2022/04/14

「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

BUMP OF CHICKENの「天体観測」はカラオケでも王道といえる1曲。

サビの「見えないものを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ」の歌詞は有名ですね。

思春期・青春ソングの定番ともいえる曲です。

疾走感のあるロックナンバーで、カラオケではみんなで盛り上がるにもぴったり。

ところが実際に歌おうとしてみると、

 自分に合うキーがわからない!

・ 音程をとるのが難しい!

・ リズムがうまく合わない!

こんな点で悩んではいませんか?

せっかくなら原曲のように格好よく、そして気持ちよく歌いたいですよね。

「天体観測」を上手く歌うには、

「天体観測」の歌い方ポイント
  • 歌いやすいキーを見つける
  • フレーズの流れを意識しながら音程をとる
  • リズムをしっかりとる
  • 繰り返しのフレーズでも変化をつける

といったところがポイントになります。

あなたがポイントを押さえて歌えるようになれば、疾走感やドラマチックさを表現できて、カラオケでも一目置かれるでしょう。

ぜひ、この記事を読んで練習してみてくださいね。

 

「天体観測」はテンポが速いため、なかなか上手く歌うことが難しいと思う場合もあると思います。

そんなときは独学で上手く歌えるようになるのを目指すよりも、プロのボーカルトレーナーに習ってしまうのが一番手っ取り早いです。

でもそうは言っても、

「ボイストレーニングってライブとかやる人が習うものじゃないの?」

「カラオケ好きなだけでボイストレーニングなんて大げさだよ」

と思ってしまってなかなか一歩踏み出せない。

という気持ちもよくわかります。

そんなあなたには、シアーミュージックスクールがオススメです。

初心者にも親切ですし、全国に校舎があり、プロのボイストレーナから比較的安価な値段でレッスンを受けることができます。

また、「ボイス&ボイストレーニングコース」と「カラオケコース」があり、

「ボイストレーニングはハードルが高い! カラオケがうまくなりたいだけ」

みたいな場合でも「カラオケコース」で専門的にカラオケの上達方法を学ぶことができます。

もちろん、「天体観測」を指定して、歌い方をプロのボイストレーナーがマンツーマンで丁寧に指導してくれます。

「天体観測」を上達させるための専門の技術がここで学べるのです。

例えば、専門のボイストレーナーだからこそ知っている

「楽な声の出し方」や「音域の広げ方」、「リズム感が良くなる方法」

なんかもみっちり教えてくれます。

普段友達や同僚と行くカラオケであなたがいきなり美声を披露し始めたら、 「どうしちゃったの?」と一目置かれること間違いありません。

「天体観測」をかっこよく歌いこなしたいなら、まずはシアーミュージックスクールの公式ホームページから自宅から最寄りの校舎を探してみましょう。

公式サイト⇒▼▼自宅近くのシアーミュージックスクールを公式ホームページで探してみる▼▼

 

「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

BUMP OF CHICKEN『「天体観測」』の Music Video

「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)の難易度は?

「天体観測」は、全体として似たメロディの繰り返しが多いため覚えやすく、まず一通り歌えるようにするところまでならあまり難易度は高くありません。

ただしあなたが、域の広さに自信がない」と思う場合は、最低音の登場するAメロから最高音の出てくるサビまで全て歌いこなすために、キーを調整したり、低音・高音を出せるよう練習したりする必要があるでしょう。

また、速いテンポで音符の数も多く、細かく音程が動きます。

この全部の音をその通りになぞろうとすると固く聞こえてしまうこともあるため、ある程度は音程を意識しつつも、フレーズの流れやまとまりを大事にすると聞きやすくなります。

「天体観測」の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度: B

音程: A

リズム: A

表現: B

音域が広いことと、音の動きが細かいことから、音程の難易度をAとしました。

ただし先ほども書いたようにメロディ自体はそれほど複雑ではないので、歌いやすいキーを見つければ、あとは比較的覚えやすいといえます。

リズムについては、テンポが速く、また、細かく刻むような部分や拍の取り方が変わるところがあるので難易度としています。

細かいところにとらわれ過ぎても固くなってしまいますが、ある程度、縦の線をきちんと合わせることも大事です。

自然にリズムに乗れるよう練習してみましょう。

最後に表現についてですが、ボーカルの藤原基央さんの歌を聴くと、ところどころビブラート等は出てきますがあまり凝った表現技法を使っているわけではないようです。

技術を使うよりも、歌詞のストーリーや曲の盛り上がりを感じながらストレートに歌うのが似合う曲だと思いますので、難易度としてはとしています。
 

以上のことから、音程、リズム、表現の3つで考えると、「天体観測」を歌う時にポイントになるのは、

・ キーの調整
・ リズムに乗ること
・ ストレートな表現

 ということだといえるでしょう。

総合的な難易度はBです。

ポイントを押さえて歌いこなしていきましょう。

Sponsored Link

「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)の最高音と最低音は?

