2021/10/06

ヨワネハキ【feat.和ぬか,asmi】(MAISONdes)の歌い方を解説!カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

TikTokで話題になり、人気が急上昇していった『ヨワネハキfeat.和ぬか,asmi』(MAISONdes)は、

歌詞が消極的で、自虐的なのにも関わらず、

歌声が可愛らしくメロディーもポップで、ギャップが楽しい楽曲ですね。

「そういやさ そういやさ」というメロディーも自然に口ずさんでいたりしませんか?

そんな脱力系の楽しい曲をカラオケで歌って盛り上がりたいですよね。

でも、

「軽い感じでリズム感よく歌いたいな」

「優しい感じを表現するテクニックはあるかな」

「サビの音程が難しそうだな」

などと思っていませんか?

ボイトレマニアでは、歌い方のポイントを徹底解説します!

歌い方のポイントは次の3つです。

ヨワネハキ(MAISONdes)の歌い方ポイント
  • 区切る箇所を意識して、跳ねるように歌う
  • ウィスパーボイスやブレスアウトのテクニックを使って表現する
  • 1オクターブ上がる箇所に注意する

以上のポイントとこれから解説するポイントに気を付けて歌えば、きっとあなたもこの『ヨワネハキ』を楽しく歌うことができますよ。

そして、あなたの歌を聴いた人から

「面白い歌だね、聴いていて楽しくなったよ!」

と喜んでもらえるでしょう。

それでは解説していきます。

ヨワネハキ(MAISONdes)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

MAISONdes「ヨワネハキ」Music Video

ヨワネハキ(MAISONdes)の難易度は?

『ヨワネハキ』は、同じようなメロディーが繰り返されていて、覚えやすい曲です。

ウィスパーボイスやブレスアウトの表現はありますが、それほど難しくありません。

テンポが速く、言葉数が多いので、ついて行けるようにしっかり練習する必要がありますね。

サビの音程が少しとりにくい箇所があるので、確認しながら練習してください。

また、『ヨワネハキ』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、

S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:B

音程:A

リズム:B

表現:B

以上のことから、音程を正確に取れるように練習する必要があることがわかります。

Sponsored Link

ヨワネハキ(MAISONdes)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiC#(C#5)

よ「わいhiC#(C#5)」ねを「はいhiC#(C#5)」ている

え「がいhiC#(C#5)」たり「そうhiC#(C#5)」ぞうに

※「」部分が最高音です。

  • 最低音:mid2A(A3)

そういや「さmid2A(A3)」そうい「やmid2A(A3)」さ

※「」部分が最低音です。

平均的な男性にとっても、女性にとっても少し高い音域になってくるので、

カラオケで歌う場合はキーを下げて歌うことをおすすめします。

詳しくは、後で紹介する「ヨワネハキ(MAISONdes)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

エッジボイス

息を吐いて音を切る歌い方の部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

 

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

ヨワネハキ(MAISONdes)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

/ら/ろ/じのん中で v 慣れ/い景色とすかない匂いにv

/た/しはおわれて v そまぁ⤵っていくんぇ↓しょ v

/た/しはわがりでぇ⤴ v 知らな/い/ことには手をつけずぅ⤴ v

れか/がってきて v どくみ v をするまぁ⤵でまっていた v

ることはんじゅんで v マニュ/ルどおりなせいかつをぉ⤴  v

る日もたんたんとぉ⤴ v 過ごしてぇ⤵いたぁ v

リズミカルに歌おう

同じようなメロディーがずっと繰り返されていますね。

その中でも、区切る箇所(/)がたくさん出てきて、リズムが軽快になります。

区切る箇所(/)は、「っ」を入れたように歌うと歌いやすいです。

例えば、「う/ら/ろ/じの」は、「うっらっろっじの」というように歌います。

区切って歌うのと歌わないのでは、聴いた印象が全然違うので、ぜひ意識して歌ってみてください。

しゃくりとフォールで表現しよう

「知らな/い/ことには手をつけずぅ⤴」の「ずぅ⤴」は、母音の「ぅ」の音をずり上げるようにして歌います。

これがしゃくりのテクニックです。

「どくみ v をするまぁ⤵でまっていた」の「まぁ⤵」は、母音の「ぁ」の音を素早くずり下げて歌います。

これはフォールと言います。

どちらも母音まで意識して歌うことで、ただ伸ばして歌うより表現がつきます。

しゃくりとフォールのテクニックについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

る日もたんたんとぉ⤴」の「ぉ⤴」は、ブレスアウトと言って、息を吐くようにして音を切るテクニックが使われています。

Aメロ全体に優しく歌うので、さらに優しく、息たっぷりの感じを表現します。

ブレスアウトについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

Sponsored Link

ヨワネハキ(MAISONdes)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

そういやさ そういやさ v 

昨日のわたしもこぉ⤴だった v

そういやさ そういやさ v

※「」部分がこの曲の最低音になります。

・そういや「さ」 そうい「や」さ

ウィスパーボイスで歌おう

Bメロはすべてウィスパーボイスでささやくように歌います。

ささやくといっても、少し音を出して歌います。

初めは全く音を出さない状態から歌ってみて、少しずつ音を出し、どのくらいの音量で歌うかを確認してみるといいですね。

ウィスパーボイスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

Sponsored Link

ヨワネハキ(MAISONdes)の歌い方 サビの歌い方を解説

わぁ⤴いねをいているぅ⤴ v 薄っぺらい人間です v

一歩前に/出るのはやめときます v

からまれたくは(ん)いからさ v

がぁ⤴いたりそうぞうにぃ⤴ v げんじつみ/が/ない  v かぁ⤵ら v

ちかづけないよう生きときます v

あしたも同じようしときます v

 

※「」部分がこの曲の最高音になります。

・よ「わい」ねを「は」いている

・え「が」いたり「そう」ぞうに

音程に気を付けて歌おう

「よわいねをはいている」は、「よ」の音から「わ」の音まで1オクターブ上がります。

「えがいたりそうぞうに」の「え」と「が」の音も同様です。

音程を取るのが難しいかもしれないので、原曲で何度も確認しながら練習してください。

ゆっくりのテンポで歌ったり、楽譜が読めるなら鍵盤で弾いて確認するのも効果的です。

音程のとり方について詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

「からまれたくはないからさ」の「な」の前に小さく「ん」を入れて、「からまれたくは(ん)ないからさ」のように歌います。

Sponsored Link

ヨワネハキ(MAISONdes)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がhiC#(C#5)で、最低音がmid2A(A3)の「ヨワネハキ」は、

男性にとっては、最高音は4音高く、最低音は9音も高いので、

多少余裕を持って歌うために、キーを-4か、-5にすることをおすすめします。

女性にとっては、最高音が1音高く、最低音が2音高いので、キーを-1にするといいですね。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

ヨワネハキ(MAISONdes)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

『ヨワネハキ』の歌い方のポイントをまとめました。

ヨワネハキ(MAISONdes)の歌唱ポイント
  • 区切る箇所を意識して、リズミカルに歌おう
  • しゃくりとフォールのテクニックを使って表現しよう
  • ブレスアウトのテクニックを使って、優しい感じを表現しよう。
  • Bメロはウィスパーボイスで歌おう
  • サビの1オクターブ上がる音程に気を付けよう

以上のポイントに気を付けて歌えば、きっとあなたもこの脱力系かつポップな『ヨワネハキ』をおしゃれに歌いこなすことができますよ。

そして、あなたの歌を聴いた人から

「楽しくてかわいい歌聴けて良かった!」

と感謝されるでしょう。

肩の力を抜いて、リラックスして歌ってくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.