2022/01/13

ベテルギウス(優里)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

江口のりこさん主演のテレビドラマ『SUPER RICH』の主題歌として書き下ろされた、男性シンガーソングライター・優里さんの『ベテルギウス』

「ベテルギウス」とは、冬の星座オリオン座にある一等星です。

星座のような、人と人との強い繋がりを感じるロマンチックな歌詞が胸に迫ってくる、素敵な楽曲ですよね。

そんな印象的な楽曲だからこそ、カラオケなどでいざ歌うとなると、こんな悩みが出てくるのではないでしょうか。

「低い音から高い音まで、範囲が広すぎて歌うのが難しい」

「思いをどう表現したらいいか分からない」

「曲全体の歌い方が同じようになってしまう」

そこで、そんな悩みを解決するために、『ベテルギウス』を歌いこなすために大切な表現の方法や、思いの込め方音域やカラオケでのおすすめキー(男女別)について、詳しくお伝えしていきます。

『ベテルギウス』の歌い方のポイントは、大きく分けるとこちらの3つとなります。

『ベテルギウス』の歌い方ポイント
  • ウィスパーボイスで優しく歌う部分を意識する
  • 優しく歌うところと強く歌うところの抑揚をつける
  • 裏声で歌う部分をあらかじめ決めておく

以上の3点を意識して歌うことで、優里さんのように魅力的な『ベテルギウス』を歌唱することができますよ。

そして、あなたの歌を聴いた友人や恋人は、

「なんて歌が上手いんだろう!」

「すごく感動した」

「あなたの歌声が忘れられない」

と感嘆し、心を動かされることでしょう。

ぜひ、これからお伝えするポイントを参考に練習して、あなただけの『ベテルギウス』をマスターしてくださいね。

ベテルギウス(優里)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

優里『ベテルギウス』の Music Video

ベテルギウス(優里)の難易度は?

『ベテルギウス』はかなり難しい楽曲です。

1曲の中で使われる音域は2オクターブあり、とても広い範囲となっています。

それだけではなく、表現のために地声と裏声を何度も切り替える必要があります。

そして、音の細かい移動も多く、音程を取るのにかなり集中力を要する楽曲です。

ウィスパーボイスフォールなどの表現テクニックも多く使われています。

また、『ベテルギウス』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:S

音程:S

リズム:A

表現:S

リズムの難しさよりも、音程や表現の難しさが突出しています。

練習する際は、原曲を何度も注意深く聞きながら、音程の移動声の切り替わりを意識するようにしましょう。

歌い方のポイントを押さえながら自分のものにしていきましょう。

Sponsored Link

ベテルギウス(優里)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiD(D5)

・大丈夫 僕が「よhiD(D5)」こにいるよ(Dメロ)

※「」部分が最高音です。

  • 最低音:mid1D(D3)

・「まmid1D(D3)」るでそれはぼくらみたいに寄り添ってる(Aメロ)

※「」部分が最低音です。

※(lowlowFからhihiE(4.9))オクターブの図※

  • 最高音:hiD(D5) → 青色
  • 最低音:mid1D(D3) → ピンク色

女性はmid1FからhiDが平均的な音域で、

男性はmid1Aからmid2Gが平均的な音域です。

『ベテルギウス』は、最低音のmid1D(D3)~最高音のhiD(D5)で構成されており、女性にとっては少し低く感じる音域かと思いますので、キーを少し上げて歌うことをおすすめします。

男性にとっては、平均的な音域よりも高くなっています。

そのため、男性はキーを下げて設定すると歌いやすくなるでしょう。

詳しくは、後で紹介する「ベテルギウス(優里)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。じっくり本で学習したいなら、以下も参考にしてみてくださいね。

ベテルギウス(優里)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

空にあるなnに⤴︎かを(v)見つめて⤵︎たら⤴︎(v)

それは星だっ/て⤴︎君が(v)おしえ⤴︎てく⤵︎れた(v)

まるでそれはボkらみたいに(v)寄り添ぉ⤴︎ってる⤴︎⤵︎⤴︎(v)

それを泣いたぁり笑っ/た⤵︎(v)繋いで⤵︎いく(v)

※下の「」がこの曲の最低音mid1D(D3)です。

・「まmid1D(D3)」るでそれはぼくらみたいに寄り添ってる

 

