2021/03/13

アイデンティティ(秋山黄色)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

約束のネバーランドSeason 2オープニングテーマでもある

秋山黄色さん『アイデンティティ』はスピード感があり曲のメリハリもあって一言でいうなら、「気持ちいい楽曲」です。

アイデンティティの歌い方ポイント

  • 歯切れのよい歌い方でスピード感を出す。
  • 高音を裏声(ファルセット)で綺麗に歌う。
  • アクセントと伴奏をピッタリそろえる。

この文章にたどり着いたあなたも、秋山黄色さんみたいに歌えたら気持ちいいだろうなぁと思ってたどり着いたのではないでしょうか?

実際に歌ってみるとなかなか上手くスピード感を出すのが難しかったり、

裏声が綺麗に出なかったりもします。

歌い方のコツをおさえてより良く仕上げましょう。

この『アイデンティティ』は、音程の高い部分が少なく盛りあがる楽曲なので、カラオケの最初に歌う楽曲としてオススメできます。

カラオケで最初に歌う曲としてレパートリーに加えてみてはどうでしょうか。

今から解説するポイントをしっかりおさえて歌うことであなたは、

スピード感のある歌い方をマスターし場を盛り上げることができるでしょう。

カッコいい曲なのでモテちゃうかもしれませんね♪

アイデンティティ(秋山黄色)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

秋山黄色『アイデンティティ』の Official Music Video

アイデンティティ(秋山黄色)の難易度は?

総合的にみて、そこまで難しいことは無いでしょう。

ノリが大切なので、恥ずかしがらずノリノリで歌いましょう。

歌以外に見せ方(頭を振ってみるなど)にも気を使ってみると、より盛りあがる楽曲になるでしょう。

また、『アイデンティティ』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、

S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:B

音程:B

リズム:A

表現:B

<音程>

地声で出す音域の最高音はhiA#(A#4)なので、一般男性が歌うにはやや高いと言えます。

しかし、高い部分のほとんどを裏声で歌うので、音程には対応できるでしょう。

裏声と地声の切り替えがスムーズにできるように練習が必要です。

女性にはキーが低いので、少し上げて歌いましょう。

<リズム>

リズムは早口で歌う場面も多く難しいです。

伴奏としっかり合わせてノリで覚えて行く必要があります。

曲の一番と二番でメロディが違うので、「この歌詞はこう歌う」と覚えるといいでしょう。

<表現>

難しい表現は特に無いので、アクセントを意識して気持ちよく歌うといい感じに歌えるでしょう。

Sponsored Link

アイデンティティ(秋山黄色)の最高音と最低音は?

「最高音」hiC (C5) 裏声 

  • Bメロ:もう すこしわらhiC (C5)ってくれ
  • サビ:いきをすhiC (C5)

「最高音」hiA# (A#4) 地声

  • Dメロ:わかっているのに いえないhiA# (A#4)」

「最低音」mid1D# (D#3)

  • Aメロ: mid1D# (D#3)ばたき いっかいと mid1D# (D#3)つぼうの かんかくを
  • Aメロ: mid1D# (D#3)くら の いっしゅんが mid1D# (D#3)が やく ストー リーの
  • Cメロ: mid1D# (D#3)くらは むいみのいみも しれずにいる
  • Dメロ: mid1D# (D#3)るく しにんにー

