2021/06/21

Renegades(ONE OK ROCK)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

「るろうに剣心 最終章 The Beginning」の主題歌として書き下ろされた、ONE OK ROCKの「Renegades」。

Renegadesを直訳すると‘反逆者‘です。

映画にマッチしたエモーショナルな、素晴らしい楽曲ですね。

世界的に有名な「Ed Sheeran (エド・シーラン)」さんと共作というのも、話題のひとつですね。

どんどん世界へ広がっていく「ONE OK ROCK」を、カラオケで歌えたら、カッコいいですね。

しかし、こんな悩みをお持ちではないですか?

「英語が早口で歌えない…」

「とにかくキーが高いよ…」

「どうやって歌えばいいのか、わからない…」

やはり、音域も高いし、英語も難しい。

難易度は、かなり高い楽曲です。

ですが、歌えない曲は無いと思います。

なぜなら、どれも対応策はあるからです。

ポイントを抑えて、じっくり練習してください。

ONE OK ROCK(Renegades)の歌い方ポイント

  • 英語の発音をチェックする
  • どこにどんな歌唱テクニックが使われているのか確認
  • 和訳を知り、どんなことを歌っているのか知ろう

一度や二度、軽く練習しただけで、歌える楽曲ではありません。

だからこそ、歌いこなせた時には、称賛を浴びることになると思いますよ。

「すごい!」「ホントにかっこいい!!」そんな声があがることでしょう。

ポイントを抑えて、練習に励んでみてください。

Renegades(ONE OK ROCK)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

ONE OK ROCK「Renegades」Music Video

Renegades(ONE OK ROCK)の難易度は?

音域は、一般的な男性の音域からみても、高いです。

英語の発音も難しいですし、単語も詰まっていて、慣れないとかなり難しいです。

また、『Renegades』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:S

リズム:A

表現:S

全体的に見ても、かなり難しい曲でしょう。

音域は、あなたに合う音域に合わせてください。

英語は、これからの解説で、カタカナ表記していますので、実際に歌いながら確認してみてください。

Sponsored Link

Renegades(ONE OK ROCK)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiD(D5)

We could be the reneg「ades hiD(D5)」 ※2番サビ終了後の間奏とアウトロ

I’m here for you 「uh hiD(D5)」 uh uh ※裏声 

※「」が最低音です。

  • 最低音:mid1D(D3)

「I’ve lost mid1D(D3)」 my faith in this broken system

※「」が最低音です。

 

高音部分は、女性にとっては、歌いやすいキーかもしれません。

平均的な男性からみても、高い音域です。歌える音域を設定して、歌ってください。

詳しくは、後で紹介する「Renegades(ONE OK ROCK)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

・エッジボイス(”)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

Renegades(ONE OK ROCK)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

(ガラ ファゥィン マイ ソーゥ ア”ブ ロスマフェイシンディス ブウォケンシス/テーン

Got a fire in my soul I’ve” lost my faith in this broken sys/tem

(ガ― ラフォ マッ ホォゥム バッ/イフィ クウァイイズデェウェニワン リサ/ニン

Got love for my home But /if we cry is there anyone liste/ning

(ウェダ フォ/レン ジャネレィー⤴シェン ウィ ワナンノォーペン カンバセィー⤴シェン)

We’re” the for/gotten genera⤴tion We want an open coversa⤴tion

(フォロミ オンディス ウォウドゥ ユノウィ ガラ レッゴゥ

Follow me on this road You know we gotta let go

※Aメロでは、I’ve lost my faith in this broken system 「I’ve lost」の部分が最低音となります。

和訳

魂が燃えている この壊れたシステムには失望した

故郷は愛している でも この叫びは届かない

忘れられた世代 開かれた対話を求めて 共に進もう 解放しよう

ウィスパーボイスで抑揚をつける

ウィスパーボイスは、息混じりの囁くような声です。

雰囲気として、柔らかさを出すことが出来ます。

ですが、逆に力強さに欠けます。

これらのメリット・デメリットを上手く生かし、抑揚をつけてみてください。

アクセントの位置を把握し、力を入れすぎないように

英語の発音が、早口になる上に音程も高いという難易度。

どうしても、力みがちになってしまうのではないか?と、思います。

力が入り過ぎてしまっては、伸びやかさに欠けてしまいます。

ですから、区切る箇所を把握し、硬くなりすぎる歌い方を避けるように心がけてみてください。

しゃくりを入れる

「genera⤴tion」「 coversa⤴tion」の部分で、しゃくりを入れて、音程を引き上げます。

「ジェネレィー⤴ション」「カンバセィー⤴シェン」という感じで、母音の「ィ」を伸ばして、次の音へ上げていきます。

この2単語は、韻も踏んでいますので、同じような歌い方で良いでしょう。

 

しゃくりというテクニックに関しては、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

Renegades(ONE OK ROCK)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

(フォ オーロブダ タイムズダッディ セディッチムパシブォー)

For all” of the times That they said it’s impossible

(デイ ビゥダ ダードゥズ ダヲーゥズ アンダオブスティコーズ)

They built the hurdles, The walls and the obstacles

(ウァン ウィ トゥ/ゲダー ユノー ウィアンスト/ッパボーナーゥ)

When we’re to/gether you know we’re unstoppable now

和訳

彼らはいつも障害を作り ”それ”を不可能だと言う

でも一つになった 僕らは止められない

エッジボイスを使ってインパクトをつける

「For all” of the times」の「all」です。

「オ”」という感じです。

エッジボイスは、声帯を閉鎖して発声すると出ます。

声帯の振動音が「ガラガラ」とした音となって、出てくるんですね。

ONE OK ROCKのTAKAさんは、エッジボイスの使用頻度が高いです。

インパクトを付けるのに、適していると思いますので、使用してみてください。

 

