2021/06/14

踊(Ado)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを男性、女性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

変幻自在な歌声を出すAdoの『踊』は、曲名通りノリがよく踊りたくなる曲です。

Kpopのようなラテンミュージックような曲調で、とってもかっこいいですよね。

この『踊』に合わせて踊るだけではなく、うまく歌えたらもっと楽しいですね。

でも、

「歌いたいけど難しすぎて歌えない。」

「リズムについていけないな。」

「声色が変わるところの歌い方を知りたい」

などと思っていませんか?

『踊』の歌い方のポイントは次の3つです。

踊(Ado)の歌い方ポイント

  • 裏声と地声の切り替えをする。
  • アクセントを意識してリズムをとる。
  • できそうな箇所の声色を変えてみる。

以上のポイントとこれから解説する歌い方に気を付けて歌えば、きっとあなたもこの難しい『踊』をノリノリで歌うことができるでしょう。

そして、あなたの歌を聴いた人から

「上手に歌うね!盛り上がって楽しかった!」

と言ってもらえて、人気者になれますよ。

それでは解説していきます。

踊(Ado)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

Ado「踊」Music Video

踊(Ado)の難易度は?

『踊』は、高音部分が多く、リズムもラップ調のフレーズがあったり、たくさんの表現のテクニックを使っていたりと、何度も原曲を聴いて練習する必要があります。

また、『踊』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:S

リズム:S

表現:S

このように、すべての項目でかなり難しいという評価になっていて、とても難しい曲であることがわかります。

Sponsored Link

踊(Ado)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiG#(G#5)

泣いても笑っても「あhiG#(G#5)」いしてね

※「」が最高音です。

  • 最低音:mid2A#(A3#)

オーライ まかせ「てmid2A#(A3#)」ドンマイ 「なmid2A#(A3#)」みあ「りmid2A#(A3#)」

※「」が最低音です。

平均的な男性にとっても、女性にとっても少し高い音域になってくるので、

カラオケで歌う場合はキーを下げて歌うことをおすすめします。

詳しくは、後で紹介する「踊(Ado)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

踊(Ado)の曲の構成

『踊』の曲の構成はとても特殊なので、下記を参考にしてみてください。

1.サビ「半端ならK.O.~低音響かせろ」

2.Aメロ1「なんだかなって~心配ないや」

3.Bメロ1「Alright~行っちゃいそう」

4.サビ「半端ならK.O.~低音響かせろ」

5.大サビ「今宵は暗転パーティ~ここらでバイバイLet go」

6.Aメロ2「どんな劣等感だとて~本音の独り言」

7.Bメロ2「別に興味ない~鳴いていこう」

8.サビの一部と大サビ「半端ならK.O.~ここらでバイバイLet go」

一般的には、1番AメロBメロサビ、2番AメロBメロサビのような構成になりますが、『踊』は、Aメロ2Bメロ2は、Aメロ1Bメロ1とメロディーが全く違います。

1番と2番の区別がないような構成なっています。

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

・ビブラート(~)

音を細かく上下させる

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

踊(Ado)の歌い方 サビの歌い方を解説

 

