2020/02/06

シャウトのやり方は男女で違う? シャウトの出し方や上手な歌手と参考曲・男女4選!

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

シャウトを取り入れて歌いたいけど、やり方がいまいちわからないし、もしかしたら女だから出せないの?とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにシャウトをしている女性歌手は、男性歌手よりも少なく、何か特別なことが必要なのかと思ってしまいがちです。

シャウトは女性でも出し方さえ理解すれば、出せるようになるんです。

シャウトをマスターして歌うことで「かっこいい!」とか「どうしてそんな声がでるの?」といった反応を周りから受けることができるようになります。

今回はシャウトの出し方や参考にすべき男性歌手・女性歌手について、ご紹介していきます。

こんな人におすすめ

・シャウトで歌いたい!

・女でもシャウトできるか知りたい

・シャウトの参考になる曲が知りたい

もし、シャウトをマスターするために本格的に基礎から鍛え上げたい場合は、以下の本がとてもオススメです。

高い声で歌えるようになるための本ですが、シャウトの下地となるエッジボイス(ボーカルフライ)の練習法や、デス声の練習法も音源付きで触れられているためとてもオススメです。

また、今なら以下のリンクからebookjapanというサイトで購入すると初回ログインの人は半額で買えるのでこの機会に買ってみてはいかがでしょうか。

半額で良質な#ボイトレ本をゲットする

シャウトのやり方は男女で違う?

シャウトのやり方は男女共通です。

ただ、女性の方が声帯が短いために、男性よりもシャウトをするのが難しいという面はあります。

そして、声の質は個々の違いや男女でも違うため、イメージしているシャウトには近付けないかもしれません。

無理に練習すると喉を痛めてしまうので、まずは自分自身にしか出せないシャウトを身に着けていくことが大切です。

その辺をふまえて、シャウトの出し方を練習していきましょう。

シャウトの出し方(男性・女性共通)

シャウトは声に歪みの成分を混ぜる発声方法です。

シャウトの出し方を練習するまえに、エッジボイスについてもできるようにしておくと、感覚がわかりやすいでしょう。

エッジボイスは喉が開いている状態をしっかりと確認することができるので、、シャウトの技術的な基礎になります。

それから、力みすぎずにリラックスした状態、それに水などで喉を潤してからシャウトの出し方を実践していくことをおすすめします。

エッジボイスの練習方法はこの記事にも書いてありますので、参考にしてみてくださいね。

エッジボイスが上手い歌手男女3選! できない人へ練習方法、エッジの抜き方を伝授!

男性も女性もシャウトの出し方は一緒ですが、くれぐれも無理をせず、喉を休めながら実践していきましょう。

シャウトの出し方

・フォールス・コード・スクリームの出し方

・フライ・スクリームの出し方

フォールス・コード・スクリームの出し方

あくびをするように口を開いてみましょう。

この時、舌の根本のほうが下がって、喉仏を下に押し下げていることを確認してみましょう。

この状態が低域のシャウトを出すための体の状態です。

そして、口の形を「お」と発音する時の形にして、勢い良く息を吐き出していきます。

地声よりも下の音域を出すようなイメージを持つと出しやすいです。

上手くできない場合には、この状態から舌の先を丸めるようにしてみましょう。

フライ・スクリームの出し方

高音のシャウトをする際も、舌の根本を下げることが基本となります。

口の形は「え」と発音する時の形にします。

まずは軽く息を吐く程度で地声からはじめて、徐々に音程を上げていきます。

音程が上がりきったところの喉の感覚を何度か確かめながら、勢い良く息を吐き出してシャウトしてみましょう。

「イエ−!」とか「イヤー!」というように発音するとシャウトしやすいです。

また、頭の先から声が抜けるイメージを持って発声するようにしてみましょう。

シャウトが上手な歌手(男性・女性)と参考曲4選!

シャウトの参考になる男性・女性歌手をご紹介していきます。

Crossfaith|Devil’s Party

日本のラウドロックを牽引するCrossfaithは、激しいシャウトとヘヴィなサウンドが魅力のバンドで、海外でもフェスでメインステージに立つなどしています。

シャウト:フォールス・コード・スクリーム

ONE OK ROCK|One by One

ONE OK ROCKのTakaもシャウトを多用する男性歌手の一人です。

ミックスボイスなどでも名前があがりますが、テクニックがありインパクトのある声質を持っているボーカリストです。

シャウト:フライ・スクリーム

THE AGONIST|Business Suits and Combat Boots

女性歌手でシャウトというと、アリッサ・ホワイト=グラズをイメージする方も多いのではないでしょうか。

現在はARCH ENEMYのボーカルになっていますが、このTHE AGONISTも人気があり、クリーンボイスを絡めた歌い方に定評があります。

シャウト:フォールス・コード・スクリーム

Marmozets|Why Do You Hate Me?

オルタナティブ・ロックバンドのMarmozetsは、イギリスのバンドでパワフルなシャウトがありつつ、ポップさを感じさせる楽曲が特徴で、サマソニにも出演して来日しています。

シャウト:フォールス・コード・スクリーム

シャウトのやり方は男女同じ 上手な歌手を参考にしよう

女性の方が難しく感じてしまうことが多いかもしれませんが、コツさえつかんでしまえばシャウトを自分のものにすることも可能です。

シャウトの基本的な出し方は男性も女性も同じです。

シャウトを効果的に使っている歌手を参考にして、自分なりのシャウトを模索してみましょう。

 

また、デス声から高い声のシャウトまで幅広く習得したいときには冒頭でもご紹介した高田三郎さんの「高い声で歌える本」がオススメです。

まずは以下がこの本の目次なので見てみてください。

最初の画像の目次では発声のメカニズムと、よくやりがちな誤った発声・トレーニング方法についてとても詳しく書かれてあります。

実はここだけでもこの本を読む価値があるのですが、次の画像の目次に注目してください。

シャウトを出したい人には必須である、エッジボイス(ボーカルフライ)のトレーニングと、デス声トレーニング(赤枠部分)が音源付きで掲載されています。

また、発声については理論に基づいて本当に詳しく書かれているため、基礎を復習したい方や、高い声を習得したい方にもかなりオススメな本となっています。

ebookJapanというサイトで買うと今なら初回ログインで半額になります。

この本は2420円なので半額の1210円になりますね。かなりお得です。

歌が上手くなる人は自分の成長に間違いなくお金をかけています。

これを機会に1000円程度の投資を惜しまずに成長の糧(かて)にしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2019 All Rights Reserved.