2022/02/24

チェストボイスを鍛える方法! 高音の出し方と練習曲を男女別に紹介!

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

チェストボイスで高音を歌うことが難しい、と感じている方もいるのではないでしょうか。

力強く歌いたくても、声を振り絞ってるから苦しそうに聴こえてしまったり、裏返ってしまったりと思うようにいかないものです。

チェストボイスを鍛える方法を行うことで、高音を効果的に出せるようになり、「力強い歌」とか「説得力のある声」と評価されるような歌声を得ることができます。

今回は、チェストボイスを鍛える方法や、練習曲を中心にご紹介していきます。

こんな人におすすめ

・チェストボイスを鍛えたい

・高音を出したい

・チェストボイスを鍛える練習曲が知りたい

チェストボイスは、歌を歌う上での基礎部分となります。

この声を身につけることで「力強い歌声」「安定した歌声」につながり、表現力豊かに歌えるようになるのです。

また、しっかりとチェストボイスが身についている人の歌声は、聞いていて安心感がありますよね。

 

もし、今すぐチェストボイスを鍛える方法を知りたいなら、

チェストボイスを習得するのに一番早い方法は、練習方法を専門のボイストレーナーに習うことです。

とはいえ「ボイストレーニングって、お金も時間もかかりそうだし、ハードルが高そう」と思っていませんか?

