2022/02/10

しらスタのボイトレが凄い!レッスンの予約はできるの?歌ってみたの歌い方を徹底解説!

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

ボイトレや歌い方について調べたい時、今や数多くの動画がYouTubeでも見られますが、その中でも目を引くのが「しらスタ」の動画です。

「この曲の歌い方を知りたい!」「ボイトレのやり方を知りたい!」と思って歌い方動画やボイストレーナーYouTuberを探したことのある方なら、

きっと「しらスタ」という名前や「しらスタ【歌唱力向上委員会】」というチャンネルを見たことがあるのではないでしょうか。

解説は的を射ていて、テンポよくわかりやすく、何より「しらスタ」ことボイストレーナーの白石涼さんの歌唱力が抜群

動画のラインナップも豊富で、最新曲、話題曲の歌い方から基本的な発声方法、音程の取り方まで幅広くカバー。

時には歌手とコラボしてその歌声の魅力を掘り下げたりもしています。

チャンネル登録者数は2022年1月時点で150万人超。

名実ともにトップレベルのボイストレーナーです。

そんなしらスタさんのボイトレレッスンを受けるチャンスがあるシアーミュージックスクールというボイトレ教室があるのをご存じですか?

今回は、しらスタさんのボイトレの凄さや、レッスンを受けられる方法についてご紹介していきます

興味を持った方は、ぜひ教室のサイトやしらスタさんのYouTubeチャンネルをのぞいてみてくださいね。

公式サイト⇒▼▼しらスタさんが特別講師を勤めるシアーミュージックスクールをチェックする▼▼

 

しらスタのボイトレレッスンを予約しよう!

しらスタさんは、マンツーマン音楽レッスンを受けられる音楽教室「シアー」で特別講師を務めています。

2022年2月現在ではしらスタさんの教室は開講されていませんが、シアーの生徒を対象とした特別講座の情報が近日公開予定です。

ただし、この特別講座はシアーの生徒限定となっているため、一般からの申込はできません

参加希望者をシアー内で募集する予定となっています。

「しらスタさんの特別講座に参加したい!」というあなたは、今のうちにシアーに参加しておくと良いでしょう

シアーは全国95か所に展開しているマンツーマンレッスンの音楽教室で、好きな教室・好きな時間帯にレッスンを受けることが可能です。

また、感染対策のため講師と生徒が部屋を分けて、モニターを通じてレッスンを行うという方法をとっているため、安心してレッスンを受けられます。(2022年2月現在)

レコード会社「残響レコード」がパートナーとなっているので、プロを目指したい方へのサポートも充実しています。

一方で趣味で楽しみたいというあなたにも、全国ゴスペルチームに参加できたり、ライブ等で演奏・歌唱を披露する機会があったりと、楽しみながら上達できる教室となっています。

そしてボイトレレッスンでは、しらスタさんに限らず、優秀な講師の方に指導してもらうことができます。

講師の数は全国で約600名。

ハモネプで全国優勝したグループのボイトレを手掛けていた方や、ご自身もミュージカル経験者であり、現場での歌唱指導を行っている方など、経験も実力も確かな講師が揃っています。

ジャンルも多岐にわたっていて、JPOP、洋楽、R&B、アニソンなど、それぞれのジャンルを専門分野とした講師のレッスンを受講することが可能です。

レベルについても様々な段階に対応しており、プロを目指す人から趣味で音楽を楽しみたい人、苦手意識を克服したい人まで、それぞれの目標に合わせた指導をしてくれるというのが特徴です。

マンツーマンレッスンで、決まったカリキュラムではなく、個人の課題に合わせたレッスンを組み立ててくれます。

「しらスタさんのレッスンを受けてみたい!」という場合に限らず、

「優秀なボイトレ講師のレッスンを受けたい!」「レベルに合わせて指導してほしい!」「こんな歌い方を教えてほしい!」という場合も、

シアーでは希望に沿った優秀な講師の方に出会えそうです。

しらスタさんの特別講座は、シアーミュージックの会員を対象に募集が始まります。

募集が始まってから、入会するのではせっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。

とはいえ、入会するのであれば、一度レッスンがどんなものか、料金がどうなっているのか、詳しく聞いてみたいですよね。

そんなあなたには無料体験レッスンがおすすめです。ƒ

しらスタさんのレッスンを受けるチャンスを逃したくない、

さらに、優秀な講師の方々から自分の希望や目標にかなったレッスンを受けてみたいというあなたは、まずシアーの公式サイトから無料体験レッスンを申し込んでおきましょう。

公式サイト⇒▼▼しらスタさんのレッスンを確実に受けるためにシアーの無料体験に申し込む▼▼

 

