2021/11/05

大正浪漫(YOASOBI)の歌い方を解説!カラオケでのおすすめキーを男性、女性別にいくつなのか紹介

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -

『大正浪漫』(YOASOBI)は、NATSUMIによる小説「大正ロマンス」を原作に作られた楽曲です。

どこか懐かしいメロディーと速いテンポが時代を超えて駆け抜ける恋のイメージにピッタリです。

この疾走感のあるドラマチックな曲を歌ってみたい!と思いますよね。

でも、

「テンポが速くてついていけるか心配。」

「細かいリズムをうまくとれるかな。」

「サビの裏声を綺麗に歌えるかな。」

などと思っていませんか?

ボイトレマニアでは、『大正浪漫』の歌い方のポイントを徹底解説します!

歌い方のポイントは次の3つです。

大正浪漫(YOASOBI)の歌い方ポイント
  • アクセントの位置を意識して歌う
  • ブレスや区切る位置を確認してリズミカルに歌う
  • 地声と裏声の切り替えをする

以上のポイントとこれから解説するポイントに気を付けて練習すれば、きっとあなたも『大正浪漫』をリズムにのって爽やかに歌うことができるでしょう。

そして、周りの人から

「テンポの速い曲を上手に歌うね!」

と褒めてもらえるでしょう。

それでは解説していきます。

大正浪漫(YOASOBI)の歌い方・難易度、最高音、最低音は?

YOASOBI『大正浪漫』の Music Video

大正浪漫(YOASOBI)の難易度は?

『大正浪漫』は音域の幅がとても広く、自分の音域を知ってキー調整する必要があります。

また、テンポが速く言葉数が多いので、しっかり歌い方のポイントをおさえて、テンポに乗り遅れないように練習してくださいね。

『大正浪漫』の歌い方を音程、リズム、表現に分けて、【S(かなり難しい)】【-A(難しい)】【-B(普通)】【-C(易しい)】で評価をすると以下のようになります。

難易度:A

音程:A

リズム:A

表現:A

音程は、しゃくりやドロップが多く、母音の音程まで意識して歌う必要があります。

また、音域の幅が広くキー調整が難しいので、自分が高音が得意か、低音が得意か、どれくらいまで高音が出せそうかなどを考えてキー調整してください。

リズムは、ブレスや区切って歌う箇所が度々あり、そのリズムをとって歌うのが少し難しいかもしれません。

テンポが速いので、ずれたり遅れたりしないように何度も練習してください。

表現は、エッジボイスやブレスアウトの表現が回数は少ないですが出てきます。

しゃくりとドロップ、地声と裏声の切り替えがしっかりとマスターして歌いたい表現です。

以上のことから難易度はAとなります。

Sponsored Link

大正浪漫(YOASOBI)の最高音と最低音は?

  • 最高音:hiF#(F#5)【裏声】

・はるかかなたひゃ「くhiF#(F#5)」ねんさきの

※「」部分が最高音です。

2番の歌詞中にあるので、この記事には登場しません。

  • 最低音:mid1F#(F#3)

・始まりは1通のて「がmid1F#(F#3)」み

・もじにこ「めmid1F#(F#3)」て伝え合ううちに

※「」部分が最低音です。

平均的な男性にとっても、女性にとっても少し高い音域になってくるので、

カラオケで歌う場合はキーを下げて歌うことをおすすめします。

詳しくは、後で紹介する「大正浪漫(YOASOBI)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介」の部分を読んでみてください。

Sponsored Link

色と表現、テクニック解説!

以下のように表現によって色を変えています。

裏声(ファルセット)

喉に力を入れずにリラックス状態を保ったまま、息をお腹から出す発声方法です。

アクセント

音の強弱の付ける部分を示しています。

ウィスパーボイス

ささやき声やそれに近い息漏れの発声方法を示しています。

ハキハキと発声

はっきりと発声する部分を示しています。

エッジボイス

声帯を閉めて発声し、ガラッとした音を出す箇所を示しています。

ブレスアウト

吐くようにして音を切る歌い方の部分を示しています。

 

また、テクニックも記号を使って解説しています。

テクニック解説

・しゃくるところ(⤴︎)

・フェイク(⤴︎⤵︎)

細かい音程の移動が続く。

・フォール(⤵︎)

投げ捨てるように語尾を歌う。

・ドロップ(↓)

鼻から口に響きを移して音程の急降下。

・区切る(/)

一瞬息を止めるイメージ。

・ブレス(v)

 

テクニックについてはボイトレ本で勉強するのもオススメです。気になる場合は、以下も参考にしてみてくださいね。

大正浪漫(YOASOBI)の歌い方 Aメロの歌い方を解説

 

る日突然 v にそれぇ↓は v おと/ずれ/たぁ⤴できぃ⤴ごと v

はじまりはいっつうの v 手紙 v

おくりぬし v ははるかむぅ↓かを生きるきみぃ⤴ v

そんなふか/しぎな/あい v

僕の時代 v にはいぃ↓ま v こんなものがあぁて v

こんな暮らしぃ⤴ v をしているよ

文字にめてつたえあうう~ちに  v

いつしかめ/ばぁ↓えたロマァ⤴ンス

 

