おもかげ(milet×Aimer×幾田りら)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

シンガーソングライターであるmilet、Aimer、幾田りらのコラボレーション曲として発表された『おもかげ』

今回紹介する楽曲『おもかげ』を作詞作曲したのは若者を中心に人気を集めているVaundy。

Vaundyが手掛けた聞いているだけで体が揺れてしまうような楽しげな曲調に、今をときめく人気アーティスト3人の歌唱力が合わさってとても魅力的な楽曲になっていますね!

あなたはこの『おもかげ』を魅力的に歌いたい、人に褒められるくらい上手に歌いたいと思ってはいませんか?

しかし、

「ころころと変わる声質に対応できない」

「3人のアーティストがどのような歌い方をしているのか知りたい」

「自分に合ったキー設定を知ってもっと上手に歌いたい」

などと感じたことはありませんか?

そこで今回は、「おもかげ」を上手に歌うためのポイントをまとめました。

「おもかげ」の歌い方のポイントは以下の3つです。

milet×Aimer×幾田りら(おもかげ)の歌い方ポイント
  • 各シンガーの特徴を押さえて歌おう
  • ウィスパーボイスやアクセントなどの歌唱テクニックを使って歌おう
  • しゃくりやフォールの細かい音程移動に気を付けよう

この記事を通して、『おもかげ』を練習すれば、友人や知人から、

「歌が上手だね」

「難しい歌なのにすごい!」

と言われるようになるでしょう。

また、練習を重ねていくことで別の楽曲に応用できるようなテクニックを習得することも出来ます。

ぜひ、最後まで読んでみて下さい。

 

「おもかげ」は音域が広く、使われるテクニックが多用なため、なかなか上手く歌うことが難しいと思う場合もあると思います。

そんなときは独学で上手く歌えるようになるのを目指すよりも、プロのボーカルトレーナーに習ってしまうのが一番手っ取り早いです。

でもそうは言っても、

「ボイストレーニングってライブとかやる人が習うものじゃないの?」

「カラオケ好きなだけでボイストレーニングなんて大げさだよ」

と思ってしまってなかなか一歩踏み出せない。

という気持ちもよくわかります。

そんなあなたには、シアーミュージックスクールがオススメです。

初心者にも親切ですし、全国に校舎があり、プロのボイストレーナから比較的安価な値段でレッスンを受けることができます。

また、「ボイス&ボイストレーニングコース」と「カラオケコース」があり、

「ボイストレーニングはハードルが高い! カラオケがうまくなりたいだけ」

みたいな場合でも「カラオケコース」で専門的にカラオケの上達方法を学ぶことができます。

もちろん、「おもかげ」を指定して、歌い方をプロのボイストレーナーがマンツーマンで丁寧に指導してくれます。

「おもかげ」を上達させるための専門の技術がここで学べるのです。

例えば、専門のボイストレーナーだからこそ知っている

「楽な声の出し方」や「音域の広げ方」、「リズム感が良くなる方法」

なんかもみっちり教えてくれます。

普段友達や同僚と行くカラオケであなたがいきなり美声を披露し始めたら、 「どうしちゃったの?」と一目置かれること間違いありません。

「おもかげ」をかっこよく歌いこなしたいなら、まずはシアーミュージックスクールの公式ホームページから自宅から最寄りの校舎を探してみましょう。

公式サイト⇒▼▼自宅近くのシアーミュージックスクールを公式ホームページで探してみる▼▼

 

おもかげ(milet×Aimer×幾田りら)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

milet×Aimer×幾田りら『おもかげ』の Music Video

おもかげ(milet×Aimer×幾田りら)の難易度は?

『おもかげ』は女性シンガーの中でもトップクラスの歌唱力を持った3人が交互に歌うように構成されている曲です。

そのためこの楽曲を完璧に歌いこなすのは難しいかもしれません。

音域も1オクターブ以上と広く、発声や使われているテクニックも多種多様です。

しかし、その分勉強になることも多い一曲となっているので、練習する価値は十二分にありますよ!

また、『おもかげ』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:A

音程:A

リズム:A

表現:A

音域は広いですが、キーを調整することで対応可能だと言えます。

この楽曲を歌う上で難しいポイントとなるのはしゃくりやフォールなどの細かい音程移動が多発するところでしょう。

その上でウィスパーボイスなどの発声を変えて歌ったり、アクセントなどのテクニックに気を使いながら歌ったりしなければなりません。

かなり意識することの多い一曲となっていますが、根気強く少しづつ練習を積んでいきましょう。

Sponsored Link

おもかげ(milet×Aimer×幾田りら)の最高音と最低音は?

