2022/04/14

紅蓮華(LiSA)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキー設定を男女別に紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

「紅蓮華を上手に歌う方法を知りたい」

「キーが高くて歌いにくいけれど、カラオケキーをどのように設定すればいい……?」

など……。

『紅蓮華』を上手に歌いたいけれど、イメージしているように歌えないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

また、「LiSAさんのようにカッコよく歌いたい」とか「どのキー設定で歌えば最も歌いやすく、良い表現ができるのか」など、

『紅蓮華』歌い方に関するコツやテクニックを知りたいという人もいることでしょう。

例えば、友人とカラオケに行く前に、自身に合ったキー設定を知ることができれば、音を外さないよう練習することができますよね。

また、楽曲の難易度、曲中の最高音と最低音をあらかじめ知っておくことができれば『紅蓮華』をマスターする第一歩にもつながるでしょう。

『紅蓮華』をLiSAさんのように歌うことができたら気持ちがいいですし、

「もっと歌ってほしい!」紅蓮華を歌いこなせるのはすごい!」なんて言われたら嬉しいですよね。

今回は、『紅蓮華』を上手く歌えるための歌い方を、Aメロ・Bメロ・サビの順番でそれぞれの重要ポイントを詳しく解説していきます。

Aメロ・Bメロ・サビの重要ポイントのほかにも、

歌い方のポイントについて色分けをし、目で見てわかりやすいよう記載しているので、細かいポイントを知りたいという方は必見です。

男女別でのおすすめキー設定も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「紅蓮華」は音数が多く、テンポも早いため、なかなか上手く歌うことが難しいと思う場合もあると思います。

そんなときは独学で上手く歌えるようになるのを目指すよりも、プロのボーカルトレーナーに習ってしまうのが一番手っ取り早いです。

でもそうは言っても、

「ボイストレーニングってライブとかやる人が習うものじゃないの?」

「カラオケ好きなだけでボイストレーニングなんて大げさだよ」

と思ってしまってなかなか一歩踏み出せない。

という気持ちもよくわかります。

そんなあなたには、シアーミュージックスクールがオススメです。

初心者にも親切ですし、全国に校舎があり、プロのボイストレーナから比較的安価な値段でレッスンを受けることができます。

また、「ボイス&ボイストレーニングコース」と「カラオケコース」があり、

「ボイストレーニングはハードルが高い! カラオケがうまくなりたいだけ」

みたいな場合でも「カラオケコース」で専門的にカラオケの上達方法を学ぶことができます。

もちろん、「紅蓮華」を指定して、歌い方をプロのボイストレーナーがマンツーマンで丁寧に指導してくれます。

「紅蓮華」を上達させるための専門の技術がここで学べるのです。

例えば、専門のボイストレーナーだからこそ知っている

「楽な声の出し方」や「音域の広げ方」、「リズム感が良くなる方法」

なんかもみっちり教えてくれます。

普段友達や同僚と行くカラオケであなたがいきなり美声を披露し始めたら、 「どうしちゃったの?」と一目置かれること間違いありません。

「紅蓮華」をかっこよく歌いこなしたいなら、まずはシアーミュージックスクールの公式ホームページから自宅から最寄りの校舎を探してみましょう。

公式サイト⇒▼▼自宅近くのシアーミュージックスクールを公式ホームページで探してみる▼▼

 

紅蓮華(LiSA)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

LiSA 『紅蓮華』 -MUSiC CLiP YouTube EDIT ver.-

 

『紅蓮華』は、「誰かのために強くなりたいと心に決めて強く突き進んでいく様子」を表現しており、

一つひとつの言葉をはっきりとリズム良く発声することや、息を吸うタイミングが押さえておきたいポイントとなります。

紅蓮華(LiSA)の難易度は?

『紅蓮華』歌い方【SーAーBーC】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:A

リズム:A

表現:S

『紅蓮華』は、歌い方を工夫してリズムを取ることや、カラオケキーを合わせるのも大切ですが、一番は歌詞の意味を理解して歌うことが大切です。

ただし、歌詞の意味と言っても人それぞれの解釈があるので、自分なりに「この部分は、こういう意味かな?」と感じたものでも大丈夫なので安心してくださいね。

Sponsored Link

紅蓮華(LiSA)の最高音と最低音は?

