくるのでお得です。

「ボイトレの知識を学びたいけれど、本選びに失敗したくない」

「本を読むのはちょっと苦手かも……」という方にも、サクサク読めてしまうのでおすすめです。

ここで、少しだけ内容を紹介しますが、目次はこのようになっています。

この本は、タイトル通りに1週間で3オクターブ出せるようになるための練習方法が、1日目~7日目といった構成で書かれています。

チェストボイスは、3日目の項目に出てきますが、「1日目 喉のリラックス」「2日目 ブレス」といった順番で書かれており、取り組みやすい仕組みが良いです。

この、発声をする上で大切な基礎部分から練習していくと、チェストボイスを鍛える際にスムーズに入りやすくなります。

さらにこの本には、練習用の音声がダウンロードできるところが魅力。

ぜひ、音声ダウンロードを活用しながらチェストボイスを鍛えるなど、自分なりに練習方法を工夫してみましょう。

こちらの『1週間で3オクターブの声が出せるようになる本』は、eBookJapan(下記ボタン)で買うことができます。

初回は50%OFF(最大割引額500円)クーポンが付いてくるので、お得な価格でGETできちゃいますよ。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

公式サイト⇒チェストボイスを鍛えて力強い歌声になり、歌がますます楽しくなりたい人はこちらをクリック

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2019 All Rights Reserved.