2022/02/09

Flamingo(米津玄師)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

一度耳にしたらなかなか離れない『Flamingo』

R&Bやファンクの要素に、民謡や島唄のようなニュアンスも混ざりあったこの曲は、米津玄師さんの代表曲のひとつです。

また、不思議な雰囲気のMVの再生回数は、けた違いの数字をたたき出しています。

『Flamingo』が世界を魅了しつづけていることの表れではないでしょうか。

そんなこの曲を「カラオケで歌いたい!」というあなたの気持ち、とてもよく分かります。

でも、こんな悩みが浮かんできませんか?

「この曲の独特なニュアンスを出せない」

「歌詞をただ発音するだけだと単調になってしまう」

「どんなテクニックを使えばいいの?」

そんな悩みを感じているあなたに、ボイトレマニアの私からこっそりポイントをお伝えしちゃいます!

『Flamingo』の歌い方のポイントはこちらの3つです。

Flamingoの歌い方ポイント
  • 「泣きボイス」を使う
  • 「区切り」の部分はしっかりとタメる
  • 「しゃくり」「ドロップ」などの音程表現を使う

これから詳しくお伝えする3つのポイントを押さえれば、他のどの楽曲とも違う斬新なこの曲を、カラオケでかっこよく歌うことができますよ。

『Flamingo』ほどの楽曲を歌えたら、友人から「かっこいい!」「こんな難しい曲を上手に歌えるなんてすごい!」と尊敬のまなざしを注がれることでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

Flamingo(米津玄師)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

米津玄師『Flamingo』の Music Video

Flamingo(米津玄師)の難易度は?

Flamingo』は他の楽曲とはひと味もふた味も異なる、米津玄師さんの魅力がつまった特別な曲です。

また、『Flamingo』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:A

音程:A

リズム:A

表現:A

『Flamingo』は、独特のメロディーやリズム、発声が満載です。

そのため難易度は「A:難しい」となっています。

この後お伝えする歌い方のポイントを意識して、この曲を攻略しましょう。

Sponsored Link

Flamingo(米津玄師)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiA(A4)

・ふらふら「笑っhiA」てもう帰らない(ラストサビ)

※「」部分が最高音です。

今回の解説ではご紹介していませんが、最高音はラストサビに出てきます。

  • 最低音:mid1D(D3)

最低音は『Flamingo』の曲中に頻出。今回ご紹介していない大サビにも登場します。

・唐紅の髪飾り あらまし「きmid1D」恋敵(Bメロ)

・あなた Fla Fla Fla mingo 鮮や「かなmid1D」 Fla Fla Fla mingo(サビ)

・寂しさ「とmid1D」嫉妬ばっか残して(サビ)

・あたしは右手「にmid1D」ねこじゃら「しmid1D」(大サビ)

※「」部分が最低音です。

※音域(lowlowFからhihiE(4.9オクターブ))の図※

  • 最高音:hiA(A4) → 青色
  • 最低音:mid1D(D3) → ピンク色

男性はmid1Aからmid2Gが平均的な音域で、

女性はmid1FからhiDが平均的な音域です。

『Flamingo』は女性にとっては低く感じる音域なのではないでしょうか。

カラオケで歌う際は少しキーを上げて歌うとよいでしょう。

一方、男性にとっては一般的な音域に当てはまる楽曲です。

男性は原曲のままのキーで歌うのがおすすめです。

詳しくは、後で紹介する「Flamingo(米津玄師)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

泣きボイス

泣いているような声で歌う部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。じっくり本で学習したいなら、以下も参考にしてみてくださいね。

Flamingo(米津玄師)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

(v)hよぃい(⤴︎)闇にー (v)つまぁ(⤴︎)弾きー

(v)かなぁ(⤴︎)しみにあまぁ(⤴︎)ざらしー はなぁ(⤴︎)ぐもりー

(v)枯れぇ(⤴︎)た街ー (v)nにべぇ(⤴︎)もなしー

(v)びぃ(⤴︎)しげにはなぁ(⤴︎)垂らしー へらぁ(⤴︎)へらり

 

