パプリカ(米津玄師)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを男性、女性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

東京オリンピックの応援ソングとして、Foorinへ米津玄師さんが、楽曲提供された「パプリカ」です。

米津玄師さんのセルフカバーとしても、リリースされ、爆発的に人気のある曲ですね。

「Foorin」バージョンは、ポップに仕上がっていますが、「米津玄師」バージョンは、趣向が少し凝っていますね。

そんな「米津玄師/パプリカ」を歌いたい!

でも、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

「なんか難しいそうな歌だ…」

「どうやって歌ったらいいか分からない」

「どこをどのように、練習したらいいか分からない…」

そんなあなたに、分かりやすく解説していきますので、ご覧ください。

「米津玄師/パプリカ」の歌い方のポイントは、こちらになります。

米津玄師(パプリカ)の歌い方ポイント

  • 鼻にかける様に歌う。(鼻腔共鳴を意識する。)
  • 語尾の処理の仕方を習得する。
  • フォールを使用する。

フォールやウィスパーボイスなどの、細かいテクニックが、数多く使用されています。

慣れるまでは難しいと、感じるかもしれません。

ですが、一度覚えてしまえば、どんな曲にも使用できるテクニックです。

そんなあなたの「パプリカ」を聞いた友人、知人から「どうやって歌ってるの!?」「すごい!」「教えてほしい!」そんな驚きの声が聞こえてきそうですね。

ポイントをしっかりと掴み、頑張って練習してみてください。

パプリカ(米津玄師)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

米津玄師「パプリカ」Music Video

パプリカ(米津玄師)の難易度は?

「米津玄師」さんの歌い方には、ウィスパーボイスやエッジボイス、フォール、フェイクなど多くのテクニックが使用されています。

とくに「パプリカ」では、沖縄特有のこぶしのような歌い方もされています。

大変勉強になる曲ですので、出来るところまで頑張って、練習してみることをおすすめしたいですね。

また、『パプリカ』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:A

音程:A

リズム:A

表現:A(S)

全体的に難しい難易度の曲と言えるでしょう。

表現に関しては、非常に難しいものとして「こぶし」がありますが、使用しなければならないわけではないので(S)として、基本的にはA難易度としています。

Sponsored Link

パプリカ(米津玄師)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiB(B4)

・ハレルヤ ゆめをえ「がいhiB(B4)」たなら

※「」が最低音です。

  • 最低音:mid1D(D3)

・あおばの「もmid1D(D3)」りで かけまわる

・ひざしのまち だ「れmid1D(D3)」かがよんでいる

※「」が最低音です。

 

平均的な女性の音域から見ると、多少キーを上げて歌うのが良いと思います。

平均的な男性にとって、原曲キーで歌える音域となっています。

詳しくは、後で紹介する「パプリカ(米津玄師)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

・エッジボイス(”)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

パプリカ(米津玄師)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

 

が↓⤴り くね⤴り は/しゃいだみち↓ おあばのもりで けまわる↓

あ/びまわ⤴り ひざしの⤵まち↓ だかがよんでいる-”

 

Aメロでは、

・あおばのもりで の「も」

・だれかがよんでいる の「れ」

の部分が最低音となります

鼻に響かせる鼻腔共鳴を意識する。

米津玄師さんの歌い方の特徴として、鼻腔を共鳴させる歌い方をされています。

いわゆる「鼻にかかるような声」です。

鼻腔共鳴は、唄を歌う際に使用できると良い響かせ方ですので、真似してみてください。

鼻腔共鳴というテクニックに関しては、以下の「ハミング」の部分に簡単に感覚をつかむ方法を書いてあるので、参考にしてみてくださいね。

「まがり」の部分ですが、「が」の部分で、鼻へかけてフォールをするという難しいことをされてます。

原曲を何度も聞いて、真似してみてください。

語尾でブレスアウトしてる箇所として、「はしゃいだみち」「かけまわる」「ひざしのまち」などの部分です。

鼻へかけてから、息を吐きながらブレスアウトをすると「米津玄師」さんのような歌い方に近づけると思います。

また、ブレスアウトというテクニックに関しては、以下で詳しく解説してあるので、参考にしてみてください。

言葉の区切り方とアクセントの付け方に注目。

「はしゃいだみち」の部分ですが、極端に言うと「はっしゃいだみち」です。

「は」で区切って、「しゃ」を前に押し出すようにアクセントをつけてみてください。

アクセントの部分は、「区切って、押し出す」を意識して歌ってください。

「かけまわる」の部分ですが、「か」が前の小節の最後からスタートしています。

こういった前の拍からスタートすることを「シンコペーション」と言います。

「か」は、少し走っているようなイメージで前へ押し出して歌う様にしてみてください。

Sponsored Link

パプリカ(米津玄師)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

つがくる げが/たつ↓ あなたにあいたい

みつけたの⤵ぅは いちばんぼし

あぁしたもはれるかな

リズムの取り方は、「Foorin」のPVが参考になる!