「天体観測」の最低音と最高音は次のとおりです。

・ 最低音:lowG#(G#2)  …1番Aメロの「ベルトに結んだラジオ」の「ラ」
・ 最高音:mid2G#(G#4) …サビ終わりの「追いかけていた」の「か」

※音域(lowlowFからhihiE(4.9オクターブ))の図※

  • 最高音:lowG#(G#2) → 青色
  • 最低音:mid2G#(G#4) → ピンク色

男性はmid1Aからmid2Gが平均的な音域で、

女性はmid1FからhiDが平均的な音域です。

ちょうど2オクターブとなっており、音域は広めです。

最低音は一般的な男性の音域からみても低くなっていますが、あまりキーを上げると今度は高音が難しくなってしまうので注意が必要です。

詳しくは、後で紹介する「「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。じっくり本で学習したいなら、以下も参考にしてみてくださいね。

「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

午前(v)二時(v) フミキリに

望遠鏡を担いでった

ベル/トに結(む/す)んだラジオ

雨は降らないらしい

二分(v)後に(v)君が来た

大袈裟な荷物しょって来た

始/めようか/ 天体観測

ほうき星を探して

 

「ベルトに結んだラジオ」の「ラ」がlowG#(G#2)で最低音です。

また、その次に低い音mid1C#(C#3)も多く出てきます(「フミキリ」の「フ」、「ほうき星を探して」の「て」など)。

Aメロは全体的に低い音域で進んでいくので、キーによっては歌いづらいところだと思います。

キー選びのポイントはこの後「「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」で詳しくお伝えします。

低音が続きますがお腹からはっきり発声できるように練習してみてください。

ここはあまり目立った表現のテクニックは使わず、比較的淡々とした歌い方になっています。

ブレスの箇所と、区切る箇所に記号をつけていますが、これも大袈裟にはしなくて大丈夫です。

音程が細かく動き、リズムも乱れやすいところですが、例えば「フミキリに」でひとかたまり、その次の「望遠鏡を担いでった」でひとかたまり、というように、フレーズごとの流れを意識してみてください。

自然にリズムに乗れると気持ちよく歌えます。

Sponsored Link

「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

深(ふ/か)い/闇に飲まれないように精一杯だった

君(き/み)の/震える手を/握ろうとした あの日は

 

Bメロは2フレーズのみと短い構成ですが、前半から後半にかけて、サビにつなげるために徐々に盛り上げていきます。

特に後半の「震える手を~」からは徐々に感情を高めるようなイメージで、強調していってください。

繰り返しのメロディでも徐々に強弱や感情の込め方に変化をつけていくようにすると、歌詞のストーリー性が伝わってよりドラマチックです。

Sponsored Link

「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)の歌い方 サビの歌い方を解説

見えないモノを見ようとして(v)

望遠鏡を覗き込んだ(v)

静寂を/切り裂いて/ いくつも声が生まれたよ(v)

明日が僕らを呼んだって(v)

返事もろくにしなかった(v)

「イマ」という ほうき星(v)

君と二人追いかけていた

 

サビは比較的リズムが取りやすく、メロディも繰り返しなので歌いやすいと感じるでしょう。

歌詞のまとまりと曲のメロディのまとまりもほぼ一致しているので、ブレスのタイミングもとりやすいと思います。

「見えないモノを」「望遠鏡を」などは同じ音が連続するので安定して刻みたいところです。

一方で、「静寂を切り裂いて」や「「イマ」という ほうき星」のところはやや音程が細かく動くので、正しいメロディを押さえつつ、固くならずにフレーズの流れに乗って歌えるようにしましょう。