エッジボイスというテクニックに関しては、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

ウィスパーボイスでリズムを少し後ろへ引っ張るイメージ

前半部分のウィスパーボイスの部分です。

若干、柔らかめに歌ってください。

そして、少し後ろへ引っ張るイメージです。

「彼らはいつも障害を作り ”それ”を不可能だと言う」 

歌詞の和訳を見ると、マイナスなイメージ、ネガティブな感じがしますね。

リズムを後ろへ引っ張ることで、このような印象を作り出せると思います。

 

ウィスパーボイスというテクニックに関しては、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

アクセントで前に押し出すリズムをつくる。

後半部分のアクセント部分です。

前半とは、真逆のイメージになります。

アクセント部分で、前に押し出すイメージです。

「でも一つになった 僕らは止められない」

「止められないんだ!!」という雰囲気を、しっかりとイメージしてください。

Sponsored Link

Renegades(ONE OK ROCK)の歌い方 サビの歌い方を解説

(アイム ナーラー /フウェーイドゥ トゥ テェイダナビリラパゲン)

I’m not af/raid To tear it down and build it up again

(イツ ナーラー フェィートゥ ウェッ/ クゥッ/ ビダレネゲェーィズ)

it’s not our /fate We /could /be/ the renegades

(アイム ヒ― フォユー アユー ヒァフォ ミートァ)

I’m here for you uh uh uh Are you here for me too?

(レッツ/ スターラー/ ゲーン ウェッ/ クゥッ/ ビダレネゲェーィズ)

Let’s /start a/gain↓ We/could/be/ the renegades

※サビでは、I’m here for you uh uh uh の1回目の「uh」の部分が最高音となります。裏声です。

和訳

僕は恐れない 破壊も再生も その運命をも拒む 僕らは反逆者だ

僕は君のためにいる 君は僕のためにいるのかい?

なら やり直そう 僕らは反逆者だ

区切ってリズミカルに歌う!

「not af/raid」この部分だけ発音すると「ナーラーフェイド」という感じの発音になっています。

「ノット アフレイド」と発音してしまうと、変ですね。

そして「フェイド」の前で区切ります。

「F」の発音は、「下唇を噛む」と教わりませんでしたか?

下唇を噛むと同時に、区切ってみてください。

「our /fate」も、同じです。

「F」の前で、区切ってください。

そして、この2つは、韻を踏んでいるので、同じような歌い方でオッケーです。

単語が詰まっているので、繰り返し発音することが大切

高音なうえに、英単語が詰まっているので、非常に難しいと思います。

まずは、発音を覚えてください。

発音は、最初はゆっくり。徐々に通常スピードまで上げていけば、大丈夫です。

慣れてきたところで、メロディーの練習に進んでください。

「発音」と「メロデイー」の、同時進行は、あまりおすすめ出来ません。

どちらか一方を、しっかりと身につけてから、次のステップへと進んでいくほうが、身につくのが速いと思うからです。

どの部分でも、同じことが言えますが、繰り返し何度も練習することが、大切になってきます。

繰り返し、練習していきましょう。

きっと上手に歌えるように、なってきますからね。

思いっきり歌おう!「怒り」を吐き出すように!

和訳を見てもらえたら、分かると思います。

メインの言葉は、題名にもなっている「反逆者」です。

「反逆者」が、優しいなんてちょっと違いますよね?

あなた自身「それはおかしいだろ?」なんてことを、イメージするとリアルな感じになるのではないでしょうか?

Sponsored Link

Renegades(ONE OK ROCK)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーを、ご紹介します。

最高音がhiD(D5)で、最低音がmid1D(D3)の「Renegades」は、女性にとっては、最低音が4音低いことになります。

ですが、4音も上げてしまっては、高音部分が出せなくなってしまう可能性があります。

低音部分は、流すくらいの気持ちで良いと思いますので、高音部分を目安にするのが良いでしょう。

0から+2くらいで調整してみてください。

 

男性にとっては、最高音が1音高いです。

ですが、高音部分が続くので、喉への負担が大きくなるかもしれません。

-2か-3くらいから調整してみてください。

多少余裕があるくらいで設定することをおすすめします。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

Renegades(ONE OK ROCK)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

非常に難易度の高いONE OK ROCK(Renegades)です。

感情的で、かっこよさを前面に押し出すように歌ってみてください。

歌詞が英語だということで、手を出しづらいかもしれませんが、発音もわかりやすく「カナ」表記していますので、参考にしてくださいね。

再度、ポイントを確認しておきましょう。

ONE OK ROCK(Renegades)の歌い方ポイント

  • 英語の発音をチェックする
  • どこにどんな歌唱テクニックが使われているのか確認
  • 和訳を知り、どんなことを歌っているのか知ろう

音が高いのは、キーを調整すれば、大丈夫です。

英語は、「カナ」を慣れるまで発音してください。

これで、歌えるようになりそうだとは、思いませんか?

日本語歌詞の楽曲より、ひと手間掛かりますが、歌えた時のインパクトは、何倍にもなります。

「すげー!!」「かっこいい!!」なんて、声が上がることでしょう。

実は、日本語より英語の方が、発声という観点から見ると歌いやすいと言われます。

思いもよらぬ成長に、繋がる一曲になることを願っています。

繰り返し何度も練習していきましょう!

録音して、自分の声を聴きながら練習すると、成長速度も上がりますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.