リズムの取り方は、「Foorin」のPVを参考に見てみてください。

「なつがくる かげがたつ」の部分で、前列右側の男の子の動きが凄く良いリズムの取り方になっていますよ。

ウィスパーボイスを使用する。

一言めにウィスパーボイスを使用しています。

ウィスパーボイスと地声の切り替えが、難しいかもしれません。

何度も練習して、ぜひとも習得してくださいね。

ウィスパーボイスに関しては、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

(参考までに)沖縄民謡のこぶしのような歌い方。

「みつけたのは」の「け」の部分です。

沖縄民謡の独特な歌唱法で「グィン」というこぶしのテクニックです。

この歌唱法は「元ちとせさん」が有名ですね。

声を歌返して、回すというようなイメージです。

ですが、これは非常に難しいテクニックですので、無理して入れなくても良いと思います。

参考までに。

Sponsored Link

パプリカ(米津玄師)の歌い方 サビの歌い方を解説

パァプリ-ィィカ はながさいた(ん)ら はれたそらに たね⤵をまこう

ハレル-ゥゥヤ ゆめをえがいたなら こ⤵ころあそば あな/にとどけ

ロングトーン中に音程の移動。

「パァプリ-ィィカ」「ハレル-ゥゥヤ」の所ですが、小文字の母音の部分で、音程が動きます。

母音を、前に押し出すように、歌ってください。

「イイーカ」「ウウーヤ」といった感じです。

フォールを使用する。

「たね⤵をまこう」「こ⤵ころあそばせ」のところになります。

音を切らずに、流れるように音程を下げてください。

フォールというテクニックに関しては、以下も参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

パプリカ(米津玄師)の歌い方 Dメロの歌い方を解説

あいにいくよ な⤴みきをぬけて↓ うたをうたぁって

てにはいっぱいの はなをかかえて↓ らるらり⤴ら

あいにいくよ なみきをぬけて↓ うたっ

てにはいっぱいの はなをかかえて↓ らるらり⤴ら

中間部分の語尾の処理の仕方

(↓)の部分は、Dメロでは、同じようにドロップして、処理されています。

ドロップは、鼻から口に響きを移して息を吐き出すように切ります。

原曲を参考に練習してみてください。

難易度の高いテクニックではないと思いますので、きっと出来るようになると思います。

ウィスパーボイスの使用箇所

うたっ」の部分は、ウィスパーボイスと地声の使い分けが難しいかもしれません。

少しずつ時間を掛けて、出来るようにしてみてください。

いきなりは出来ないテクニックも、毎日少しずつ練習することで、使用できるようになっていくものです。

焦らずに、じっくりと頑張って続けてくださいね。

Sponsored Link

パプリカ(米津玄師)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がhiB(B4)で、最低音がmid1D(D3)の「パプリカ」は、

女性にとっては、最高音は問題ないと思います。

ですが、最低音が2音低いので、キーを+4~+3くらいにするといいですね。

男性にとっては、裏声を含めて、平均的な音域に収まっていますので、原曲キーで歌える範囲だと思います。

低い声や裏声が苦手な男性にとっては、少し高いかもしれませんね。

最高音が、「出しにくい」「出ない」という場合には-1~-2くらいで調整してみてください。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

パプリカ(米津玄師)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

米津玄師さんの「パプリカ」は、非常に多くのテクニックが使用されていて、得るものが多いのではないでしょうか?

まず、真似をしてみると良いと思います。

言葉で説明されても難しいものが、「聞いて真似したら出来た!」なんてこともあるはずです。

ここまでの、ポイントを再度確認してくださいね。

米津玄師(パプリカ)の歌唱ポイント

  • 鼻にかける様に歌う。(鼻腔共鳴を意識する。)
  • 語尾の処理の仕方を習得する。
  • フォールを使用する

ポイントを参考に、何度も練習したあなたの「パプリカ」で、みんなを笑顔にさせてみませんか?

そして「すごい!」「どうやってるのか教えて!」なんて、声が聞こえてきそうですね。

最後に、練習の際は、録音してみることをおすすめします。

「出来ているのか?出来ていないのか?」

「どのように聞こえるのか?」

第三者の耳で、あなたの声を分析出来たら、上達速度がアップすると思いますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.