ただ、メロディが同じだからといって全て同じように歌ってしまうと平坦に聞こえます。

あまり音を長く伸ばす箇所はありませんが、高音部は強く遠くに飛ばすイメージで歌いましょう。

少し鋭く息を出すようにすると曲のイメージに合った声になります。

「追いかけていた」の「か」が最高音のmid2G#(G#4) なので、そこに向かって上っていくようなイメージで、特にサビの後半はクレシェンド(徐々に音を強くすること)してみてください。

 

もし、「上の内容を読んでもなかなか上手く歌いこなせない」

という場合は、プロのボイストレーナーに習ってしまうのが上達の近道です。

サビは特に難しいので、

あなたが「いやいや。ボイストレーナーに習うなんてまだ早いし、ハードルが高い」と思う場合でも、

ボイトレスクールの無料体験を申し込んでそこで、「天体観測」のサビの部分だけをみっちりアドバイスをもらうだけでも効果ありだと思います。

例えば、「静寂を切り裂いて」の部分のリズムの取り方がわからない場合、

専門のボイストレーナーとマンツーマンならば、伴奏をゆっくりめにしつつ、音程が確実に取れているか、リズムに乗って歌えているかなどを先生に確認してもらいながら着実に進めることができるのです。

そして、無料体験をするのにオススメのボイトレスクールが、

冒頭でも紹介していましたシアーミュージックスクール「ボーカル&ボイストレーニングコース」です。

このコースでは、呼吸、発声のトレーニングから、歌の表現力を鍛えるレッスンまで、あなたの理想の歌声になれるよう導いてくれます。

また、カラオケでの歌い方をもっと詳しく知りたい場合には「カラオケコース」というコースもあり、あなたのニーズに合わせてコース選択できるのも嬉しいですね。

まずは下記リンクから無料体験を申し込んで、かっこよく歌いたいサビの部分だけでも上達させてみませんか?

「歌が上手くなりたい」と思った今がチャンスのときですので、下記のリンクから無料体験のスケジュールだけでも押さえておきましょう。

公式サイト⇒▼▼シアーミュージックの無料体験を今すぐ申し込んで「天体観測」のサビを上達させる▼▼

 

 

「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)の歌い方 Dメロの歌い方を解説

背が伸びにつれて

伝えたいも増えてった(⤵)

宛名の無い手紙も(⤵)

崩れる 重なった

 

僕は元気でいるよ

心配事も少ないよ

ただひとつ 今も思い出すよ

 

 

Dメロは拍の取り方がゆったりした調子になります。

あなたが、「リズムの取り方が少し難しい」と思う場合は、原曲をよく聞いて真似してみてください。

それぞれのフレーズの真ん中で音が高くなるところがあり、そこにアクセント(強調)をおくイメージにするとリズムの取り方もつかめると思います。

最後の「今も思い出すよ」は三連符(ひとつの拍を3つに分ける)になっているので注意して練習してください。

「僕は元気でいるよ」からは、サビに近いぐらいエモーショナルに歌ってみても良いでしょう。

このDメロのあと、Bメロがもう一度入って最後のサビになります。

Dメロをしっかり歌えると、より最後のサビが格好良く引き立ちますので、ぜひ頑張って練習してみてください。

「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

はじめに書いたように、「天体観測」を歌う時の大きなポイントのひとつがキー選びです。

「天体観測」の最低音は一般的な男性の音域に比べて低いlowG#(G#2)ですが、これが出てくるのはAメロの1回のみです。

その次に低い音はmid1C#(C#3)になります(Aメロ「ほうき星を探して」の「て」など)。

また、最高音がmid2G#(G#4)で、これは男性の地声のみの平均的な音域の最高音に近い音です。

女性の場合は、+6程度上げてみると平均的な音域に近くなります。

音域が高めの方であればキーを動かさずに1オクターブ上の音程で歌うという方法もありますが、最高音がかなり高くなりますのでご注意ください。

原曲通りに歌うのであれば裏声は使わないので、最高音を地声で出せる範囲でキーを調整するのが良いでしょう。

最低音のlowG#(G#2)にあたる音は苦しくても、その次に低いmid1C#(C#3)にあたる音が出せれば、曲の流れとしては十分つながります。
平均的な音域の男性であれば、キーを動かさずにAメロの低音をなるべくはっきり発声できるように練習してみるのが良いでしょう。どうしてもAメロが苦しいという方は+2程度上げてみてください。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

ここまでの内容をもう一度まとめると、「天体観測」を上手く歌うには、

  • 歌いやすいキーを見つける
  • フレーズの流れを意識しながら音程をとる
  • リズムをしっかりとる
  • 繰り返しのフレーズでも変化をつける

といったところがポイントになります。

あなたが歌い方のポイントを押さえることで、難しい技術を使わなくてもこの曲の疾走感やドラマチックさを表現できて、聴いている人に「すごい!」と思ってもらえるような歌い方ができるでしょう。

ぜひこの記事を参考に「天体観測」を練習して、カラオケ曲の王道、青春ソングの定番を極めてみてはいかがでしょうか?

