2021/06/28

楓(スピッツ)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

スピッツの「楓」は1998年に販売され、松任谷由実さんや上白石萌音さんらたくさんのアーティストにカバーされ、今なお人気のあるバラード曲です。

スピッツといえば、「空も飛べるはず」、「ロビンソン」、「チェリー」などのヒット曲をリリースしている

日本を代表するロックバンドのひとつです。

その人気の秘密は、ボーカルである草野マサムネさんの柔らかなアンニュイな歌声とハートーンボイスにあるります。

でも、だからこそ

「草野マサムネさんのようなアンニュイな雰囲気が出せない」

「ハイトーンボイスが出せない」

などの悩みがあるのではないでしょうか。

もちろん、草野さんの備えた天性の才能もありますが、淡々と歌われているようでいて、実はこの歌にはさまざまなテクニックがちりばめられているのです。

以下に3つのポイントを示します。

楓(スピッツ)の歌い方ポイント
  • しゃくりとフォールでアンニュイな雰囲気をだそう!
  • 自然なビブラートで終止感をだそう!
  • ミックスボイスでハイトーンに挑戦!

これらをマスターすれば、歌唱力をアップさせ、あなたの魅力に磨きがかかり、バラードの歌い方にぐっと深みが増すことでしょう。

そして、今まで以上に周りから熱い視線が送られるはすです!

3つのポイントは、どれも、カラオケの基本テクニックと言えますので、この際しっかりマスターできるよう頑張りましょう。

楓(スピッツ)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

スピッツ「楓」Music Video

楓(スピッツ)の難易度は?

全体的には、素直な曲であり易しそうですが、キーが高かったり、いろいろなテクニックが使われていたりしますので、全体的には難易度:Aで難しい曲と言えます。

また、『楓』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:A

音程:A

リズム:B

表現:A

でも、恐れることはありません。キーの設定だけはしっかり見極めて自分に合わせながら、ポイントを押さえて歌えばきっと満足できるようになるはずです。

Sponsored Link

楓(スピッツ)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiBb(Bb4)

・だいて「あhiBb(Bb4)」るいていく

※「」が最低音です。

  • 最低音:mid1F(F3)

・ときがながれても「うmid1F(F3)

※「」が最低音です。

 

詳しくは、後で紹介する「楓(スピッツ)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

楓(スピッツ)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

すぅれは⤴~ vなぁいよ⤴~v きががれてもう⤵~

たずなやり⤴とりや~v ころの⤴~げさ⤴えも~v

みぃがらえばもうぉ⤵~v いさくるくな⤴っていたこと~v

※ときがながれてもうの「う」の部分が最低音です。

 

この曲はバラードであり、割となめらかに音が流れていきます。

しかし、何気なく歌われているようでも、細かいテクニックが要所で駆使されていますので、それらをしっかりマスターしましょう。

歌にコントラストを付ける

歌の中にところどころにある「」のような色の部分は、勢いよく音をハッキリ発声します。

そして、その後はゆるやかに歌いコントラスをつけるようにしましょう。

そして、それとは別に、アクセントの部分は歌詞を大切にするように意識的に強調します。

しゃくりとフォールをうまく使う

また、歌が平坦に流れないように、しゃくり⤴では音を上に上げ、フォール⤵では音を下に下げる変化をつけます。

そして、ビブラートは弱めにかけ、自然な感じで音を伸ばし消していき、フレーズの終わり感を出します。

こうすることで、歌に表情がつき、メリハリのあるバラードができあがっていきます。

 

テクニックがたくさん使われていますが、あくまでもさりげなく使います。

テクニックを強調すると使う頻度が多いため、しつこい感じになるので注意です。

Aメロはフォールとしゃくりがよく出てくるので、こちらも参考にしてみてください。

 

また、ビブラートの付け方がよく分からない人は、以下も参考にしてください。

Aメロで使われるテクニックは曲全体にも使われていますので、この後もそれらをしっかり表現しましょう。

Sponsored Link

楓(スピッツ)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

かわわるのぞ⤴い あなから~v

なに⤴ていたかな⤴v

ひと⤴りじゃかな⤴えられないv

ゆ⤴め⤴もあ⤴ったれど⤴~v

 