Aメロには『Flamingo』のポイントのひとつ「泣きボイス」が登場します。

「泣きボイス」とはその名のとおり、泣きそうな声、泣いているような声です。

思いきって「泣きボイス」で表情をつけましょう。

普通の声と泣いているような声を交互に出してみるのも、効果的な練習方法です。

まずはAメロの歌い出しの「よ」ですが、ここは泣きそうな声を出すとともに「h」も付けてみてください。

米津さんの印象的な歌い出しを再現することができます。

3行目「にべもなし」の「に」には、「n」と「泣きボイス」を組み合わせましょう。

「泣きボイス」は他のアーティストも表現方法のひとつとして使っています。

例えば、Official髭男dismの『イエスタデイ』。

こちらについても歌い方を解説していますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

また、伸ばす際に音程を上げる「しゃくり」のテクニックも多く使われています。

「しゃくり」マークの音を意識して上げることで、この曲の民謡のようなニュアンスを引き出せます。

積極的に使いましょう。

Sponsored Link

Flamingo(米津玄師)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

(v)笑えなぁーい このっ/チンケなどろじーあぁーい

(v)かーらくれないのかーみかざりー (v)あらましき恋がぁ(↓)たーきー

(v)触りたぁーいベルっ/ベッ/トのまなじりにぃー

(v)薄らーhぁーぃー笑みにー

※下の「」が『Flamingo』の最低音mid1D(D3)です。

・唐紅の髪飾り あらまし「き」恋敵

1行目「このチンケな」、3行目「ベルベットの」の部分は、意識的に音を区切るようにしましょう。

曲にメリハリをつけることができます。

3行目「あらましき」の「ら」ですが、ここはタングトリル(巻き舌)に是非挑戦してみてください。

グッと米津さんぽくなりますよ。

「タングトリル(巻き舌)になじみがない」というあなたには、こちらがおすすめです。

その後の「恋がたき」の「が」は、音程を一気に下げましょう

4行目には、Aメロでご紹介した「泣きボイス」が出てきます。

やりづらく感じる場合には、ゆっくりとしたテンポで練習してみましょう。

表情豊かに大胆に「泣いて」みると上手くいきますよ。

Sponsored Link

Flamingo(米津玄師)の歌い方 サビの歌い方を解説

(v)あなた Fla Fla Fla Flamingo

(v)鮮やかぁ(↓)な Fla Fla Fla Flamingo

(v)踊るnまぁ(↓)まー ふら らー 笑っ/てー もうー かーえらー ない

(v)さみっ/しぃ(⤴︎)ー さとー (v)嫉/妬ばっ/かのー こしぃ(⤴︎)ー てー

(v)まいっ/どー あり (v)つー きはもっ/と大ー 事にしてー

※下の「」が『Flamingo』の最低音mid1D(D3)です。

・鮮や「かな」 Fla Fla Fla mingo

・寂しさ「と」嫉妬ばっか残して

サビについて見ていきましょう。

タイトルにもなっている「Fla Fla Fla Flamingo」という歌詞では、途中で「泣きボイス」を入れて単調にならないように表現しましょう。

「鮮やかな」の「か」は、素早く音を急降下させます。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、米津さんの歌う原曲をよく聞きながら練習しましょう。

「踊るまま」では、「ま」をいう前に少しタメを感じましょう。

そして、先ほどと同様に「ま」で音を急激に下げます

「ふらふら」の部分は、2つめの「ふら」に「泣きボイス」を使いましょう。

同じ言葉が続くときに表現を変えるのは、プロっぽく歌うコツだといえます。

また、サビの後半は半音階がたくさん使われていますので、音程に注意して歌いましょう。

区切りや「しゃくり」のマークがついている部分も、意識して表現してみてください。

このとおりに歌うと、『Flamingo』の独特の雰囲気を感じやすくなるでしょう。

最後の歌詞は本来は「つぎはもっと」という言葉ですが、あえて「つき」に近い発音で歌ってみてください。

米津さんのような不思議な雰囲気を出すことができますよ。

変化に富んだ歌声を持つ米津さんのように「人を魅了する歌い方」については、こちらで詳しくお伝えしています。

あなたの歌をさらに素敵なものにするために、是非参考にしてみてください。

Flamingo(米津玄師)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

『Flamingo』(米津玄師)の、カラオケでのおすすめキーをお伝えします。

この曲の最高音は「hiA(A4)」、最低音は「mid1D(D3)」です。

女性にとっては、平均的な音域よりも少し低いキーの『Flamingo』。

原曲のキー設定のまま歌うと歌いづらさを感じるかもしれません。

そのため、女性がカラオケでこの曲を歌う際には、キーを1~2つ上げて設定するのがおすすめです。

男性にとっては、平均的な音域に当てはまるキーとなっています。

高音を無理なく歌える場合には、原曲キーのまま歌うのもありでしょう。

もし少しでも苦しく感じる場合は、ためらわずにキーを1~2つ下げて歌うことをおすすめします。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

Flamingo(米津玄師)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

ここまでお伝えしてきた『Flamingo』のポイントをまとめると、次のようになります。

Flamingoの歌唱ポイント
  • 「泣きボイス」を使う
  • 「区切り」の部分はしっかりとタメる
  • 「しゃくり」「ドロップ」などの音程表現を使う

最も大切なのは、思いきった「泣きボイス」で表情豊かに歌うことです。

また、「区切り」のマークがついている部分では少し音を区切り、タメをつくるようにしましょう。

そして、「しゃくり」や「ドロップ」を使って音程に変化を出すことで、この曲の民謡のような雰囲気を出すことができます。

初めのうちは難しく感じたとしても、繰り返し練習することで、必ず上手に歌えるようになります。

そして、『Flamingo』をかっこよく歌いこなすあなたに向けて、「かっこいい!」「最高!」と友人たちが拍手喝采するシーンが現実になる日は、そう遠くはありません。

その日を楽しみに歌い込んでくださいね。

またボイトレマニアでは、米津さんの他の曲についても歌い方のポイントをまとめています。

「『Lemon』や『感電』も気になる!」というあなたは、こちらも練習のお供にしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2022 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!