 

ここまで読んでくれたあなたは「天体観測」の歌い方についてかなり知識が付いたと思います。

しかし、知識が付いた状態と、実際に上手く歌えるまでの間には練習量が必要ですし、「どうしても上手く歌えない」という箇所も出てくると思います。

そんなとき、独学よりも歌を習っている先生がいるととても心強いです。

どんなスクールに通ったら良いかわからないと思っていあるあなたには、

このページで何度かご紹介している「シアーミュージックスクール」の「ボーカル&ボイストレーニングコース」をやっぱりオススメしています。

レッスンは、2つのレッスン室に分かれてのレッスンができるので、時期的な問題にも、安心感がありますし、

約600名の在籍講師から自分に合ったジャンルの先生が選べるのも良いですね。

また、カラオケに特化して学びたければ、採点機能の攻略を教えてくれる「カラオケコース」もあるのでオススメです。

例えば、あなたがこっそりとシアーミュージックスクールに通って、歌が上達したあなたが久しぶりにカラオケに行きます。

突然上手くなったあなたの声に周りの友人や同僚は「どうしたの?」と驚きの声をあげる。

そんなことを想像するとワクワクしてきませんか?

 

「どれくらいボイトレに通えば歌が上手くなるの?」

という疑問はあるかもしれませんが、人それぞれペースもありますし、上達の速度は違います。

私の体験では、1年くらいボイトレに通うと、音程や声質が安定してきて、人から「うまいね」と言われることが多くなります。

そして、歌のコツがわかれば独学でもボイトレを続けることができます。

例えば19歳でボイトレに1年通うとその後、死ぬまでずっと「好きなアーティストの歌い方を表現できる自分」でいられます。

例えば、80歳が寿命と仮定したら、60年間は歌う上での

「好きなアーティストの歌い方はわかるが、それを表現できない」

「音程が上手く取れない」

「リズムがどうも苦手でテンポが遅れてしまう」

みたいな悩みがなくなった状態でいられます。

これを先延ばしにして、24歳でボイトレに通うとしたら、「カラオケがうまい自分」は55年間です。

29歳では50年間。

39歳では40年間。

先延ばしにすればするほど、歌が好きな人にとっては、好きなアーティストの歌い方が表現できる「歌ウマ」な期間が短くなり、損をすることになります。

できるだけ早くボイトレを受けて「歌い方さえわかればそれを表現できる自分」を手に入れちゃいましょう。

 

さてここまで読んで、シアーミュージックスクールに可能性を感じているなら、あなたがやることはたった3つです。

  1. 下のリンクからシアーミュージックスクールの無料体験に申し込む
  2. その日までに「天体観測」を課題曲と決めて練習する
  3. 難しい、なかなか上手くいかないという部分を先生に聞く

「好きなアーティストの歌の歌い方はわかったけれどなかなか表現できない」

「自分の声を客観的に聞いて伸ばしてくれる人が欲しい」

と思っているあなたは、ぜひシアーミュージックスクールの無料体験レッスンに申し込んでみてください。

「今は入会するだけのお金がないし、そこまではハードルが高い」という場合でも、

無料体験レッスンで、「天体観測」の難しいと思うポイントをピンポイントでアドバイスをもらうことができるので、

新しい自分の可能性に出会いたいアナタは下記リンクからアクションしてみてください。

公式サイト⇒▼▼もう先延ばししない 無料体験を今すぐ申し込んで「天体観測」の歌い方を学んでみる▼

 

もしあなたが、東京の渋谷、北千住近辺に住んでいるならJOYミュージックスクールもオススメですので、チェックしてみてくださいね。

🎤アニソン・ボカロコースや歌ってみたコースがあるJOYミュージックスクールとは?
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2022 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!