群青(YOASOBI)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを男性、女性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

小説を音楽にするユニット、YOASOBI。

今回は、青春漫画「ブルーピリオド」(山口つばさ)をもとに生まれた楽曲、『群青』です。

好きなことに没頭する青春の応援歌です。

大勢で歌う合唱のパートもあり、みんなで歌うと盛り上がりそうですね。

この『群青』を歌ってみたいけど、

「キーが高すぎて歌えそうにないな」

「音程が難しそう」

「歌い方のポイントを知って、上手く歌いたい」

などと思っていませんか?

この記事では、大きく次のポイントを中心に解説していきます。

群青(YOASOBI)の歌い方ポイント

  • 裏声を出すために、息継ぎをしっかりする。
  • 難しそうな音程の確認をする。
  • Aメロ、Bメロ、サビで歌い方を変える。

以上の3つのポイントと、これから解説する歌い方のポイントをマスターすれば、きっとあなたもこの青春ソングを気持ちよく歌い上げることができるでしょう。

そして、合唱や手拍子に参加した仲間から、

「感動した!盛り上がって楽しかった」

と感謝されることでしょう。

それでは解説していきます。

群青(YOASOBI)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

YOASOBI「群青」Music Video

群青(YOASOBI)の難易度は?

『群青』は、しゃくりやフォール、裏声などの表現のテクニックが曲中にちりばめられています。

さらに音程も難しく、よく確認して歌わなければならない箇所があります。

また、『群青』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:S

リズム:A

表現:S

以上のことから、音程、リズム、表現のどの項目も難しく、難易度が高い曲と言えます。

Sponsored Link

群青(YOASOBI)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiG#(G#5)〔裏声〕

2番の歌詞中にあります。

この記事には登場しません。

  • 最低音:mid1F(F3)

「こmid1F(F3)」れでいい

※「」が最低音です。

 

『群青』は、音域の幅が広く、平均的な男性にとっても、女性にとっても、高音部はとても高い音域になります。

女性にとっては低い音も出てきます。

カラオケで歌う場合は自分に合ったキーに調整して歌うことをおすすめします。

詳しくは、後で紹介する「群青(YOASOBI)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

エッジボイス

声帯を閉めて、ガラッとした音を出す部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

群青(YOASOBI)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

 

あぁ⤴vいつものようにぃ⤵v

すぎぃ⤵るひぃ⤵びにぃ⤴vくびが/でるv

さんざめくぅ⤴vよる/え/きょうも/

しぶぅ⤵やのまちにvさがぁ⤵ふるぅ⤵v

どこかvむなしいようなぁ⤵v

そんなきもちvつまらな/いなv

もそれぇ⤵でいいv

そんなもぉ⤵んさvこれでいいv

※「こ」れでいいの「こ」の部分がこの曲の最低音となります。

しゃくりとフォールを使う

しゃくりは、母音の音程を上げる歌い方で、フォールは、母音の音程を下げる歌い方です。

Aメロは、このしゃくりとフォールの表現がたくさん出ていきます。

母音を丁寧に歌うことが特徴です。

しゃくりとフォールのテクニックついてもっと詳しく知りたいなら、こちらの記事もお読みください。

音程を確認しながら歌う

音程に注意して歌う箇所がいくつかあります。

・1行目「いつものように」

・3行目「さんざめく」

・5行目「どこか」

・6行目「きもち」

原曲を大き目の音で聴いたり、倍速をゆっくり目で聴くなどして音程を確認してください。

ピアノが弾けるなら、音を確認しながら歌うと効果的です。

音程のとり方についてもっと詳しく知りたいなら、こちらの記事も参考にしてみてください。

ハッキリと発声する

くび

え/きょう

さがぁ

もそれぇ

言葉の頭をハッキリと発声します。

何という言葉を言っているのかわかるように歌います。

Sponsored Link

群青(YOASOBI)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

らずvしずvかくてたv

んとの/え/を/ひびか/て/よ/ほらv

ないvふりvしててもv

しかにこvにあるv

リズム感よく歌うためには

Bメロは合唱になっていて、手拍子が入り、リズミカルなメロディーです。

リズミカルな歌い方にするために、まずアクセントを意識してください。

「ほんとの/え/を/ひびか/て/よ/ほらv」

区切って歌うところ(/)を「こっえっをっ ひびかせってっよっ」と、スタッカートをつけるように歌います。

すると、さらにリズム感よく歌えます。

Sponsored Link

群青(YOASOBI)の歌い方 サビの歌い方を解説

ぁー かんじたvままにvえがくv

じぶんーでえらーんだそのいろでv

眠いvくうきvまとうvあにv

とずれたあおいせかいぃ

すきなvものをvすきだvとゆうv

こわくーてしかぁ⤴たなぁいけどv

ほんとうのvじぶんv

であえたきがしたんだ

出だしの「あぁー」の歌い方

Aメロの出だしの「あぁ」は、ウィスパーボイスのように発声しますが、サビの出だしの「ぁー」は、裏声で、大き目の声で伸ばして歌い、サビの盛り上がりが始まるのを感じさせるように歌います。

始めはエッジボイスで、その後裏声という高度なテクニックですが、挑戦してみてください。

エッジボイスは、声帯を閉めて、ガラッとした声を出すテクニックです。

エッジボイスについて詳しく知りたいなら、こちらの記事も参考にしてみてください。

裏声とブレス

高音のフレーズが続きます。

高音を出すにはたっぷりと息を吸うことが大事なので、ブレスの場所(v)で息継ぎをしてください。

このブレスの場所で息継ぎをすることによって、リズムも作っています。

『群青』は、キーがとても高いので、キー設定をしても高くて出せない場合、裏声で歌う箇所以外でも、裏声を使ってもいいと思います。

裏声と高音の出し方についてもっと詳しく知りたい場合、こちらの記事も参考にしてみてください。

・音程に注意する箇所

3行目の「まとうvあさに」

Sponsored Link

群青(YOASOBI)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

『群青』は、音域の幅が広いので、高音や低音が出ない場合があるかもしれません。

目安としてのおすすめキーを紹介します。

最高音がhiG#(G#5)【裏声】で、最低音がmid1F(F3)の「群青」は、

男性にとっては、最高音は8音も高く、最低音は音5高いので、

キーを+4(1オクターブ下)にすることをおすすめします。

最低音が平均より下になりますが、男性にとっては高音を平均に合わせた方が歌いやすいかと思います。

女性にとっては、最高音が4音高く、最低音が2音低いです。

どちらかというと高音が得意ならキーを-2、

どちらかというと低音が得意ならキーを-4くらいにするのをおすすめします。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

群青(YOASOBI)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

最後に『群青』(YOASOBI)の歌い方のピントをまとめました。

群青(YOASOBI)の歌唱ポイント

  • 高音か低音かどちらか得意な方に合わせてキー設定をする。
  • 高音や裏声を出すために、正しい位置でブレスをする。
  • 音程が難しい箇所を確認しておく。
  • しゃくりやフォールのテクニックを使う。
  • Aメロ、Bメロ、サビの歌い方の違いを意識して歌う。

以上のポイントを参考に、ぜひ歌ってみてください。

Aメロをテクニックを使ってしっとり歌い、Bメロとサビをリズム感よく、盛り上がって歌えるととても気持ちいいですよね。

そんな風に『群青』を歌いこなしたあなたは、周りの人から

「上手に歌ってくれるから、楽しく盛り上がれた!」

と言われて感謝されるでしょう。

ぜひ思いを込めて、あなたの青春を歌い上げてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.