ヘッドボイスからミックスボイスを出す方法! あなたのヘッドボイス、地声感出せていますか?

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

ミックスボイスを習得してカラオケで魅力的な声で歌いたいけど、なかなかうまくできないという方もいるのではないでしょうか。

人は体の大きさや筋力がそれぞれ違うため、ミックスボイスの習得方法についても合う合わないという問題が出る場合があります。

自分自身に合った練習方法を見つけて、「心地良い歌声」とか「聴いていて安心できる」といった反応をミックスボイスで得られるようにしていきましょう。

今回はヘッドボイスからミックスボイスを出す方法をご紹介していきます。

基礎の力を高めてミックスボイスだけでなく、歌の力そのものも高めていきましょう。

こんな人におすすめ

・ミックスボイスが出せない

・高音を出したい

・歌のレベルアップをしたい

ヘッドボイスからミックスボイスを出す方法!

ミックスボイスを使えるようになることで、高音を出せるようになると思いがちですが、高音を出すために大切なのはヘッドボイスです。

ヘッドボイスから練習することで、安定したヘッドボイスと地声を行き来する際に、自然とミックスボイスで歌うことができ、感覚を得ることもできます。

また、ヘッドボイスから練習することで喉への負担を軽減することができることや、ミックスボイスと使い分けることで表現力のアップにも繋がります。

あなたのヘッドボイス、地声感を出せていますか?

ヘッドボイスはファルセットと同じく裏声の種類ですが、息の漏れ具合、地声の量が異なります。

男性の場合は高音域まで地声で張り上げるようにして歌う方が多いですが、女性の場合は高音域の際にファルセットになってしまう方が多いようです。

ミックスボイスにつなげていけるよう、地声感のあるヘッドボイスをしっかりと出せるように練習していきましょう。

ミックスボイスを出すための3つの地声の基礎力とは?

ミックスボイスを出すために必要な基礎力について見ていきましょう。

地声の基礎力

・音域を広げる

・鼻腔共鳴をうまく使う

・声帯のコントロールができる

音域を広げる

音域を広げることで、より自然にミックスボイスへ移行することができるようになります。

一般的に男性ではE4、女性ではA4まで地声を伸ばすことで、余裕を持ってミックスボイスを出せるようになります。

ただし、どうしても難しいという場合には、無理をせずE4やA4よりも低い音からミックスボイスに移行する意識を持つといいでしょう。

大切なのは移行する音の近くで、緊張をせずに普段の声量で歌えるようにするということです。

鼻腔共鳴をうまく使う

歌声は声帯だけで音が構成されているわけではなく、体の共鳴によって増幅させることで作られています。

地声を出す際に鼻腔共鳴をしっかりと意識して行うことで、ミックスボイスを行う際にもしっかりとコントロールしながら使っていくことができます。

また、理想のミックスボイスを出したいという場合に、鼻腔共鳴のコントロールで調節したり、喉への負担を軽減することもできます。

声帯のコントロールができる

声を出すときには声帯が閉じ、息が通る時に振動をします。

ヘッドボイスやミックスボイスで声を出す際には、息が通る隙間が短く、一部分だけで振動します。この時、他の部分は密着して息を通さなくしています。

ファルセットの場合は、全体的に閉じていますが、息が通る隙間が広くなります。

声帯を理解し、コントロールできるようになることで、それぞれの声に適した体の状態を作ることができます。

ヘッドボイスの切り替えからミックスボイスへの2段階練習

ヘッドボイスの切り替えをしてミックスボイスへと繋げていく、2段階練習をご紹介します。

ヘッドボイスを地声とファルセットの切り替え

ヘッドボイスからミックスボイスへ繋げるには、低い音域でも力強いヘッドボイスが出せるとスムーズに繋いでいくことができます。

ヘッドボイスで徐々に音を下げていき、裏声の要素を徐々に減らしていき、胸を響かせるチェストボイスの要素をヘッドボイスに取り入れるようにします。

最初から音階で下げていくのは難しいので、サイレンのように音が繋がっていくように練習してみましょう。

注意しておきたいのは、音量と喉のリラックスです。

地声の基礎力を使って地声とファルセットの中間を探る

地声の基礎力である「声帯のコントロール」を使って地声とファルセットの中間を探っていきます。

人の発声は人それぞれなので、こうしなければいけない、このポイントじゃないと違うということはありません。

自分に合った発声ポイントを見つけることが正解です。

地声の際には息を漏らさないで、しっかりと声帯が閉じた状態で発声して、感覚をしっかりと掴みましょう。

そして、声帯から息の漏れを多くしていき、ファルセットの要素に近い発声にしていきます。

最初は母音をサイレンのように繋いでいく方法で発声し、慣れてきたら音階で練習してみましょう。

【まとめ】ミックボイスの習得は基礎力が必要!

ミックスボイスで歌おうとした場合、すぐにできてしまう人も居ますが、遠回りしたほうが最短の道になるというケースが多くあります。

ヘッドボイスやチェストボイスの基礎をしっかりと練習して、そこからミックスボイスを身につける、もしくは出したいミックスボイスに修正をしていくというのは気持ち的にモヤモヤするかもしれません。

しかし基礎力をつけることはミックスボイス習得の近道になるだけでなく、歌全体の力を高めることにも繋がります。

今回ご紹介したヘッドボイスからミックスボイスを出す方法を参考に、魅力的なミックスボイスを手に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2019 All Rights Reserved.