2022/02/21

シャウトとはどんな歌い方? 2種類のシャウトとは? 出し方のコツも解説!

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

シャウトしてるアーティストを見て、自分もあんな風に歌ってみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

ただ、普通とは違う声がしているし、どうやって歌ったら良いのか悩んでしまいますよね。

シャウトは基本的なことを理解すれば、意外に簡単に出せるようになります。

シャウトを歌に取りれることができれば「歌に迫力があるね」とか「こんな歌い方もできてすごい」といった反応を得ることもできます。

今回はシャウトとはどんな歌い方なのか、どうやってシャウトしたらいいのかについて解説していきます。

こんな人におすすめ

・シャウトってどういう意味か知りたい

・シャウトの歌い方を知りたい

・歌にシャウトを取り入れたい

シャウトができるようになることで自分の好きな歌が歌えることはもちろん、「かっこいい歌い方ができるなんてすごい!」とか「もっと歌ってほしい」という反応があると嬉しいですよね!

また、シャウトの出し方を身に付けるということは、歌を歌ううえでの高等なテクニックを習得しているということでもあるため、そういった反応を周りからもらいやすくなります。

 

ところで、シャウトを習得しようと練習している途中で、

「どうもうまくいかない」

「自分でうまくいっているかどうか判断できない」

という場合もあるかと思います。

そんなとき、シャウトを習得するのに一番早い方法が、専門のボイストレーナーに習うことです。

とはいえ「ボイストレーニングって、お金も時間もかかりそうだし、ハードルが高そう」と思っていませんか?

実はそうでもないのです。

ボイトレマニアが一番おすすめする「シアーミュージックスクール」というボイトレスクールでしたら、

初心者にも親切ですし、全国に校舎があり、プロのボイストレーナから比較的安価な値段でレッスンを受けることができます。

また、「ボイス&ボイストレーニングコース」と「カラオケコース」があり、

「ボイストレーニングはハードルが高い! カラオケがうまくなりたいだけ」

みたいな場合でも「カラオケコース」で専門的にカラオケの上達方法を学ぶことができます。

シャウトができるようになるだけでなく、歌全体の表現力が上がってより歌を楽しんで歌えている自分を体験したいあなたにはとてもおすすめです。

シャウトが完璧にできるようになり、一段上の歌唱力を身につけたいなら下記のリンクから詳しい内容を確認してみましょう。

公式サイト⇒▼▼シアーミュージックスクールがどんなスクールか公式ホームページで確認してみる▼▼

シャウトとはどんな歌い方?

歪んだ声で歌うテクニックの一つです。

シャウトには「大声で叫ぶ」という意味があり、迫力のある歌にしたり、激しさを表現するのにも使え、雰囲気を作りたい、または部分的に感情を高めたいという時にも使える歌い方です。

シャウトは声帯に負担をかける歌い方なので、練習のしすぎなど無理をしないようにして実践する必要があります。

2種類のシャウトとは?

シャウトは英語圏の場合、スクリームと呼ばれています。

そんなシャウト(スクリーム)には、主に2種類の歌い方があります。

フォールス・コード・スクリームフライ・スクリームです。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

シャウトの種類

・フォールス・コード・スクリーム

・フライ・スクリーム

フォールス・コード・スクリーム

シャウトの種類であるフォールス・コード・スクリームは、喉を開いた状態で強く息を通し声を歪ませます。

低い音域で太く唸るような声が特徴です。

低音で活用されるため、シャウトというよりもデスボイスとして捉えている方も多くいます。

フライ・スクリーム

シャウトの種類であるフライ・スクリームは、声帯を閉じた状態で息を通し声を歪ませます。

高音で活用し、声帯を閉じた状態で歌うため、少し詰まったような声になるのが特徴です。

シャウトというと、このフライ・スクリームを使った声をイメージされる方が多いでしょう。

シャウトの出し方のコツを解説!

シャウトとはどういったものか、ある程度知ったところで、次はシャウトの出し方のコツについて見ていきましょう。

シャウトは喉を痛めやすいので、練習をする際には無理をせず、リラックスを心がけながら行うようにしましょう。

フォールス・コード・スクリームの出し方

低音でシャウトしたい場合には、フォールス・コード・スクリームの出し方を覚えましょう。

まず、あくびをするようにして喉を開きます

そのまま、深いため息をするようにして、お腹をへこませながら息を強く押し出していきます。

声が歪まない場合には、吐き出す息にさらに勢いを持たせてみましょう。

喉や体に力を入れずにリラックスした状態で行うことがコツです。

フライ・スクリームの出し方

高音でシャウトしたい場合には、フライ・スクリームの出し方を覚えます。

まずは、エッジボイスを出せるようにして、高い音でも使えるようにしておきましょう。

そこに普通の声を足すようにして同時に出していくイメージです。

フォールス・コード・スクリームと同じように息の勢いを変えながら、歪み方を調整していきましょう。

慣れてくると、歪みの声を足したり減らしたりとコントロールできるようになります。

 