  • 最低音:mid1D#(D#3)

1番Aメロ きみのことは「わ」かるから

2番Aメロ なん「て」悲しみ「が積」もったときも

※「」部分が最低音です。

  • 最高音:hiC#(C#5)

イントロ 「Feel」 like feel like 「Feel」 like leaving it to the flow

サビ 見せない「愛」で満たしてる 本当

※「」部分が最低音です。

※音域(lowlowFからhihiE(4.9オクターブ))の図※

  • 最高音:hiC#(C#5) → 青色
  • 最低音:mid1D#(D#3) → ピンク色

男性はmid1Aからmid2Gが平均的な音域で、

女性はmid1FからhiDが平均的な音域です。

 

平均的な男性にとっても、女性にとっても少し高い音域になってくるので、

カラオケで歌う場合はキーを下げて歌うことをおすすめします。

詳しくは、後で紹介する「おもかげ(milet×Aimer×幾田りら)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。じっくり本で学習したいなら、以下も参考にしてみてくださいね。

おもかげ(milet×Aimer×幾田りら)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

 

Feel like Feel like Feel like leaving it to the flow⤵

もう 何も⤴⤵見えないふりをしていた~(v)

悲しみが~(v)見えすぎたから~⤵(v)

影も僕を見ていた~(v)

君のことは(v)わかるから~

※ きみのことは「わ」かるから 「」がmid1D#(D#3)で最低音です。

Aメロの歌い方

Aメロを主に歌っているのはシンガーソングライターのAimer。

滑らかな発声と透き通ったような声質を持った女性シンガーですね。

AメロではAimerの歌い方を参考にして練習するようにしましょう。

今回はAimerの歌い方の中でも特に、ウィスパーボイスとビブラートというテクニックに注目して解説していきます。

全体的に優しく歌う意識を持って、練習をしていきましょう!

ウィスパーボイスの感覚をつかもう

AメロでのAimerの歌い方について、まず初めに触れておきたいのはウィスパーボイスという発声方法です。

ウィスパーボイスとは、いつもの歌声に息を多めに混ぜて発声する歌唱テクニックのことを指します。

ウィスパーボイスを習得すれば様々な楽曲で使うことが出来る便利で奥が深いテクニックです。

まだウィスパーボイスの感覚が掴んだことがないという場合は、ここでその感覚をつかんでおきましょう。

下の記事を参考にウィスパーボイスの発声方法をつかみましょう!

ビブラートを使って歌おう

もう一つAimerの歌い方の特徴として取り上げたいのはビブラートというテクニックです。

この楽曲ではビブラートという声を揺らすテクニックが要所要所で使用されていますね。

Aimerのビブラートは波がとても細かく聞いただけで真似するのはかなり難しいかと思います。

しかし、ビブラートというテクニック自体は練習次第で誰でも確実に習得することの出来るテクニックです。

Aメロを練習する時は、フレーズの最後にビブラートをかけることを意識して歌い、あなたの歌のレベルをさらに上げましょう!

Sponsored Link

おもかげ(milet×Aimer×幾田りら)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

失⤴く⤴した⤵こと⤵で な⤴が⤴れ⤴着いた⤵

「な」によりもぅ、ほんとのこと「ぉ」⤵

 

Bメロの歌い方

『おもかげ』のBメロを主に歌っているのは東京オリンピックでもその歌声を披露したmilet。

洋楽譲りの独特な発声と伸びの良い高音が特徴な女性シンガーですね。

BメロもAメロと同じようにmiletの歌い方を参考にして練習すると上達が速いでしょう。

ここでのmiletの歌い方で注目するのは、細かい音程移動とがなりを使った歌唱方法です。

Bメロは短いフレーズですがmiletの歌唱力が高いため歌いこなせるようになるにはそれなりの時間を要するでしょう。

根気強く練習していきましょう!

しゃくり、フォールというテクニックに注意して練習しよう

Bメロでは、音程移動のテクニックとしてしゃくりとフォールというテクニックを学んでいきましょう。

しゃくりとは、音程を下からすくい上げるようなテクニックのことです。

フォールとは、音程を徐々に下降させるようなテクニックのことを指します。

この2つのテクニックについて、簡単に出来ると言う印象を持っている場合も多いのではないでしょうか。

しかしこれらのテクニックも正しく使うことが出来なければ、

「音程が正しく取れていない」「なんだかくどい歌い方をする人」

という印象を与えてしまうことのあるテクニックです。

ここでは下の2つの記事を参考にしゃくりとフォールを使えるようになりましょう。

がなりを入れてフレーズをかっこよく彩ろう

miletの歌い方の中で特筆すべきテクニックはがなりを使った歌唱でしょう。

がなりとは、地声にノイズを混ぜたような発声方法のことを指します。

この発声はじりじりとした音が特徴的な発声で、フレーズの中で感情表現を担ったり歌の雰囲気を変えるスパイス的な役割を担ったりする発声です。

まずは原曲をよく聞きいてmiletの真似から練習を始めましょう!

