2021/05/26

ギラギラ(Ado)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを男性、女性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

『うっせぇわ』で圧倒的な表現力を見せつけ、衝撃的なデビューを果たしたAdo。

三枚目のシングルの『ギラギラ』も、『うっせぇわ』とは曲の雰囲気は違いますが、多彩な声を使い、とてもかっこいい曲となっています。

この『ギラギラ』を歌いたいけどなかなか簡単に手が出せそうにないですよね。

「難しそうだけど、何か歌い方のコツはないかな。」

「歌声の変化がどうなっているのか知りたい。」

「かっこよく歌うにはどうしたらいいのかな。」

などと思っていませんか?

歌い方のポイントは次の3つです。

ギラギラ(Ado)の歌い方ポイント

  • 地声と裏声の切り替えをする。
  • ウィスパーボイスとソウルボイスでメリハリをつける。
  • かっこよく歌う部分を意識する。

この3つのポイントとこれから解説する歌い方に気を付けて歌えば、きっとあなたもかっこいい『ギラギラ』を歌えるようになるはずです。

そして周りの人から

「歌が上手いし、かっこいい!」

と憧れのまなざしで見られることでしょう。

それでは解説をしていきます。

ギラギラ(Ado)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

Ado「ギラギラ」Music Video

ギラギラ(Ado)の難易度は?

『ギラギラ』は、ウィスパーボイスや裏声、しゃくりなどの表現のテクニックだけではなく、フレーズごとに声色を変えるという細かい表現をしています。

また、『ギラギラ』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:A

リズム:A

表現:S

以上のことから、表現がかなり難しいということがわかります。

『ギラギラ』の中に表現のテクニックがたくさん詰め込まれています。

Sponsored Link

ギラギラ(Ado)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiD#(D#5)【裏声】

1ミリグラムの「はhiD#(D#5)」なび

※「」が最高音です。

  • 最低音:mid1F#(F#3)

・すばらしきせ「かいmid1F#(F#3)」

・私のかお「はmid1F#(F#3)」

※「」が最低音です。

平均的な男性にとっても、女性にとっても少し高い音域になってくるので、

カラオケで歌う場合はキーを下げて歌うことをおすすめします。

詳しくは、後で紹介する「ギラギラ」(Ado)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

ソウルボイス

強くて深い迫力のある歌い方をする部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

・ビブラート(~)

声を震わせて歌う歌い方。

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

ギラギラ(Ado)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

 

あぁ⤴ うv本当になんてvすばらしき世界v

んでv今日もたvおのれのしゅうあぁ⤴くに惑うv

だぁ⤴のに/人を好きってv思う気持ちだけはv

いぃ~っちょう前にぃ⤴vあるからもだえてるんでしょぉ

Ugly (あぁ~ぐりぃ⤴)v正直言ってv私の顔はv

そうv神様がv左手で描いたぁ⤴みたいv

ひぃ⤴つぜ~んv この世にあ/るvラブソングはぁ⤴どれぇ⤴ひと

ぜったぁ⤴いv 私向け~vなんかじゃな/いでしょお

※Aメロでは以下「」の部分が最低音となります。

・すばらしきせ「かい」

・私のかお「は」

ウィスパーボイス

息を吐き出しながら発声する方法です。

『ギラギラ』全体を通して使われている表現です。

最低音もウィスパーボイスを使うことによって発声しやすくなっています。

迫力ある歌い方をするところと対照的に使われていて、表現に抑揚がつきます。

もしウィスパーボイスが難しいなら、優しく歌うことでも雰囲気をうまく表現できると思います。

ウィスパーボイスについてもっと詳しく知りたいなら、こちらの記事も合わせてお読みください。

地声と裏声の切り替えし

Adoさんの裏声はとても綺麗な響きですね。

フレーズの途中で地声から裏声に切り替えるというテクニックを使っています。

このテクニックも『ギラギラ』全体を通して頻繁に使われています。

「思う気持ちだけは」では、「ちだ」だけを裏声で歌います。

ゆっくりのテンポで練習してみてください。

地声と裏声の切り替えについてもっと詳しく知りたいなら、こちらの記事も参考にしてください。

ソウルボイスでパワフルに

原曲を聴いて頂いたらわかりますが、ソウルボイスのところは、R&Bやゴスペルのように強く、迫力ある歌い方をします。

ウィスパーボイスや裏声とは対照的な歌い方で、とてもかっこよく聴こえるので意識して歌ってみてください。

Sponsored Link

ギラギラ(Ado)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

 

