ハート(あいみょん)の歌い方を解説!カラオケでのおすすめキーを男性、女性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

『ハート』(あいみょん)は、TVドラマ「婚姻届けに判を捺しただけですが」の主題歌となっています。

可愛すぎず、でも恋愛の心を絶妙に表現しているあいみょんの歌はとても人気がありますね。

この『ハート』も歌詞が心にキュンと入ってくるバラードです。

この素敵な恋愛ソングを心を込めてうまく歌い上げたいと思いますよね。

でも、

「あいみょんの歌特有の節回しをうまく歌えるかな」

「表現がうまくできるテクニックを知りたい」

「サビやDメロのリズムがうまく取れるか心配」

などと思っていませんか?

ボイトレマニアでは『ハート』の歌い方のコツを徹底解説します!

歌い方のポイントは次の3つです。

ハート(あいみょん)の歌い方ポイント
  • しゃくりとフォールフェイクを使って表現する。
  • 地声と裏声の切り替えをしたり、チェストボイスで歌う
  • アクセントを意識してリズムをとる

以上のことに気を付けて歌えば、きっとあなたも『ハート』をかわいく、そしてかっこよく歌うことができるでしょう。

そして、カラオケなどであなたの歌を聴いた人から

「上手に歌ってかっこいい!」

と言ってもらえるでしょう。

それでは解説していきます。

ハート(あいみょん)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

あいみょん『ハート』の Music Video

ハート(あいみょん)の難易度は?

『ハート』はバラードなので、テンポはゆっくりですが、淡々とした歌い方にならないように、表現のテクニックでしっかり感情を表現して、聴く人の心に届けましょう。

『ハート』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:B

音程:B

リズム:B

表現:A

音程は、しゃくりとフォールフェイクの箇所で音程がふらつきやすくなります。

また、チェストボイスで歌う箇所があるので、思いっきり発声できるようにキーの調整をしてください。

リズムは、それほど難しくはありませんが、1フレーズに言葉数が多い箇所があるので、ずれないように注意が必要です。

表現は、しゃくりとフォールフェイクのテクニックがたくさん出てきます。

真っすぐ伸ばすところと使い分けながら歌います。

以上のことから難易度はB(普通)となります。

Sponsored Link

ハート(あいみょん)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiD#(D#5)

わが「まhiD#(D#5)」まかしら

あなたをおもって「るhiD#(D#5)」

※「」部分が最高音です。

  • 最低音:mid1F#(F#3)

つたえることが難しいこ「とmid1F#(F#3)」  

「ちmid1F#(F#3)」かくにいればいるほど

「むmid1F#(F#3)」ねがいたい 

「ねmid1F#(F#3)」むたい夜に眠れないこ「とmid1F#(F#3)」 

「よmid1F#(F#3)」そくできない帰りを

「ひmid1F#(F#3)」とつになる度きたいするこ「とmid1F#(F#3)」 

「ちmid1F#(F#3)」かくにいれば

「やmid1F#(F#3)」わいじかん 

「見mid1F#(F#3)」すぎたりそっとわらわれぇたこ「とmid1F#(F#3)」 

「わmid1F#(F#3)」たしの隅で

※「」部分が最低音です。

※音域(lowlowFからhihiE(4.9オクターブ))の図※

  • 最高音:hiD#(D#5) → 青色
  • 最低音:mid1F#(F#3) → ピンク色

男性はmid1Aからmid2Gが平均的な音域で、

女性はmid1FからhiDが平均的な音域です。

平均的な男性にとっても、女性にとっても少し高い音域になってくるので、

カラオケで歌う場合はキーを下げて歌うことをおすすめします。

詳しくは、後で紹介する「ハート(あいみょん)のカラオケでもおすすめキーを男性、女性別にいくつなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。じっくり本で学習したいなら、以下も参考にしてみてくださいね。

