2021/06/26

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを男性、女性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

宇多田ヒカルさんのように透明感のある歌を歌いたい。

宇多田ヒカルさんのような歌い方をマスターして「PINK BLOOD」を歌えるようになりたい。

周りの人を楽しませる、感動させる歌やパフォーマンスを目指したい。

そんな願いや希望を持つあなたは、

一度はそんな思いを抱いたことがあるのではないでしょうか?

または、

「サビのタイミングの合わせ方がわからない」

「高音域や低音域をうまく出すにはどうすればいいの?」

などと思うこともあると思います。

そんなあなたの悩みや希望を手助けできるよう、

この記事では、コツやポイントにしてまとめ、一つ一つ解説していきます。

「PINK BLOOD」を歌うコツはズバリ、

「高い音域はファルセット気味に、低い音域は胸を響かせる」ことです。

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)の歌い方ポイント

  • サビはタイミングを合わせて、しっかり区切る
  • 高音域はファルセット気味に歌い、透明感を出す
  • 低音域はチェストボイスで胸の辺りを響かせる

どういうことかというと、宇多田ヒカルさんの歌には、高音域には息の成分が入り非常に透明感のあります。

反対に低音域にはチェストボイスが効いていて、とてもふくよかな声も出すことができます。

この2つの武器があることで、高音はキンキンした声にならず、耳触りが良い歌を歌うことができ、

低音域もうまく胸を共鳴して発声することで、しっかり歌詞も聞き取ることができますし、

声のふくよかさは聴き手に安心感を与えます。

 

宇多田ヒカルさんの「PINK BLOOD」を歌う場合は、

この「高い音域はファルセット気味に、低い音域は胸を響かせる」を意識して歌うと良いでしょう。

この歌の切り替えを上手にできるようになると、聴き手に違和感なく、気づかれることなく、

歌い終わった時には「なんだかわからないけど感動した」「すごくエモーショナルで、泣きそうになった」と思ってもらえます。

そんなさりげない演出や効果を発揮できるように、

次の項目から詳しくパートごとに解説していくので、丁寧に練習していきましょう!

「PINK BLOOD」歌いこなし、盛大に周りのみんなから称賛の拍手をもらいましょう!

詳しくは、ここから説明していきます。

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

宇多田ヒカル「PINK BLOOD」Music Video

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)の難易度は?

「PINK BLOOD」は音域が狭いので比較的歌いやすいですが、リズムや息を混ぜたり歌の抜け感を表現を意識して歌う必要があるので、難易度は普通よりやや難しいと言えます。

また、『PINK BLOOD』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:S

リズム:S

表現:S

歌い方の表現や、リズムの取り方が他のアーティストに比べて難しく、慣れていくのに時間がかかるかもしれませんが、各パートに区切ってマスターしていけば必ず歌うことはできます。

音域自体は、平均的な女性のキーより少し広いだけなので、絶対に歌えないということはありません。

コツとして挙げた歌い方を各パートに分けて、早速練習していきましょう!

Sponsored Link

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiD#(D#5)

出だしから6回目「P hiD#(D#5)」ink blood

※「」が最高音です。

  • 最低音:mid1F#(F#3)

Aメロ 他人「のmid1F#(F#3)」表情も

※「」が最低音です。

 

平均的なキーの男性にとって「PINK BLOOD」は高いので、

カラオケで歌う場合はキーを3~4下げて歌われるのが良いでしょう。

女性の場合は、この曲の音域は平均的なので、原曲のままで大丈夫です。

もし、Aメロなどの低音域が低くて出ない場合には、キーを1つ上げて歌いましょう。

詳しくは、後で紹介する「PINK BLOOD」(宇多田ヒカル)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)の歌い方 サビの歌い方を解説

 

Pink blood (v)Pink blood (v)Pink blood(v)

Pink blood (v)Pink blood (v)Pink blood(v)

Pink blood (v)Pink blood 

誰/にも/見せ/なく/ても

キレイ/なも/のは/キレイ

もう/知っ/てる/から/

誰/にも/聞か/なく/ても/

キレイ/なも/のは/キレイ

もう/言っ/てる/から/

※6回目「Pink blood」の「P」の部分が最高音hiD#(D#5)となります。

 

出だし「Pink blood」はたっぷりと息を出しながらウィスパーボイスに近い感じで、ファルセットで歌いましょう。

ここが一番透明感があるパートなので、喉を絞ってキンキンした声にならないよう注意してください

喉は開いて、声帯は閉めて歌いましょう!