「このページのコツを見て何度練習してもシャウトがよくわからない」

「どうも難しくてできない」

「シャウトをうまく歌の中で使えているのか自分では判別しずらい」

という場合は、

プロのボイストレーナーに実際にあなたの発声を聞いてもらい、アドバイスをもらうのが、シャウトを歌の中で効果的に使えるようになる一番の近道です。

冒頭でもご紹介した「シアーミュージックスクール」では、シャウトのやり方はもちろん、

基本の発声の仕方、呼吸のトレーニング、歌の表現力を鍛えるボーカルレッスンまで、あなたの理想の歌声になれるようマンツーマンで導いてくれます。

もし、あなたがシャウトができるようになれば、歌の表現力が上がり、歌が大好きなあなたの生活がより楽しくなりますよ。

シアーミュージックスクールは、無料体験レッスンもできますし、勧誘もしつこくありません。

安全対策も万全ですので、例えば無料体験レッスンでシャウトのやり方をピンポイントで教えてもらうだけでもあなたの歌のレベルが一つ上がるのでお得ですよ。

「歌が上手くなりたい」と思った今がチャンスのときですので、下記のリンクから無料体験のスケジュールだけでも押さえておきましょう。

公式サイト⇒▼▼無料体験を今すぐ申し込んでシャウトをマスターしに行く▼▼

シャウトとはパワフルな歌い方の代表! 出し方のコツをつかもう

シャウトはパワフルな歌い方の代表のようなテクニックで、歌声をパワフルで迫力のあるものにすることができますが、大切なのはリラックスです。

力いっぱい歌うイメージのあるシャウトですが、力を余計に入れすぎては喉に負担がかかりすぎてしまうだけでなく、上手くコントロールできなくなってしまいます。

シャウトは声帯の開閉や息の勢いなど、細かい部分に気を使いながら感覚を得ていく必要があります。

出し方のコツを体で感じながら、無理をせず徐々にシャウトできるようにしていきましょう。

もっとシャウトの出し方を知りたいというあなたは以下も書いてみたので参考にしてみてください。

 

さて、ここまで読んでくれたあなたは「シャウトとはどんな歌い方か」についてかなり知識が付いたと思います。

しかし、シャウトを習得したとしても、今後、エッジボイスやミックスボイスといったテクニックの習得につまづいてしまう場合もあるかと思います。

そんなとき、独学よりも歌を習っている先生がいるととても心強いです。

どんなスクールに通ったら良いかわからないと思っていあるあなたには、

このページで何度かご紹介している「シアーミュージックスクール」の「ボーカル&ボイストレーニングコース」をやっぱりオススメしています。

レッスンは、2つのレッスン室に分かれてのレッスンができるので、時期的な問題にも、安心感がありますし、

約600名の在籍講師から自分に合ったジャンルの先生が選べるのも良いですね。

また、カラオケに特化して学びたければ、採点機能の攻略を教えてくれる「カラオケコース」もあるのでオススメです。

例えば、あなたがこっそりとシアーミュージックスクールに通って、歌が上達したあなたが久しぶりにカラオケに行きます。

突然上手くなったあなたの声に周りの友人や同僚は「どうしたの?」と驚きの声をあげる。

そんなことを想像するとワクワクしてきませんか?

 

「どれくらいボイトレに通えば歌が上手くなるの?」

という疑問はあるかもしれませんが、人それぞれペースもありますし、上達の速度は違います。

私の体験では、1年くらいボイトレに通うと、音程や声質が安定してきて、人から「うまいね」と言われることが多くなります。

そして、歌のコツがわかれば独学でもボイトレを続けることができます。

例えば19歳でボイトレに1年通うとその後、死ぬまでずっと「歌のテクニック習得に悩むことのない自分」でいられます。

例えば、80歳が寿命と仮定したら、60年間は歌う上での

「シャウトがどうもうまくできない」

「歌っていて音程が上手く取れない部分がある」

「歌っていてテンポが遅れてしまう部分がある」

みたいな悩みがなくなった状態でいられます。

これを先延ばしにして、24歳でボイトレに通うとしたら、「歌がうまい自分」は55年間です。

29歳では50年間。

39歳では40年間。

先延ばしにすればするほど、歌が好きな人にとっては、シャウトを始め、高度なテクニック身に付けた「歌ウマ」な期間が短くなり、損をすることになります。

できるだけ早くボイトレを受けて「表現力高く歌が歌えている自分」を手に入れちゃいましょう。

 

さてここまで読んで、シアーミュージックスクールに可能性を感じているなら、あなたがやることはたった3つです。

  1. 下のリンクからシアーミュージックスクールの無料体験に申し込む
  2. 無料体験当日をワクワクしながら待つ
  3. シャウトを習得したい曲を指定して歌い方を聞く(男性の場合はCross faithの『Davil’s Party』、女性の場合はThe AGONISTの『Business Suits and Combat Boots』がオススメ!)

「シャウトを歌の中で効果的に使えるようになりたい」

「歌のプロにマンツーマンで教わりながら、他のテクニックも身に付けたい」

と思っているあなたは、ぜひシアーミュージックスクールの無料体験レッスンに申し込んでみてください。

「今は入会するだけのお金がないし、そこまではハードルが高い」という場合でも、

無料体験レッスンで、シャウトの歌い方を聞くだけでも、あなたにとって収穫があることは間違いないので、

新しい自分の可能性に出会いたいアナタは下記リンクからアクションしてみてください。

公式サイト⇒▼▼無料体験を今すぐ申し込んでシャウトのやり方を学んでみる▼

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ボイトレマニア , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!