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。じっくり本で学習したいなら、以下も参考にしてみてくださいね。

しらスタの歌ってみたおすすめ曲4選|歌い方を解説

夜に駆ける 

ここからは、YouTubeのしらスタさんのチャンネル「しらスタ【歌唱力向上委員会】」から、おすすめの4曲をご紹介します。

しらスタさんのボイトレの凄いところをぜひ感じてください。

まずはYOASOBIの「夜に駆ける」の歌い方。

「夜に駆ける」は女性ボーカル曲でキーがかなり高くテンポも速い、難易度の高い曲です。

それをご自身でも歌いこなしながら、メロディの動きや区切る箇所、息継ぎの時の口の形、ボーカルのikraさんの技術の凄さを非常に細かく解説してくれています。

ファルセットやウィスパーボイスの使い方、息継ぎのタイミングなどはフレーズを細かく区切って繰り返し歌ったりピアノで音程をとったりしてくれるので、どこに注意して歌えば良いかが一目瞭然

ikraさんの歌い方のどんなところに魅力があるのか、聴き手が楽曲のどこに惹かれるのかという視点からも解説してくれており、

音程やリズムの取り方、使っている技術だけでなく、「どんな風に聴かせるか」「どう表現するか」ということまで、短時間の動画にぎゅっと詰め込まれています。

しらスタさんによる歌い方解説の充実度がよくわかる動画です。

ボイトレマニアでも『夜に駆けるの』歌い方を解説しているので、よければ参考にしてみてください。

Sponsored Link

ONE OK ROCK「The Beginning」「Renegades」

The Beginning

続いてはONE OK ROCKの「The Beginning」です。

こちらは視聴者からのリクエストを受けての選曲だそうですが、動画内でもお話しされているように「ワンオクで一番好きな曲」とのこと。

エッジボイスや、一瞬声を裏返すポイント、英語をそれらしく発音するためのポイントなど、難易度が高いところもひとつひとつ説明してくれます。

先ほど挙げた「夜に駆ける」とは、男性ボーカルと女性ボーカルとの違いはもちろん、曲調や歌い方も全く異なる楽曲ですが、

原曲のTakaさんの歌い方をしっかり再現しながら解説しているのがさすがです。

しらスタさんの歌唱力と解説力の幅広さが伺えます。

Renegades

ONE OK ROCKの楽曲はほかにもいくつか歌い方の動画が投稿されていますが、

「Renegates」はその中でも英語の発音・歌唱のテクニック・テンポの速さ・高音の多用などのため、難易度の高い楽曲です。

発音のポイント、エッジボイスの入れ方、声質を切り替える箇所などを事細かに解説してくれるしらスタさんの歌い方動画は、非常にわかりやすく、参考になります。

ボイトレマニアでの『Renegates』の歌い方の解説も参考にしてみてください。

Sponsored Link

ドライフラワー

次は優里さんの「ドライフラワー」です。

こちらは「歌い方」の動画ではなく「リアクション動画」となっていて、

THE FIRST TAKEでの優里さんの歌唱を再生しながらしらスタさんがリアクション、コメントしていくという形式になっています。

とはいえ「歌い方」の動画と同じように、使われている技術や息継ぎの仕方、音程やリズムなどを詳しく、そしてわかりやすく分析してくれています。

また、しらスタさんの解説は、リスナーと同じ視点で「ここがいいよね!」「ここが凄い!」というように、

注目ポイントを抜き出して、どこが凄いのかを深堀してくれるというのも観ていて共感できるところです。

より楽曲の理解が深まり、表現力を磨くヒントになる動画となっています。

ボイトレマニアでも『ドライフラワー』(優里)の歌い方を解説しているので、チェックしてみてください。

最後はDISH//の「猫」のリアクション動画をご紹介します。

先ほどご紹介した「ドライフラワー」でもそうですが、この動画でも、しらスタさん自身がリスナーの視点で良いところ・惹かれるところに着目してリアクションをしてくれるので、

