2021/09/30

Lemon(米津玄師)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

米津玄師さんといえば、「感電」「Lemon」「パプリカ」「Flamingo」など、多くの人気曲を持つミュージシャンです。

その中でもLemonはドラマ「アンナチュラル」の主題歌にもなり、紅白歌合戦でも披露された、代表曲ともいえる1曲。

切ない歌詞とメロディがとても印象的で、悲しげな曲でありながらつい口ずさんでしまうような魅力がありますよね。

そんなLemonですが、いざカラオケで歌ってみようとして、

「切ない雰囲気が上手く表現できない…」

「自分に合うキーがわからない!」

「感情を込めるのが難しい!」

などの悩みをお持ちではないでしょうか?

Lemonは、主なメロディは繰り返しが多く覚えやすいのですが、

そのぶん普通に歌ってしまうと変化がつきにくく、原曲の切なさを再現したり感情を込めたりするのが難しいかもしれません。

そこで、この記事でご紹介する歌い方のポイントは次の3つです。

Lemon(米津玄師)の歌い方ポイント
  • 語りかけるように、丁寧に発声する
  • しっとりした歌い方の中での強弱をつける
  • 半音の部分に気をつける

ここを意識して練習すると、Lemonのぐっと胸に迫るような雰囲気を出すことができて、

カラオケで聴いた人から「泣ける!」「凄い!」と思ってもらえるようになるでしょう。

ぜひこの記事を参考にして、Lemonの世界観を存分に表現しながら歌ってみてくださいね。

Lemon(米津玄師)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

米津玄師「Lemon」Music Video

Lemon(米津玄師)の難易度は?

Lemonは先ほども書いたように、メロディや曲の構成はあまり複雑ではなく、

Dメロ以外は繰り返しも多いので比較的覚えやすい曲だといえます。

ただ、そのぶん曲全体に変化をつけたり、表情をつけたりしながら歌うのが難しいともいえるでしょう。

また、基本的には繰り返しが多いものの、メロディの中で半音階(ピアノでいう黒鍵の音をイメージしてください)が出てきたり、

ところどころ転調して雰囲気が変わったりと、注意の必要な部分もあります。

Lemonの歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度: B 

音程: B

リズム: C

表現: B

音程については、先ほども書いたように繰り返しが多く覚えやすいメロディですが、

途中の転調など、よく聴くと繊細で注意が必要なため、難易度は「B」としました。

リズムは全体的にそれほど複雑ではありません。

弱起じゃっき」といって、小節の途中から歌い始める(例:4拍子の曲で、「1・2・3・4」の3拍目や4拍目などで歌い始める)ところがありますが、

そこの入り方だけ気をつければスムーズに歌えるでしょう。

どちらかといえばゆったりしたテンポの曲なので、練習もしやすいです。リズムの難易度は「C」です。

表現については、全体的に何も意識せずに歌ってしまうと味気なく聞こえてしまいますが、

この記事でご紹介するポイントを押さえていけば、あまり難しい技術を使わなくてもこの曲の切なさや悲しげな雰囲気に合った歌い方ができるでしょう。

ですので、表現の難易度は「B」としました。

以上の音程・リズム・表現の難易度をふまえると、Lemonの総合的な難易度は「B」です。

ポイントを確認しながら練習していけばすぐに上達できますよ。頑張りましょう。

Sponsored Link

Lemon(米津玄師)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiB(B4)

最高音はサビで出てくる、「あなたとともに」の「な」です。

  • 最低音:mid1B(B2)

最低音はAメロで出てくる、「夢ならばどれほどよかったでしょう」の「で」です。

 

平均的な女性にとってはやや低い音域になってくるので、カラオケで歌う場合、特に最低音を無理なく出せるようにキーを上げて歌うことをおすすめします。

一方で、平均的な男性にとっては、少し広い音域ではありますが原曲のキーのままでも十分に歌える高さだといえるでしょう。

詳しくは、後で紹介する「Lemon(米津玄師)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

Lemon(米津玄師)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

 

夢ならばどれほどよかったでしょう

未だにあなたのことを夢にみる

忘れ物を取りに帰るように

古びた思い出の埃を払う

※Aメロの「どれほどよかったでしょう」の「で」が最低音mid1B(B2)です。

 

歌い出しは感情を抑えるような静かな歌い方になっています。

先ほど書いた「弱起」といって、「夢ならば」の「夢」は、4拍子の1拍目よりも前から入ります。

原曲にはイントロがありませんが、カラオケではイントロが付け足されているか、

もしくは歌い始めの合図の音が入るので、よく聴いて入るようにしましょう。

 