実はそうでもないのです。

ボイトレマニアが一番おすすめする「シアーミュージックスクール」というボイトレスクールでしたら、

初心者にも親切ですし、全国に校舎があり、プロのボイストレーナから比較的安価な値段でレッスンを受けることができます。

また、「ボイス&ボイストレーニングコース」と「カラオケコース」があり、

「ボイストレーニングはハードルが高い! カラオケがうまくなりたいだけ」

みたいな場合でも「カラオケコース」で専門的にカラオケの上達方法を学ぶことができます。

チェストボイスが習得できるようになるなるだけでなく、歌がうまくなってより歌を楽しんで歌えている自分を体験したいあなたにはとてもおすすめです。

チェストボイスが出せるようになり、一段上の歌唱力を身につけたいなら下記のリンクから詳しい内容を確認してみましょう。

公式サイト⇒▼▼シアーミュージックスクールがどんなスクールか公式ホームページで確認してみる▼▼

チェストボイスを鍛える方法

他の歌い方と同じようにチェストボイスは、しっかりと鍛えることで上達していきます。

ここでは、チェストボイスを鍛える方法を見ていきましょう。

チェストボイスを鍛える方法

 ・発声をしっかりする

・地声と裏声の違いの明確化

・腹式呼吸

・共鳴を意識

しっかり発音する

チェストボイスをしっかりと鍛えるためには、母音の発音が重要になります。

「あ・い・う・え・お」としっかりと発音できるようにしましょう。

口を大げさに広げながら、「あ・い・う・え・お」と言ってみましょう。

しっかりと母音を発音できたら、次は音を伸ばすようにします。

「あー・いー・うー・えー・おー」と、発音します。

音程は気にせずに、口の動きに注意しておこなうことが大切です。

裏声と地声の違いを明確にする

裏声と地声の違いをしっかりと分かっておくとチェストボイスを鍛える練習を効果的に行うことができます。

地声で出す音とオクターブ上の裏声を交互に発声してみましょう。

例えば、ピアノのA3を地声で出して、A4を裏声で出すという感じです。

ピアノやスマホのアプリを使用して、音を確認しながら発声してみましょう。

地声と裏声の違いを認識することで、ふわふわとせずにチェストボイスに集中して鍛えることができます。

腹式呼吸を使う

歌を安定して歌うには、腹式呼吸は欠かせません。

チェストボイスを鍛えるためにも、腹式呼吸の基本はしっかりと取り入れて行うようにしましょう。

横隔膜を上下させて、肺を収縮させる意識で行います。

お腹を膨らませて、空気を肺に送り込み、お腹をへこますことで、空気を吐き出します。

この腹式呼吸をリラックスした状態で行えるようにしましょう。

チェストボイスを鍛える場合、身体のリラックスも必要な技術です。

共鳴を意識する

チェストボイスを鍛えるためには、自分の身体のどこが共鳴しているかを意識する必要があります。

チェストボイスは、しっかりと身体に共鳴させることで、豊かな響きを持ち、太い声を得ることができます。

チェストボイスで声を出しながら、音程を上下させてみましょう。

その時に、骨のどこに共鳴しているかを意識します。

低い声を出したときは胸のあたり、高い声を出したときには鼻や額の位置が響いていることに気づきましょう。

無理やり響かせるのではなく、発声している時に、どう発声すればどのくらい振動するかを感じるようにします。

チェストボイスの高音の出し方!

チェストボイスで高音を出すには、声帯を引っ張る必要があります。

引っ張った声帯に息が当たることで、高い声が出るんです。

ただ、喉を締めるように歌ってしまっては、声が枯れたり喉を痛めてしまいます。

裏声を活用しながら、チェストボイスを鍛える方法を紹介します。

まずは、あごを上げないようにして、口を大きく開いた状態で歌うようにしましょう。

また、軽く息を吸い込むことが必要です。

勢い良く力んだ状態で呼吸を行わないようにしましょう。

そして、息を多めにふくろうのように「ホー」っと裏声で発声しましょう。

輪状甲状筋を鍛えることができ、喉を傷つけることなくトレーニングすることができます。

 

チェストボイスの練習曲を紹介!

チェストボイスを鍛えることができる練習曲を男女別に紹介します。

しるし|Mr.Children

ロックバンドのミスチルは、高音で歌う練習曲として最適で、メロディがしっかりしているため、練習をしながらも楽しめるという特徴を持っています。

しるしは、テレビドラマの主題歌としても使用されるなど、知名度もあり切ないメロディが印象的なラブソングです。

気持ちを込めて、歌いきれるようにしましょう。

みんな空の下|絢香

歌だけでなく楽曲も秀でているポップスとして有名な、絢香の曲です。

サビが印象的で、しっかりと身体を響かせながら歌うことが必要な曲です。

高い声を意識できるスローテンポの曲なので、練習を重ねることで自分のものにしていける楽曲です。

 

練習曲を一人で練習するのも良いですが、専門のボイストレーナーに習いながら、チェストボイスを重点的に教わると上達が早いです。

練習曲を通じて曲全体の流れの中で効果的にチェストボイスが使えるようになるので、他の曲での応用が効くようにもなります。

冒頭でもご紹介した「シアーミュージックスクール」では、チェストボイスの出し方はもちろん、

基本の発声の仕方、呼吸のトレーニング、歌の表現力を鍛えるボーカルレッスンまで、あなたの理想の歌声になれるようマンツーマンで導いてくれます。

もし、あなたがチェストボイスを綺麗に出せるようになれば、歌える曲のレパートリーも増えますし、生活が楽しくなりますよ。

シアーミュージックスクールは、無料体験レッスンもできますし、勧誘もしつこくありません。

安全対策も万全ですので、例えば無料体験レッスンでチェストボイスの出し方を教えてもらうだけでもあなたの歌のレベルが一つ上がるのでお得ですよ。

「歌が上手くなりたい」と思った今がチャンスのときですので、下記のリンクから無料体験のスケジュールだけでも押さえておきましょう。

公式サイト⇒▼▼無料体験を今すぐ申し込んでチェストボイスをマスターしに行く▼▼

 

チェストボイスがうまい歌手とその特徴とは?

