2021/12/11

一瞬で歌が上手くなる方法5選!10秒〜30分で速攻使えるカラオケのコツ

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、今から一瞬で歌がうまくなるために、急にカラオケに誘われたとしても10秒~30分ですぐに使えて、速効効果がある5つの方法をご紹介していきたいと思います。

急にカラオケに行くことになってしまい、

「歌に自信がない」

「歌が下手なので笑われてしまうのではないか」

「人前に立って歌うと緊張してしまい嫌だなぁ」

など不安なことがたくさんあり、

「何かいい方法があればすぐ実践したい」と思っているあなたに朗報です。

この記事を読めば一瞬で歌が上手くなる方法、歌うための必要な知識を得て、カラオケで思うように歌えるようになります。

これらが一瞬で歌が上手くなるための方法5選です。

一瞬で歌が上手くなる5つの方法
  1. 喉をなるべく温める(冷やさないようにする)
  2. 胸はなるべく開いて(沿って)歌うようにする
  3. 立って歌う
  4. 鼻呼吸にする(腹式呼吸という)
  5. リラックスして歌う

なぜ10秒~30分かというと、1番以外は、この記事を読んで意識すればすぐ実践できることだからです。

1番はカラオケで温かい飲み物注文しても来るまでに10分くらいはかかってしまいます。遅くても30分もあれば来るでしょう。

外にドリンクバーがあれば10 秒で温かい飲み物の準備もOKですので、10秒から30分なのです。

 

そんな一瞬で歌がうまくなる方法をこれから詳しく紹介していくのですが、

あなたのこれからのカラオケライフを長期的に見ると、専門のボイストレーナーに習って揺るぎない基礎を手に入れてしまうのが早いと思いませんか?

ここまで読んで、

「いや今は一瞬でうまくなる方法だけ知りたいんだ」

「ボイストレーニングってライブとかやる人が習うものじゃないの?」

「カラオケ好きなだけでボイストレーニングなんて大げさだよ」

と思っていませんか?

 

ところが、これから紹介する一瞬で歌がうまくなる方法は、いわゆる「対処療法」です。

体調が悪い時に薬を飲むようなもので、体調をずっと長期的に良くしてくれるものではありません。

専門のボイストレーナーに習うことで、歌がうまい状態が今後ずっと続いたら素敵だと思いませんか?

そんな、状態を手に入れるために、大手のボイストレーニングスクールには「カラオケコース」というものがあります。

カラオケを上達させるための専門の技術がここで学べるのです。

例えば、専門のボイストレーナーだからこそ知っている

「採点機能の特徴と攻略の仕方」や「正しいマイクの使い方」

なんかもみっちり教えてくれます。

普段友達や同僚と行くカラオケであなたがいきなり美声を披露し始めたら、「どうしちゃったの?」と一目置かれること間違いありません。

そんなあなたをカラオケの達人に導いてくれる学校が「シアーミュージックスクール」というボイトレスクールです。

「無料体験を申し込む」ということも「一瞬」とは言えないまでも5分もあればできることです。

気になった人はぜひ無料体験を申し込んで、自分の歌唱力の変化を体感してみましょう。

公式サイト⇒▼▼無料体験を今すぐ申し込んでカラオケコースを試してみる▼▼

 

以下が一瞬で歌が上手くなるための方法5選です。

一瞬で歌が上手くなる方法5選①:喉を温める(冷やさない)

まず、喉をできるだけ温めるように意識しましょう。

喉を温めることによって、声を出すための声帯の筋肉がやわらかくなり、とても声が出やすくなります。

また、リラックスされて緊張がほぐれる効果もあります。

ですので、一瞬で歌が上手くなるために、冷たい飲み物よりは温かい飲み物を飲むように意識しましょう。

特に、食べ物や飲み物に「生姜」などの成分が含まれており、血行が良くなり体が温まりやすくなるものを取り入れるのがおすすめです。

喉を温めて声帯を柔らかくておくこと、また、方法その5でも書いていますが、

体を温めてリラックスすることが一瞬で歌が上手くなる方法の1つになりますのでよく覚えておいてください。

一瞬で歌が上手くなる方法5選②: 胸を開く

これは服をはだけさせろという意味ではありません(笑)

胸を開く方法を紹介します。

肩をぐっと後ろに肩甲骨と肩甲骨を合わせてるように引いて、それからストンと下に腕を下ろします。

これが胸が開かれた状態です。

この状態を保つと、肺に空気が入りやすくなり、歌うための呼吸がしやすくなります。

よく、声をたくさん出そうとして体をひねったりふんばったりして、胸周りの筋肉に力が入ってしまい胸を大きく張れていない人、また、背中が丸まっている状態の人を見かけます。

