花束のかわりにメロディーを(清水翔太 )の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

清水翔太さんのようにファルセットやウィスパーボイスなど様々なテクニックを駆使して表現豊かに歌を歌いたい。

清水翔太さんのような歌い方をマスターして「花束のかわりにメロディーを」を歌えるようになりたい。

周りの人を楽しませる、感動させる歌やパフォーマンスを目指したい。

そんな願いや希望を持つあなたは、

一度はそんな思いを抱いたことがあるのではないでしょうか?

または、

「細かくしゃくりやフォールに対応して歌えるか不安」

「Cメロの最高音をファルセットで綺麗に出せるか心配」

「まず何から始めたらいいかわからない、、、」

などと思うこともあると思います。

そんなあなたの悩みや希望を手助けできるよう、

この記事では、コツやポイントにしてまとめ、一つ一つ解説していきます。

「花束のかわりにメロディーを」を歌うコツはズバリ、

「語尾を切るか、消えていくか」です。

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)の歌い方ポイント
  • 語尾を吐き捨てるように区切る
  • フォールやしゃくりを使いこなす
  • 優しさはウィスパーボイスで表す

どういうことかというと、清水翔太さんの歌は、しゃくり、フォール、ウィスパーボイスやファルセットなど様々なテクニックを使うことが多く、

とても抑揚があり、歌にたくさんの表情があります。

清水翔太さんの歌は、非常に歌の練習にはもってこいで、細かく何度も聴いていくと、多くの発見があります。

今回は「花束のかわりにメロディーを」からテクニックや学ぶべきところをわかりやすく抽出し、記事にしているので、この記事で得た知識をぜひ他の曲でも応用してみてくださいね!

次の項目からパートごとに解説していきます。

「花束のかわりにメロディーを」歌いこなし、盛大に周りのみんなから称賛の拍手をもらいましょう!

それでは、ここから説明していきます。

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

清水翔太「花束のかわりにメロディーを」Music Video

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)の難易度は?

「花束のかわりにメロディーを」は音域が狭いので比較的歌いやすいですが、リズムや息を混ぜたり歌の抜け感を表現を意識して歌う必要があるので、難易度は普通よりやや難しいと言えます。

また、『花束のかわりにメロディーを』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:A

リズム:A

表現:S

音程は派手な跳躍がないので歌いやすいのですが、音域が広いことや表現を含めたテクニックが多くあるので、難易度Sです。

細かく丁寧に練習しなければ、なかなか歌いこなすのは難しいですが、この「花束のかわりにメロディーを」には、

あらゆるテクニック、表現方法が集約されているので、諦めずトライしていくことが、あなたの歌を磨く鍵と言えます。

歌のテクニックに関して練習方法や細かく解説したリンクも貼っておきますので、そちらも参考にして、ぜひ「花束のかわりにメロディーを」をマスターしましょう!

Sponsored Link

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiC#(C#5)

Cメロ I love you( アイ「ラ hi#C(C#5)」ブユー)

※「」が最高音です。

  • 最低音:mid1D#(D#3)

Aメロ Every day(「エmid1D#(D#3)」ブリデイ)

※「」が最低音です。

 

平均的なキーの女性にとって「花束のかわりにメロディーを」は、低音域に余裕のある方は原曲キーで、それでも低く感じる方は1~2上げて歌うと良いでしょう。

男性の場合は、この曲の音域は少し高いので、余裕で音域が届く方は原曲のままで、地声が低い方は1~2下げて歌うと良いでしょう。

詳しくは、後で紹介する「花束のかわりにメロディーを」(清水翔太)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(🔃)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

Every day, every night(v)

君を/想(も)ってばかり

どうにかな(⤵︎)りそう(v)な/んだ

ほ/んの(v)少しの(v)

ためらいに立ち止まっ/て(v)

愛(い)の痛(い(⤵︎)みを(v)知ったよ

※「Every day」の「E」の部分が最低音 mid1D#(D#3)となります。

 

Aメロでは、出だしはそっとウィスパーボイスから始まります。

この最初のウィスパーボイスは低音を含ませながら、胸に響かせるようにチェストボイス気味に発声できると、R&Bの歌のようにカッコよく決まります。

清水翔太さんの歌は、「しゃくり」「フォール」が入る特徴があります。

それと、歌を全てつなげて歌わないように気をつけましょう。

「なんだ」「ほんの」はよく聴いてみると、微妙に音が区切れている事がわかります。

微妙なニュアンスですが、歌の「リズム」も歌の「うまさ」に含まれるので、練習の前によく聴いてみて始めていきましょう。

「花束のかわりにメロディーを」をマスターするのであれば、歌があまりカッチリしないように、

「ゆるやかに音程に到達する」ことを意識すると清水翔太さんの歌の表現を習得できるでしょう。

ウィスパーボイスはこちらの記事を参考にしてみてください。

Sponsored Link

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

今、時を止(⤴︎)める(⤵︎)(⤴︎)(⤴︎)