アクセントの表示をしていますが、リズムをとる時に意識する程度で、あまり強調しすぎなくて大丈夫です。

それぞれのフレーズの終わりでは音が下がっていっていますが、

ここで音をすぐに切ってしまったり、投げるように歌ったりするとどこか軽く聞こえてしまいます。

誰かに語りかけるイメージで最後まで丁寧に歌いましょう。

また、注意が必要なのは「夢にみる」と「埃を払う」の音程です。

ここでは曲の切ない雰囲気を出すために、半音が効果的に使われています。

原曲をよく聴いてしっかり音をとるようにしましょう。

音程の取り方が上手くいかないというときは、以下の記事も参考にして練習してみてくださいね。

Sponsored Link

Lemon(米津玄師)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

きっともうこれ以上(v)傷つくことなど(v)

ありはしないとわかっている(v)

 

Bメロは短いですが、サビに向かう大事なところですので、Aメロ同様、丁寧に歌いましょう。

Aメロや、この後出てくるDメロにも言えることですが、

しっとりした雰囲気で優しく声を出すところでも、歌詞ははっきり聞き取れるように歌ったほうが、感情も伝わりやすいです。

弱く歌うところでの強弱のつけ方は、こちらの記事の「音楽的な基礎3:アクセントが効果的に付けられる」のところも参考にしてみてください。

最後の「わかっている」は、それまでよりも少しだけ力を込めて歌います。ここから休みなくサビに入るので、ブレスをしっかり入れるようにしてくださいね。

Sponsored Link

Lemon(米津玄師)の歌い方 サビの歌い方を解説

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ

そのすべてを愛してた あなたとともに

胸に残り離れない 苦いレモンの匂い

雨が降り止むまでは帰れない

今でもあなたはわたしの光

サビの「あなた」の「た」が最高音hiB(B4)です。ここでは裏声を使います。

(ただし、最後のサビでは地声にすることで変化をつけているので、高音を地声で出せる方はチャレンジしてみてくださいね)

 

サビは全体的にAメロ、Bメロと比べてぐっとエモーショナルな歌い方になります。

ただし、ここでも歌詞に「あなた」と出てくるところに注目して、語りかけるように丁寧に歌うのは忘れないようにしましょう。

また、1番と2番とでは歌詞が違っており、曲全体を通してストーリー性を感じられる内容になっています。

全体的な流れも意識して1番のサビは少しだけ抑え気味、2番のサビはさらに感情を込めて、

最後のサビは歌い方にも変化をつけながら歌ってみると、聴き手の心を掴むことができるでしょう。

Sponsored Link

Lemon(米津玄師)の歌い方 Dメロの歌い方を解説

自分が思うより 恋をしていたあなたに

あれから思うように 息ができない

あんなに側にいたのに まるで嘘みたい

とても忘れられない それだけが確か

 

Dメロはピアノと歌だけの静かなパートで、メロディもシンプルなのですが、

短いフレーズの中でウィスパーボイス(ささやくような歌い方)と、やや感情を込めて強調した歌い方を歌い分けなくてはいけないのが難しいところです。

先ほどBメロのところでご紹介したアクセントの付け方についての記事も参考にして練習してみてください。

Dメロを丁寧に、しっとりと歌えると、最後のサビのエモーショナルさがより生きてきますよ。

Sponsored Link

Lemon(米津玄師)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

Lemonの最低音はmid1B(B2)、最高音はhiB(B4)でした。

女性にとっては、平均的な音域と比べて最低音が5音低く、かなり歌いづらいと思います。

最高音は裏声で歌うこともできますので、キーを4~6程度上げて歌ってみてください。

男性にとっては、最低音・最高音とも平均的な音域より1音ずつ広くなるイメージです。

最低音や最後のサビの最高音が少し辛いかもしれませんが、原曲キーでも練習すれば十分歌える高さだといえるでしょう。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

Lemon(米津玄師)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

最後に、この記事でご紹介してきたLemonの歌唱ポイントをまとめると、次の3点になります。

Lemon(米津玄師)の歌唱ポイント
  • 語りかけるように、丁寧に発声する
  • しっとりした歌い方の中での強弱をつける
  • 半音の部分に気をつける

これを意識して練習すれば、聴いている人の心を掴んで、「凄い!」と言ってもらえるような歌唱ができるようになるでしょう。

半音階の部分の音程が難しいと感じるかもしれませんが、そういう時はピアノで音を取りながら、ゆっくり繰り返し練習してみてください。

 Lemonのような曲での強弱の付け方をマスターできると、他のバラードやゆったりした曲にも生かせます。

ぜひ、この記事を参考にしてチャレンジしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.