2021/06/11

最後の雨(中西保志)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

カラオケで大人気の「最後の雨」。

しっとりと切ないこの曲は、幅広い年齢層で人気が高く1992年に発売されて以来、ロングヒットを続けています。

「誰かに盗られるくらいなら 強く抱いて 君を壊したい」

このフレーズが、女性の心をわしづかみにし、「男性に歌ってもらいたい憧れの曲」となっているのでしょう。

でも、男子も女子もけっこう聴きなれているこの曲。

こういう人気曲は、キャッチーでウケはいいんですが、その分他の人よりウマいと思わせるのが難しいですね。

一応歌えるんだけど、なぜか”普通の歌”になってしまう・・・。

実は、簡単そうなこの曲を歌いきるには歌の表現テクニックがいくつか必要なのです。

それらをおさえて歌えれば、聴く人の心をグッと惹きつけることができるようになります。

そのポイントとは、次の3点です!

最後の雨の歌い方ポイント

  • アクセントでメリハリを!
  • 母音をこぶしでていねいに!
  • 強弱とビブラートをしっかり!

さらりと歌うと流れてしまう様な歌い方では、心に響きません。

ここでは、どこにアクセントを置きでメリハリつけるか。

母音はどのように歌い、どのようにこぶしをつけるか。

曲全体の強弱の付け方やビブラートの使い方について解説します。

これらのポイントはこの曲に限らず、カラオケで歌う際の大切な表現テクニックでもあります。

「最後の雨」でしっかり聴く人の心をつかみ、カラオケの歌唱力のワンランクアップを目指しましょう!

最後の雨(中西保志)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

 

中西保志「最後の雨」Music Video

最後の雨(中西保志)の難易度は?

この曲は、音域がやや広いものの全体的には歌いやすい曲と言えます。しかし、聴く人の心を捉えるためには、歌のテクニックを駆使することが必要になります。つまり、歌い込むほどにテクニックが求められ、難易度が上がり、それだけ評価も高くなっていく曲と言えます。

また、『最後の雨』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:B

音程:B

リズム:B

表現:A

まずは、音程を外さずに歌うことが大事です。

それなりに歌うには、難しくはありませんので、どんどん歌い込んでいきましょう。

そして、徐々にテクニックを磨いていくことでより感動を与えることを目指しましょう。

Sponsored Link

最後の雨(中西保志)の最高音と最低音は?

  • 最低音:midB(B2)

「さmidB(B2)よなら つぶやくきみが

※「」が最低音です。

  • 最高音:hiG#(G#4)

なけるほど あいしたりしな「いhiG#(G#4)」

※「」が最低音です

女性にとっては低めなので+2~+3で1オクターブ下げて歌うと良いでしょう。。

男性にとっては標準の音域ですが個人差もありますので出ない音がないように注意しましょう。

詳しくは、後で紹介する「最後の雨(中西保志)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

音を振るわせる

・ビブラート(~)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

最後の雨(中西保志)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

 

vさよーなら v呟くきぃみぃがぁぁ

v僕ぉ傘 vのぉしてぇぇ 

vかだぁしてゆーくぅぅ

vかしみ降りーす街じゅぅが 

vぎんろにー けむぅって ぇぇ vきみぃだけ けぇせなー~い ーぃぃ  
さよならつぶやくきみがの「さ」が最低音です。

 

Aメロは全体的に甘く優しく歌います。しかし、決して平坦にならないように、アクセントをしっかり意識しましょう。

また、小文字で表した母音などは流れないように、丁寧に音に出します。さらに、「してぇぇ」「くぅぅ」などは、音としての間隔を短くうたう「こぶし」として、しっかり意識的に音にしましょう。

初めは思い通りに出ないかも知れませんが、こぶしをマスターする手順としては、

  1. 原曲を聞いて装飾音の音を確実につかむ
  2. 「し」「て」「ぇ」「ぇ」とゆっくり音に出してなぞってみる
  3. 音を出す間隔をだんだん短くしていく

この方法でくり返し練習することでコツがつかめるようになります。

こぶしをしっかり入れることで表現力がぐんとアップします。まさしく、この曲の肝とも言えます。

Aメロの最後に向かうにつれて、徐々に気持ちが高ぶっていきます。しかし、その気持ちを抑えつつ、最後の「けせな~いー」のビブラートで次への予感を込めて豊かに歌いきりましょう。

ビブラートは多用せず、Aメロ、Bメロ、サビの最後までとっておくという気持ちで使うと効果的ですね。

 

ビブラートというテクニックに関しては、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

最後の雨(中西保志)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

v最後のーめに 

v濡れーいよぉうに

v追いかぁけて 

vただ抱き寄せーぇ 

vひみとぉじたー~

 

BメロもAメロ同様に、アクセントをつけて平坦にならないように、小文字部分をしっかり音にすることを心がけてください。

つまり、楽器のように原曲のメロディを粗末にせずにしっかり演奏するということです。

そして、いよいよサビに向けた助走が始まります。

弱から強へ少しずつアクセルを踏みながら、盛り上げていきます。しかし、いきなりではなくあくまでも「徐々に」を意識してください!

そして、最後の「ひとみとじた~」のビブラートで音を十分に延ばし、感情の頂上を表します。

Sponsored Link

最後の雨(中西保志)の歌い方 サビの歌い方を解説

vほんでわーすぅれぇるくらい vなら

v泣けるぅほどー vあしたぁりないぃぃ

v誰かに盗らぇるらい ならぁ

vつく抱いて~ vきをこわぁし~ーぁいー~

※なけるほど あいしたりしないの「いが最高音です。

 

いよい誰もがグッと感情のこみ上がるサビです。

しかし、闇雲に強く歌うのではなく、徐々に盛り上げることを意識しつつ、アクセントをつけブレスの位置では十分に息を吸って次につなげます。

そして、最後の1行では、ビブラートを豊かに響かせて切ない気持ちの極地を歌いきりましょう。

ここがこの曲の最大の聴かせどころです!

Sponsored Link

最後の雨(中西保志)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

女性にとっては、そのままだと低すぎるので、+2,+3のキーで1オクターブ高い声で歌うと良いでしょう。

男性にとっては標準の音域です。しかし、個人差に応じて声がやや低めの方は、-1,-2のキーで歌いましょう。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

最後の雨(中西保志)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

「最後の雨」。

人気のある曲とはいえ、歌唱力のある歌声で歌ってこそ伝わるものがあります。

まずは、別れの切なさを優しい声でささやくように歌い始めることが大切です。

そして、そんな歌声の中にも、離したくないという秘めた本音を感情の高まりとともに伝えきらなければなりません。

それらを伝えるためには、最初に掲げた3つポイントをしっかり押さえることが大切です。

最後の雨の歌唱ポイント

  • アクセントでメリハリを!
  • 母音をこぶしでていねいに!
  • 強弱とビブラートをしっかり!

これらのポイントがねらっていることは、歌のメロディと歌詞を確実に伝えることです。

つまり、平坦に流れるものはどうしてもそれを受け取る人の心に引っかかることなく通り過ぎます。

それに対して、歌詞の持つ言葉の力と感情の起伏を音の強弱や長短、そして、上下の変化や振動によって伝えることが、その曲の魅力となります。

この素晴らしい曲が歌い継がれているのは、曲そのものの力と共に、中西保志さんという歌手の表現力の賜です。

あなたも、この曲の魅力を存分に表現し、聴く人の心を感動の雨で震わせてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.