2022/02/24

ヘッドボイスからミックスボイスを出す方法! あなたのヘッドボイス、地声感出せていますか?

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

ミックスボイスを習得してカラオケで魅力的な声で歌いたいけど、なかなかうまくできないという方もいるのではないでしょうか。

人は体の大きさや筋力がそれぞれ違うため、ミックスボイスの習得方法についても合う合わないという問題が出る場合があります。

自分自身に合った練習方法を見つけて、「心地良い歌声」とか「聴いていて安心できる」といった反応をミックスボイスで得られるようにしていきましょう。

今回はヘッドボイスからミックスボイスを出す方法をご紹介していきます。

基礎の力を高めてミックスボイスだけでなく、歌の力そのものも高めていきましょう。

こんな人におすすめ

・ミックスボイスが出せない

・高音を出したい

・歌のレベルアップをしたい

実はミックスボイスを習得するためには安定スしたヘッドボイス出せるようになっていた方がよいのです。そのためには発声の基礎がきちんとできているかが大切です。

ですが、自分自身で判断することも難しいですよね。

そんなとき、ヘッドボイスからミックスボイスを出す方法を習得するのに一番早い方法が、まずはヘッドボイスの練習方法を専門のボイストレーナーに習うことです。

とはいえ「ボイストレーニングって、お金も時間もかかりそうだし、ハードルが高そう」と思っていませんか?

実はそうでもないのです。

ボイトレマニアが一番おすすめする「シアーミュージックスクール」というボイトレスクールでしたら、

初心者にも親切ですし、全国に校舎があり、プロのボイストレーナから比較的安価な値段でレッスンを受けることができます。

また、「ボイス&ボイストレーニングコース」と「カラオケコース」があり、

「ボイストレーニングはハードルが高い! カラオケがうまくなりたいだけ」

みたいな場合でも「カラオケコース」で専門的にカラオケの上達方法を学ぶことができます。

ヘッドボイスやミックスボイスが習得できるようになるなるだけでなく、歌がうまくなってより歌を楽しんで歌えている自分を体験したいあなたにはとてもおすすめです。

ヘッドボイスやミックスボイスが出せるようになり、一段上の歌唱力を身につけたいなら下記のリンクから詳しい内容を確認してみましょう。

公式サイト⇒▼▼シアーミュージックスクールがどんなスクールか公式ホームページで確認してみる▼▼

ヘッドボイスからミックスボイスを出す方法!

ミックスボイスを使えるようになることで、高音を出せるようになると思いがちですが、高音を出すために大切なのはヘッドボイスです。

ヘッドボイスから練習することで、安定したヘッドボイスと地声を行き来する際に、自然とミックスボイスで歌うことができ、感覚を得ることもできます。

また、ヘッドボイスから練習することで喉への負担を軽減することができることや、ミックスボイスと使い分けることで表現力のアップにも繋がります。

あなたのヘッドボイス、地声感を出せていますか?

ヘッドボイスはファルセットと同じく裏声の種類ですが、息の漏れ具合、地声の量が異なります。

男性の場合は高音域まで地声で張り上げるようにして歌う方が多いですが、女性の場合は高音域の際にファルセットになってしまう方が多いようです。

ミックスボイスにつなげていけるよう、地声感のあるヘッドボイスをしっかりと出せるように練習していきましょう。

 

ミックスボイスを出すための3つの地声の基礎力とは?

ミックスボイスを出すために必要な基礎力について見ていきましょう。

地声の基礎力

・音域を広げる

・鼻腔共鳴をうまく使う

・声帯のコントロールができる

音域を広げる

音域を広げることで、より自然にミックスボイスへ移行することができるようになります。

一般的に男性ではE4、女性ではA4まで地声を伸ばすことで、余裕を持ってミックスボイスを出せるようになります。

ただし、どうしても難しいという場合には、無理をせずE4やA4よりも低い音からミックスボイスに移行する意識を持つといいでしょう。

大切なのは移行する音の近くで、緊張をせずに普段の声量で歌えるようにするということです。

 

