2021/11/16

シャルル(バルーン)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

ボカロPであるバルーン(須田景凪)さんが作詞作曲したボーカロイド曲「シャルル」は、ボカロの代表曲と言われることも多い楽曲です。

YouTubeにある原曲の再生回数や歌い手さんによるカバー動画の多さ、カラオケランキングでも上位に入るなど、若者中心にとても人気のある名曲です。

今回解説させていただくのは、「シャルル」をバルーン(須田景凪)さん本人がカバーした、「シャルル/バルーン(self cover)」です。

原曲も本人によるカバーも素敵な歌に仕上がっています。

そんな大人気曲「シャルル」をかっこよく、素敵に歌いたいと考える方は多いのではないかと思います。

しかし、

「サビの音程が高すぎる…」

「バルーンのような力強くも優しい歌い方が出来ない!」

「歌っていると単調になってしまう。」

などと感じたことはありませんか?

そこでこの記事を通して「シャルル」を上手に歌うためのポイントをまとめ、紹介していきます。

「シャルル」の歌い方のポイントは次の3点です。

シャルル(バルーン)の歌い方ポイント
  • ウィスパーボイスで丁寧に歌えるようにしよう。
  • 地声、裏声、ウィスパーボイスの切りかえに注意しよう。
  • 速いリズムの中でも、音程を正確に取れるように練習しよう。

以上の3点とこれから解説するポイントを押さえて練習していけば、あなたもきっと「シャルル」(バルーン)を今よりずっと上手に歌うことが出来ます。

そして友人や知人から

「難しい歌なのにすごい!」

「感動した!」

「どうやって歌っているの?」

と言ってもらえるようになるでしょう!

また、練習を重ねていくことで歌の表現も広がり、別の楽曲に応用することもできます。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

シャルル(バルーン)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

バルーン「シャルル」Music Video

シャルル(バルーン)の難易度は?

シャルルはもともとがボカロ曲であるため、音程の上下がとても激しい楽曲になっています。

この曲全体を通して難しいポイントは、音程の上下にしっかりと付いていき、その上で様々な歌唱テクニックを使用するという点になるでしょう。

また、『シャルル』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、

S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:A

音程:S

リズム:B

表現:A

サビの高低差が激しいのがこの楽曲の特徴です。

それだけでなくAメロBメロの細かい音程の移動にも気を付けましょう。

リズムは速いですが、練習していくと意識せずとも付いていけるようになりますよ。

表現に関しては、いろいろな技術が使われているため一筋縄ではいかないでしょう。

いろいろなテクニックを、速いリズム、激しく音程が上下する中で使用するのがこの楽曲の一番難しいポイントになります。

Sponsored Link

シャルル(バルーン)の最高音と最低音は?

  • 最高音:HiC#(C#5)
青色の箇所がHiC#(C#5)で最高音です。

「愛をうたってうたっくもの上」

「濁りきっては見ないや」

「遠く描いてた日々を 語っかたってよ群れ」

「譲り合って何もないな」 ※2番のサビで登場します。こちらの記事の解説では登場しません。

  • 最低音:mid1#C(C#3)

1番Bメロの「空っぽでいよう それでいつか」の「か」

 

平均的な男性にとっても、女性にとっても少し高い音域になってくるので、

カラオケで歌う場合はキーを下げて歌うことをおすすめします。

詳しくは、後で紹介する「シャルル(バルーン)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

シャルル(バルーン)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

さよならはあなたから言ぃった

なのに頬を濡/らしてしぃ/まぁうの

そうやって昨日の事も/消してしまうなら もういいよ

笑って~

 

ウィスパーボイスを使いこなそう

一番Aメロはウィスパーボイスというテクニックを使い歌っていきましょう。

ウィスパーボイスを使うとは、「歌声に息を混ぜ優しく歌う」ということです。

Aメロにはウィスパーボイスから裏声に切り替える箇所があり、ウィスパーボイス→裏声→ウィスパーボイスと、ころころと声質が変わっていきます。

どちらかと言えば、裏声からウィスパーボイスに戻ってくる方が難しいと思います。

しかし、練習すれば必ず押さえられるポイントですので、まずはYouTubeでゆっくりと再生し、出来るようになれば原曲のスピードで練習してみましょう。

ウィスパーボイスというテクニックに関しては、バラードを歌う際や曲に変化を加える目的でよく使われるテクニックです。

ぜひ習得してもらいたいテクニックなので以下の記事も参考にしてみてくださいね。

「濡/らしてし/まうの」と言葉を区切り、リズムを付けましょう。

言葉を区切るだけでもあなたの歌の印象は変わりますし、リズムのある歌だと感じさせることが出来ますよ。

「もういいよ」のあとに息を吐いて終わるようにしましょう。

簡単にまねが出来て、なおかつ切なさを感じさせることのできるテクニックですので、ぜひ真似してみましょう。

Sponsored Link

シャルル(バルーン)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

抱えてあるぅいた 意もなくただ街を見下した

こうやっ/て理想の縁に/を置き去っ/ていく もういいか

k空っ/ぽでいhよう それでぇいつか 深い青で満/た/し/たのならどう⤴~だろう 

こん~な⤴風に悩めるのかなぁ⤴

※空っぽでいようの「か」がmid1C# (C#3)が最低音です。

 