ハンパなぁ⤵らケイオー

ふわ/ふわ/し/いならど~うぞー

かいえん準備しちゃっお~か

いてもらってもいしてねっv

ほらセイ~ノーv低音ひびかろ~

※「あ」いしてねの「」部分がこの曲の最高音です。

裏声と地声を切り替える

「ないてもらってもいしてねっv」

「な」で裏声を出して、「い」で地声になるというテクニックが使われています。

ゆっくりのテンポで練習してみましょう。

特に「あいしてね」の「あ」はhiG#(G#5)で、大変高音になっています。

出すのがきついなら、キーの調整をおすすめします。

裏声と地声の切り替えと高音の出し方について詳しく知りたいなら、こちらの記事も合わせてお読みください。

ビブラート(~)で曲の雰囲気を作る

曲全体を通してビブラートで歌う箇所があります。

ビブラートは音を細かく上下させて歌う歌い方です。

裏声のままビブラートで歌うという難しい箇所もあります。

ビブラートがこの曲の雰囲気を作っている歌い方の一つです。

できそうなところから試してみてください。

ビブラートについてもっと詳しく知りたいなら、こちらの記事も参考にしてみてください。

サビの歌い方ポイント

・「ふわふわ」

とても可愛らしい歌い方をします。

「わ」の音が意外と高いので音程に注意です。

・「あいしてねっ」の「ねっ」

音程が低くなり、投げ捨てるような歌い方をします。

Sponsored Link

踊(Ado)の歌い方 A、Bメロの歌い方を解説 

なんだかなってつんな~い

ともあるでしょうv

ロンリー論理の/ノ~トv

ハンディ本気だっそうv

やんなちゃってろぉ⤵にバッド

ご法度ろーうがv

おぼれvておちてぇvhey ろそろいっか

っとが~んばって/あがるまで

っとが~んばってv

つながろうり~た~

えたら安心心配ないや

オーライ まかせて ドンマイ

なみありんだいみんなで

っかっちゃha/あんい/さっと

いっちゃいそう

※オーライ まかせ「て」ドンマイ 「な」みあ「り」

上記「」部分がこの曲の最低音となります。

リズムに乗ろう

アクセントの位置や、ブレス、区切る箇所を意識して、リズムをとってください。

特に、「オーライ」からはラップのようなリズムになります。

拍を意識して、体で覚えるくらい練習してみてくださいね。

リズムについてもっと詳しく知りたいなら、こちらの記事も合わせてお読みください。

歌い方のポイント

・「おぼれvておちて」

感情がないような、機械的な声で歌います。

・「そろそろいっか」の「いっか」

高音で可愛らしく歌います。

・「いっちゃいそう」

お茶目な感じで歌います。

Sponsored Link

踊(Ado)の歌い方 サビ(2回目)の歌い方を解説

ハンパなぁ⤵らKO ふわ/ふわ した/いならど~うぞ

開園準備しちゃっおうか 

いてもらってもいしてねっ

ほら セイ~ノー て~いおん響かせろ

サビ(2回目)の歌い方ポイント

・「て~いおん響かせろ」の「て~」

ビブラートを使い、アクセントを効かせた歌い方になっています。

Sponsored Link

踊(Ado)の歌い方 大サビの歌い方を解説

よいはあんてんパーティー

ウアアウアアー ウアウアーアー

りだせvおりだせv

孤独は殺菌満員御礼

ウアアウアアー ウアウアーアー

いたみまで~vおシェアで~vここらでバイバイLet go

大サビの歌い方ポイント

・「ここらでバイバイ」の「バイバイ」

声帯を閉じて、詰まったような声を出します。

Sponsored Link

踊(Ado)の歌い方 A、Bメロ(2回目)の歌い方を解説

どんなれっと~だっと~

そっきょ~の血小板で

さえこ~んで つっこ~んで

まっちゃうでしょ/ Ah yeah

Up and down なテンションv

ねぇ まいっちゃってんそうとうv

バっはv

ほ/ん/ね/のひとり~ごと

つに興味なぃ⤵v

くにかんけなぃ⤵v

さぎこぉ⤵んでぜっぽう~ぜっちぉ⤴へぇ⤴v

ぁ⤴いずぅ⤵を奏でて Prr Prr Prr Prr yeah

ほらつまって~vやこ~だぁ⤵ぁぁぁv

yeah yeah yeah  v ないていこぉー⤴

A、Bメロ(2回目)の歌い方ポイント

・「Up and down なテンション ~」

ラップのようなリズムになるので、アクセントを意識してリズムをとってください。

また、音程も上下していてとりにくいかと思います。

原曲を聴いて確認してみてください。

・「つに興味なぃ⤵ ~」

少し冷たい感じの歌い方になります。

「なぃ⤵」は、投げ捨てるように音程を下げて歌います。

・「ほらつまって~

緑の部分はウィスパーボイスで歌われています。

息を吐いてささやくように歌います。

・「ないていこぉー⤴」

最後の「こぉ⤴」は、こぉーとまっすぐ伸ばした後、音程をずり上げながら、がなるような歌い方をしています。

がなり声は声帯を閉めて、ノイズを出すような歌い方です。

もしできるようなら挑戦してみてください。

Sponsored Link

踊(Ado)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がhiG#(G#5)【裏声】で、最低音がmid2A#(A#3)の「踊」は、

男性にとっては、最高音は8音高く、最低音は10音も高いので、

多少余裕を持って歌うために、1オクターブ下の+3か+4にすることをおすすめします。

女性にとっては、最高音が4音高く、最低音が3音高いので、キーを-4にするといいですね。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

踊(Ado)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

『踊』(Ado)の歌い方についてまとめました。

踊(Ado)の歌唱ポイント

  • どこまでが裏声かどこまでか地声かを意識して歌う。
  • キーが高いので、キーの調整をする。
  • ビブラートで曲の雰囲気を出す。
  • 声色が変わるところを意識して歌う。
  • アクセントの位置を頼りにリズムに乗って歌う。

以上の歌い方のポイントに気を付けて練習すれば、きっとノリノリで『踊』を歌うことができますよ。

少し難しいところもあるかもしれませんが、できるところから挑戦してみてください。

あなたの歌を聴いた人から

「難しい歌を上手に歌うね!一緒に踊れて楽しかった!」

と感謝されることでしょう。

楽しんで歌ってくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.