鼻腔共鳴をうまく使う

歌声は声帯だけで音が構成されているわけではなく、体の共鳴によって増幅させることで作られています。

地声を出す際に鼻腔共鳴をしっかりと意識して行うことで、ミックスボイスを行う際にもしっかりとコントロールしながら使っていくことができます。

また、理想のミックスボイスを出したいという場合に、鼻腔共鳴のコントロールで調節したり、喉への負担を軽減することもできます。

声帯のコントロールができる

声を出すときには声帯が閉じ、息が通る時に振動をします。

ヘッドボイスやミックスボイスで声を出す際には、息が通る隙間が短く、一部分だけで振動します。この時、他の部分は密着して息を通さなくしています。

ファルセットの場合は、全体的に閉じていますが、息が通る隙間が広くなります。

声帯を理解し、コントロールできるようになることで、それぞれの声に適した体の状態を作ることができます。

 

ミックスボイスを一人で練習するのも良いですが、専門のボイストレーナーに習いながら、必要な基礎力なども重点的に教わると上達が早いです。

練習曲を通じて曲全体の流れの中で効果的にミックスボイスが使えるようになるので、他の曲での応用が効くようにもなります。

冒頭でもご紹介した「シアーミュージックスクール」では、ミックスボイスの出し方はもちろん、

基本の発声の仕方、呼吸のトレーニング、歌の表現力を鍛えるボーカルレッスンまで、あなたの理想の歌声になれるようマンツーマンで導いてくれます。

もし、あなたがミックスボイスを綺麗に出せるようになれば、歌える曲のレパートリーも増えますし、生活が楽しくなりますよ。

シアーミュージックスクールは、無料体験レッスンもできますし、勧誘もしつこくありません。

安全対策も万全ですので、例えば無料体験レッスンでミックスボイスの出し方を教えてもらうだけでもあなたの歌のレベルが一つ上がるのでお得ですよ。

「歌が上手くなりたい」と思った今がチャンスのときですので、下記のリンクから無料体験のスケジュールだけでも押さえておきましょう。

公式サイト⇒▼▼無料体験を今すぐ申し込んでミックスボイスをマスターしに行く▼▼

ヘッドボイスの切り替えからミックスボイスへの2段階練習

ヘッドボイスの切り替えをしてミックスボイスへと繋げていく、2段階練習をご紹介します。

ヘッドボイスを地声とファルセットの切り替え

ヘッドボイスからミックスボイスへ繋げるには、低い音域でも力強いヘッドボイスが出せるとスムーズに繋いでいくことができます。

ヘッドボイスで徐々に音を下げていき、裏声の要素を徐々に減らしていき、胸を響かせるチェストボイスの要素をヘッドボイスに取り入れるようにします。

最初から音階で下げていくのは難しいので、サイレンのように音が繋がっていくように練習してみましょう。

注意しておきたいのは、音量と喉のリラックスです。

地声の基礎力を使って地声とファルセットの中間を探る

地声の基礎力である「声帯のコントロール」を使って地声とファルセットの中間を探っていきます。

人の発声は人それぞれなので、こうしなければいけない、このポイントじゃないと違うということはありません。

自分に合った発声ポイントを見つけることが正解です。

地声の際には息を漏らさないで、しっかりと声帯が閉じた状態で発声して、感覚をしっかりと掴みましょう。

そして、声帯から息の漏れを多くしていき、ファルセットの要素に近い発声にしていきます。

最初は母音をサイレンのように繋いでいく方法で発声し、慣れてきたら音階で練習してみましょう。

【まとめ】ミックボイスの習得は基礎力が必要!

