2021/09/26

優しさ(藤井風)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

藤井風さんの『優しさ』を聴くと、メロディーや歌詞の素晴らしさと、風さんの圧倒的歌唱力に、心が揺さぶられますよね。

そんなふうに心動かす素敵な曲だからこそ、上手に歌ってみたい…!

けれどいざ歌ってみると、こんな悩みが頭の中をくるくると回り出しませんか。

「風さんのように、R&Bのお洒落なノリを表現できない」

「優しくセクシーに歌うのが難しい」

「細かい節回しが再現できない」

「ここはAメロ?それともBメロ? 曲の構成が普通のものと違っていて、よくわからない」

でも、安心してくださいね。

この記事では、『優しさ』をお洒落にかっこよく歌うためのポイントを、ボイトレマニアが丁寧に解説しちゃいます!

『優しさ』の歌い方のポイントはこちらです。

優しさ(藤井風)の歌い方ポイント
  • 「レイドバック」させてゆったりと歌う
  • 細かい音程の動き「フェイク」を意識する

最後まで読んで練習すると、歌い方のポイントが身について、

風さんのようなセクシーで自由、そして神聖な雰囲気に近づけるようになりますよ。

『優しさ』を風さんのように歌いこなすあなたに、友人はどんな反応をするでしょうか?

「こんなお洒落な曲を上手に歌えてすごい!」

「感動して涙が出ちゃうよ!」

と、拍手喝采すること間違いなしです!

お洒落にノリながら歌えるようになって、ますます歌うことを楽しんじゃいましょう。

ぜひ、このボイトレマニアの記事を参考にしてみてくださいね。

優しさ(藤井風)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

藤井風「優しさ」Music Video

優しさ(藤井風)の難易度は?

『優しさ』はバラードです。

そのため、風さんの他の楽曲、例えば『何なんw』などのように歌詞を早口で歌うことはなく、

そこまで難易度が高いというわけではありません。

しかし、本来のリズムよりも少しゆったりと歌う「レイドバック」や、

音程を細かく動かす「フェイク」などを多用しているため、普通よりもやや難しいといえます。

また、『優しさ』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、

S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:A

音程:A

リズム:A

表現:S

全体的にゆったりと展開する楽曲でありながらも、レイドバックやフェイク、

エッジボイスなどの表現が難しいため、難易度は「A」となっています。

Sponsored Link

優しさ(藤井風)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiA#(A#4)

サビ 「あhiA#(A#4)」の腕の中で

※「」部分が最高音です。

  • 最低音:lowG(G2)

Dメロ 呼び覚まし「てlowG(G2)」

※「」部分が最低音です。

『優しさ』は、女性にとっては少し低く感じると思います。

一方、平均的な音域の男性にとっては比較的歌いやすい楽曲です。

詳しくは、後で紹介する「優しさ(藤井風)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

エッジボイス

声帯を閉じながら発声する方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

曖昧なピッチ

音のピッチを曖昧に歌う部分です。

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

優しさ(藤井風)の歌い方 冒頭サビの歌い方を解説

(ぃ)いまなにをーみ(っ)てーい(っ)た/

あなたのゆ(っ)めをーみ(っ)た/

やさしさにーや(っ)らー(L)れ(っ)た/

ぁあぁーあのぉひとのこかげ(っ)でぇ/

(ぃ)いまなにをーみ(っ)てーい(っ)た/

あなたのか(っ)げをーぉみ(っ)た/

やぁさしさにふ(ぅ)るーえ(っ)た/

ぁあぁーあのぉぅでのなかでぇえぇえぇー

レイドバックを上手く使う

『優しさ』の大切な歌唱ポイントであるレイドバックを、小さい「っ」や小さい「ぅ」で表しています。

レイドバックとは、本来のリズムよりも少しゆったりと歌うテクニックです。

このレイドバックが、『優しさ』の独特のノリを生み出しています。

「レイドバック」という言葉のとおり、急がずリラックスして、ゆったりと歌いましょう。

エッジボイスに挑戦しよう

2行目の「あなた」の「あ」、5行目の「いま」の「い」、6行目の「あなた」の「あ」は、エッジボイスをセクシーに効かせてみてください。

「エッジボイス」のテクニックに関してはこちらで詳しく解説しているので、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