アクセントをつけてリズムを感じさせよう

Bメロからは、地声でリズムを感じさせるように歌いましょう。

リズムを感じさせる方法として、このパートではアクセントと区切りを意識して歌いましょう。

アクセントを意識することでリズムを付けられるだけでなく、あなたの歌に抑揚をつけることもできますよ。

アクセントを付けるイメージとしては、該当する言葉を軽く押してあげるようなイメージになります。

フレーズの終わりにウィスパーボイスを使用する箇所があります。ここは少し難しいポイントになります。

厳密にウィスパーボイスで終わらなければダメというわけではありませんので、イメージは優しく着地するというイメージで歌いましょう。

しゃくりを効果的に使おう

「深い青で満/た/し/たのならどう⤴~だろう」の箇所は、しゃくりからからビブラートに移行しています。

最初はかなり難しいと思うので、ゆっくりと、繰り返し練習してください。

しゃくりというテクニックは意外と簡単に出来てしまうテクニックですが、効果的に使えている方は少ないです。

こちらの、しゃくりのコツや注意点などについてまとめた記事も参考にしてみてください。

Sponsored Link

シャルル(バルーン)の歌い方 サビの歌い方を解説

愛を~謳っ謳ってくの上

濁りきぃっ/ては見えないや/ 嫌嫌

遠く描いてぃた日々を 語っ語ってよの群れ

いがみ合ってきりがないな 否否

笑い合っ/てさよ/なら~

 

※以下が最高音HiC#(C#5)です。

・「愛をうたってうたっくもの上」の裏声部分(青い色の箇所です。)

・「濁りきっては見ないや」の裏声部分(青い色の箇所です。)

・「遠く描いてた日々を 語っかたってよ群れ」裏声部分(青い色の箇所です。)

地声と裏声の切り替えに注意しよう

サビは、高音が連続するパートです。地声から裏声への切り替えが難しいと感じるのではないでしょうか。

地声から裏声への切りかえとしてすぐに実践できるコツは、裏声に移行する前の声を、少し柔らかい声にするということです。

柔らかい地声と裏声は相性が良く、曲の中で接続しやすいという特徴があります。

まずは意識だけでも、急な裏声の前には柔らかい地声を使用してみましょう。

言葉を区切って抑揚をつける

リズムの速さと高音の多さに戸惑うパートです。

特に意識していないと、フレーズ全体が抑揚のないものに聞こえてしまいます。

言葉を区切ることで聞いている側にリズムを感じさせることが出来ますので、「言葉を区切る」と、意識して歌いましょう。

最後のフレーズは、ウィスパーボイスを使用しましょう。コツは、やわらかく着地するイメージすることです。

 

シャルルのサビは高音が連発するという特徴がありますが、むりやり歌って喉を傷めてしまってはいけません。

高音がでない、出しにくいといった悩みは歌を練習していれば必ず出てくるものです。

しかし、自分に合った練習をしていれば必ず高音も歌えるようになります!ぜひ、こちらの記事を参考に高音の練習をしてください。

Sponsored Link

シャルル(バルーン)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がHiC#(C#5)で、最低音がMid1C#(C#3)の「シャルル」(バルーン)は、

女性にとっては、最高音が3音低く、最低音が1音高いので、キーを-1から-3にするといいです。

男性にとっては、最高音は1音高く、最低音も1音高いので、

多少余裕を持って歌うために、キーを-2から-4にすることをおすすめします。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

シャルル(バルーン)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

お疲れ様でした!「シャルル」(バルーン)上手に歌うことが出来ましたか。

音域が非常に高く難しいポイントもあったと思います。

しかし、何度も練習することで一度はできなかったポイントが、徐々にですが確実に出来るようになってきますよ。

もう一度「シャルル」(バルーン)の歌い方をお伝えします。

シャルル(バルーン)の歌唱ポイント
  • ウィスパーボイスで丁寧に歌えるようにしよう。
  • 地声、裏声、ウィスパーボイスの切りかえに注意しよう。
  • 速いリズムの中でも、音程を正確に取れるように練習しよう。

以上の歌い方、解説に気を付けて歌えば必ず「シャルル」が上手に歌うことが出来ます。

また、他の楽曲に応用できるような歌唱テクニックが手に入ります。

そして友人、知人に

「歌上手いんだ、かっこいい!」

「すごい、感動した。」

と言われるように練習を重ねていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.