エッジボイスの感覚をつかむのはそれほど時間はかからないと思いますので、楽しみながら習得してください!

Sponsored Link

おもかげ(milet×Aimer×幾田りら)の歌い方 サビの歌い方を解説

 

僕らは⤵ こうして⤵ どこにも⤴⤵

見せないしてる 

僕らは いつの日も⤴⤵

見えない愛でしてる 本

Feel like Feel like Feel like leaving it to the flow⤵

※ 見せない「愛」で満たしてる 本当 「」がhiC#(C#5)で最高音です。

サビの歌い方

一度聞いたら頭から離れないかっこよくて、とてもおしゃれなサビですね。

このサビで意識して欲しいことはフレーズ終わりのフォールとアクセントです。

フォールはBメロの解説でも取り上げたテクニックですので、場合に応じてそちらを確認してください。

サビの音域はかなり高いため男性が地声で歌いこなすのにはかなりの苦労が感じられるでしょう。

おしゃれで難しいサビを歌いこなせるように、練習を繰り返していきましょう!

アクセントを正確に取って歌おう

サビで必ず意識してもらいたいのは、アクセントを正確に取ることです。

アクセントを正確に取ることであなたの歌にリズムや強弱、抑揚が生まれ聞いている人をワクワクさせることが出来ます。

アクセントのコツはアクセントのマークがついている箇所を押し出すように歌うことです。

アクセントのマークがついているからと言ってがむしゃらに発声すればよいと言うわけではないのことを頭の片隅に置いておいてください。

自然にアクセントが取れているか、自分の歌声を録音して確認することも忘れずに行いましょう。

高音に注意して歌おう

このサビでは裏声は使われていませんが最高音はhiC#(C#5)と高いですね。

hiC#(C#5)が登場するフレーズは「見えない愛でしてる」というフレーズの「愛で」の部分になります。

高音にアクセントが加わっているため、発声するのは難しいかもしれませんが、まずは音程を正確に取るように意識しましょう。

場合によっては裏声で歌ったりキーを下げたりして対応することをおすすめします。

原曲をゆっくり再生して、正確に音程を取れるように練習するのもおすすめですよ!

もしもあなたが、裏声の出し方が分からないと感じている場合は下の記事も参考にして下さいね!

 

もし、「上の内容を読んでもなかなか上手く歌いこなせない」

という場合は、プロのボイストレーナーに習ってしまうのが上達の近道です。

サビは特に難しいので、

あなたが「いやいや。ボイストレーナーに習うなんてまだ早いし、ハードルが高い」と思う場合でも、

ボイトレスクールの無料体験を申し込んでそこで、「おもかげ」のサビの部分だけをみっちりアドバイスをもらうだけでも効果ありだと思います。

例えば、「僕らは⤵ こうして⤵ どこにも⤴⤵ 見せないしてる 」の部分のテクニックが正しく使えているか、音程が正確かどうかがわからない場合、

専門のボイストレーナーとマンツーマンならば、伴奏をゆっくりめにしつつ、しゃくりやフォールをきちんと使えているか、音程を正確に取れているかを先生に確認してもらいながら着実に進めることができるのです。

そして、無料体験をするのにオススメのボイトレスクールが、

冒頭でも紹介していましたシアーミュージックスクール「ボーカル&ボイストレーニングコース」です。

このコースでは、呼吸、発声のトレーニングから、歌の表現力を鍛えるレッスンまで、あなたの理想の歌声になれるよう導いてくれます。

また、カラオケでの歌い方をもっと詳しく知りたい場合には「カラオケコース」というコースもあり、あなたのニーズに合わせてコース選択できるのも嬉しいですね。

まずは下記リンクから無料体験を申し込んで、かっこよく歌いたいサビの部分だけでも上達させてみませんか?

「歌が上手くなりたい」と思った今がチャンスのときですので、下記のリンクから無料体験のスケジュールだけでも押さえておきましょう。

公式サイト⇒▼▼シアーミュージックの無料体験を今すぐ申し込んで「おもかげ」のサビを上達させる▼▼

 

おもかげ(milet×Aimer×幾田りら)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がHiC#(C#5)で、最低音がMid1D#(D#3)の「おもかげ」は、

男性にとっては、最高音は1音高く、最低音は3音も高いので、

多少余裕を持って歌うために、キーを-3か、-4にすることをおすすめします。

女性にとっては、最高音が3音低く、最低音が4音低いので、キーを+2から+3にすると歌いやすくなりますね。

 

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

おもかげ(milet×Aimer×幾田りら)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

お疲れ様でした!