3行目「やられた」の「れ」についてですが、風さんは「RE」よりも「LE」に近い発音で歌っています。

舌先を上の前歯の裏に少しつけるように発音してみてください。

4行目の「木陰で」の「で」と、8行目「あの」の「の」ですが、ピッチを曖昧にして歌うとよいでしょう。

Sponsored Link

優しさ(藤井風)の歌い方 Aメロ1の歌い方を解説

ぬくもり(ぃ)に/ふれたと(ぉ)き

わたしはつ(ぅ)め(ぇ)た(ぁ)く(ぅ)て(ぇ)

やさしさ(ぁ)に/ふれたと(ぉ)き

わたしはち(ぃ)いさ(ぁ)く(っ)て(ぇ)

 

Aメロ1も冒頭と同じく、レイドバックを効かせましょう。

歌詞の間にいくつか小さいひらがな(「ぃ」や「ぉ」など)を表記しています。

この通りに歌うことで、レイドバックのゆったりとしたノリを感じながら歌うことができますよ。

Sponsored Link

優しさ(藤井風)の歌い方 Bメロ1の歌い方を解説 

このひろいーせかいのvなぁかぁじゃ

おさまら/なぁいぃあなたのこぉこぉろぉv

わたしよぐだけぇぇ(⤴︎⤵︎)

 

Bメロ1は、これまで表現してきた「レイドバック」(ゆったりとした雰囲気)ではなく、

「レガート」(なめらかにつなげる)が効果的なメロディーとなっています。

この違いをしっかり意識することで、他のパートのメロディーとの対比がよく出て、曲全体にメリハリがついていきます。

また、3行目「およぐ」の「お」はエッジボイス、フレーズの終わりにはフェイクのテクニックを使って歌うとよいでしょう。

フェイクをする際に「音程の動きが分かりづらいな」と感じたら、曲をスローにして聞いてみるとよいですよ。

Sponsored Link

優しさ(藤井風)の歌い方 Aメロ2の歌い方を解説

ちぃぽけ(っ)で/からぁぽ(っ)で

なんにももぉぉぉ(⤴︎⤵︎)てなぁあぃ

やさし(っ)さに/ふれるた(っ)び

わたしははぁ(⤴︎)ずぅ(⤴︎)かぁ(⤴︎)

 

Aメロ2では再びレイドバックを感じながら歌いましょう。

小さい「っ」を自然に入れながら歌ってみてくださいね。

2行目「持ってない」の「も」は、フェイクのテクニックを使って細かく音程を動かします。

そして、フレーズ終わりの「ない」は、少し音程を曖昧にさせて歌うとよいでしょう。

3行目「優しさ」の「や」は、セクシーにエッジボイスから歌い出します。

4行目「恥ずかしい」は、しゃくりのテクニックを使いながらメロディーを歌い、曖昧なピッチでフレーズを終えましょう。

「しゃくり」のテクニックに関してはこちらで詳しく解説しているので、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

優しさ(藤井風)の歌い方 Bメロ2の歌い方を解説 

しらぬまにーなくしちゃ(v)うかぁら

こぉころぉに(v)ふぅかぁくぅきざぁみこんだぁぁぁぁ(⤴︎⤵︎)(v)

あなたのぉまなぁざしぃ/

 

Bメロ2は、Bメロ1と同じように、レイドバックではなくレガートに歌うセクションになります。

ブレス(v)や区切り(/)のポイント以外はしっかりつなげて、滑らかに歌いましょう。

ただし、ブレスの際はできる限りさりげなくして、フレーズが途切れないように意識してみてくださいね。

2行目「刻みこんだ」の「だ」は、細かい音の移動が続きます。

少し難しく感じるかもしれませんが、何度も繰り返し歌ってみるとよいでしょう。

3行目「まなざし」の「し」は、伴奏にあわせてアクセントをつけると効果的ですよ。

優しさ(藤井風)の歌い方 サビの歌い方を解説

(ぃ)いまなにをーみ(っ)てーい(っ)た/

あなたのめーをみぃて(っ)た/

(ぃ)やさしさにーや(っ)らー(L)れった/

あぁーあのぉひとのこかげ(っ)でぇ/

(ぃ)いまなにをーみ(っ)てーい(っ)た/

あなたのか(っ)げをーみ(っ)た/

(ぃ)やさしさにふぅ(っ)るぅえ(っ)た/

ぁあぁーあのぉぅでのなかでーぇえぇー(⤴︎⤵︎)

※「あの腕のなかで」の「あ」が、『優しさ』の最高音「hiA#(A#4)」となっています。

 