<音域の図>

  • 最高音:hiC (C5)→青色
  • 最低音:mid1D# (D#3)→ピンク色

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

アイデンティティ(秋山黄色)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

vおもい⤴︎ぃ した vおもい⤴︎ぃだした

v「ま」ばた(っ)/き いっ/かい と⤴︎ぉ v「ぜ」 つ ぼう の かんかくを

vめが さ⤴︎ぁ めてもー vゆめを⤴︎ぉー みてたー

v「ぼ」(っ)/くらー の いっ/しゅんが v「か」(っ)/ が やく ストー リーの

※「」の部分がこの曲の最低音となります

Aメロの歌い方解説

  • vおもい⤴︎ぃ だした vおもい⤴︎ぃだした

出だしは少し弱めに入ります。

しゃくりは、少し大げさ気味に歌った方がメリハリがつきます。

最初のアクセントは、タイミングを伴奏に合わせてリズムをつかみましょう。

  • v「ま」ばた(っ)/き いっ/かい と⤴︎ぉ v「ぜ」 つ ぼう の かんかくを

(っ)が入っているイメージでしっかり区切ります。

区切ることでスピード感が出ます。

後半部分も同じように、しゃくりはやや大げさに、区切るところはしっかり区切ります。

Aメロの歌い方ポイント

Bメロ、サビと強弱のメリハリをつけるため、少し弱めに歌うイメージです。

しゃくりがたくさん出てくるのと、音をしっかり区切る場面が多く出てきます。

スピード感を意識しましょう。

メトロノームだけを使って歌う練習をし、スピード感が出ているかを確認すると、なお良いでしょう。

Sponsored Link

アイデンティティ(秋山黄色)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

vと⤴︎ぉー けいの びょうしんよー  vもうーすこしわ「ら」っ/てくれ

vあんたで いっ/ぱい いっ/ ぱい だっ/ たんだー あぁあー ⤵︎

※「」はこの曲の裏声最高音です

Bメロの歌い方解説

  • vと⤴︎ぉー けいの びょうしんよー  vもうーすこしわ「ら」っ/てくれ

出だしのしゃくりは、思い切って出します。

のばすところはビブラートをかけます。

裏声部分は、やや弱く綺麗に出すことを心がけましょう。

  • vあんたで いっ/ぱい いっ/ ぱい だっ/ たんだー あぁあー ⤵︎

サビにつながる大切な部分です。

いっぱい、いっぱいの部分は、1回目より2回目のいっぱいを意識的に強く歌いましょう。

その後もだんだん強くなるイメージです。

最後のフォールは、ストンと落とす感じで歌います。

Bメロの歌い方ポイント

入りは少し強く大きく歌うイメージ、裏声で一回優しく歌って、その後、だんだん強くしてサビにつなげます。

Sponsored Link

アイデンティティ(秋山黄色)の歌い方 サビの歌い方を解説

ぉおり ぉおりつく あしを こわすんだ

うし⤴︎も なくしーく ないものばかーりなんだ

んめーいのさきに あなを みつけたv

もう なみだに⤴︎ いみな⤵︎んか ないんだよ

ぐる⤴︎しく まわる せかいのすみ(っ)/

で さ⤴︎けび ごえのような いきを「す」る

/すうせんの ときを こえ ま あえたら

ぜつうの すし さき で わらうん だよ

※「」はこの曲の裏声最高音です

サビの歌い方解説(サビ前半)

サビの前半部分は、思いきりアクセントをつけてうたいます。

力強くスピード感を意識しましょう。

「どうしても なくしたく ないものばかりなんだ うんめいのさきに あなたを みつけた」は、

ブレスできないほど忙しいので、一息で歌えるようにしましょう。

「もう なみだに いみなんか ないんだよ」の部分は、

なみだに」の『に』と「いみなんか」の『い』をつなげるように歌うと上手くリズムにのれます。

サビの歌い方解説(サビ後半)

サビの後半部分も思い切りアクセントをつけてうたいます。

力強くスピード感を意識するところも同じです。

裏声で歌う「いきをする」は綺麗に出すことを意識しましょう。

最後の「し さきで わらうんだよ」の『で わらうん』の部分はリズムが難しいので、

メトロノームを使ってリズム練習を部分的にやるといいでしょう。

サビの歌い方ポイント

  • アクセントを意識する
  • 裏声は綺麗に出す。
  • 力強くスピード感を出すこと

これらを意識すると、上手く歌えるでしょう。

この曲にはサビが3回出てきますが、それぞれ歌詞が違うので、

どの歌詞でも力強くスピード感を出して歌えるように練習しましょう。

そうすることで「1番は良かったのに2番からリズムが残念になる」なんてことを予防できます。

Sponsored Link

アイデンティティ(秋山黄色)の歌い方 Cメロの歌い方を解説

「ぼ」くらは むいのいみ しれっ/ずにいる

はきそうな るを くりかして

それでも って すんで さんでやれ

にいるとを われるほ(っ)/どー

※「」はこの曲の最低音です

Cメロの歌い方解説

一番と二番でAメロとサビの間にあるメロディが違います。

そのため、Cメロとして解説します。

ここでは、アクセントを軽くつけることによって、リズム感を出していきます。

全体として弱めに歌い、最後の「にいるとを われるほど」を徐々に強く歌いサビへつなげます。

Cメロの歌い方ポイント

Cメロの歌い方は、けだるい感じでリズム良く歌うことがポイントです。

「今が苦しくても負けてたまるか」といった雰囲気を出せると良いでしょう。

アイデンティティ(秋山黄色)の歌い方 Dメロの歌い方を解説

「あ」るく しにんにー

「あ」るく しにんにー

っ/ているのに いない

※「」はこの曲の最低音です

※『』はこの曲の地声最高音です

Dメロの歌い方解説

地声の最低音と最低音が入るDメロです。 

地声最高音のhiA#(A#4)はどうしても出ない場合は裏声でも大丈夫でしょう。

アクセントは強めにつけます。

Dメロの歌い方ポイント

「あるく しにんにー」の部分は弱く歌います。

不思議な雰囲気の空気感を出せるように意識しましょう。

っているのに いえないよ」 は、

苛立っている雰囲気を出してサビに向けて段々強く歌いましょう。

アイデンティティ(秋山黄色)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

女性、男性のカラオケでのおすすめキーはいくつなのか紹介!

女性 +2

男性 原曲キー

女性には最低音がmid1D#(D#3)と低いキーのため、+2くらい上げて歌うのが良いでしょう。

男性は原曲キーでも歌いやすいと思いますが、サビがキツイ時は-1下げて様子をみましょう。

参考:男性・女性の平均的な音域

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは、上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

アイデンティティ(秋山黄色)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

一番大切なのは、スピード感です。

楽曲がスピーディーにドラマチックに進行するため、歯切れよく歌うことが重要になります。

アクセントも伴奏をしっかり聴いて合わせます。

アイデンティティの歌唱ポイント

  • 歯切れのよい歌い方でスピード感を出す。
  • 高音を裏声(ファルセット)で綺麗に歌う。
  • アクセントと伴奏をピッタリそろえる。

カラオケで歌う場合においても、バンドのボーカリストになった気持ちで他の楽器に合わせることを意識してください。

テクニックにおいては、裏声(ファルセット)を綺麗に出すことがポイントになります。

裏声が綺麗に出せない場合は、コチラの文章を参考にしてみてくださいね。

あとは、たくさん曲を聴くことです。

何回も聴いて歌って、たしかめながら練習を続けることが大切です。

喉を大切にしながらたくさん練習してみてください。

練習の回数は自信と実力の底上げにつながりますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.