2021/07/21

青と夏(Mrs. GREEN APPLE)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

映画「青夏 きみに恋した30日」の主題歌として、書き下ろされた「Mrs.GREEN APPLE」の「青と夏」。

「夏」「青春」「爽快感」「切なさ」が、詰まった素晴らしい楽曲ですね。

テンポが良く、カラオケで歌ったら、盛り上がる事間違いなしの1曲です。

でも、歌う時に

「アップテンポの曲なので、抑揚がうまくつけられないなぁ…」

「難しくて歌う気になれない」

「どうやって歌えばいいか分からない」

なんて、思うことはありませんか?

この曲のポイントは以下の3点です。

Mrs.GREEN APPLE(青と夏)の歌い方ポイント
  • 歌詞を区切って歌う
  • 裏声をうまく使用する
  • しゃくりやフォールを入れる

使用音域は、2オクターブですので、かなり広いです。

高音域も多用されていて、一般男性の音域から見ても、かなり高いです。

あなたの歌いやすいキーに合わせ、取り入れられるテクニックを使用することで、

聴き手を「ぐぐぐっ」と惹きつけ、友人や同僚に「歌うまいね!」と言ってもらうことができると思います。

あなたの「青と夏」で、楽しい時間を作り上げてください。

青と夏(Mrs. GREEN APPLE)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

Mrs.GREEN APPLE「青と夏」Music Video

青と夏(Mrs. GREEN APPLE)の難易度は?

「青と夏」は、アップテンポで、裏声や地声が、行き来する箇所も多いので、難しい曲だと言えるでしょう。

また、『青と夏』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:S

リズム:A

表現:S

リズム以外はSとなっています。

総合的に見ても、かなり難易度の高い曲だと言えると思います。

Sponsored Link

青と夏(Mrs. GREEN APPLE)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiE(E5)

・え「いhiE(E5)」がじゃない 主役はだれだ (サビ)

・まだまだ終われな「いhiE(E5)」 この夏は (ラストサビ)

※「」が最低音です。

  • 最低音:mid1D#(D#3)

今日はダラッと過ごしてみよ「うmid1D#(D#3)」か (Aメロ)

※「」が最低音です。

 

平均的な男性にとっても、女性にとっても少し高い音域になっています。

カラオケで歌う際は、キーを下げて歌うことをおすすめします。

裏声と地声の切り替えが、特に難しいポイントになってくると思います。

詳しくは、後で紹介する「夏と青(Mrs.GREEN APPLE)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

青と夏(Mrs. GREEN APPLE)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

 

すずし/いくかぜ/ふ⤴︎く ”あ/お/ぞぉらのにおい き⤴ょ/お(う)は/ダラッとすごしてみようか~

ふ/うり/んがチ/リ/ン~ ひ(ん)まわりのき/い/ろ わ/た/しにはかんけ/いないと~ ぅおもって/いたんだ

※今日はダラッと過ごしてみようかの「う」が、最低音となります。

歌詞を区切って、抑揚をつける。

アップテンポの曲は、抑揚をつけるのが難しいと言われます。

そんな曲に、抑揚をつけるのに重要な歌い方として「区切って歌う」ことです。

スピード感もあり、音も高いので、非常に難しいと思います。

区切る箇所を追って、なんども聴いてみてくださいね。

歌詞にない小さな言葉を意識する。

「きょうは」の「う」は、お(ぅ)というような発音をしてみてください。

「ひまわり」の「ひ」と「ま」の間に、「ひmま」のように、「ひんま」、「ひむま」のような発音です。

最後の「おもって」の前に、「ぅ」を入れるような、「を」に近い発音が良いかと思います。

このように、細かいポイントになりますが、意識して取り入れてみてください。

Sponsored Link

青と夏(Mrs. GREEN APPLE)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

 

 

さみしいな やっ/ぱ”さみしいな~ いつ~かわ~すれ/られ/てしま/うん/だ/ろか

それでもね つながりもとめる~ ひてる

ウィスパーボイスで、やさしく歌う

前半部分は、全体的にウィスパーボイスが使用されています。

やさしく歌うように心がけてみてください。

息を吐く量が増えるので、しっかりブレスをして、息切れをしないように気を付けてくださいね。

ウィスパーボイスに関しては、こちらの記事をご覧ください。

アクセントを付けて、盛り上げていく!

