2022/01/31

糸(中島みゆき)の歌い方を解説!カラオケでのおすすめキーを男性、女性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

多くのアーティストにカバーされている名曲「糸」(中島みゆき)

2020年には菅田将暉と小松菜奈主演による映画「糸」が公開され、主題歌の「糸」(中島みゆき)が再び注目を浴びました。

この老若男女に愛される名曲「糸」(中島みゆき)をカラオケで歌いたい!

結婚式で歌って感動させたい!

なんて思いますよね。

でも、

「聴いてる人を感動させられるように歌えるか心配」

「キーの調整は必要かな」

「どんな表現のテクニックが使われているかな」

などと思っていませんか?

ボイスマニアでは、歌い方のコツを徹底解説します!

歌い方のポイントは次の3つです。

糸(中島みゆき)の歌い方ポイント
  • 抑揚をつけて歌う
  • 平均的な音域ならキーはそのままで歌う
  • ビブラートしゃくりとフォールなどで表現をつける

以上のことに気を付けて歌えば、きっとあなたも「糸」(中島みゆき)表現たっぷりに歌い上げることができるでしょう。

そして、あなたの歌を聴いた人から

「とっても上手だね、すごく感動したよ!」

と言ってもらえるでしょう。

それでは解説していきます。

糸(中島みゆき)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

中島みゆき『糸』の Music Video

糸(中島みゆき)の難易度は?

『糸』(中島みゆき)はテンポもゆっくりで歌詞も短めです。

その分、表現力をしっかりつけて歌うことが必要になります。

『糸』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:B

音程:B

リズム:C

表現:A

音程は、しゃくりとフォールが多いので音程がふらつきやすいです。

また、テンポがゆっくりで言葉数が少ないので、音を外すと目立ちやすいかもしれません。

確実に音程をとれるように練習する必要があります。

リズムは比較的簡単です。

表現は、のっぺりとした歌い方にならないように、抑揚を意識して歌う必要があります。

以上のことから難易度はB(普通)となります。

Sponsored Link

糸(中島みゆき)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiB♭(B♭4)

・どこにい「たhiB♭(B♭4)」の

・いつか誰か「をhiB♭(B♭4)」

※「」部分が最高音です。

  • 最低音:mid1F(F3)

・めぐりあう「のmid1F(F3)」かを

・た「てmid1F(F3)」のいとはあぁなた 

※「」部分が最低音です。

※音域で(lowlowFからhihiE(4.9オクターブ))の図※

  • 最高音:hiB♭(B♭4) → 青色
  • 最高音:mid1F(F3) → ピンク色

男性はmid1Aからmid2Gが平均的な音域で、

女性はmid1FからhiDが平均的な音域です。

男性にとっても、女性にとってもだいたい平均的な音域なので、

カラオケで歌う場合は、自分の高音や低音の不得意に合わせてキーを設定して歌うことをおすすめします。

詳しくは、後で紹介する「糸(中島みゆき)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。じっくり本で学習したいなら、以下も参考にしてみてくださいね。

糸(中島みゆき)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

なぁ⤴~ぜ ~(v) めぐぅ⤵りあうのかをぉ⤴~ v

ぅわ~たしーちは~ v ぁ⤵にも~ v しぃー⤵らない~ v

いぃ⤴ーつー~(v) めぐぅ⤵りあうのかぁをぉ⤴~ v

ぅわ~たしーちは~ v ぃ⤴つも v ぃ/らぁない v

※めぐりあう「の」かを

「」がこの曲の最低音になります。

しゃくりとフォールで表現しよう

曲中にたくさんしゃくりとフォールの箇所があります。

「めぐぅ⤵りあうのかをぉ⤴~」の「ぐぅ⤵」は、母音の「ぅ」の音をずり下げるように歌います。

これをフォールといいます。

「をぉ⤴」は母音の「ぉ」の音をずり上げるように歌います。

これをしゃくりといいます。

どちらも母音を意識して歌います。

スローなテンポで言葉数もそんなに多くないので、しゃくりとフォールでしっかりメロディーを作って歌います。

あなたがどうしてもしゃくりとフォールが難しいという場合は、以下を参考にしてみてくださいね。

ビブラートを効かせよう

「なぁ⤴~ぜ ~」の「~」はビブラートで表現します。

ビブラートを効かせるのは中島みゆきの歌い方の特徴ですね。

歌詞がぐっと心に響く感じがします。

「糸」の曲中にもたくさん出てくるので、ぜひ練習して取り入れてください。

「ぅわ~たしーちは~」は、真っすぐ伸ばす部分とビブラートがあります。

意識して使い分けると抑揚がついて表現力がアップします。

あなたがどうしてもビブラートができないという場合は、以下の解説を参考にしてみてくだい。

Aメロの細かい歌い方をチェック!

