2021/05/20

虹(菅田将暉)の歌い方を解説! カラオケでのおすすめキーを女性、男性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

Sponsored Search


 

この記事を書いている人 - WRITER -

俳優、そして歌手として多岐にわたる才能を発揮する菅田将暉さん。

歌手としては、米津玄師さん作詞・作曲の『まちがいさがし』や、

ドラマ「トドメの接吻(キス)」の主題歌『さよならエレジー』などのヒット曲を生み出しています。

そして、そんな菅田将暉さんの楽曲『虹』は、映画『ドラえもん STAND BY ME 2』の主題歌として使われました。

優しいメロディーや等身大の気持ちを描いた歌詞は、とても素敵ですね。

今これを読んでいるあなたも、きっとこの曲が好きで、歌えるようになりたいと思っているはずです。

そして、カラオケで歌う際の「自分に合ったキー」や、「少しでもうまく歌うためのポイント」も知っておきたいのではないでしょうか。

虹の歌い方ポイント

  • 「ウィスパーボイスで歌う部分」と「ハキハキと歌う部分」を使い分ける。
  • 大切な人への手紙を読んでいるように歌う。

そこで本編では、『虹』を歌うための適切なキー(男女別)や、ポイントとなる歌唱技術について解説していこうと思います。

歌唱技術では、ウィスパーボイスの効果的な使い方や注意点、歌詞をきちんと届ける方法、

ブレスアウトのやり方とメリットなど、様々なテクニックについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの表現力にさらにみがきをかけ、お友達に「もっと聴いていたい」と思わせるような『虹』を歌えるようになりましょう。

また、ウィスパーボイスなどの表現技法を学ぶことで、歌詞の意味や『虹』という曲の持つメッセージについての理解も、よりいっそう深まります。

それは、単純に歌い手としての愉しみでもありますし、また聴いている人の心に残る曲を歌うためにも、とても大切なことです。

ぜひ、この曲の練習を通して、より素敵な歌い手になって下さい。

虹(菅田将暉)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

菅田将暉『虹』の Official Music Video

虹(菅田将暉)の難易度は?

『虹』は、そこまで難易度の高い曲ではありません。

メロディーラインはとても歌いやすく、リズムもシンプルですね。

男性はサビが少し高いと感じるかもしれませんが、無理せずキーを下げれば、それほど苦労せずに歌えるようになると思います。

また、『虹』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:B

音程:B

リズム:B

表現:A

音程やリズムは難しくありませんが、ウィスパーボイスやアクセントなどの表現の付け方によって、聴こえ方が大きく変わる曲です。

その点を考慮して、表現はAとしました。

とても練習しがいのある曲ですので、是非チャレンジしてみてください。

Sponsored Link

虹(菅田将暉)の最高音と最低音は?

最高音「hiA(A4)」

1番のサビの「きつく結んだ目が」の「目」など

最低音「mid1C(C3)」

1番のAメロの「ほんとに」の「ほ」など

〈男性〉

最高音HiA(A4)は男性にとっては高い音ですね。

男性の場合、mid2F(F4)〜hiA(A4)の辺りは、声を張り上げて出してしまいそうな音域ですよね。

声を張り上げて高音を出す歌い方だと、1曲を最後まで歌い切るのは難しい上に、歌に表現を付けることもできなくなってしまいます。

なので、きちんとミックスボイスを習得できるまでは、キーを-2か-3くらい下げて歌うことをお薦めします。

〈女性〉

女性にとっては、最低音のmid1C(C3)はかなり低い音ですね。

もし低音が苦手という場合は、キーを+2から+3ほど上げると歌いやすくなると思います。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・ブレス(V):息を吸う

・しゃくり(⤴):音程を下からすくい上げるようにアタックする

・フォール(⤵):音の下降

・フェイク(⤴︎⤵︎):細かい音程の移動

・ストップ(/):フレーズの流れを急に止める

・ブレスアウト(^):息を吐いて音を切る

・ビブラート(〜):伸ばしの音を揺らす

・伸ばす(ー):シンプルに音を伸ばす

・エッジボイスを使ったアクセント(”):声帯の閉鎖を使ったエッジのきいたアクセント

・伸ばしで音の移動(ぁ ぃ ぅ ぇ ぉ):直前の音を伸ばしながら、その母音部分で音が変化している箇所

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

虹(菅田将暉)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

泣いて-/いいんだよ- v
そんな- ひとことに- v
僕は- すくわれ-んだよ v ほんとんに “りがとう v
情け-ないけれど- v だらし-いけれど- v
君を-/思うことだけで v “しぃ-たが がぁ-やく v

*下線部がこの曲の最低音C3です。

歌詞をきちんと喋ろう!

