2021/06/01

渚(スピッツ)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

1991年にメジャーデビューし、人気の衰えないバンド、スピッツ。

スピッツで夏を感じる曲と言えば「渚」ではないでしょうか?

そんな「渚」を、カラオケで歌いたい!と思う方は多いはず。

ですが、このような悩みをお持ちではないですか?

「キーが高くて歌えない」

「サビをどうやって歌っていいのか分からない」

「歌い方のポイントが分からない」

そんなあなたへ「スピッツ」の「渚」の歌い方を、分かりやすく解説していきます。

ポイントはこちらとなります。

スピッツ(渚)の歌い方ポイント

  • しゃくりとフォールの使用
  • 無理せずにキーを、下げる
  • ロングトーンを出す際は、力まないように意識する

無理して高音部分を歌うよりも、キーを下げて歌うほうが良いと思います。

キーを下げて、出せる範囲の高音域を綺麗にロングトーンで伸ばすことであなたの「渚」は、生き生きとしてくると思います。

そんなあなたの歌を、聞いた方たちから「いいねー!」「すごい癒される!」などと、聞こえてきそうですね。

苦しそうに歌っていないかを確認するために、録音して聞きなおしてみると良い練習になるので、お試しください。

渚(スピッツ)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

スピッツ「渚」Music Video

渚(スピッツ)の難易度は?

スピッツの曲は、すべてに対して言えることですが、音域が非常に高いです。

音域の高さで、ハードルを上げてしまうことが多いかもしれません。

ですが、楽曲通しての難易度としては、【S】まではいくほど、難しいわけではないと思います。

また、『渚』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:A

音程:S

リズム:B

表現:A

「渚」は、リズムがゆったりめで、歌いやすいテンポです。

アクセントの位置を、把握して抑揚をつけると、より良い雰囲気になると思います。

Sponsored Link

渚(スピッツ)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiB(B4)

さ「めhiB(B4)」ないで

※「」が最低音です。

  • 最低音:mid1E(E3)

はだしでは「しmid1E(E3)」れば

※「」が最低音です。

女性は、少しキーを上げてもよいかもしれませんね。

平均的な男性にとって、簡単に出せる音域ではないと思います。

基本的に、キーを下げて歌うのが好ましいです。

詳しくは、後で紹介する「スピッツ(渚)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

・ロングトーン(ー)

音を伸ばす。

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

渚(スピッツ)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

 

さ/さぁーやく じょぅーだんでーいつも つ/nながりをーしんじーていた

さばーくが とおーくみえ/そうなとーぉきーぃも

ぼやーけたろくとぅせーいだけど おもいこ/み/のー こいにーおちた

はじーめてプライドの ーくぅ⤴をこーえーて⤵

区切るところと、伸ばすところのメリハリを付ける

「ささやく」は、一言目の「さ」の後に、聞こえないくらいの「っ」を入れるイメージで歌ってみてください。

「とおくみえそうなときも」ですが、「え」にアクセントを付けてください。

こちらの「え」の後にも、「っ」が入るようなイメージです。

「つながりを」の部分は、「つんながりを」と軽く「ん」を、入れると良い雰囲気になると思います。

「おもいこみの」は、ハキハキと、発音してください。

最後の「さくをこえて」は、少し忙しいですね。

「さ」で伸ばし「く」の後は、母音の「う」をしゃくります。

最後の「て」は、フォールで落とします。

フォールというテクニックに関しては、以下も参考にしてみてくださいね。

しゃくりとフォールを使用する

最後の「さくをこえて」は、少し忙しいですね。

「さ」で伸ばし「く」の後は、母音の「う」をしゃくります。

しゃくりというテクニックに関しては、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

最後の「て」は、フォールで落とします。

Sponsored Link

渚(スピッツ)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

かぜのよぅ⤵な うーた とどけぃよ

やせいの のこーりび だーいーてー すあしで はしれば

※Bメロでは、 はだしではしれば の「し」の部分が、最低音になります。

流れるように伸び伸びと歌う

Bメロは、全体的に伸び伸びと歌います。

「風に歌をのせる」ようなイメージで、歌ってみてください。

「のこりび だいて」は、ロングトーンが多く使用されています。

歌い始めに、しっかりとブレスをして、息苦しくならないようにしてください。

アクセントと抑揚

「とどけたいよ」の部分が、全体的に強めに歌われています。

特に「た」の部分に、アクセントを付けてください。

次の「い」は「た」と「よ」の繋ぎ的に軽く「ぃ」と発音するくらいです。

「すあしで はしれば」は、一旦、落ち着いた感じに落とします。

次のサビへのステップ的な役割となっています。

Sponsored Link

渚(スピッツ)の歌い方 サビの歌い方を解説

やーわらーかい日々が なみのおーとーにそまる まーぼろ⤵ぅしよ さめーないでぇー

※サビでは さめないで の「め」の部分が、最高音となります。

高音+ロングトーン(ビブラート無し!)

「さめないで」の部分が、「渚」の最難関!

高音+ロングトーンです。

高音でロングトーンを出すのは、かなり難しいと思います。

無理矢理出そうと頑張っても、苦しさが伝わってしまいます。

喉を傷める可能性もあるかもしれません。

まずは、小さな声で練習してみてください。

小さな声で、出せなければ、出せるところまでキーを下げるようにしてください。

高音は、頑張って喉を駆使して、出すものではないんですね。

どうしても、「草野さんのような、綺麗な高音を出したい!」と思うかもしれません。

そんなあなたは、「ミックスボイス」の習得が必須となってきます。

ミックスボイスというテクニックに関しては、以下も参考にしてみてくださいね。

ゆったりと浮遊するイメージ

イメージとして、ゆったりと浮遊する感じです。

イメージをするだけで、出る声が変わってきます。

もちろん雰囲気も、変わってくるでしょう。

何度も原曲を聞いて、あなたの「渚」のイメージを掴んで、歌ってみてください。

Sponsored Link

渚(スピッツ)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がhiB(B4)で、最低音がmid1E(E3)の「渚」は、

女性にとっては、最高音は、問題ないのではないかと思います。

最低音が2音低いので、キーを0から+2くらいで調整してみてください。

男性にとっては、平均的な男性の音域から見て、最高音は1音高いことになります。

一瞬高い音が、入るだけであれば良いのですが、ロングトーンで高い音が使用されます。

ですから、少し余裕を持って歌うために、キーを-4から-2にすることをおすすめします。

まだまだ高音が、出せそうであれば、徐々に上げながら調整してみてください。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

渚(スピッツ)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

男性にとって、最難関となるのが「高音域」ではないでしょうか?

ミックスボイスの習得が出来れば、スピッツの歌も歌えるようになると思います。

ですが、時間と訓練が必要になります。

なので、無理のないキーに合わせて歌うことが、望ましいと思います。

ポイントを把握して、練習してくださいね。

スピッツ(渚)の歌い方ポイント

  • しゃくりとフォールの使用
  • 無理せずにキーを、下げる
  • ロングトーンを出す際は、力まないように意識する

プロの歌手でも、キーを変えて歌うことは頻繁にあるそうです。

キー設定が出来ると、ぐーーっと歌える曲の幅が広がります。

「渚」を練習しながら、あなたに合うキー設定の仕方も覚えていけたら、一石二鳥ではないでしょうか?

さらっと歌い上げるあなたの「渚」に「良かったよ」「癒されるね」といった賞賛の声があがりますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.