・「ぅわ~たしーちは~」の「わ」の前に小さく「ぅ」を入れて歌い始めるととても発声しやすくなります。

・「めぐぅ⤵りあうのかぁをぉ⤴~」の「かぁ」は、はっきりと押し出すように発声します。

母音の「ぁ」も意識します。

同様に「ぃ/らぁない」の「らぁ」もはっきりと発声します。

Sponsored Link

糸(中島みゆき)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

どこにい~ぁー⤵ v 生きて~き~たぁ⤴の やさしく v

遠いぉ⤵らのしたぁ⤴ v ふたつのぉもぉぉ⤵がたぁ⤵り 

※どこにい「た」の

「」がこの曲の最高音になります。

裏声を綺麗に響かせよう

しっとり聴かせる曲なので、裏声は綺麗に響かせたいですね。

「どこにい~ぁー⤵ 」の「ぁー⤵」の部分が裏声です。

綺麗な裏声で歌うことで、やさしさで包むような感じを表現できるといいですね。

あなたがどうしても裏声がかすれてしまうという場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。

Bメロの細かい歌い方をチェック!

・Aメロはわりとしっかりと発声するのに対して、Bメロはやさしく歌う箇所がいくつかあり、抑揚をつけて歌うためにもチェックしておく必要があります。

「生きて~き~たぁ⤴の」のフレーズ終わりの「の」、  「遠いぉ⤵らのしたぁ⤴」の「遠い」、 「ふたつのぉもぉぉ⤵がたぁ⤵り」の「たぁ⤵り」は、弱く、やさしく歌います。

・「ふたつのぉもぉぉ⤵がたぁ⤵り」のアクセントの部分は、母音を意識して押し出すような感じでリズムに合わせて歌います。

Sponsored Link

糸(中島みゆき)の歌い方 サビの歌い方を解説

ーてのいとぉ⤵はあぁなた~ v

ー~このいとぉ⤵はわたしぃ⤴⤵~ v

織りなすぬぅ⤵のはぁ⤴~ v いぃ⤵つか誰かをぉ⤴~ v

あたためうぅ⤵るかも v しれなぁ⤵いぃー~

※「」がこの曲の最高音になります。

・いつか誰か「を」

「」がこの曲の最低音になります。

・た「て」のいとはあぁなた 

サビの細かい歌い方をチェック

「たーてのいとぉ⤵」の「たー」は、ビブラートせずに、しっかりとまっすぐ伸ばしましょう。

「織りなすぬぅ⤵のはぁ⤴~」の「な」の発声は、他の部分より小さく控えめに歌います。

細かいですが、強弱の抑揚が聴いている人の心に響くので、ぜひ試してみてください。

ウィスパーボイスで歌おう

「あたためうぅ⤵るかも」の「あたため」は、ウィスパーボイスといってささやくように歌います。

小さくささやくように歌うことで、大切に想う気持ちがが表現できますね。

あなたがどうしてもウィスパーボイスで歌うのが難しいという場合は、以下の解説を参考にしてみてくだい。

糸(中島みゆき)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がhiB♭(B♭4)で、最低音がmid1F(F3)「糸」は、

男性にとっては、最高音は1音高く、最低音は音高いので、キーをそのままで歌うか、高音が苦手ならキーを-1か、-2にすることをおすすめします。

女性にとっては、最高音が音低く、最低音が2音低いので、キーはそのままか、低音が苦手ならキーを+2にするといいですね。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

糸(中島みゆき)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

『糸』(中島みゆき)の歌い方のポイントをまとめました。

糸(中島みゆき)の歌唱ポイント
  • 母音を意識してしゃくりとフォールで表現する
  • ビブラートを効かせて歌う、真っすぐ歌うところと区別する
  • 綺麗な裏声を響かせる
  • 歌詞が聴きとりやすいように、アクセントやはっきり発音する箇所に気を付ける
  • 強弱に気を付けて、抑揚をつける
  • キーはそのままか、自分の高音か低音の得意に合わせて調整する

以上のことに気を付けて歌えば、きっとあなたも『糸』を情緒たっぷりに歌い上げることができるでしょう。

そして、あなたの歌を聴いた人から

「この名曲を上手に歌えるなんてすごい!」

と感動してもらえるでしょう。

ぜひ周りの人と名曲に浸ってみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2022 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!