2022/05/17

BOY(King Gnu)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

多彩な音楽性やハイレベルな演奏技術で、新曲を出すたびに話題を呼んでいるバンド・King Gnu。タイアップの付いた楽曲も多くリリースしており、「BOY」もそんな1曲です。

アニメ「王様ランキング」の主題歌で、そのストーリーにもぴったりの歌詞や、懐かしさと新しさを融合させたような個性的な曲調が魅力的ですね。

これを歌いこなせたら格好良いだろうな……と思う人は少なくないのではないでしょうか?

King Gnuの曲は、メロディが印象的なので歌ってみたくなるものが多いと言えますが、一方で実際に歌おうとすると「なんだか違う……」と感じるかもしれません。

たとえば、こんなことでお悩みではないでしょうか?

「高い声がうまく出ない…」

「リズムの取り方がぎこちなくなってしまう…」

「強弱や感情を込めた表現が難しい!」

King Gnuの「BOY」を歌いこなすためには、次のようなポイントを押さえるとよいでしょう。

BOYの歌い方ポイント
  • まずは歌いやすいキーで練習する
  • アクセントを置く位置を意識してリズムよく歌う
  • リラックスして発声できるようにする

これから歌い方のポイントを詳しくお伝えしますので、参考にしながらチャレンジしてみてくださいね。

やや難易度の高い曲ですが、ポイントを押さえて練習すれば、カラオケなどでも「格好いい!」と一目置かれるような「BOY」の歌唱ができるようになりますよ。

他の曲にも生かせる技術も身につきますから、頑張って挑戦してみましょう。

 

「BOY」はメロディーが複雑なため、なかなか上手く歌うことが難しいと思う場合もあると思います。

そんなときは独学で上手く歌えるようになるのを目指すよりも、プロのボーカルトレーナーに習ってしまうのが一番手っ取り早いです。

でもそうは言っても、

「ボイストレーニングってライブとかやる人が習うものじゃないの?」

「カラオケ好きなだけでボイストレーニングなんて大げさだよ」

と思ってしまってなかなか一歩踏み出せない。

という気持ちもよくわかります。

そんなあなたには、シアーミュージックスクールがオススメです。

初心者にも親切ですし、全国に校舎があり、プロのボイストレーナから比較的安価な値段でレッスンを受けることができます。

また、「ボイス&ボイストレーニングコース」と「カラオケコース」があり、

「ボイストレーニングはハードルが高い! カラオケがうまくなりたいだけ」

みたいな場合でも「カラオケコース」で専門的にカラオケの上達方法を学ぶことができます。

もちろん、「BOY」を指定して、歌い方をプロのボイストレーナーがマンツーマンで丁寧に指導してくれます。

「BOY」を上達させるための専門の技術がここで学べるのです。

例えば、専門のボイストレーナーだからこそ知っている

「楽な声の出し方」や「音域の広げ方」、「リズム感が良くなる方法」

なんかもみっちり教えてくれます。

普段友達や同僚と行くカラオケであなたがいきなり美声を披露し始めたら、 「どうしちゃったの?」と一目置かれること間違いありません。

「BOY」をかっこよく歌いこなしたいなら、まずはシアーミュージックスクールの公式ホームページから自宅から最寄りの校舎を探してみましょう。

公式サイト⇒▼▼自宅近くのシアーミュージックスクールを公式ホームページで探してみる▼▼

 

BOY(King Gnu)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

King Gnu『BOY』の Music Video

BOY(King Gnu)の難易度は?

「BOY」は、サビ⇒1番(Aメロ・Bメロ・サビ)⇒2番(Aメロ・Bメロ・サビ)⇒大サビという構成なので、覚えなくてはいけないメロディは実はそれほど多くはありません。

ですが、音符が細かく連なっているようなところが多かったり、メロディの上がり下がりが多かったりと、一度で全てのメロディを覚えきるのはやや難しいでしょう。

「BOY」の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:S

リズム:A

表現:A

音程とリズムについて

音程については、先ほどもお伝えした通り、やや動きが複雑です。また、この後詳しく説明しますが、音域が広く高音部も多用します。音程の難易度はSです。

リズムについては、変拍子などはなく最後までテンポが大きく変わることもありません。

ただし、歌詞をつけて歌う時にはどの音符にどの歌詞が乗っているのかがややわかりづらく、リズムをとるのが難しいと感じるかもしれません。

原曲をよく聴いて練習する必要があるでしょう。リズムの難易度はAとしました。

表現について

表現については、King Gnuのボーカルの井口さんはビブラートやウィスパーボイスなどを使いこなしており、技術が必要そうにも聞こえます。

それでも強弱をつけるところと、サビの盛り上がりをきちんと意識して歌うことで、原曲の雰囲気に近づくことができるでしょう。

歌詞の内容も比較的ストレートなものなので、あまり複雑な技巧を使ったり、大きく変化をつけたりして歌うというよりは、強弱をつけながらも全体に統一性を持たせると良いです。