ボーカルの北村さんの歌い方のどんなところが凄いのかがよくわかります。

単語の中の子音の発音の仕方や、ファルセットの使い方、フレーズの中での強弱のつけ方などを細かく区切りながら、しかもテンポよく説明してくれています。

しらスタさん自身が楽曲やそれを歌っているボーカリストの良さを深く理解して、熱意をもって解説してくれているというのも、

しらスタさんの歌い方動画のわかりやすさや充実度に繋がっていると言えるでしょう。

ボイトレマニアでも『猫』の歌い方を解説しているので、参考にしてみてください。

Sponsored Link

プロフィール(年齢・身長など)|音域・経歴

ここで、しらスタさんの詳しいプロフィールをご紹介します。

しらスタのプロフィール(年齢・身長など)
  • 本名:白石 涼(しらいし りょう) 通称「おしら」。
    なお、チャンネル名の「しらスタ」は本名の「白石」からとった「しらいしスタジアム」の略称です。
  • 生年月日:1990年8月3日
  • 血液型:B型
  • 身長:175cm程度(公開されていないため動画から予測)
  • 出身地:神奈川県
  • 出身校:麻布中学校・高校、慶応大学法学部

人気ボイストレーナしらスタさんの音域は?

しらスタさんの凄いところとして、女性ボーカルの楽曲でも原曲のキーで歌えてしまう音域の広さが挙げられます。

先ほどご紹介したYOASOBIの「夜に駆ける」でも、一般的な男性の音域より1オクターブ近く高い最高音hiF(F5)を歌っています。

ワンオクなどの男性ボーカルの楽曲も歌いこなしていますが、どちらかといえば高音部の音域の広さが特徴的です。

ハイトーンでも擦れたり弱くなったりせずに力強い発声となっています。

男性ボーカル曲、女性ボーカル曲を問わず歌いこなせる音域の広さと声量を持っているからこそ、

歌い方動画などボイトレレッスンの内容も充実していて説得力のあるものとなっていると言えるでしょう。

経歴もすごかった

慶応大学法学部在学中にはアカペラサークルで活動。

ハモネプなどにも出場しています。

2014年4月~ボーカルレッスンMyUのボイストレーナーとなりました。

2018年4月に退職しリクルートマーケティングパートナーズに入社。

その後、 2019年2月にリクルートを退職し、YouTubeで「しらスタ【歌唱力向上委員会】」として動画投稿を開始しました。

動画はじわじわと人気を拡大し、開始から1年半後の2020年8月にはYouTube登録者100万人を達成しています。 

その歌唱力や解説の中身の濃さ、語り口の軽妙さで、今ではボイトレYouTuberとしても圧倒的な人気を誇っているボイストレーナーです。

Sponsored Link

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

しらスタのハモネプ時代

しらスタさんは慶応大学法学部入学後、アカペラサークルに加入。

「瀬戸内ジャクソン」「LAILA(ライラ)」といったアカペラグループを結成し、リードボーカルとして「第12回 青春アカペラ甲子園 ハモネプリーグ」、いわゆるハモネプにも出場していました。

アカペラ全国大会に出場し、ベストボーカル賞も獲得しています。

当時から既にしらスタさんの歌唱力は圧倒的だったということがわかります。

ボイトレ動画を観たり独学で練習したりしてみても、このレベルまで達するのはなかなか難しいと感じますよね。

先ほどご紹介した音楽スクール「シアー」に参加すれば、しらスタさんのレッスンを受けられるチャンスがあります。

また、しらスタさんに限らず、優秀な講師の方々から、自身のやりたいジャンルや目指したいレベルに合ったレッスンを受けることができ、目標に合わせて着実にレベルアップできるスクールです。

「どんなレッスンが受けられるのか見てみたい」「しらスタのボイトレレッスンに参加してみたい」というあなたは、

シアーのサイトから無料体験に申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

ボイトレレッスンを受けることで、独学では得られない技術やレベルアップへの鍵を見つけられるでしょう。

また、継続的にボイトレを受けることで、

友人や、同僚から

「いつの間にそんなに歌が上手くなったの?」

「いい声しているね!」

と称賛されることも期待できます!

このページで既に書きましたが、しらスタさんの特別講座は、シアーミュージックの会員を対象に募集が始まります。

募集が始まってから、入会するのではせっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。

ぜひ、しらスタさんの特別講座を受けるチャンスを見逃さないでください。

公式サイト⇒▼▼今ならしらスタさんの特別講座を受けるために、まずはシアーの無料体験に申し込む▼▼

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2022 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!