Aメロだけでなく、この曲全体を通して大切なことは、歌詞をきちんと喋るということです。

歌詞を見ると分かると思いますが、この『虹』という曲は、自分の大切な人に向けて歌っています。

歌詞が聴き取りづらいと、自分の大切な人に想いは伝わりませんよね?

なのでメロディーやリズムで歌詞をごまかさず、きちんと丁寧に言葉を発音しましょう。

「ドラえもん STAND BY ME 2」は、大人になったのび太としずかちゃんの結婚にまつわる話です。

結婚式で結婚相手に向かって自分の書いた手紙を読んでいるつもりで、歌ってみると良いかもしれませんね。

また試しにメロディーやリズムを一切無視して、歌詞だけを朗読してみて下さい。

とても良い練習になりますよ!

ウィスパーボイスで感情を表現しよう!

この曲では、所々にウィスパーボイスが使われています。

ウィスパーボイスを上手に使うことで、歌い手の感情が伝わりやすくなります。

特に「だらし-ないけれど-」の「だら」の部分はウィスパーボイスで歌ってみましょう。

そうすることで「だらしない」という言葉に、よりいっそう感情を乗せることができます。

ここで注意して欲しいのは、ウィスパーボイスだからと言って、歌詞を濁さないことです。

あくまで歌詞は、聴いている人に届くように、丁寧に発音するように心掛けましょう。

ウィスパーボイスについてもっと知りたい場合はこちらもお読みください。

エッジボイスでアクセントをつけよう!

「ほんとに “ありがとう」や、「”あしたが かがやく」の「あ」の音で、軽いエッジボイスが使われています。

エッジボイスとは、声帯の閉鎖を強めることによって作られる、エッジの効いた少しきつめの声です。

エッジボイスを使うことによって、音が籠もりがちになってしまう母音(あ、え、い、お、う)を、しっかりと強調して発音することができます。

エッジについてもっと知りたい場合はこちらもお読みください。

Aメロの歌い方のポイント

Aメロですが、しっかりと盛り上げるポイントを作って歌ってあげましょう。

それによって曲の序盤から、聴く人を惹きつけることができます。

盛り上げるポイントは、「すくわれた-んだよ」と「だらし-ないけれど-」の2カ所です。

【ウィスパーボイス】と【ハキハキ歌うところ】を使い分け、アクセントをしっかり付けて歌うことで、盛り上がりを作ることができますよ。

ぜひトライしてみて下さい!

Sponsored Link

虹(菅田将暉)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

ありのままのふたりでいいよー v

陽だまりみつけて あそぼうよ v

ベランダで水を“る君のぉー v

しも-とに/ ちい-さな-にじ- v

ね⤴︎⤵︎ぇ v

ウィスパーボイスで曲に強弱をつけよう!

「陽だまりみつけて あそぼうよ」は、途中でウィスパーボイスに切り替わります。

ウィスパーボイスの部分は、できるだけ優しく歌ってみて下さい。

これによって、音楽に強弱を付けることができ、表現も豊かになります。

「あしも-とに/ ちい-さな-にじ-」の歌い方

Bメロのこれ以前の部分は、言葉の文字数も多く、前に進んでいくようなリズムになっています。

しかし「あしも-とに/ ちい-さな-にじ-」の部分は、できるだけゆったりしっとりと歌ってあげましょう。

そうすると、サビに向けての期待感が高まりますよ。

Bメロの歌い方のポイント

「陽だまりみつけて あそぼうよ」の部分のウィスパーボイスは、早めのテンポの中で急に切り替わるため、少し難しいかもしれません。

ですが、これがしっかり決まると、表現力が一気に上がります!

ぜひ練習して、できるようになって下さい

Aメロ部分でも紹介しましたが、ウィスパーボイスについてもっと知りたい場合はこちらもお読みください。

Sponsored Link

虹(菅田将暉)の歌い方 サビの歌い方を解説

っしょう そばにいるから– vv

っしょう そばにい– v

いっしょう はなれないように- v

っしょうけんめいに v

きつくむんだがー v ほど-ぉけないように- v

かたくついだをー v 離さな⤴︎い kから⤵︎^

*太字がこの曲の最高音のA4です。

「いっしょう はなれない」は1文字1文字しっかりと歌おう!