表現の難易度はAとしました。

音程、リズム、表現の難易度をふまえた総合的な難易度はSとしました。

音程とリズムの取り方に苦戦する人もいるかもしれませんが、焦らずひとつひとつポイントを押さえていきましょう。

Sponsored Link

BOY(King Gnu)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiF(F5) Bメロ「たどり着けなくて」の「なく」

最高音はBメロで登場するhiF(F5)で、ここは裏声で歌います。

なお、地声の最高音はAメロやBメロで登場します。

  • 地声最高音:hiA(A4)
     Aメロ「微かに気怠い」の「け」、Bメロ「近道ばかり」の「り」

最低音はサビで登場します。

  • 最低音:mid1G(G3) サビ「その涙が」の「そ」

盛り上がるサビで最低音が出てきて、Bメロで最高音が出てくるというところもこの曲の難しさの要因だといえるでしょう。

また、音域はかなり高音部に広がっています。

最低音のmid1G(G3)は平均的な音域の女性でも歌える高さですが、一方で最高音hiF(F5)は、平均的な女性と比べても1音高く、平均的な男性と比べると3音高くなっています。

練習する時には、まず自分の歌いやすいキーを見つけて、少し余裕をもって音程やリズム、表現に力を入れられるようにしてみてくださいね。

詳しくは、後で紹介する「「BOY」(King Gnu)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。じっくり本で学習したいなら、以下も参考にしてみてくださいね。

BOY(King Gnu)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

その涙が(/)汗が滲んだ

誰とも違う美しさで

笑っておくれ(v)

息を切らした(/)

君は誰より(/)素敵さ

気の抜けみたい

微かに気い日々に溶けた(/)

家鴨の侭で翼を広げ

空を舞う鳥の夢を見る

※Aメロは「気怠い」の「け」が地声最高音です。

ミックスボイスを使って力まずに歌う

Aメロの解説ですが、曲がサビから始まる構成のため、冒頭のサビも一緒に解説します。

(Bメロの後のサビは歌い方が違ってくるので、もう一度改めて解説します)

歌い出しの音「その涙が」の「そ」が最低音ですが、その後は冒頭から高音がかなり多く出てきます。

全体的にウィスパーボイスと裏声を織り交ぜた歌い方になっているので、力まないようにリラックスして声を出すことを意識しましょう。

地声で歌うところも、あまり響きが固くならないように、ミックスボイスを使えると良いですね。

ミックスボイスがうまく出せないという方は、ぜひこちらの記事を参考に練習してみてください。

地声と裏声の中間というイメージのミックスボイスをうまく取り入れられるようになると、表現の幅がぐっと広がりますよ。

リズムの取り方

リズムの取り方については、ひとつの音符に複数の音節が乗っているような形のところに注意が必要です。

「誰とも違う」の「がう」、「美しさで」の「うつく」、「笑っておくれよ」の「わら」などがそれにあたります。

全体としては流れるように歌ったほうが原曲の雰囲気に近くなりますが、

リズムが取りやすいように最初は拍ごとにアクセントを置きながら練習してみても良いでしょう。(「   だ  あせんだ」のようなイメージ)

原曲のリズムやメロディがかなり特徴的なので、よく聴きながら丁寧に覚えていきましょう。

Sponsored Link

BOY(King Gnu)の歌い方 Bメロの歌い方を解説

彷徨うくらいなら

一層味わい尽くしましょ(/)

近道ばかりじゃ味気がないでしょ

道草を食って

泥濘み飲んで

でもたどり着けなくて

また何度だって夕暮れ追いかけるの

※「たどり着けなくて」の「なく」が裏声最高音になっています。

ウィスパーボイスを使って歌う

Bメロも高音で歌う部分が多く、Aメロやサビと比べると曲調もやや強めなのでかなり力を使うところですが、前半はなるべく力を抜いて発声できると良いでしょう。

Bメロ前半で一度落とす⇒Bメロ後半で盛り上げる⇒サビという流れを作っていきましょう。

また、ここでもウィスパーボイスが多用されます。

「ウィスパーボイスの出し方がよくわからない……」という方には、こちらの記事もおすすめです。ここで紹介されている歌手の歌い方も参考にしてみてくださいね。

📖ウィスパーボイスの意味は?洋楽の男性歌手・女性歌手も紹介!