Aメロはなめらかなメロディラインでしたが、Bメロでは「かわるがわる」の「る」のように、一気に音が駆け上がる部分があります。

これがBメロの特徴ですのでしっかり音をとりながら、ジェットコースターのような上下への躍動感とともにアクセントやしゃくりなどの細かいテクニックを入れていきましょう。

Sponsored Link

楓(スピッツ)の歌い方 サビの歌い方を解説

よ⤴なら⤴ きみのこえを~v

あるいいく~v

あ⤴ぁ ぼくのままでv

ど⤴こでとどうv

※「だいてあるいていく」の「あ」の部分が最高音です。

ロングトーンがポイント、ミックスボイスも鍵

サビは言うまでもなくこの歌の大きな山になります。

これまでの流れを一気に広げるようにたっぷりと声を出しながら歌いきりましょう。

もちろん、しゃくりなどのテクニックを使いますが、何と言ってもロングトーンがポイントになります。

ここで、ハイトーンボイスが出ないという人は、キーが高いということになりますので、キー設定の変更が必要です。

また、できるだけ高い声で歌いたいという人は、ミックスボイスの練習が効果的です。

詳しくは、次の「キー設定」の記事をご覧ください。

サビの山と谷を意識する

「さよなら」は力強く歌いたっぷり伸ばします。その後の「きみのこえを」は少し弱めに歌います。

続く「だいてあるいていく」で想いを出し切るように一つ一つの音を大切に伸ばします。

つまり、山のあと谷があり、再び山があるという感じです。

次の「あぁ」と「ぼくのままで」も同様な山、谷、山です。

そして、最後の「どこまでとどくだろう」はこの歌のクライマックスです。

感情を込めながら最後までていねいに声を出しましょう。

Sponsored Link

楓(スピッツ)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

「楓」の最高音はhiBb(Bb4)で、最低音はmid1F(F3)です。

男性はmid1Aからmid2Gが平均的な音域で、女性はmid1FからhiDが平均的な音域です。

ですから、女性はそのままのキーで問題なく歌うことができるでしょう。

しかし、男性の高音域は平均以上なので無理をして声を出してしまう恐れがあります。

そのためカラオケのキーを歌いやすいように設定を変更する必要があります。

男性であれば、原曲キーから3個、4個下げた方がいいでしょう。

また、男性が原曲に近いキーで無理なくこの曲を歌うためにはミックスボイスの習得が必要と思われます。

ミックスボイスとは一言でいうなら、「地声と裏声の中間」です。

声帯を閉じたまま裏声を出すと、地声のような高い声が出せるようになります。

高い声が出なくて悩んでいる人は、先にミックスボイスを練習することをオススメします。

ミックスボイスがよくわからない人にはこちらの記事もオススメです。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

楓(スピッツ)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

50歳を迎えた草野マサムネさんですが、未だにボーカルとして私たちを魅了しています。

その魅力は、グッと心に迫るハイトーンボイスとともにスーッと心に沁みる自然な地声での歌い方だと思います。

それをキープするためには相当な努力をされていることでしょう。

そんな歌声に迫るための最大のポイントは、肩の力を抜いて素直に自然に歌うことだと思います。

その上で想いを伝えるためのテクニックがちりばめられれば「鬼に金棒」です。

最難関のミックスボイスでハートーンもありますが、それは自分の声に合わせたチャレンジをしていきましょう。

「高い声」は持って生まれた才能だけでなく、しっかりとした知識に基づいた鍛錬で出せるようになります!

もう一度、この曲の歌唱のポイントをおさらいしましょう。

楓の歌唱ポイント
  • しゃくりとフォールでアンニュイな雰囲気をだそう!
  • 自然なビブラートで終止感をだそう!
  • ミックスボイスでハイトーンに挑戦!

「楓」を通して、以上のの3つのポイントをマスターし、あなたのカラオケライフをもっともっと充実したものにしてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.