2020/02/24

高い声が出ない人(男性)でも歌える曲を紹介! 出ない原因も解説

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

高い声が出ないからカラオケで歌える曲が少ない、とお悩みをもつ男性の方は多いのではないでしょうか。

カラオケで歌える曲の中には、高い声が出ない人でもしっかりと歌いきれる曲があります。

男性アーティストの中でも音域が広い曲には派手でウケがいい曲が多いのは確かです。

ただ、音域が狭くても盛り上がれてウケのいい曲もたくさんあるんです。

今回は高い声が出ない人でもカラオケで歌える男性曲を紹介します。

しっかりと歌えるカラオケのレパートリーを増すことで、「安定感がバツグン」とか「盛り上がるね」といった良い評価を口にしてもらえるようになります。

また、歌の音域を広げていくために、高い声が出ない原因と男性でも高い声を出せるようになる練習方法も見ていきましょう。

こんな人におすすめ

・カラオケが上手くなりたい

・高い声を出したい

・レパートリーを増やしたい

今は高音が出なくて高音が出なくても歌える曲を歌うしかなくても、近い将来、高い声を出せるようになってレパートリーを増やしたいと思っているあなたには、

高田三郎さんの「高い声で歌える本」という書籍がオススメです。

ebookJapanという電子書籍を扱っているサイトでは、今なら初回ログインで半額(最大割引額500円)になるクーポンが手に入るのでとてもお得に購入できます。

この本は私も購入して読んでいて、高音に特化した本というだけでなく、発声の方法全般を理論的に解説していてとても素晴らしい書籍です。

ぜひ購入してみてください。

公式サイト⇒将来高い声で歌えるようになるために半額で高音に特化した良質な#ボイトレ本を購入する

高い声が出ない人(男性)でも歌える曲を紹介!

高い声が出ない人でも歌える男性アーティストの曲を紹介していきます。

カラオケで歌う前に何度も聴いてしっかりとメロディーを頭の中に入れておきましょう。

ケツメイシ「さくら」

印象的で馴染みやすいメロディーとミドルテンポのラップが心地いい曲です。

テンポやノリも良くドラマチックな構成もあるので、カラオケで盛り上げながら歌うのに最適です。

SMAP「世界に一つだけの花」

メロディーの動きがありながらも、音域はそんなに広くないという特徴を持つ曲です。

カラオケで歌う前にしっかりと練習しておけば、聴いてる人に感動してもらえること間違いなしです。

嵐「A・RA・SHI」

ポップなメロディーが印象的な曲で、基本的に低いキーで高い声が出ない人におすすめの曲です。

男性では敬遠する方も多いアイドルグループの曲ですが、名曲も多く歌う曲としておすすめです。

ラップもありますが難しくないので、ラップが苦手という男性でも対応することができます。

高い声が出ない原因も解説(男性編)

高い声が出ないのには原因があります。

男性はもともとの音域が低いので、高い声を出す時に頑張って高音を出そうとしてしまいます。

実はその逆で高い声を出すには、リラックスすることが大切なんです。

高い声が出ないからといって、喉や肩、それに腹筋に力を入れてしまうと出せるはずの高い音も出せなくなってしまいます

大きな口を開けたり、腹筋に力を入れたりといったことを意識すると力が入ってしまいますよね。

意識するのは自然体でリラックスするということだけにしましょう。

力を抜くというのは意外に難しいものです。

高い声が出ない男性のための練習方法

高い声が出ない原因がわかったところで、次は高い声が出ない男性のための練習方法を紹介します。

人は何かをしようと意識すると自然と体に力が入ってしまいます。

リラックスした状態をコントロールするようにしましょう。

高い声が出ない男性のための練習方法
 ・寝て歌う

・壁に寄りかかりながら歌う

・脱力する方法

寝て歌う

簡単に脱力した状態を作れるのが仰向けに寝ることです。

カラオケで歌う曲を自宅で練習する際に、ベッドに寝ながら歌ってみましょう

歌ってる際に脱力していることを意識するのがポイントです。

壁に寄りかかりながら歌う

壁に頭と背中、おしりをつけて体を預けるようにします。

この時、アゴが上がったり下がったりしない自然な状態にしましょう。

寄りかかったまま歌うことで、ベッドで寝そべった状態と同じく脱力するコツをつかむことができます。

脱力する方法

寝て歌ったり、壁に寄りかかって歌って脱力する感覚を掴んだら、今度は自分なりに脱力できる方法を考えてみましょう。

カラオケで歌っている時脱力できていないと感じた時に、すぐに出来る方法がベストです。

おすすめなのは、拳を握りしめて力を思いっきり入れたら、力を抜くという方法です。

また、自分を抱きしめるように手をクロスして両肩を力強く抱きしめてから、力を抜くという方法もあります。

体がリラックスした状態をすぐに確認することができます。

高い声が出ないとカラオケでかっこ悪いなんて大間違い!(男性編)

高い声が出ないからと言って、歌が下手というわけではありません。

人の声は楽器と同じように出せる音域は人それぞれに違っています。

カラオケで原曲キーのまま歌えるからといって、それが歌の上手さには繋がらないということを頭に入れておきましょう。

喉に負担をかけない自分に合ったキーで、しっかりと表現をしながら歌うことが大切です。

もちろん、練習で音域を広げていくことは可能です。

喉を痛めずに継続的に練習をしていくことで、男性でも音域は広がっていきます

今回紹介した自分の音域に合った曲表現力を高めリラックスの練習取り入れることで、歌う時の効率的な体の使い方をつかんでいきましょう。

もしあなたが、

「高音で歌えるようなる仕組みもっと詳しく知りたい」

「音源の付いている高音を出せるようになるトレーニングが知りたい」

「ステージやカラオケで余裕でキーの高い曲を歌いこなせるようになりたい」

と思っているならばオススメの本があります。

それは、高田三郎さんの「高い声で歌える本」です。

下記リンクで紹介するこの書籍はスマホ版(電子書籍)ですが、対応サイトから音源をダウンロードすることができるので安心してください。

下記がこの本の目次です。

この本では高音発声のメカニズムをはじめ、「デイリートレーニング」「基礎トレーニング」「高音域開発トレーニング」と3つのトレーニングが音源付きで掲載されています。

また、今ならeBookJapan(下記リンク)で買うと、初回は50%OFF(最大割引額500円)クーポンが付いてくるので半額で買うことができます。

ということは「高い声で歌える本」の値段は、2420円の500円引きで1920円です。

1920円でしたら、1000円の外食ランチを2回我慢してお弁当にすれば手に入る値段です。

近い将来、高音でも歌えるようになりたいあなたならば買って損はない本です。

実際に私はこの本を読んでみて、この本の発声の理論を知らずに歌を歌い続けるようでなくてよかったと本気で思いました。

それだけオススメの本ですので割引のチャンスに是非購入してみてください。

公式サイト⇒近い将来、高いキーの曲も楽々歌えるようになるようにこの本を購入する

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2019 All Rights Reserved.