しかし、これでは本来、肺に入るはずの空気が入りにくくなり、本領を発揮できません。

一瞬で歌が上手くなるには、とにかく胸を開いて、肺に空気がたくさん入るようにして、声が出る体の状態を作っておくことが重要となってきます。

つまり、一瞬で歌が上手くなるためには、胸を開いて姿勢を正すことが大事なのですが、この姿勢にもメリットがあります。

それは、胸を開いている姿勢をすると人から自信があるように見えることです。

人は小さな声で自信なさげに歌っているよりも、なるべく大きな声で自信持って歌っている人のほうがとても上手に感じます。

これだけで全然違いますので、ぜひ試してみてください。

 

歌うときの姿勢や体の状態については、他にも「肩が上がって胸で息をしていないか」「喉に力が入っていないか」

というようにチェックポイントがいくつかあるのですが、自分ではなかなか気付きずらい部分もあります。

そんなとき、専門のボイストレーナーに習い、歌うときの姿勢をチェックしてもらうことで

姿勢がビシッと決まるようになり、発声も格段に良くなるでしょう。

カラオケだけでなく普段の仕事でも「声が良くなったね」などと言われることも多くなる可能性もあります。

「シアーミュージックスクール」というボイトレスクールでは、カラオケの上達を専門としている「カラオケコース」というコースがあります。

専門のボイストレーナーがカラオケの上達方法を手取り足取り教えてくれるのです。

普段カラオケを趣味にしているあなたは、実はきちんとした「ウォーミングアップ」や「発声練習」とはどんなものか知らないのではないでしょうか。

シアーミュージックスクールのカラオケコースでは、

歌が一瞬で上手くなるための「ウォーミングアップ」や「発声練習」、さらには、あなたのレベルに合わせたアドバイスをマンツーマンでみっちりしてくれます。

こうして、プロの講師とマンツーマンでカラオケの上達方法を学べば、普段一緒になんとなくカラオケに行っている人たちとは間違いなく差が付くことでしょう。

今ならこのカラオケコースが無料で体験できるので、まずは申し込んでどんなものか自分の目で確かめてみても良いのではないでしょうか。

公式サイト⇒▼▼無料体験を一瞬で申し込んでカラオケコースがどんなものが確かめてみる▼▼

 

一瞬で歌が上手くなる方法5選③:立って歌う

先ほどの胸を開いて声を大きく出やすくするという内容に似ているのですが、

座って歌おうとすると立って歌うよりも胸が開く状態が難しいうえに、

声帯の筋肉も多少縮小しますので、本来出るはずの声が出にくくなります。

また、座っている状態では、歌う訓練をしている人を除いて、下腹部に力を入れにくく弱々しい声になってしまいやすくなります。

そのため、一瞬で歌が上手くなりたいのであれば、まず立って姿勢を正し、次にお腹の支えを意識して、声が出やすくなるようにすることが大切です。

また、お腹の支えを意識することは、高い声や安定した声を出すことにつながります。

一瞬で歌が上手くなる方法5選④: 鼻呼吸で歌う

歌っているとき、口で息を吸うよりも実は鼻で息を吸う方が腹式呼吸になりやすいのをご存知でしたか?