「いっしょう〜」という歌詞が4回続いていますが、この「いっしょう はなれないように」の部分では、特にひとつひとつの音がしっかりと発音されています。

このことから、歌い手が、この「一生離れない」良いう言葉を、特に大切にしていることが伝わってきます。

もしかしたらこの言葉がこの曲の伝えたいメッセージなのかもしれませんね。

ぜひ、あなたなりの思いを込めて「一生離れない」と歌ってみて下さい。

「離さな⤴︎い kから⤵︎^」の歌い方

まず、「な」の音では、しゃくり(⤴︎)が使われています。

また「から」の「か」と言う時には、子音のkの音を強く発音しています。

さらに「ら」の後の伸ばしの音をフォール(⤵︎)させて、最後は息を吐きながら音を切っています(ブレスアウト)(^)。

このような細かい歌い方の工夫によって、サビの最後に力強い印象を残すことができますね。

サビの歌い方のポイント

サビの1番のポイントは「一生離れない」という歌詞をしっかりと歌うことですね。

この曲のキーワードでもあるので、大切に歌ってあげましょう。

この言葉を聴いている人にしっかり届けることができたら、あなたの歌はよりいっそう魅力的なものになると思います。

Sponsored Link

虹(菅田将暉)の歌い方 Dメロの歌い方を解説

ぞくやともだちのこと〜 v んな-僕のこと〜 v

つも^いじに笑うから v けて-/ るんだよ〜 v

何にもなかった空に〜 v つんと輝いていた〜^ v

「ありがとう」に変わる言葉 v ず-っと探していたんだ v

ブレスアウト(^)

「いつも^だいじに笑うから」と「ぽつんと輝いていた〜^」の部分では、ブレスアウトという技術が使われています。

ブレスアウトとは息を吐いて音を切る技術です。

ブレスアウトのメリットには以下のようなものがあります。

  1. 音がない部分(休符の部分でも)疾走感を失わない
  2. 息遣いを聞かせることで、感情表現が豊かになる
  3. 余った息を吐き切ることで、息が吸いやすくなる

ブレスアウトのコツ:音を切るタイミングで少し多めに息を吐くように意識すると、うまくブレスアウトできると思います。

ハキハキ→ウィスパーボイスでメリハリを付けよう!

ブリッジの最後の部分では、ハキハキ歌う部分と、ウィスパーボイスで歌う部分を上手に使い分けて歌いましょう。

「『ありがとう』に変わる言葉」=ハキハキ、声を張って歌う

「ずーっと探していたんだ」=ウィスパーボイスで優しく歌う

こうすることで音楽にメリハリが付き、最後の大サビに向けてよりいっそう盛り上げていくことができます。

「ず-っと探していたんだ」の音程に注意!

この部分は意外と音程が取りづらいので注意して下さい。

練習する時ですが、まずは音をひとつひとつ確認しながら、ゆっくり歌ってみましょう。

きちんと音が取れたら、少しずつ歌うテンポを早めていきます。

最終的には、その前の歌詞(「『ありがとう』に変わる言葉」)から続けて歌えるようにしましょう。

Dメロの歌い方のポイント

このDメロのポイントは、やはり最後の1行の歌い方ですね。

【ハキハキ歌うところ】と【ウィスパーボイス】で歌うところの差を明確につけましょう。

ここが決まると、大サビに向けて期待感が高まります。

ブレスアウトについてもっと詳しく知りたい場合はこちらもお読みください。

Sponsored Link

虹(菅田将暉)のカラオケでのおすすめキー 女性、男性別にいくつのなのか紹介

〈女性〉

Aメロでは、最低音のmid1C(C3)など、女性にはかなり低い音が出てきますね。

そのため、キーを+2から+3ほど上げると歌いやすくなると思います。

〈男性〉

サビの後半部分は高い音が集中していますね。

特にA4はかなり高いと思います。

もし高音があまり得意ではなければ、-2か-3ほど下げて歌ってみて下さい。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

虹(菅田将暉)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

『虹』全体を通しての歌唱ポイントは大きく2つです。

虹の歌唱ポイント

  • 「ウィスパーボイスで歌う部分」と「ハキハキと歌う部分」を使い分ける。
  • 大切な人への手紙を読んでいるように歌う。

これらを意識して歌うことで、音楽的に豊かになるだけでなく、歌詞の内容がよりいっそう聴いている人に届くようになります。

その結果、より魅力的な、聞き手の心に残る『虹』を歌うことができるでしょう。

『虹』は、比較的歌いやすい曲ではありますが、あなたの歌い方次第で、印象は大きく変わります。

ここで紹介したテクニックや歌い方を参考にしつつ、あなたなりの『虹』を歌えるようになって下さい。

そうすれば、あなたの歌う『虹』は、きっと聴いた人が何年経っても忘れないほど、素敵な歌になると思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.