ハート(あいみょん)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

えることが難しぃ⤴こと  v

くにいればいるどぉ⤴なんだかーぁ⤴ v

がいぃ⤴たい v

たい夜に眠れなぁ⤴いこと v

くできない帰をぉ⤴待ってるーぅ⤴ v

たぁ⤴しがぁーいるー v

つになるぅ↓度 きいすること v

くにいればいつはぁ⤴待ってるーぅ⤴ v

わぁいじぃ⤴かん v

ぎたりそぉ⤵とわらぁわれぇたこと v

たぁしの隅で小く高鳴ってるぅ⤴ぅ⤴ v

らぁ⤴いが泣くー

※「」がこの曲の最低音になます。

つたえることが難しいこ「と」  

「ち」かくにいればいるほど

「む」ねがいたい 

「ね」むたい夜に眠れないこ「と」 

「よ」そくできない帰りを

「ひ」とつになる度きたいするこ「と」 

「ち」かくにいれば

「や」わいじかん 

「見」すぎたりそっとわらわれぇたこ「と」 

「わ」たしの隅で

♦しゃくりやフォールで歌う箇所を意識してみてください。

「つえることが難しぃ⤴こと」の「しぃ⤴」は、母音の「ぃ」の音をずり上げるように歌います。

これをしゃくりといいます。

「見ぎたりそぉ⤵とわらぁわれぇたこと」の「そぉ⤵」は、「ぉ」の音をずり下げるように歌います。

これはフォールといいます。

どちらも曲中にたくさん出てきて、あいみょんの歌い方の特徴ですね。

「ちくにいればいるどぉ⤴なんだかーぁ⤴」の「かーぁ⤴」は、「かー」と真っすぐ伸ばしてから「ぁ⤴」としゃくります。

他にもフレーズ終わりにこのように歌う箇所があるので意識して歌ってみてください。

しゃくりやフォールのときには音程がふらつきがちになるので注意が必要です。

あなたがどうしてもしゃくりとフォールが難しいという場合は、以下を参考にしてみてくださいね。

♦「よくできない帰をぉ⤴待ってるーぅ⤴」の「り」や「る」のようなラ行は、少し巻き舌気味に歌っています。

曲を通してそうなので、意識して歌ってみるとあいみょんの雰囲気が出るのではないでしょうか。

Sponsored Link

ハート(あいみょん)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

さよなぁ⤵らはぁ⤵ v

わがままぁ⤵しらぁ⤵ v

ただなたの v なたのこころを(wo)奪えたらぁ⤵ー

※「」がこの曲の最高音になます。

わが「ま」まかしら

♦地声と裏声を切り替えて歌う箇所に注目してみてください。

「わがままぁ⤵しらぁ⤵」の「わが」を地声で歌い、「まま」は裏声、また「かぁ⤵」を地声で歌います。

裏声から地声に切り替えるときに、「かぁ⤵」にアクセントをつけると切り替えやすいです。

あなたがどうしても地声と裏声の切り替えが難しいという場合は、以下を参考にしてみてください。

また、自分が裏声を出せているかわからない、という場合もあるかもしれません。

そういう場合は以下も参考にしてみてくだい。

♦「さよなぁ⤵らはぁ⤵」の「嫌」は「いやー」と伸ばさずに、はっきり「イヤ」と発声して、きっぱり拒否するイメージを表現します。

♦「なたのこころを(wo)奪えたらぁ⤵ー」の「を」は、「wo」(ぅを)のように前に小さく「ぅ」を入れる感じで歌います。

Sponsored Link

ハート(あいみょん)の歌い方 サビの歌い方を解説

寒さ負けなよなぬもりでなたのとぉ⤴ーぉ⤴ー v

あたためてぇ⤴ー v

あげられるーぅ⤴ー v

自信あるこばかりじゃないけどわたのぉ⤴ぉ⤴ー v

の眼にぃー v

嘘がぁ⤴いぃ⤵こと v

わかぁ⤵ってほしいーぃ⤵ぃ⤴⤵ー v

きぃ⤴っとぉ v これはいのはぁ⤴じぃ⤵まりーぃ⤴ー v

♦リズムに乗って歌うことに意識をしてみてください。

「寒さ負けなよなぬもりでなたのとぉ⤴ーぉ⤴ー」は、一息で歌います。

そして、言葉数が多いので、アクセントを意識して言葉が合うようにしてください。

リズム自体は難しくないので、リズムに乗って歌ってくださいね。

あなたがどうしてもリズムをとるのが難しいという場合は、以下の解説を参考にしてみてくだい。

♦サビは全体的に声を張って歌いますが、「あたためてぇ⤴ー」と「きぃ⤴っとぉ」の部分は優しい感じで歌います。

そして、最後のフレーズにある「い」は強く歌って抑揚をつけます。

ハート(あいみょん)の歌い方 Dメロの歌い方を解説

に怒らせたりして ~ v

優柔不断になぁ⤴いて v

あなたぁ⤴⤵をこぉ↓まらぁ⤴ぅ⤵てんさいぃ⤵だねぇ⤴⤵ v

でもふりむすばれてからぁ⤵ v

始まる恋もーあぁ⤴るよだぁ⤵からー v

今日もー v

たをおぉ⤴ってるぅ⤴ぅ⤵ーーー

※「」がこの曲の最高音になります。

あなたをおもって「る」

♦「あなたぁ⤴⤵をこぉ↓まらぁ⤴ぅ⤵てんさいぃ⤵だねぇ⤵⤴」は一息で歌います。

途中、しゃくりとフォールや母音の音程を急降下させるドロップ(↓)、母音の音程を上下させるフェイク(⤵⤴)が使われています。

リズムと音程に気を付けて何度も練習してみてください。

チェストボイスに挑戦してみてください。

「あたをおぉ⤴ってるぅ⤴ぅ⤵ーーー」のフレーズは、だんだんと大きく歌います。

最後「るぅ⤴ぅ⤵ーーー」の部分は高音ですが、裏声ではなく地声で声を張って歌います。

高音を地声で歌う歌い方をチェストボイスといいます。

難しい場合はキー調整をしたり、以下の解説を参考にしてみてくだい。

ハート(あいみょん)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がhiD#(D#5)で、最低音がmid1F#(F#3)「ハート」は、

男性にとっては、最高音は6音高く、最低音は6音高いので、キーを-6にすることをおすすめします。

女性にとっては、最高音が3音高く、最低音が1音高いので、高音が得意ならキーを₋1、低音が得意ならキーを-3くらいにするといいですね。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

ハート(あいみょん)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

『ハート』(あいみょん)の歌い方のポイントをまとめました。

ハート(あいみょん)の歌唱ポイント
  • しゃくりとフォールで表現する。
  • あいみょん独特の節回しのフェイクを使って表現する
  • ラ行を巻き舌気味にして歌う
  • 裏声から地声に切り替えるときにアクセントをつける
  • サビとDメロの言葉数が多いフレーズは、アクセントを意識してリズムをとる
  • 強弱を意識して抑揚をつける
  • Dメロの高音部はチェストボイスで歌う

以上のことに気を付けて歌えば、きっとあなたも『ハート』(あいみょん)を気持ちを表現しながら、うまく歌うことができるでしょう。

そして、あなたの歌を聴いた人から

「心がこもっていてすごく上手だった!」

と言ってもらえるでしょう。

ぜひカラオケなどで挑戦してみてください。

あいみょんの他の楽曲の歌い方を知りたい場合は、以下の解説を参考にしてみてくだい。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© ボイトレマニア , 2022 All Rights Reserved.