「あくび」をイメージして歌うとより効果的です。

「Pink blood」終わりから始まる歌は区切りが独特ですが、リズムさえ守ることができれば難しくはないので、

プツップツッと切るように発声し、語尾が伸びないように気をつけましょう!

 

ファルセットやウィスパーボイスについては以下を参考にしてみてください。

上手くなるコツや練習方法が書かれています。

Sponsored Link

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

他人の表情も

場の空気も

上等な小説も

もう充分読んだわ

私の価値がわからないような

人に大事にされて

自分のためにならなよう

努力はやめた方が

※「他人の表情も」の「の」の部分が最低音 mid1F#(F#3)となります。

チェストボイスを意識する

Aメロでは、最低音も登場し、「もう充分読んだわ」まで低い音程が続きます。

なるべくチェストボイスで胸の辺りから声が出ているような意識を持って歌っていきましょう。

胸を手で押さえながら歌ってみて、胸が響いて振動しているのを感じることができれば、うまくチェストボイスが出せていると言えます。

チェストボイスについてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ハッキリとした発音とアクセントに気を付ける

続いて、「私の価値がわからないような」から低い音程を抜け、

ここからは歌詞のメッセージを伝えたいパートになるので、少しハッキリと歌詞を発音していきましょう

また宇多田ヒカルさんは言葉のアクセントや強弱で歌にリズムを生み出しているので、

アクセントのマーカーの部分は、メリハリをつけるためにも声にボリュームをつけて歌ってみましょう。

ここを意識できているかによって、歌がリズムを持って躍動するか、のっぺりとした薄い歌になるかの分かれ道でもあるので、

アクセントの付いた部分を見落とさないように気をつけましょう。

Sponsored Link

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

イコロって出数進(す)め(⤵︎)

わり見えい道って(⤵︎)

んて(⤵︎)こなす(⤵︎)

思(も)いに変わその日(⤵︎)

イコロって回休(や)め(⤵︎)

周(わ)り気にないでOK(⤵︎)

座にんて(⤵︎)座(わ)ってんねえ(⤵︎)

で選(え)んだ(⤵︎)じゃなきゃ(⤵︎)

 

Bメロは、一番アクセントが多いパートになります。

はじめは極端に強弱に差をつけて練習するのが良いでしょう。

なぜかというと、アクセントにメリハリがないとリズムが際立たず、リズムありきのパートが台無しになってしまうからです。

ここは上手く歌うよりかは、丁寧にリズムを意識してアクセントをつけて歌っていきましょう。

また、語尾も投げ捨てるように歌いましょう。

語尾を伸ばさないことによってリズムを守ることができ、さらに次の歌の入りもブレスの時間を確保できるので余裕を持って歌い出すことができます。

 

リズム感の習得や練習方法に関してこちらがとても参考になります。

リズム感が安定すれば、全ての歌に活きてくるのでぜひトライしてみましょう!

Sponsored Link

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

平均的なキーの男性にとって「PINK BLOOD」は高いので、

カラオケで歌う場合はキーを3~4下げて歌われるのが良いでしょう。

女性の場合は、この曲の音域は平均的なので、原曲のままで大丈夫です。

もし、Aメロなどの低音域が低くて出ない場合には、キーを1つ上げて歌いましょう。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

最後に「PINK BLOOD」歌い方をマスターするポイントをご紹介します。

宇多田ヒカルさんの歌い方をマスターのためにも、「高音域の息の成分を混ぜる歌い方」を念頭において「ウィスパーボイス」や「ファルセット」の練習をしていきましょう。

低音域では「チェストボイス」を上手く使って、高音と低音の歌い方の切り替えがスムーズにできるように一つ一つでいいので、確実にクリアしていきましょう!

そして、そういった細かな工夫は「人を感動させる」第一歩になります。

ぜひ参考リンクなどの練習方法も試してみてください。

PINK BLOOD(宇多田ヒカル)の歌唱ポイント

  • サビはタイミングを合わせて、しっかり区切る
  • 高音域はファルセット気味に歌い、透明感を出す
  • 低音域はチェストボイスで胸の辺りを響かせる

あなたの歌の表現のバリエーションが増えることで、自信がついて、少しずつ難しい曲にもチャレンジしていくことが出来ますので、ぜひトライしてみてくださいね。

もっともっとあなたの歌を磨いて、たくさんの人に喜んでもらいましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.