Aメロはウィスパーボイスを使い、優しく歌いましょう。

息継ぎを何度もおこなっても大丈夫なので、その分たくさんの息を使って歌うのがポイントです。

1行目「なにかを」は、「に」の子音「n」を長めに発音しましょう。

切なさを表現することができますよ。

しゃくりやフォールが何度も出てきますが、このような音程の細かい移動も、切なさを表現するためにとても重要です。

2行目「星だって」の間の区切りも大切なので、ぜひ実践してみてください。

3行目「まるでそれはボクらみたいに」はリズムが難しいと感じるかもしれません。

その場合は、「まるで」「それは」「ボクらみたいに」と3つに分けてリズムを感じると、歌いやすくなりますよ。

また、「ボク」の「ク」は、「k」だけを発音して強調すると優里さんの素敵な雰囲気を出すことができます。

「寄り添ってる」の「る」は、音程を細かく動かしながら伸ばします。

優里さんの歌う原曲をよく聞きながら音をたどりましょう。

4行目「笑ったり」は、「た」の前を少し区切ります。

そうすることで、思いを噛みしめるニュアンスが表現できますよ。

「Aメロは、すべてウィスパーボイスで歌いましょう」ということは先ほどお伝えしましたが、実はウィスパーボイスは高度なテクニックです。

ウィスパーボイスの出し方のコツをこちらで紹介しているので、よかったら練習の参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

ベテルギウス(優里)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

何十/回 何百/回 ぶつかり⤵︎あって⤴︎(v)

何十年 何百年 昔の光が⤴︎(v)

h星自身もわすれ/たころに⤴︎⤵︎⤴︎

⤴︎⤴︎らnに⤵︎届いて⤴︎⤵︎⤴︎(v)

 

Bメロは、最初は優しく、そしてだんだんと強く歌うのがポイントです。

この抑揚を上手くつけられるかどうかで、サビをより輝かせることができるので、意識してみてください。

歌い出しから、2行目の「何十年」までは優しく歌いましょう。

そして、「何百年」からはだんだんと声を強くしていきます。

そのエネルギーのピークを、「星自身」に持っていきます。

この「星自身」ですが、「ほし」というよりも、むしろ「ほっし」と発音するように歌うと優里さんっぽくなりますよ。

「わすれたころに」の「すれたころに」は、裏声(ファルセット)で歌いましょう。

「に」は裏声のまま音を細かく動かすので、最後まで集中力を切らさないようにします。

また、裏声の出し方がよく分からないというあなたには、こちらがおすすめです。

練習のお供にどうぞ。

Bメロの最後、4行目「ぼくらに届いてる」は再び地声で歌います。

ただ、このフレーズの音程はとても複雑です。

攻略のポイントはやはり、優里さんの原曲を繰り返し聞くことです。

初めのうちはゆっくりと、少し慣れてきたら原曲のテンポに近づけて練習するようにしましょう。

Sponsored Link

ベテルギウス(優里)の歌い方 サビ1の歌い方を解説

b僕ら見つあって⤵︎ 手繰あって⤵︎ 同じ空(v)

輝くだって⤵︎だって⤵︎ 約束⤵︎した(v)

遥/か遠く終わらなぁいベ/テルギ⤴︎ウス(v)

誰かに(v)繋ぐ⤵︎魔法→⤵︎⤴︎(v)

 

ついにサビに入ります。

歌い出しの「僕ら」の「ぼ」は、子音「b」を爆発させるように歌いましょう。

1~2行目には、1音だけ裏声を使っているフレーズが4回出てきます。

しかし、1音だけ裏声で歌うというのはとても難しいテクニックです。

なのでその点は、歌いやすいよう柔軟に変えてしまって大丈夫です。

裏声で歌う音と地声で歌う音をあらかじめ自分で決めておいて、違和感なく歌えるようにしてください。

また、「見つけあって」や「手繰りあって」、「輝くのだって」、「二人だって」の「て」については、「て」で音程を急降下させるテクニック(フォール)を使うことがとても重要です。

ボイトレマニアでは、フォールの意味や出し方について詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

つづく3行目の「遥か」は、間延びしないように、必ず区切るようにしましょう。

4行目「魔法」は、音をまっすぐ伸ばしたすぐ後に音程が下がったり上がったりします。

1音ずつ確認しながら練習しましょう。

ベテルギウス(優里)の歌い方 サビ2の歌い方を解説

僕ら 肩らべ⤵︎ 手取合って⤵︎ 進んでく(v)

辛いとだって⤵︎ 泣かいって⤵︎ 誓っただろう⤴︎(v)

遥/か遠く(v)終わらないベ/テルギ⤴︎ウス(v)

君にも(v)えるだnろう 祈りが⤴︎⤵︎⤴︎(v)

 