登場する発声方法やテクニックが多い難しい歌でしたね。

しかし、今回取り上げたポイントを一つ一つ押さえて歌ってもらえば、他の箇所も断然歌いやすくなります。

もう一度『おもかげ』の歌い方のポイントを書いておきます。

milet×Aimer×幾田りら(おもかげ)の歌唱ポイント
  • 各シンガーの特徴を押さえて歌おう
  • ウィスパーボイスやアクセントなどの歌唱テクニックを使って歌おう
  • しゃくりやフォールの細かい音程移動に気を付けよう

以上の3点とこれまでの解説を押さえて歌うと、今よりももっと上手に歌えるようになります。

そして友人や知人に

「どうしてそんなに歌が上手なの?」

「感動した!」

と言ってもらえるようになるでしょう。

繰り返し練習し、もっと楽しく歌を歌えるようになりましょう!

 

ここまで読んでくれたあなたは「おもかげ」の歌い方についてかなり知識が付いたと思います。

しかし、知識が付いた状態と、実際に上手く歌えるまでの間には練習量が必要ですし、「どうしても上手く歌えない」という箇所も出てくると思います。

そんなとき、独学よりも歌を習っている先生がいるととても心強いです。

どんなスクールに通ったら良いかわからないと思っていあるあなたには、

このページで何度かご紹介している「シアーミュージックスクール」の「ボーカル&ボイストレーニングコース」をやっぱりオススメしています。

レッスンは、2つのレッスン室に分かれてのレッスンができるので、時期的な問題にも、安心感がありますし、

約600名の在籍講師から自分に合ったジャンルの先生が選べるのも良いですね。

また、カラオケに特化して学びたければ、採点機能の攻略を教えてくれる「カラオケコース」もあるのでオススメです。

例えば、あなたがこっそりとシアーミュージックスクールに通って、歌が上達したあなたが久しぶりにカラオケに行きます。

突然上手くなったあなたの声に周りの友人や同僚は「どうしたの?」と驚きの声をあげる。

そんなことを想像するとワクワクしてきませんか?

 

「どれくらいボイトレに通えば歌が上手くなるの?」

という疑問はあるかもしれませんが、人それぞれペースもありますし、上達の速度は違います。

私の体験では、1年くらいボイトレに通うと、音程や声質が安定してきて、人から「うまいね」と言われることが多くなります。

そして、歌のコツがわかれば独学でもボイトレを続けることができます。

例えば19歳でボイトレに1年通うとその後、死ぬまでずっと「好きなアーティストの歌い方を表現できる自分」でいられます。

例えば、80歳が寿命と仮定したら、60年間は歌う上での

「好きなアーティストの歌い方はわかるが、それを表現できない」

「音程が上手く取れない」

「リズムがどうも苦手でテンポが遅れてしまう」

みたいな悩みがなくなった状態でいられます。

これを先延ばしにして、24歳でボイトレに通うとしたら、「カラオケがうまい自分」は55年間です。

29歳では50年間。

39歳では40年間。

先延ばしにすればするほど、歌が好きな人にとっては、好きなアーティストの歌い方が表現できる「歌ウマ」な期間が短くなり、損をすることになります。

できるだけ早くボイトレを受けて「歌い方さえわかればそれを表現できる自分」を手に入れちゃいましょう。

 

さてここまで読んで、シアーミュージックスクールに可能性を感じているなら、あなたがやることはたった3つです。

  1. 下のリンクからシアーミュージックスクールの無料体験に申し込む
  2. その日までに「おもかげ」を課題曲と決めて練習する
  3. 難しい、なかなか上手くいかないという部分を先生に聞く

「好きなアーティストの歌の歌い方はわかったけれどなかなか表現できない」

「自分の声を客観的に聞いて伸ばしてくれる人が欲しい」

と思っているあなたは、ぜひシアーミュージックスクールの無料体験レッスンに申し込んでみてください。

「今は入会するだけのお金がないし、そこまではハードルが高い」という場合でも、

無料体験レッスンで、「おもかげ」の難しいと思うポイントをピンポイントでアドバイスをもらうことができるので、

新しい自分の可能性に出会いたいアナタは下記リンクからアクションしてみてください。

公式サイト⇒▼▼もう先延ばししない 無料体験を今すぐ申し込んで「おもかげ」の歌い方を学んでみる▼

 

もしあなたが、東京の渋谷、北千住近辺に住んでいるならJOYミュージックスクールもオススメですので、チェックしてみてくださいね。

🎤アニソン・ボカロコースや歌ってみたコースがあるJOYミュージックスクールとは?
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ボイトレマニア , 2023 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!