「ひとのすばらしさをしんじてる」のところですが、どんどん盛り上げていく部分です。

一言ずつアクセントをつけるように、意識してみてください。

前半のウィスパーボイスと、はっきり区別するように、力強く歌うのが良いと思います。

Sponsored Link

青と夏(Mrs. GREEN APPLE)の歌い方 サビの歌い方を解説

なつが/はじまっ/た あいず⤵がした↓ き/ず/つ/き/つ/か⤵れる け⤴どもいいん

つ/ぎの/こ/いのゆくえ⤵はど/こ/だ え-/い/が/じゃない↓ しゅや/くは/だ⤴れ/だ え-い/が/じゃない ぼ/くらの/ばぁあんだ~

※えいがじゃない 主役はだれだの「い」が、最高音になります。

高音は裏声で対応する

無理に地声を張り上げてしまう事は、喉にも良くないですし、苦しい歌い方に聞こえてしまうので、無理に張り上げず、裏声で対応してみてください。

サビは、高音が続きますので、高い場所は、裏声で歌っても、大丈夫だと思います。

「えいが」の部分は、「えー」で伸ばし、ブレスをし、「いが」を裏声で歌う練習をしてみてください。

一気に音程が上がり、裏声へ切り替えなければならないので、難しいと思います。

しっかりブレスをし、思いっきり歌ってみてください。

しゃくりやフォールを使用して、語尾を処理するテクニックを使用する

「あいずが」や「ゆくえは」など、使用箇所は、歌詞部のテクニック記号を参考に、何度も聞いてみてください。

テンポが速くて、上手く聞き取れないということもあるかと思います。

そういった際には、速度を落として聞いてみてください。

YouTubeでは、「設定→再生速度」で、変更させることが出来ますので、ご参考までに。

しゃくりやフォールに関しては、こちらでも解説していまうので、ご覧ください。

Sponsored Link

青と夏(Mrs. GREEN APPLE)の歌い方 Dメロの歌い方を解説

うんめいつきうごかされてゆく あかいいとがおとをたぁてぇる しゅやくはあなただ

力強く、口を大きく開けて歌う。

「しゅやくはあなただ」の「あ」の部分は、大きく口を開けて、喉を広げて「あ」と発音して歌ってください。

弱い「あ」になってしまうと、「あなた」という言葉が埋もれてしまいます。

「あなた」に、しっかり届けるようにイメージをしてみると、良いかもしれませんね。

青と夏(Mrs. GREEN APPLE)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がhiE(E5)で、最低音がmid1D#(D#3)の「青と夏」は、裏声での高い音が出てきます。

女性にとっては、最高音は収まっています。最低音が半音低いので、原曲キーか+2くらいの間で調整するといいですね。

男性にとっては、最高音は「2音」高く、最低音も「2音」高いのですが、

高い音が続くので、多少余裕を持って歌うために、キーを-4か、-5にすることをおすすめします。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

青と夏(Mrs. GREEN APPLE)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

最後に「青と夏」の歌い方をマスターするポイントをご紹介します。

歌詞を区切って歌うことで、抑揚をつけます。

アップテンポの曲は、勢いで歌ってしまい、抑揚をつけることが難しいと思います。

ですが、歌詞を区切ることで抑揚がつけられるので、非常に良い練習になるでしょう。

ポイントのおさらいです。

Mrs.GREEN APPLE(青と夏)の歌唱ポイント
  • 歌詞を区切って歌う
  • 裏声をうまく使用する
  • しゃくりやフォールを入れる

音程が高く、しゃくりやフォールなどのテクニックの使用に加えて、裏声やウィスパーボイスの使用と、「てんこ盛り」の楽曲となります。

最初から、上手に歌う事は出来ないかもしれません。

ですが、繰り返し練習することで、徐々に出来るようになっていけると思います。

一つの練習方法として「録音する」ことを、試してみてください。

客観的に聴くことで、新しい発見が出来ます。

難曲を歌いこなせたら、あなたの歌で「すごい!かっこいい!」と、みんなを魅了出来るでしょう。

ぜひ、繰り返し練習してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.