※「」がこの曲の最低音になります。

・始まりは1通のて「が」み

・もじにこ「め」て伝え合ううちに

エッジボイスで表現しよう

「ある日突然」の「あ」はエッジボイスで歌います。

歌い始めの最初の音から高度なテクニックが使われていますね。

エッジボイスは声帯を閉めて苦しい感じで歌い、ガッラとしたような音を出す歌い方です。

どうしてもエッジボイスが出せない!という場合は、以下を参考にしてみてください。

しゃくりとドロップで表現しよう

母音の音をずり上げて歌う歌い方をしゃくりといいます。

「おと/ずれ/たぁ⤴できぃ⤴ごと」の「たぁ⤴」は母音の「ぁ」の音をずり上げるようにして歌います。

難しければゆっくりのテンポで歌ってみたり、楽譜が読めるならドレミで歌ってみたりすると効果的です。

しゃくって歌うのが難しいよという場合は、以下を参考にしてみてください。

「にそれぇ↓は」の「れぇ↓」は、母音の「ぇ」の音を急降下させて歌う歌い方です。

これをドロップといいます。

曲中に何度も出てきていて、ikuraさんの歌い方の特徴でもありますね。

なかなか難しい歌い方ですが、ぜひチャレンジしてみてください。

Sponsored Link

大正浪漫(YOASOBI)の歌い方 Bメロの歌い方を解説 

決して会うことのできない v ぼくら v

のせ/かいかぁ⤵ら v

つづるこ/とば v つのるお(ん)もい~ v

すがたさえー v 知/な/ま v

ブレスアウトで表現しよう

「すがたさえー 」

のフレーズ終わりを「もー」と伸ばした後、息を吐くようにして音を切ります。

「すがたさえもーー(ハッ)」という感じです。

この表現をブレスアウトといいます。

やるせないような気持ちを表現できますね。

どうしてもブレスアウトができないという場合は、以下を参考にしてみてくだい。

「つのるお(ん)もい~」の「お」と「も」の間に小さく「ん」を入れて歌うと歌いやすいです。

Sponsored Link

大正浪漫(YOASOBI)の歌い方 サビの歌い方を解説

どん v ときも v きみのことばをぉ⤴ v

まちがれてるんだ

生きる時代はちがうけぇ⤵ど v

ん v どでも v じかんをこえ/て v

き(ん)みと v き(ん)みと v つた/えうお(ん)もい v

ねががか/なうなら v

ひ/めでい/いからぁ⤴ v

あいた/いな v す/きだからぁ⤴

地声と裏声の切り替えをしよう

「きみのことばをぉ⤴」は、「き」を地声で、「みの」を裏声、「ことばを」をまた地声で歌います。

このように地声と裏声を切り替えて歌うのは少し難しいテクニックかもしれません。

ゆっくりのテンポから練習してみてください。

また、裏声から地声に切り替えるときの「きみのことばをぉ⤴」の、「こ」の音にアクセントをつけると切り替えやすいので、意識して歌ってみてください。

どうしても地声と裏声の切り替えができない場合は、以下を参考にしてみてくだい。

リズムにのって歌おう

曲を通して言葉数が多く、テンポも速いので、リズムに気を付けなければなりません。

アクセントの位置を意識してリズムの確認をしてください。

また、「どん v ときも v きみのことばをぉ⤴ v」のように短い間隔でブレス(v)が出てくるので、位置を意識してリズムをとってください。

さらに、「ひ/めでい/いからぁ⤴ v」の区切る(/)箇所は、「ひっとめでいっいから」のように小さい「っ」を入れて、跳ねるように歌うと歌いやすいです。

区切る(/)箇所を意識して、リズムにのって歌いましょう。

あなたがどうしてもリズムが合わないという場合は、以下を参考にしてみてくだい。

Sponsored Link

大正浪漫(YOASOBI)のカラオケでのおすすめキー 男性、女性別にいくつのなのか紹介

カラオケでのおすすめキーをご紹介します。

最高音がhiF#(F#5)【裏声】で、最低音がmid1F#(F#3)の「大正浪漫」は、

男性にとっては、最高音は6音高く、最低音は6音も高いので、

多少余裕を持って歌うために、キーを-6にすることをおすすめします。

女性にとっては、最高音が2音高く、最低音が1音低いので、高音が得意ならキーをそのままで、低音が得意ならキーを-2にするといいですね。

<参考>

男性の平均的な音域は、地声のみだとmid1C(C3)からhiA(A4)、

裏声も含むと、mid1C(C3)からhiC(C5)です。

女性の平均的な音域は、地声のみだとmid1G(G3)からhiC(C5)、

裏声も含むと、mid1G(G3)からhiE(E5)です。

(※あくまで当メディアの見解で、統計による正確な平均値ではありません。)

おすすめキーは上記を踏まえてご紹介しています。

 

あなたがもし、「基礎力が足りなくてまだまだ歌いこなせない」と思った場合でも大丈夫です。

基礎力を付けるためのボイトレ本が山ほど出版されています。

その中からボイトレマニアが特別に厳選した本が以下です。是非こちらも読んでみてください。

大正浪漫(YOASOBI)の歌い方、最後に歌唱ポイントを解説

『大正浪漫』(YOASOBI)の歌い方のポイントをまとめました。

大正浪漫(YOASOBI)の歌唱ポイント
  • Aメロの出だしはエッジボイスで歌う
  • しゃくりとドロップで母音を意識して歌う
  • Bメロのブレスアウトの箇所を確認して、やるせないような感情を表現する
  • 地声と裏声の切り替えをして、裏声を綺麗に出す
  • ブレスと区切る箇所を意識して、リズムにのって歌う
  • 音域の幅が広いので、自分の声の音域を確認してキー調整する

以上のことに気を付けて歌えば、きっとあなたも、ちょっと難しそうな『大正浪漫』を疾走感たっぷりに歌うことができますよ。

そして、あなたの歌を聴いた人から

「上手に歌ってかっこいいね!」

と言ってもらえるでしょう。

YOASOBIの他の曲の歌い方も知りたいという場合は、以下をお読みください。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ボイトレマニア , 2021 All Rights Reserved.