『紅蓮華』の曲中での最高音はhiG(G5)で、最低音はmid1E(E3)となっています。

こちらは、音の位置が分かるようにキーボードに色を付けているので、確認してみてください。

補足になりますが、LiSAさんは『紅蓮華』の曲中での地声最高音hiD(D5)となっており、高音まで地声でパワフルに歌えるところが特徴です。

また、『紅蓮華』に限らず、LiSAさんの楽曲では比較的高いものが多いのですが、地声でバリバリ高音を出せてしまうところが魅力でもあるのです。

<音域の図>

  • 最高音はhiG(G5)→青色
  • 最低音はmid1E(E3)→ピンク色

hiD(D5)の位置は、キーボードの画像を見て確認してみてください※

 

一般的に、男性の平均的な音域はmid2からmid2Gで、女性の平均的な音域はmid1Fからhidといわれています。

そのため、『紅蓮華』は、女性の平均の音域でも最低音・最高音が届かないということになりますね。

つまり、キーを上げても下げても苦しくなってしまう可能性が高いため、まずは原曲キーで歌うのがおすすめです。

また、低音を出す練習と高音の部分を裏声に切り返す練習が必要になっていますが、この練習を繰り返すことで徐々にコツが掴めるようになってきます。

男性の場合は、キーを+5に設定して1オクターブ下で歌うと比較的歌いやすいので、試してみてください。

もし、キーを1オクターブ下げても歌いにくいという場合は、キーを少しずつ調節しながら歌ってみることをおすすめします。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

リラックスしながら息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音に強弱をつける部分を指しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

・裏拍(ウ)

裏拍を感じる

・つなげる(–)

息を吸わない

・無音のアクセント(•)

休みを感じるイメージ

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。じっくり本で学習したいなら、以下も参考にしてみてくださいね。

紅蓮華(LiSA)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

 

だらけの /走馬灯に酔う / (ウッ)こわばる心 –

震える手は/ 掴みたいものがある /それだけさ/

 

この楽曲は、伸ばす音をだんだん大きくすると、それっぽい歌い方になります。

例えば、「こわばる心」「震える手は」強めに歌ってください。

また「それだけさ」は、比較的弱めの声で歌って強弱をつけましょう。

これは、張りつめて緩める、張りつめて緩めるといった繰り返しのイメージとするとわかりやすいかと思います。

Sponsored Link

紅蓮華(LiSA)の歌い方 Bメロとイントロの歌い方を解説

の匂いに・/空睨んでもー /

っていけるのは /自分自だけ/ それだけさ

強く⤴︎なれる⤴︎理由を知った/ 僕を連れてめ 

 

ここでは、「僕を連れて進め」の「僕を」・「連れて」・「進め」は三文字の言葉が繰り返されて音がだんだん上がっていきます。

それに伴って、「僕を」より「連れて」、「連れて」より「進め」というようにだんだん音を強くしていきます。

Sponsored Link

紅蓮華(LiSA)の歌い方 サビの歌い方を解説

 

どうしたって!

消せない夢も 止まれない今も/

誰かのために強なれるなら/

ありがとう 悲しよ/

世界打ちめされて / 負ける意を知った

紅蓮の⤴華よ咲き誇れ!・ 命を照らして

 

サビでは、一言一言を強気なイメージではっきり発音しましょう。

例えば、「悲しみよ」の部分の「よ」の部分を「よおぉ~」という感じで母音を強調すると良いです。

最後の「照らして」を落ち着いた声で話し言葉のように表現します。

裏声と地声の切替えをスムーズにできるようにしましょう。

また、『紅蓮華』では強い響きが求められるので、声をなるべく自分の体から前後に離して発声するようにすると、良い声が出ると思います。

イメージ的には、アコーディオンのように引っ張りながら音を出すという感じです。

 

もし、「上の内容を読んでもなかなか上手く歌いこなせない」

という場合は、プロのボイストレーナーに習ってしまうのが上達の近道です。

サビは特に難しいので、

あなたが「いやいや。ボイストレーナーに習うなんてまだ早いし、ハードルが高い」と思う場合でも、

ボイトレスクールの無料体験を申し込んでそこで、「紅蓮華」のサビの部分だけをみっちりアドバイスをもらうだけでも効果ありだと思います。

例えば、「ぐれんのはなよ」の部分のしゃくりから、ファルセットにつなげるコツがわからない場合、

専門のボイストレーナーとマンツーマンならば、伴奏をゆっくりめにしつつ、しゃくりとファルセットがきちんとできているかを先生に確認してもらいながら着実に進めることができるのです。

そして、無料体験をするのにオススメのボイトレスクールが、

冒頭でも紹介していましたシアーミュージックスクール「ボーカル&ボイストレーニングコース」です。

このコースでは、呼吸、発声のトレーニングから、歌の表現力を鍛えるレッスンまで、あなたの理想の歌声になれるよう導いてくれます。

また、カラオケでの歌い方をもっと詳しく知りたい場合には「カラオケコース」というコースもあり、あなたのニーズに合わせてコース選択できるのも嬉しいですね。

まずは下記リンクから無料体験を申し込んで、かっこよく歌いたいサビの部分だけでも上達させてみませんか?