サビは、冒頭のセクションよりも更にレイドバックを強調しながら、ゆったりとしたノリで歌いましょう。

3行目「やられた」の「れ」は、発音が「RE」よりも「LE」に近くなっています。

舌先を上の前歯の裏に少しつけるように発音してみてください。

4行目の歌い出しは軽くエッジボイスを使いましょう。

また、フレーズ終わりの「木陰で」の「で」は、曖昧なピッチとなっています。

8行目「腕」の「う」はほとんど発音せずに、「で」にアクセントを置いて歌いましょう。

また、「中で」の「で」は、フェイクのテクニックの効かせどころです。しっかりフェイクできるようになると、とてもかっこいいですね。

優しさ(藤井風)の歌い方 Dメロの歌い方を解説

おきざりぃにしたあいじょうをぉ

さがしにかぁえぇてぇぇーぇぇ(⤴︎⤵︎)

ぬくもりぃみちたかんじょうをぉ

いま(っ)よ(っ)びさぁまぁしてぇぇーぇ(⤴︎⤵︎)

こごえたぁこ(っ)ころぉがぁあ

あいにとぉけてぅうぅくぅ(⤴︎⤵︎)

はなの(っ)さぁくぅきせつぅ(っ)が

もど(っ)ってくぅ(⤴︎⤵︎)(っ)るーぅぅぅー(⤴︎⤵︎)(v)

Fu(⤴︎⤵︎)Fuぅぅぅぅぅー(⤴︎⤵︎)

※「覚まして」の「て」をフェイクさせた音が、『優しさ』の最低音「lowG(G2)」となっています。

 

ここまでのサビの高まりとは対照的に、Dメロはボリュームを抑えて歌うセクションになります。

優しい声で歌うことを意識してみてください。

2行目「探しに帰って」の「帰って」と、4行目「呼び覚まして」の「覚まして」は、

低音であることに加えて非常に細かい動きのフェイクを効かせている部分です。

力まずにリラックスして歌いましょう。

6行目は「溶けてゆく」の「ゆ」で裏声(ファルセット)になり、「ゆく」は細かく音を移動させます。

7行目の歌い終わりはピッチが曖昧になります。

8行目「戻ってくる」の「くる」は、裏声で発声しながらフェイクさせて歌いましょう。

9行目は、裏声の間に1音だけチェストボイス(胸声)に戻ってくる音があります。

少し難しく感じるかもしれませんが、何度も歌って慣れていきましょう。

「裏声(ファルセット)」のテクニックに関してはこちらで詳しく解説しているので、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

優しさ(藤井風)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

『優しさ』(藤井風)の、カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音が「hiA#(A#4)」で、最低音が「lowG(G2)」の『優しさ』は、女性にとっては、

原曲のままのキー設定だとかなり低音に感じることと思います。

そのため、少し余裕を持って歌うために、キーを3~4つ上げて歌うことをおすすめします。

平均的な音域の男性にとっては比較的歌いやすい楽曲であるといえますので、原曲のままのキー設定で歌えるでしょう。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

優しさ(藤井風)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

この記事では、藤井風さんの『優しさ』の歌い方をお伝えしてきました。

『優しさ』の歌い方のポイントは、こちらの2つです。

優しさ(藤井風)の歌唱ポイント
  • 「レイドバック」させてゆったりと歌う
  • 細かい音程の動き「フェイク」を意識する

『優しさ』では、曲の大部分でレイドバックを効かせてゆったりと歌うのがミソであり、なおかつ難しいところです。

しかし、各セクションの歌い方の解説でもご紹介したように、小さいひらがな(「っ」や「ぁ」など)を入れて歌うことで、

レイドバックのノリを感覚的につかむことができます。

また、フェイクのテクニックを使い、細かい節回しをするフレーズがたくさん登場します。

音の動きが分かりづらい場合は、曲をスローにして聞きながら、繰り返し練習するとよいでしょう。

『優しさ』は、J-POPによくあるAメロ→Bメロ→サビという展開とは異なり、

冒頭サビ→Aメロ1→Bメロ1→Aメロ2→Bメロ2→サビ→Dメロ→ラストサビという個性的な展開をしています。

普通よりも曲全体を歌うのが難しいかもしれませんが、その分、マスターできたら友人から浴びる称賛は大きいものになります。

風さんの『優しさ』を素敵に歌うあなたの歌唱を聴いて、友人は

「お洒落な曲を歌いこなしてすごいな」

「ずっと聴いていたくなるほど心地よいな」

と感動することでしょう。

是非、ボイトレマニアでご紹介したポイントをもとに、練習してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.