ミックスボイスで歌おうとした場合、すぐにできてしまう人も居ますが、遠回りしたほうが最短の道になるというケースが多くあります。

ヘッドボイスやチェストボイスの基礎をしっかりと練習して、そこからミックスボイスを身につける、もしくは出したいミックスボイスに修正をしていくというのは気持ち的にモヤモヤするかもしれません。

しかし基礎力をつけることはミックスボイス習得の近道になるだけでなく、歌全体の力を高めることにも繋がります。

今回ご紹介したヘッドボイスからミックスボイスを出す方法を参考に、魅力的なミックスボイスを手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

さて、ここまで読んでくれたあなたは「ヘッドボイスからミックスボイスを出す方法」についてかなり知識が付いたと思います。

しかしヘッドボイスからミックスボイスを出す方法を独学練習で、できるようになったしたとしても、今後、ビブラートやフォールといった技術の習得につまづいてしまう場合もあると思います。

そんなとき、独学よりも歌を習っている先生がいるととても心強いです。

どんなスクールに通ったら良いかわからないと思っていあるあなたには、

このページで何度かご紹介している「シアーミュージックスクール」の「ボーカル&ボイストレーニングコース」をやっぱりオススメしています。

レッスンは、2つのレッスン室に分かれてのレッスンができるので、時期的な問題にも、安心感がありますし、

約600名の在籍講師から自分に合ったジャンルの先生が選べるのも良いですね。

また、カラオケに特化して学びたければ、採点機能の攻略を教えてくれる「カラオケコース」もあるのでオススメです。

例えば、あなたがこっそりとシアーミュージックスクールに通って、歌が上達したあなたが久しぶりにカラオケに行きます。

突然上手くなったあなたの声に周りの友人や同僚は「どうしたの?」と驚きの声をあげる。

そんなことを想像するとワクワクしてきませんか?

 

「どれくらいボイトレに通えば歌が上手くなるの?」

という疑問はあるかもしれませんが、人それぞれペースもありますし、上達の速度は違います。

私の体験では、1年くらいボイトレに通うと、音程や声質が安定してきて、人から「うまいね」と言われることが多くなります。

そして、歌のコツがわかれば独学でもボイトレを続けることができます。

例えば19歳でボイトレに1年通うとその後、死ぬまでずっと「歌のテクニック習得に悩むことのない自分」でいられます。

例えば、80歳が寿命と仮定したら、60年間は歌う上での

「もっとヘッドボイスとミックスボイスの基礎知識を知りたい」

「ヘッドボイスだけでなく音域全体を伸ばすにはどうしたらいいか」

「ミックスボイスをどうやって鍛えたらいいかわからない」

みたいな悩みがなくなった状態でいられます。

これを先延ばしにして、24歳でボイトレに通うとしたら、「歌がうまい自分」は55年間です。

29歳では50年間。

39歳では40年間。

先延ばしにすればするほど、歌が好きな人にとっては、ヘッドボイスからミックスボイスの出し方を始め、きちんとした基礎力を身に付けた「歌ウマ」な期間が短くなり、損をすることになります。

できるだけ早くボイトレを受けて「バッチリ基礎力が身についた自分」を手に入れちゃいましょう。

 

さてここまで読んで、シアーミュージックスクールに可能性を感じているなら、あなたがやることはたった3つです。

  1. 下のリンクからシアーミュージックスクールの無料体験に申し込む
  2. 無料体験当日をワクワクしながら待つ
  3. ミックスボイスが練習できる曲を指定して歌い方を聞く(男性の場合は、スピッツの「ロビンソン」、女性の場合は平原綾香「Jupiter」がオススメ!)

「ミックスボイスを綺麗に出せるようになりたい」

「歌のプロにマンツーマンで教わりながら、他のテクニックも身に付けたい」

と思っているあなたは、ぜひシアーミュージックスクールの無料体験レッスンに申し込んでみてください。

「今は入会するだけのお金がないし、そこまではハードルが高い」という場合でも、

無料体験レッスンで、ヘッドボイスからミックスボイスを出す方法を聞くだけでも、あなたにとって収穫があることは間違いないので、

新しい自分の可能性に出会いたいアナタは下記リンクからアクションしてみてください。

公式サイト⇒▼▼無料体験を今すぐ申し込んミックスボイスの出し方を学んでみる▼

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ボイトレマニア , 2019 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!