「歌が上手くなりたい」と思った今がチャンスのときですので、下記のリンクから無料体験のスケジュールだけでも押さえておきましょう。

公式サイト⇒▼▼シアーミュージックの無料体験を今すぐ申し込んで紅蓮華のサビを上達させる▼▼

 

紅蓮華(LiSA)のカラオケでのキー 男女別おすすめ設定

『紅蓮華』は音域がとても広いので、自分の声域となるべくぴったりと合わせることが重要です。

最高音も最低音も周辺音と共に出てくるので、しっかりと発声ができていないと綺麗に『紅蓮華』を歌い上げることは難しいでしょう。

また女性は、ほぼキーを変えないのがベストです。

もちろん個人差がありますが、低い音が出ないからと言って音を上げてしまうと、逆に高い音が出なくなってしまう可能性があります。

逆も同じで、高い音が出ないからと言ってキーを下げてしまうと、今度は低い音を出すのが難しくなってしまいます。

そのため、キーを変えるとしたら、+1.2が限度でしょう。

男性の場合は-7が理想ですが、カラオケではそこまで下がらないので、

+5をして、オクターブ下にすると歌いやすくなるかと思います。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

紅蓮華(LiSA)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

『紅蓮華』は、ファルセット、ミックスボイス、地声と強弱をうまく使い分けて曲を表現することが大切です。

そのため、一つひとつのポイントを見比べた上で練習をしていきましょう。

また、歌詞をよく読みこみ、世界観を意識して歌ってみると表現方法のヒントにもなります。

原曲をしっかりと聴いて、モノマネをする様な雰囲気で歌ってみるのもいいかもしれません。

ぜひ、『紅蓮華』歌い方をマスターして、自信を持って歌ってみてはいかがでしょうか。

歌唱力向上にも役立つので、諦めずに繰り返し練習をしてみてください。

 

ここまで読んでくれたあなたは「紅蓮華」の歌い方についてかなり知識が付いたと思います。

しかし、知識が付いた状態と、実際に上手く歌えるまでの間には練習量が必要ですし、「どうしても上手く歌えない」という箇所も出てくると思います。

そんなとき、独学よりも歌を習っている先生がいるととても心強いです。

どんなスクールに通ったら良いかわからないと思っていあるあなたには、

このページで何度かご紹介している「シアーミュージックスクール」の「ボーカル&ボイストレーニングコース」をやっぱりオススメしています。

レッスンは、2つのレッスン室に分かれてのレッスンができるので、時期的な問題にも、安心感がありますし、

約600名の在籍講師から自分に合ったジャンルの先生が選べるのも良いですね。

また、カラオケに特化して学びたければ、採点機能の攻略を教えてくれる「カラオケコース」もあるのでオススメです。

例えば、あなたがこっそりとシアーミュージックスクールに通って、歌が上達したあなたが久しぶりにカラオケに行きます。

突然上手くなったあなたの声に周りの友人や同僚は「どうしたの?」と驚きの声をあげる。

そんなことを想像するとワクワクしてきませんか?

 

「どれくらいボイトレに通えば歌が上手くなるの?」

という疑問はあるかもしれませんが、人それぞれペースもありますし、上達の速度は違います。

私の体験では、1年くらいボイトレに通うと、音程や声質が安定してきて、人から「うまいね」と言われることが多くなります。

そして、歌のコツがわかれば独学でもボイトレを続けることができます。

例えば19歳でボイトレに1年通うとその後、死ぬまでずっと「好きなアーティストの歌い方を表現できる自分」でいられます。

例えば、80歳が寿命と仮定したら、60年間は歌う上での

「好きなアーティストの歌い方はわかるが、それを表現できない」

「音程が上手く取れない」

「リズムがどうも苦手でテンポが遅れてしまう」

みたいな悩みがなくなった状態でいられます。

これを先延ばしにして、24歳でボイトレに通うとしたら、「カラオケがうまい自分」は55年間です。

29歳では50年間。

39歳では40年間。

先延ばしにすればするほど、歌が好きな人にとっては、好きなアーティストの歌い方が表現できる「歌ウマ」な期間が短くなり、損をすることになります。

できるだけ早くボイトレを受けて「歌い方さえわかればそれを表現できる自分」を手に入れちゃいましょう。

 

さてここまで読んで、シアーミュージックスクールに可能性を感じているなら、あなたがやることはたった3つです。

  1. 下のリンクからシアーミュージックスクールの無料体験に申し込む
  2. その日までに「紅蓮華」を課題曲と決めて練習する
  3. 難しい、なかなか上手くいかないという部分を先生に聞く

「好きなアーティストの歌の歌い方はわかったけれどなかなか表現できない」

「自分の声を客観的に聞いて伸ばしてくれる人が欲しい」

と思っているあなたは、ぜひシアーミュージックスクールの無料体験レッスンに申し込んでみてください。

「今は入会するだけのお金がないし、そこまではハードルが高い」という場合でも、

無料体験レッスンで、「紅蓮華」の難しいと思うポイントをピンポイントでアドバイスをもらうことができるので、

新しい自分の可能性に出会いたいアナタは下記リンクからアクションしてみてください。

公式サイト⇒▼▼もう先延ばししない 無料体験を今すぐ申し込んで紅蓮華の歌い方を学んでみる▼

 

もしあなたが、東京の渋谷、北千住近辺に住んでいるならJOYミュージックスクールもオススメですので、チェックしてみてくださいね。

アニソン・ボカロコースや歌ってみたコースがあるJOYミュージックスクールとは?
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ボイトレマニア , 2020 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!