チェストボイスがうまい歌手は、楽曲のキーの高さを感じさせません。

実際に歌えそうと思っても、実はキーが高くて歌えなかったりといった経験はないでしょうか。

声の出し方や、共鳴のさせ方で、聴いている印象よりももっと余裕のある声を出すことができるのがチェストボイスがうまい歌手です。

チェストボイスを鍛えるコツは継続

チェストボイスを鍛えるためには、継続して練習していくことが必要です。

日々の練習がチェストボイスを鍛えることに繋がり、歌の練習全般にも繋がります。

歌うための筋肉が鍛えられることによって、チェストボイスを鍛えることだけでなく、裏声やミックスボイスのトレーニングにもなります。

毎日続けることは大変なことですが、地道に少しずつ続けることで、歌の上達を確実にしていくようにしましょう。

 

また、地道に練習する場合にも、日々の練習方法を工夫することはとても大事です。

例えば、今回ご紹介したチェストボイスを鍛える方法を行うほかに、

独学よりも歌を習っている先生がいるととても心強いです。

どんなスクールに通ったら良いかわからないと思っていあるあなたには、

このページで何度かご紹介している「シアーミュージックスクール」の「ボーカル&ボイストレーニングコース」をやっぱりオススメしています。

レッスンは、2つのレッスン室に分かれてのレッスンができるので、時期的な問題にも、安心感がありますし、

約600名の在籍講師から自分に合ったジャンルの先生が選べるのも良いですね。

また、カラオケに特化して学びたければ、採点機能の攻略を教えてくれる「カラオケコース」もあるのでオススメです。

例えば、あなたがこっそりとシアーミュージックスクールに通って、歌が上達したあなたが久しぶりにカラオケに行きます。

突然上手くなったあなたの声に周りの友人や同僚は「どうしたの?」と驚きの声をあげる。

そんなことを想像するとワクワクしてきませんか?

 

「どれくらいボイトレに通えば歌が上手くなるの?」

という疑問はあるかもしれませんが、人それぞれペースもありますし、上達の速度は違います。

私の体験では、1年くらいボイトレに通うと、音程や声質が安定してきて、人から「うまいね」と言われることが多くなります。

そして、歌のコツがわかれば独学でもボイトレを続けることができます。

例えば19歳でボイトレに1年通うとその後、死ぬまでずっと「歌のテクニック習得に悩むことのない自分」でいられます。

例えば、80歳が寿命と仮定したら、60年間は歌う上での

「もっとチェストボイスの基礎知識を知りたい」

「裏声やミックスボイスも鍛えたい」

みたいな悩みがなくなった状態でいられます。

これを先延ばしにして、24歳でボイトレに通うとしたら、「歌がうまい自分」は55年間です。

29歳では50年間。

39歳では40年間。

先延ばしにすればするほど、歌が好きな人にとっては、チェストボイスの出し方を始め、きちんとした基礎力を身に付けた「歌ウマ」な期間が短くなり、損をすることになります。

できるだけ早くボイトレを受けて「バッチリ基礎力が身についた自分」を手に入れちゃいましょう。

 

さてここまで読んで、シアーミュージックスクールに可能性を感じているなら、あなたがやることはたった3つです。

  1. 下のリンクからシアーミュージックスクールの無料体験に申し込む
  2. 無料体験当日をワクワクしながら待つ
  3. チェストボイスが練習できる曲を指定して歌い方を聞く(男性の場合は、Mr.childrenの「しるし」、女性の場合は絢香「みんな空の下」がオススメ!)

「チェストボイスを綺麗に出せるようになりたい」

「歌のプロにマンツーマンで教わりながら、他のテクニックも身に付けたい」

と思っているあなたは、ぜひシアーミュージックスクールの無料体験レッスンに申し込んでみてください。

「今は入会するだけのお金がないし、そこまではハードルが高い」という場合でも、

無料体験レッスンで、チェストボイスの出し方を聞くだけでも、あなたにとって収穫があることは間違いないので、

新しい自分の可能性に出会いたいアナタは下記リンクからアクションしてみてください。

公式サイト⇒▼▼無料体験を今すぐ申し込んでチェストボイスの出し方を学んでみる▼

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ボイトレマニア , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!