ですので、一瞬で歌が上手くなる方法の1つは、鼻で息を吸うことです。

肺には胸腔という部分があり、この胸腔にできるだけ大きく空気を取り入れたいのです。

そして、胸腔に空気をたくさん取り込むためには、鼻から大きく息を吸ってなるべく胸腔を動かさないようにし、胸腔に空気を取り込みます。

お腹が少し膨らむような呼吸になっていれば成功です。

これを腹式呼吸といい、この呼吸方法ができることによって、声帯の幅と吐き出す呼吸の量のバランスが見事にコントロールでき、綺麗な声量のある声へとつながります。

けれど、きっと早いフレーズを歌うときは鼻呼吸で息を吸うと間に合わなくなるはずです。

腹式呼吸に慣れてきたら、口で息を吸ってもお腹が膨らむような腹式呼吸になることを意識してみてくださいね。

一瞬で歌を上手くするためには、まず鼻で息を吸って腹式呼吸にしてみましょう。

一瞬で歌が上手くなる方法5選⑤:リラックスして歌う

一瞬で歌を上手くなる方法として大切なことに、「リラックスをする」ということが挙げられます。

なぜかというと、緊張すればするほど全身に無駄な力が入り、出せるはずの声が出せなくなってしまうからです。

特に首や肩に余計な力が入っていると、声が出にくくなります。

上手く歌うことを気にせずにノリノリで歌っている人を見るのは割と楽しいものです。

思い切って歌うことを楽しみながら、リラックスして歌ってみませんか。

また、リラックスして歌い終わった後はとてもさわやかな気持ちになりますし、次に歌う人も歌いやすくなります。

緊張せずリラックスして歌うことは、先に紹介した4つの歌を上手くするコツも実践しやすくなりますので意識してみてください。

一瞬で歌が上手くなる方法5選と10秒~30分で速攻使えるカラオケのコツまとめ

一瞬で歌が上手くなる方法は、ここまで紹介してきた5つのコツを意識して歌うことです。

これらを意識しないで歌うのと意識して歌うのでは全く違うので試してみてくださいね。

また、今回紹介した歌が一瞬でうまくなるための5つのコツの他にも、カラオケの上達にはまだまだコツがたくさんあります。

それは「採点機能の攻略」や「マイクの正しい使い方」「歌う時の姿勢や発声」などです。

これらについて、やはり知識のある専門のボイストレーナーに習うのと、独学で習うのとでは上達するまでの期間に大きく差がついてしまいます。

そして、声の専門家にマンツーマンで習う大きなメリットとして、

自分で気付かない歌うとき悪い癖や、さらには自分の声の良いところをアドバイスをもらいながら伸ばしていけます。

 

「シアーミュージックスクール」カラオケコースでは、300時間以上の研修を突破したプロのボイストレーナーが、

カラオケの上達のコツについてあなたにマンツーマンで詳しく教えてくれます。

例えば、あなたがこっそりとシアーミュージックスクールに通って、歌が上達したあなたが久しぶりにカラオケに行きます。

突然上手くなったあなたの声に周りの友人や同僚は「どうしたの?」と驚きの声をあげるでしょう。

 

「どれくらいボイトレに通えば歌が上手くなるの?」

という疑問はあるかもしれませんが、人それぞれペースもありますし、上達の速度は違います。

私の体験では、1年くらいボイトレに通うと、音程や声質が安定してきて、カラオケで「うまいね」と言われることが多くなります。

「えっ!? 一瞬が一年になった!」

と驚くかもしれないですがこれまで紹介してきた一瞬で歌がうまくなる方法は、いわゆる「対処療法」です。

体調が悪い時に薬を飲むようなもので、体調をずっと長期的に良くしてくれるものではありません。

しかし、専門のボイストレーナーに習うことでずっと歌が上手い状態が続いたら、「一瞬で歌がうまくなる方法」と検索することもなくなるのです。

 

そして、一回専門のボイストレーナーに1年習って歌のコツがわかれば、その後は独学でもボイトレを続けることができるのでコスパも良いです。

例えば19歳でボイトレに1年通うとその後、死ぬまでずっと「カラオケがうまい自分」でいられます。

例えば、80歳が寿命と仮定したら、60年間はカラオケでの

「音を外して恥ずかしい思いをしたらどうしよう」

「好きなのに上手く歌えない」

「一瞬で歌がうまくなりたい」

みたいな悩みがなくなった状態でいられます。

これを先延ばしにして、24歳でボイトレに通うとしたら、「カラオケがうまい自分」は55年間です。

29歳では50年間。

39歳では40年間。

先延ばしにすればするほど、カラオケと歌が好きな人にとっては、「カラオケがうまい」、「歌ウマ」な期間が短くなり、損をすることになります。

できるだけ早くボイトレを受けて「カラオケがうまい自分」を手に入れちゃいましょう

 

さてここまで読んで、シアーミュージックスクールが気になっているあなたがやることはたった3つです。

  1. 下のリンクからシアーのカラオケコースの無料体験に申し込む
  2. その日までに課題曲や聞きたいことを決めておく
  3. 無料体験を十分に楽しんで、入会するかどうか決める

「ワンランク上のカラオケマスターになりたい」

「カラオケで人気者になりたい」

と思っているあなたは、ぜひ無料で体験できるシアーミュージックスクールのカラオケコースに申し込んでみてください。

公式サイト⇒▼▼ワンランク上のカラオケマスターになる第一歩はコチラ▼▼

 

 

また、さらに歌について色々知りたい人は、このWEBメディアに基礎練習やテクニックのことをたくさん書いているので参考にしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ボイトレマニア , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!