僕にしかできない事があ(⤴︎)(⤵︎)

 

Bメロは、一番「しゃくり」「フォール」が多いパートになります。

ここでは、Aメロ、サビと「リズム」のメリハリをつけるために流れるように歌いましょう。

コツとしては、「緩やかに音程に届かせる」をイメージして歌うと、流れるように、滑らかに歌う事ができます。

声量や強弱などは気にしなくて大丈夫です。

リズム感が安定すれば、全ての歌に活きてくるのでぜひトライしてみましょう!

Sponsored Link

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)の歌い方 サビの歌い方を解説

花束のか(⤵︎)わりに(↓)(v)メロディーを(v)

抱きしめるかわりにこの声(え)を(↓)

いつも遠くから(🔃)(v) 君を見ていた(🔃)(v)

でも今日は(v)/僕(ぼ/く)を見つめ

 

サビは語尾の歌い方を意識しましょう。

うまく語尾を吐き捨てる歌い方と、ビブラートを利かせて消えていく歌い方を両方使うことで、

より表現豊かに、「リズム」のメリハリを利かせながら歌うことができます。

また、「かわりに〜」から連符があり、アクセントが生まれ、歌詞が強調されます。

「いつも遠くから」「君を見ていた」はフェイクが入り、音程が素早く上下するので、あまり得意でない方は、ゆっくりと音程を一音一音区切るように発声練習していくと良いでしょう。

その他、区切り、最後のウィスパーボイスが一瞬入ったりするので、メインのテクニックがマスターできたら、

次は細かいテクニックに注目していくとあなたの歌の完成度もさらに上がっていきますよ。

一行一行で、それぞれ違うテクニックが盛り沢山なので、頭がいっぱいにならないように、丁寧に一行マスターしたら、次へ進むやり方で練習していくのがベストでしょう。

Sponsored Link

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)の歌い方 Dメロの歌い方を解説 

もう誰にも、(🔃)(v)僕を語らせはしない

君がいれば(🔃)(v) 他に何もいらない(↓)(v)

I love you

※「I love you」の「l」の部分が最高音 hi#C(C#5)となります。

Dメロの歌い方ポイント

Dメロは、「もう誰にも」「君がいれば」の後のフェイク、ファルセットで最高音の「I love you」がポイントになります。

ここでもフェイクが苦手な方は、ゆっくりで良いのでそのパートだけ練習しましょう。

「他に何もいらない」も息を吐き切って、その後の「I love you」に間に合うように素早くブレスしましょう。

ファルセットは気をつけて歌う

ファルセットもいきなり最高音でスッと歌うのは難しいと思います。

ここで気をつけなければいけないポイントは、声量が極端に小さくなったり、声帯と一緒に喉まで絞って無理やり歌ってしまうことです。

特に男性の場合、人によっては全くファルセットがある曲に触れてこなかった方もいると思うので、

慣れてない方は、女性ボーカルの曲を全てファルセットで歌ってみたり、フクロウの声を真似てみるなんかも初歩的ですが、とても効果があります。

ファルセットについてさらに詳しく知りたい方、練習したい方はこちらの記事をご覧ください

Sponsored Link

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

平均的なキーの女性にとって「花束のかわりにメロディーを」は、低音域に余裕のある方は原曲キーで、それでも低く感じる方は1~2上げて歌うと良いでしょう。

男性の場合は、この曲の音域は少し高いので、余裕で音域が届く方は原曲のままで、地声が低い方は1~2下げて歌うと良いでしょう。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

最後に「花束のかわりにメロディーを」歌い方をマスターするポイントをご紹介します。

清水翔太さんの歌い方をマスターのためにも、語尾の「しゃくり」や「フォール」やところどころ入ってくる「ウィスパーボイス」の練習をしていきましょう。

それぞれ歌のテクニック参考記事のリンクを読んでみて、気になった練習方法やコツがあれば、

ぜひチャレンジしてみてください。

細かな工夫は「人を感動させる」第一歩になります。

ぜひ参考リンクなどの練習方法も試してみてください。

花束のかわりにメロディーを(清水翔太)の歌唱ポイント
  • 語尾を吐き捨てるように区切る
  • フォールやしゃくりを使いこなす
  • 優しさはウィスパーボイスで表す

あなたの歌の表現のバリエーションが増えることで、自信がついて、少しずつ難しい曲にもチャレンジしていくことが出来ますので、ぜひトライしてみてくださいね。

もっともっとあなたの歌を磨いて、たくさんの人に喜んでもらいましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.