リズムは拍ごとにアクセントを

リズムについてはBメロもAメロと同様、はじめはゆっくり拍ごとにアクセントを置きながら、自然に歌えるようになるまで練習してみてください。

メロディの流れが掴めて来たらフレーズごとのまとまりを意識して歌いましょう。

流れるように歌う時でも、拍ごとのアクセントを少し意識しながら歌うと平坦にならず、メリハリがつきます。

全体的に極端に力を込めたり感情的になったりして歌う曲ではないので、その分、わずかな強弱で聴き手の注意を引けるようにしてみてください。

Sponsored Link

BOY(King Gnu)の歌い方 サビの歌い方を解説

走れ遥か先へ(/)

汚れた靴と(/)足跡は確かに未来へと(v)

駆けてゆく(/)

息を切らした(v)

君は誰より素敵さ

メロディーの注意点

サビのメロディは冒頭と同じですが、今度はリラックスしながらもはっきりと単語を発音するようにしましょう。

最初のサビは導入のような位置づけでしたが、ここはしっかりと歌詞のメッセージが伝わるようにしてください。

冒頭のサビ、1番のサビ、2番のサビ、大サビと、それぞれ原曲を聴きながら歌い分けができると、曲全体のストーリーが感じられる歌唱になります。

なお、最後のサビは転調して音が上がっているので注意しましょう。

展開に沿った歌い方を意識する

練習をしていて余裕が出てきたら、ボーカル以外の部分(各楽器がどんな演奏をしているか)にも注目しながら、展開に沿った歌い方を意識してみてくださいね。

1番のサビでは、歌詞の通り前へ進んでいくような力強さのある歌い方ができると良いです。

「走れ遥か先へ」の「走れ」や「今駆けてゆく」の「今」は、最低音かつ速いので発音が曖昧になりがちなところです。

極端に強調する必要はありませんが、きっちり歌うように意識しましょう。

裏声を多用しますし、途中で半音階も出てきますので、原曲をよく聴いてメロディを丁寧に押さえていってください。

 

もし、「上の内容を読んでもなかなか上手く歌いこなせない」

という場合は、プロのボイストレーナーに習ってしまうのが上達の近道です。

サビは特に難しいので、

あなたが「いやいや。ボイストレーナーに習うなんてまだ早いし、ハードルが高い」と思う場合でも、

ボイトレスクールの無料体験を申し込んでそこで、「BOY」のサビの部分だけをみっちりアドバイスをもらうだけでも効果ありだと思います。

例えば、「走れはるか先へ」の部分のはっきりと発声する方法がわからない場合、

専門のボイストレーナーとマンツーマンならば、伴奏をゆっくりめにしつつ、口の開け方は良いか、どれくらいの強さで発声すればよいかなどを先生に確認してもらいながら着実に進めることができるのです。

そして、無料体験をするのにオススメのボイトレスクールが、

冒頭でも紹介していましたシアーミュージックスクール「ボーカル&ボイストレーニングコース」です。

このコースでは、呼吸、発声のトレーニングから、歌の表現力を鍛えるレッスンまで、あなたの理想の歌声になれるよう導いてくれます。

また、カラオケでの歌い方をもっと詳しく知りたい場合には「カラオケコース」というコースもあり、あなたのニーズに合わせてコース選択できるのも嬉しいですね。

まずは下記リンクから無料体験を申し込んで、かっこよく歌いたいサビの部分だけでも上達させてみませんか?

「歌が上手くなりたい」と思った今がチャンスのときですので、下記のリンクから無料体験のスケジュールだけでも押さえておきましょう。

公式サイト⇒▼▼シアーミュージックの無料体験を今すぐ申し込んで「BOY」のサビを上達させる▼▼

 

BOY(King Gnu)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

「BOY」は、最低音がmid1G(G3)とやや高めであり、最高音は地声ではhiA(A4)、裏声ではhiF(F5)と、全体的に高音部を多用する曲です。

最低音のmid1G(G3)は平均的な音域の女性でも歌える高さですが、

一方で最高音hiF(F5)は、平均的な女性と比べても1音高く、平均的な男性と比べると3音高くなっています。

最低音が高めである分、キーを下げる調整は比較的しやすい曲でもあリます。

女性であれは、高音があまり得意でないという方は-1~-2程度下げてみてください。

男性であれば-2~-3程度に下げてみると高音部も歌いやすくなるでしょう。

メロディやリズムの難易度も高い曲なので、まずは自分の歌いやすいキーでの歌唱をマスターしましょう。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