サビ2の1~2行目はサビ1と同様に、あなたが歌いやすいように裏声と地声の切り替えるポイントを決めて歌いましょう。

また、こちらもサビ1と同じように、1~2行目のフォールはとても大切なので、必ずおこなうようにしてください。

2行目「誓っただろう」は、歌詞の意味を嚙みしめながら力強く歌います。

この時、音程をしゃくることで、より思いを表現することができますよ。

しゃくりをマスターすることができると、あなたの表現力が格段にアップします。

こちらでも詳しくお伝えしていますので、しゃくりのコツをぜひつかんでください。

4行目は、「見える」の「える」で一瞬優しくなり、「だろう」で再び強い声になります。

「だ」と「ろ」の間に「n」を入れるとよいですよ。

そして最後の「祈りが」は、音を大切に動かして伸ばしましょう。

Sponsored Link

ベテルギウス(優里)の歌い方 Dメロの歌い方を解説

どこまで(v) いつまで(v) 生きられるか⤴︎⤵︎

君が不安に⤵︎なるたびに強が⤵︎⤵︎んだ(v)

丈夫 僕が(v)⤴︎いるよ(v)

見え⤵︎ない 線を繋⤴︎⤵︎ごう(v)

※下の「」がこの曲の最高音hiD(D5)です。

・大丈夫 僕が「よhiD(D5)」こにいるよ

 

Dメロについて解説します。

「どこまで」の「ど」は、意識的に区切りましょう。

また、切迫した感じを表現するために、「どこまで」の後と「いつまで」の後は、息を吐いて吸うようにするのがおすすめです。

「生きられるか」は、急激に優しく歌いましょう。

2行目は、誰かを力づけるように歌うとよいですよ。

3行目は、「大丈夫」の「丈夫」と「よこに」の「こに」で裏声を使って、優しさを表現しましょう。

また、「よこに」の「こ」は、「くぉ」と発音すると優里さんのように歌えるでしょう。

優里さんのように、人を魅了する歌い方を身につけるのはどうしたらよいのでしょうか?

その答えを、こちらでお伝えしています。よかったら、あなたの練習の参考にしてみてください。

Sponsored Link

ベテルギウス(優里)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

女性のおすすめキー

最低音がmid1D(D3)、最高音のhiD(D5)『ベテルギウス』は、女性(地声の場合)にとっては、最低音は3音低く、最高音は1音高いです。

『ベテルギウス』には低音も多く使われています。

そのため、原曲キーのままでは苦しくなってしまうことが考えられます。

歌いやすくするために、キーを+2~+3に設定するとよいでしょう。

低音部も無理なく歌えるようになりますよ。

男性のおすすめキー

男性(地声の場合)にとっては、最低音は1音高く、最高音は3音高いです。

表現豊かに歌うためには、余裕を持つことが大切です。

そのためにも、キーを-2~-3にすることをおすすめします。

参考|男性・女性の平均的な音域

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

ベテルギウス(優里)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

最後に、『ベテルギウス』を魅力的に歌うポイントをまとめました。

『ベテルギウス』の歌唱ポイント
  • ウィスパーボイスで優しく歌う部分を意識する
  • 優しく歌うところと強く歌うところの抑揚をつける
  • 裏声で歌う部分をあらかじめ決めておく

3つの歌唱ポイント

『ベテルギウス』の歌唱ポイントは、大きく分けて3点です。

ウィスパーボイスで優しく歌う部分を意識する

『ベテルギウス』の魅力のひとつは、なんといっても優里さんのウィスパーボイスなのではないでしょうか。

特にAメロでは、優里さんはウィスパーボイスを使い優しく歌いあげています。

あなたも、大切な人に思いを届けるように、息をたっぷり使って優しい声で歌ってみましょう。

優しく歌うところと強く歌うところの抑揚をつける

曲のすべてを優しく歌ってしまうと、盛り上がりに欠ける歌唱になってしまいます。

そうならないために、優しく歌う部分と強く歌う部分の対比をしっかりと出していきましょう。

例えば、Bメロ中盤からだんだん強く歌うところや、Dメロの途中で急に優しくなるところなどです。

この抑揚を上手くつけることで、優しい部分と強い部分、それぞれのよさがよりいっそう際立ちますよ。

裏声で歌う部分をあらかじめ決めておく

『ベテルギウス』では、「1音だけ裏声」のように、声を切り替えるのが難しい部分があります。

裏声と地声の切り替えが難しい場合には、あなたが歌いやすいように切り替えポイントを変更しても大丈夫です。

裏声を使う音、地声で歌う音を、練習の段階であらかじめ決めておきましょう。

そうすることで、スムーズに歌うことができますよ。

 あなただけの『ベテルギウス』を

以上の3点を意識して歌うことで、あなただけの素敵な『ベテルギウス』を歌うことができますよ。

あなたの『ベテルギウス』を聴いた大切な人は、きっと心を動かされるはずです。

「あなたの思いがしっかりと届いた」と、感動してくれるでしょう。

思いを歌に乗せて表現できるようになると、ますます歌うことが楽しくなりますよ。

ボイトレマニアの私がお伝えしてきたポイントを参考に、『ベテルギウス』をあなただけの魅力的な楽曲に仕上げてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2022 All Rights Reserved.