使い道vのないくち~づけーv

あわれみをvほしいvままにーv

パンコールのかさvぶた~で身をま/もるぅ⤴v

愛さーれないくらぁ⤴いvなんだーv

※以下「」の部分がこの曲の最高音になります。

・1ミリグラムの「は」なび

 

Bメロも地声と裏声の切り替えやウィスパーボイスのテクニックが出てきます。

色の表記を参考にしてください。

また、フレーズの途中でのブレスや区切るところの位置にも注意してください。

「スパンコールのかさvぶたで身をま/もるぅ⤴v」

「かさ」の後でブレスをします。

サビの勢いのある歌い方を強調させるために、Bメロは全体的に優しく歌います。

伸ばす部分も多いです。

Sponsored Link

ギラギラ(Ado)の歌い方 サビの歌い方を解説 

ラ/ラ/輝いてぇ⤴vたし~は夜をのみv

Rap/ Tap/ Tap /Tap/

いまぁ⤴にみぃ⤴てろぉ⤴このぉ⤴/luv(ヴ)

目に染みるは1ミリグ/ラムのぉ⤴はなび

Drag/ on/ Drag /on/

なんてファニー v この世はビザぁ⤵ール

ギラv ギラギラぁ⤴v ギラv

しっかり区切る

「Rap/ Tap/ Tap /Tap/」と「Drag/ on/ Drag /on/」

は、だらだら歌わず、区切るところでしっかり区切って歌います。

強いアクセントを付けて「ラッ/タッ/タッ/タッ」と破裂音を強く発声しましょう。

ちなみに最初の「ラ」は巻き舌を強調するとかっこよく聴こえます。

一番のかっこいいポイント

「いまぁ⤴にみぃ⤴てろぉ⤴このぉ⤴/luv(ヴ)」

このフレーズが『ギラギラ』の中で一番かっこいいところですね。

母音の部分をしっかりしゃくります。

「luv(ラヴ)」に向かってだんだん勢いをつけていき、最後はほとんど叫んで吐き捨てるような感じで歌います。

「このぉ⤴」の「ぉ⤴」から叫んでいるようにも聴こえます。

「luv(ラヴ)」は、hiD(D5)を地声で歌っています。

すぐ次のフレーズの「目に染みるは」は、対照的に弱く優しく歌い、抑揚をつけます。

しゃくりの歌い方について詳しく知りたいなら、こちらの記事も参考にしてください。

Sponsored Link

ギラギラ(Ado)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がhiD#(D#5)【裏声】で、最低音がmid1F#(F#3)の「ギラギラ」は、

男性にとっては、最高音は2音高く、最低音は6音高いので、

多少余裕を持って歌うために、キーを-4か、-5にすることをおすすめします。

女性にとっては、最高音が1音低く、最低音が1音低いです。

しかし、地声でhiD(D5)を出す箇所があるので、キー設定はそのままか、もしどちらかと言えば低音の方が得意なら、-1か-2にすることをおすすめします。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

ギラギラ(Ado)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

『ギラギラ』の歌い方のポイントをまとめました。

ギラギラ(Ado)歌唱ポイント

  • 裏声で歌う部分を確認し、地声と裏声の切り替えをする。
  • ウィスパーボイスの部分で優しく歌い、ソウルボイスの部分で強く歌う。
  • ソウルボイスの部分を迫力のある歌い方をするとかっこいい。
  • 「Rap Tap Tap Tap」のRをしっかり巻き舌で歌うとかっこいい。
  • 「いまぁ⤴にみぃ⤴てろぉ⤴このぉ⤴ラヴ」をしっかりしゃくり、迫力をつけて歌うとかっこいい。

Adoさんの曲はどれも表現のいい勉強になりますね。

『ギラギラ』も地声と裏声、ウィスパーボイスとソウルボイスという強弱で、とてもドラマティックに歌い上げることができます。

あなたも『ギラギラ』の歌い方のポイントをヒントに練習して、表現力を鍛えましょう!

あなたの歌を聴いた人から、

「迫力あるね、かっこいい!」

と言ってもらえますよ。

ぜひ楽しんで練習してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.