BOY(King Gnu)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

最後にもう一度「BOY」の歌い方ポイントを振り返ります。

BOYの歌い方ポイント
  • まずは歌いやすいキーで練習する
  • アクセントを置く位置を意識してリズムよく歌う
  • リラックスして発声できるようにする

全体的にキーが高く、裏声も多用する「BOY」を歌うには、まずは無理のないキーでメロディとリズムをしっかり覚えるのが近道です。

キーが決まったら、リラックスして、裏声以外の箇所もミックスボイスやウィスパーボイスを使い分けながら歌えるように練習してみてください。

その上で、Bメロ~サビにかけての盛り上がりを作ったり、冒頭のサビと1番、2番のサビ、大サビの歌い方を変えて表情をつけていくと良いですね。

リズムもやや難しい曲なので、はじめはゆっくり、拍を意識しながらどの音符にどの歌詞が乗っているのか覚えていき、徐々に流れるような歌い方にしていきましょう。

難易度の高い曲ですが、その分、歌いこなせるようになれば「格好いい!」「凄い!」と思ってもらえるでしょう。あなたのボーカルのレベルもぐっと上がりますよ。

ぜひ、今回お伝えしたポイントを参考に、チャレンジしてみてくださいね。

 

ここまで読んでくれたあなたは「BOY」の歌い方についてかなり知識が付いたと思います。

しかし、知識が付いた状態と、実際に上手く歌えるまでの間には練習量が必要ですし、「どうしても上手く歌えない」という箇所も出てくると思います。

そんなとき、独学よりも歌を習っている先生がいるととても心強いです。

どんなスクールに通ったら良いかわからないと思っていあるあなたには、

このページで何度かご紹介している「シアーミュージックスクール」の「ボーカル&ボイストレーニングコース」をやっぱりオススメしています。

レッスンは、2つのレッスン室に分かれてのレッスンができるので、時期的な問題にも、安心感がありますし、

約600名の在籍講師から自分に合ったジャンルの先生が選べるのも良いですね。

また、カラオケに特化して学びたければ、採点機能の攻略を教えてくれる「カラオケコース」もあるのでオススメです。

例えば、あなたがこっそりとシアーミュージックスクールに通って、歌が上達したあなたが久しぶりにカラオケに行きます。

突然上手くなったあなたの声に周りの友人や同僚は「どうしたの?」と驚きの声をあげる。

そんなことを想像するとワクワクしてきませんか?

 

「どれくらいボイトレに通えば歌が上手くなるの?」

という疑問はあるかもしれませんが、人それぞれペースもありますし、上達の速度は違います。

私の体験では、1年くらいボイトレに通うと、音程や声質が安定してきて、人から「うまいね」と言われることが多くなります。

そして、歌のコツがわかれば独学でもボイトレを続けることができます。

例えば19歳でボイトレに1年通うとその後、死ぬまでずっと「好きなアーティストの歌い方を表現できる自分」でいられます。

例えば、80歳が寿命と仮定したら、60年間は歌う上での

「好きなアーティストの歌い方はわかるが、それを表現できない」

「音程が上手く取れない」

「リズムがどうも苦手でテンポが遅れてしまう」

みたいな悩みがなくなった状態でいられます。

これを先延ばしにして、24歳でボイトレに通うとしたら、「カラオケがうまい自分」は55年間です。

29歳では50年間。

39歳では40年間。

先延ばしにすればするほど、歌が好きな人にとっては、好きなアーティストの歌い方が表現できる「歌ウマ」な期間が短くなり、損をすることになります。

できるだけ早くボイトレを受けて「歌い方さえわかればそれを表現できる自分」を手に入れちゃいましょう。

 

さてここまで読んで、シアーミュージックスクールに可能性を感じているなら、あなたがやることはたった3つです。

  1. 下のリンクからシアーミュージックスクールの無料体験に申し込む
  2. その日までに「BOY」を課題曲と決めて練習する
  3. 難しい、なかなか上手くいかないという部分を先生に聞く

「好きなアーティストの歌の歌い方はわかったけれどなかなか表現できない」

「自分の声を客観的に聞いて伸ばしてくれる人が欲しい」

と思っているあなたは、ぜひシアーミュージックスクールの無料体験レッスンに申し込んでみてください。

「今は入会するだけのお金がないし、そこまではハードルが高い」という場合でも、

無料体験レッスンで、「BOY」の難しいと思うポイントをピンポイントでアドバイスをもらうことができるので、

新しい自分の可能性に出会いたいアナタは下記リンクからアクションしてみてください。

公式サイト⇒▼▼もう先延ばししない 無料体験を今すぐ申し込んで「BOY」の歌い方を学んでみる▼

 

もしあなたが、東京の渋谷、北千住近辺に住んでいるならJOYミュージックスクールもオススメですので、チェックしてみてくださいね。

🎤アニソン・ボカロコースや歌ってみたコースがあるJOYミュージックスクールとは?
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!