2021/07/22

カブトムシ(aiko)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを男性、女性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

みなさんには、定番ラブソングってありますか?

カラオケでここぞという時に歌える定番ラブソングがあったらいいですね。

その人よって様々なラブソングがあると思いますが、中でも男女や世代を超えて誰からも人気なのがaikoの「カブトムシ」です。

まさに永遠の定番ラブソングです。

aikoの「カブトムシ」は、1999年にリリースされた約20年ほど前の楽曲ですが、女性にとても共感されるような歌詞と表現力の高いボーカルで人気を誇っています。

ですから今でも多くのアーティストにカバーされ親しまれています。

でも、いざ歌うとなると

「メロディラインがむずかしそう」

「思いがうまく伝えられない…」

と思いませんか?

そうです。aikoさんの歌は一見簡単そうですが、実はなかなか一筋縄ではいかない曲なのです。

だからこそ、aikoさんの雰囲気や思いを伝えたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、彼女の歌を支えているのは次の2つのポイントです!

カブトムシ(aiko)の歌い方ポイント
  • しゃくりとフォールでメロディに変化を
  • エッジボイスと裏声(ファルセット)で思いを込めて

ここでは、カラオケの表現技術の定番として、しゃくりとフォール、エッジボイスと裏声(ファルセット)を身に付けることによって、

女性の心の切なさの表現にトライしましょう。

そして、誰からも愛されるこのラブソングで聞く人の恋心を目覚めさせ、恋に落としてあげてください!

もちろん、あなた自身も…

カブトムシ(aiko)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

aiko「カブトムシ」Music Video

カブトムシ(aiko)の難易度は?

音域がやや高めの感じもしますが、メロディは覚えやすくテンポもほどよい曲なので、全体の難易度としては【-B(普通)】です。

また、『カブトムシ』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:B

音程:A

リズム:B

表現:A

音程としては、しゃくりやフォール、そして転調したメロディのゆれがむずかしいところです。でも、そこがこの曲の魅力でもあります。

また、思いを込めるための表現として、エッジボイスやファルセットに積極的に挑戦しましょう。

Sponsored Link

カブトムシ(aiko)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiF(F4)

サビ「しょうがいわすれる」の「いHiF(F5)」が最高音です。

  • 最低音:midG#(G#3)

Aメロ「そういわれても」の「そうmidG#(G#3)」が最低音です。

 

おすすめのキーに関しては、後で紹介する「カブトムシ」(aiko )のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

エッジボイス

生態を振るわせて声をざらつかせます。

こぶし

短い間隔で音程を動かす歌い方です。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

カブトムシ(aiko)の歌い方 Aメロ①の歌い方を解説

 

v悩んでる 身体があつくぅ⤵︎

v指先は凍る程冷たい~

v「どうした はやぁく言ぃって⤴︎しまえ」そう

v言われてもあたぃい⤵︎

※Aメロ「そういわれても」の「そうmidG#(G#3)」が最低音です。

 

ポイントは、エッジボイス、フォール、アクセントです。

エッジボイスとフォールをうまく使う

まず、「身体があつくぅ⤵︎」の「⤵︎」はエッジボイスで声帯を震わせざらついた声を出しながら、音を上から下に落とすように歌いましょう。

このエッジボイスとフォールによって切なさを表現しているのが、aikoの大きな特徴ですね。

「フォール」に関して詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください。

しゃくりで気持ちの落ち込みを演出する

ところどころの小文字の「ぁ」「ぃ」「ぅ」は意識的に音をしっかり発音して入れるようにしましょう。

「⤴︎」のしゃくりは音を下から上に上げます。

「言われてもあたぃい⤵︎」では、アクセントをつけながら、最後のフォールで音を下に落とすようにして、気持ちの落ち込みを演出します。

「しゃくり」に関して詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください。

Sponsored Link

カブトムシ(aiko)の歌い方 Aメロ②の歌い方を解説

vあなたが死んでしまって~

vあたしもどんどん年いて~

v想像つかないくらぁ⤴︎いよ

vそう v今が何よりたい⤵︎

 

前半2行のビブラートはできればつけてください。

「想像つかないくらぁ⤴︎いよ」ではしっかりしゃくり⤴ましょう。

最後は、「そう」のあとにv(ブレス)を入れて、しっかり息を吸って最後まで歌いきってください。

再び、エッジボイスからのフォールがあります。

気持ちの落ち込みを表現する大切な部分ですので、テクニックを駆使できるようになりたいですね。

Sponsored Link

カブトムシ(aiko)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

vスード落とぉしたメ⤴︎ーゴーラぁぁン(v)

白馬のたてがれる~

 

ポイントは、アクセント、しゃくりです。

「メ⤴︎ーゴーラぁぁン」のしゃくり⤴は揺れるメリーゴーランドを表現するように声も揺らします。

また、「白馬のたてがれる~」はしっかりとリズムを刻んで、白馬が走っているように歌詞をハッキリと聞かせてください。

Sponsored Link

カブトムシ(aiko)の歌い方 サビの歌い方を解説

v少背の高い~

vあなみみに寄せたおでこ~

  にお  v誘われたあたぶとむし~

v流れ星ながれ⤴︎る~

v苦うれ胸のいぃたみ~⤵︎

vしょうが  vわ⤴︎すれ  vことはなでしょう~

vしょうが  vわ⤴︎すれ  vことはなで vしょう~

※サビ「しょうがいわすれる」の「いHiF(F5)」が最高音です。

 

ポイントは、アクセント、こぶし、裏声(ファルセット)、ビブラートです。

  にお」ここでこぶしを使います。2音の変化なのでそれほどむずかしくはありません。

しっかり音をいれてこぶしをつけましょう。

 

そして、サビの最後の裏声(ファルセット)は最大のポイントになります。

転調していますが、メロディの正確さにとらわれすぎず、曲の流れの勢いで歌いきることが大切です。

その際、「しょうが  わ⤴︎すれ 」と言葉の後ろを裏声(ファルセット)で装飾します。

ここも、音程を気にしすぎず、思い切って音を出しましょう。

 

「しょうがい」の「が」から「い」に持っていくとき、できるだけ「が」と「い」を別に発声しないで繋げるようにしましょう。

「が」に力が入ると、裏声(ファルセット)が厳しくなります。

そして、2行目は「わ⤴︎すれ  ことはなで 」と「しょう~」の間にv(ブレス)を入れ、最後のロングトーンはビブラートでしっかり歌いきりたいですね。

「裏声(ファルセット)」に関して詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください。

カブトムシ(aiko)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

この曲をカラオケで歌う場合、男性は原曲で1オクターブ下げて歌うとよいでしょう。

女性の場合は、原曲のままか、少し高い場合は-1か-2ぐらい下げたキーがよいでしょう。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

カブトムシ(aiko)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

切ないラブソングの定番であり、年月が経っても色あせない名曲「カブトムシ」には、女性の切ない心理を歌うテクニックがちりばめられています。

フォールの投げ捨てるようなメロディの下降、絞り出すようなエッジボイスはぜひマスターしたいですね。

また、サビの裏声(ファルセット)はこの曲の最大のポイントです。

最後に、ポイントをもう一度確認しましょう。

カブトムシの歌唱ポイント
  • しゃくりとフォールでメロディに変化を
  • エッジボイスと裏声(ファルセット)で思いを込めて

あなたの思いが最大限に伝わるように失敗を恐れずに挑戦してください。

そんな歌声はきっと聞く人の恋心を燃え上がらせるに違いありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.